実験室とは? わかりやすく解説

じっけん‐しつ【実験室】

読み方:じっけんしつ

科学研究目的とした実験を行うための部屋。「理科の―」


実験室

作者有島武郎

収載図書有島武郎全集 第3巻 創作
出版社筑摩書房
刊行年月2001.8


実験室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 15:40 UTC 版)

実験室(じっけんしつ)




「実験室」の続きの解説一覧

実験室(仮称)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 08:54 UTC 版)

宇宙海賊キャプテンハーロック」の記事における「実験室(仮称)」の解説

ペナント続いてマゾーン打ち込んだ巨大な風船のようなもので、内部に巨大植物生息していた。台羽はこれをマゾーンの実験室のようなものではないか推測している。ドーム外殻部分軟質ビニールのようなものでできておりアルカディア号突入した際に破れたもののたちまち復元された。大気成分は分析したヤッタランの弁によれば石炭紀地球の大気成分同じでハーロック首相秘書として地球潜伏していたマゾーン波野静香会話から惑星マゾーン大気と同様であることが判明している。室内湿度100%気温36度に達しており、気密服を着用して内部に入ったハーロックは「じめじめしていやなところだな 気密服の中まで水分しみ込んでくるようだ」と述べている。

※この「実験室(仮称)」の解説は、「宇宙海賊キャプテンハーロック」の解説の一部です。
「実験室(仮称)」を含む「宇宙海賊キャプテンハーロック」の記事については、「宇宙海賊キャプテンハーロック」の概要を参照ください。


実験室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 03:20 UTC 版)

ジピリダモール」の記事における「実験室」の解説

ジピリダモールは実験室で非医療用途にも用いられる細胞培養時のカルジオウイルス(英語版増殖抑制などの用途である。

※この「実験室」の解説は、「ジピリダモール」の解説の一部です。
「実験室」を含む「ジピリダモール」の記事については、「ジピリダモール」の概要を参照ください。


実験室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/07 08:52 UTC 版)

カーボイ」の記事における「実験室」の解説

現代の実験室では、カーボイ通常プラスチック製である。伝統的には、そして未だに多くの大学においては、古いプラスチック組成ありがちな、酸による腐食ハロゲン化物による着色避けるため、鉄分含んだ有色ガラスもしくは防破性ガラス製カーボイ使われてきた。実験室で都度使用する溶媒精製水などの保管に、蛇口付きカーボイ使われるまた、廃液回収保管にもカーボイ使われる。もしも誤った表示がされたカーボイ廃液入れられ場合破損可能性が低いので、褐色ガラス試薬瓶再利用するよりもプラスチック製カーボイ使用することが好ましい。

※この「実験室」の解説は、「カーボイ」の解説の一部です。
「実験室」を含む「カーボイ」の記事については、「カーボイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「実験室」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「実験室」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実験室」の関連用語

実験室のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実験室のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実験室 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宇宙海賊キャプテンハーロック (改訂履歴)、ジピリダモール (改訂履歴)、カーボイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS