外殻とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > > 外殻の意味・解説 

がい‐かく〔グワイ‐〕【外殻】

読み方:がいかく

外側包んでいる殻(から)。


外殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 19:27 UTC 版)

テイルズ オブ デスティニー」の記事における「外殻」の解説

外殻大地とも呼ばれる大量のレンズの力を用いて作られた空中浮か大地。本来は地上作られた人工大地浮上させる技術だったが、ベルクラント完成以降は砲撃により粉砕した地上大地空へ舞い上がらせるものへと変わった

※この「外殻」の解説は、「テイルズ オブ デスティニー」の解説の一部です。
「外殻」を含む「テイルズ オブ デスティニー」の記事については、「テイルズ オブ デスティニー」の概要を参照ください。


外殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 06:47 UTC 版)

エイリアン (架空の生物)」の記事における「外殻」の解説

フェイスハガー及びチェストバスター形態外皮は白いタンパク質によって構成されている。チェストバスターから脱皮繰り返し成体へと成長する過程で、外皮硬質化し黒いシリコン樹脂状に変質していく。赤外線写らないという特徴があり、『2』では赤外線ゴーグル付けても何も見えないために海兵隊員達がパニック陥るシーン存在する温度湿度など環境の変化すぐさま適応し宇宙空間などの真空状態にも耐えうるが、硬質感のある見た目ほどに強靭ではない。人類の武器では、拳銃弾では致命傷与えるのは容易ではないが、M4カービンのような小銃弾なら破壊でき、プレデターの場合はレイザーディスクなどの切断兵器や、プラズマキャノン攻撃で倒すことが可能である

※この「外殻」の解説は、「エイリアン (架空の生物)」の解説の一部です。
「外殻」を含む「エイリアン (架空の生物)」の記事については、「エイリアン (架空の生物)」の概要を参照ください。


外殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/19 21:52 UTC 版)

IRAS 17163-3907」の記事における「外殻」の解説

この恒星は、二重の外殻によって特徴付けられる内側の殻は直径およそ4,800AU、外側の殻は直径およそ12,000AUと見積もられる。殻を形成する塵の起源は、黄色極超巨星一般的に発生している質量放出過程によって、恒星から放出され物質である。2つの殻の間には、殻を形成した物質放出時期に、時間にしておよそ435年開きがあり、全体で塵の質量ガス質量1%程度だとすると合わせて太陽質量4倍に相当する物質含まれていると推定される質量放出盛んな時期には、数百年で太陽1つ相当する物質放出しているとみられる。この殻には、ケイ酸塩ひいては酸素豊富に含まれていることも観測されている。この恒星は、更に外側にも殻を持っているのではないか考えられたが、VISIRでは視野不足しているため、観測できなかった。その後ハーシェル宇宙望遠鏡による観測外側の殻も検出され、およそ1万6000年前質量放出で、直径が1pc規模塵の質量太陽の0.17倍、ガス質量太陽の7倍程度の殻が形成されたと見積もられた。 最外殻含めて、この恒星の特徴を低輝度塵の殻を伴う高光度青色変光星LBV)と比較するとよく似ており、IRAS 17163-3907は前LBV段階にあるのではないかと考えられるまた、質量大き最外殻は、赤色超巨星時代放出されたものと予想される

※この「外殻」の解説は、「IRAS 17163-3907」の解説の一部です。
「外殻」を含む「IRAS 17163-3907」の記事については、「IRAS 17163-3907」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「外殻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「外殻」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



外殻と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

外殻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外殻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテイルズ オブ デスティニー (改訂履歴)、エイリアン (架空の生物) (改訂履歴)、IRAS 17163-3907 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS