砲撃とは? わかりやすく解説

ほう‐げき〔ハウ‐〕【砲撃】

読み方:ほうげき

[名](スル)砲弾攻撃すること。「海上から—する」→爆撃


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/26 19:55 UTC 版)

砲撃(ほうげき)は、砲による攻撃であり、砲と名のつく物の攻撃は全て砲撃と形容しうる。単に砲撃というと榴弾砲迫撃砲による長距離攻撃を指す事が多い。ロケット弾地対地ミサイルは厳密には砲ではないものの、類似性から同一視されることがある。




「砲撃」の続きの解説一覧

砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 03:10 UTC 版)

マルタ包囲戦 (1565年)」の記事における「砲撃」の解説

8月7日攻撃の後、オスマン側はセングレア聖ミケーレ砦と、ビルグへの砲撃を再び始めた8月19日から21日の間、首都対す総攻撃準備しながらである。この3日間に行われた激し戦いで実際何が起こったのかは、全体的に明らかでない包囲戦只中にあったある箇所では、外から侵入しようオスマン側が掘った坑道通じたせいで、防護壁開け放っていた。総長は自ら危険を顧みず戦闘加わり首都救った総長は『彼の存在奇跡として作用し脅威与え立場にいた。手には剣を持ちオスマン軍退却するまで最も危険な場所に身をおいていた。』という状態にあった。ボジオは成功収めた坑道爆破記述残していない。むしろ、首都篭城する住民壁の外側にいるオスマン正規軍を探る際にはパニック続いて総長向こう側走り込んだオスマン兵を一人も見つけられなかった。その間一人砲手が聖アンジェロ砦の頂上で、同じパニックのため恐怖襲われ味方ありながら発砲して彼は首都住民一人殺してしまった。

※この「砲撃」の解説は、「マルタ包囲戦 (1565年)」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「マルタ包囲戦 (1565年)」の記事については、「マルタ包囲戦 (1565年)」の概要を参照ください。


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 01:20 UTC 版)

フォート・スティーブンス砲撃」の記事における「砲撃」の解説

当時日本海軍潜水艦伊25艦長田上明少佐)は、通商破壊および地上砲撃の任務従事していた。伊25伊十五型潜水艦の1隻で、14cm甲板砲や魚雷のほかに零式小型水上機搭載し97名の乗組員有していた。1942年6月14日伊25オレゴン州沿岸へと進出したこの際漁船航跡を辿ることでアメリカ海軍敷設した機雷原避けたという。 6月21日2230分頃、イ25コロンビア川河口にて浮上した田上はフォート・スティーブンス(英語版陸軍基地潜水艦基地誤認し、これに対す地上砲撃を決断した。 フォート・スティーブンスは、南北戦争時代設置され陸軍基地である。第二次世界大戦中には12インチ沿岸迫撃砲英語版)や10インチ隠顕砲台といったごく旧式火砲が主に設置され、およそ2,500人の兵士駐屯していた。 田上はフォート・スティーブンスの砲兵陣地1つラッセル砲台)に対す砲撃開始命じた最初射撃被害及ぼさず、フォート・スティーブンス側では灯火管制を行うのみで応射は行わなかった。この時、フォート・スティーブンスでは混乱に陥りながらも総員配置付いており、監視塔から潜水艦目視していたものの、「敵艦射程範囲外」と誤った報告が行われていた。その為、基地司令砲火手がかり照準されることを避けるべく、応射ではなく防御態勢維持命じていたのである伊25撤退まで16分間17発の砲撃が行われた。砲撃の大半はフォート・スティーブンス近く野球場沼地着弾していたが、うち1発はラッセル砲台トーチカ真横着弾していた。また、別の砲弾電話線切断して広範囲での通信途絶引き起こしている。 フォート・スティーブンスのアメリカ軍基地内の送電線や、基地外の野球場バックネット破壊されていた。1人アメリカ軍兵士戦闘配置に付く際に負傷している。 その後訓練飛行中だった航空機伊25発見し、まもなく通報受けたA-29ハドソン攻撃機出撃している。ハドソン攻撃機伊25対す爆撃行ったものの、損傷与えることはできなかった。

※この「砲撃」の解説は、「フォート・スティーブンス砲撃」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「フォート・スティーブンス砲撃」の記事については、「フォート・スティーブンス砲撃」の概要を参照ください。


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 04:56 UTC 版)

プラスキ砦の戦い」の記事における「砲撃」の解説

北軍30ポンドパロット砲2門と砲弾5門のパロット砲が砦に信管弾を降り注いだ 砦の砲郭砲は使用不能となった後で再開され4月9日激しスコールがあった後、4月10日には北軍の準備整い新しく指名され方面軍指揮官デイビッド・ハンター少将が「即座に降伏しプラスキ砦をアメリカ合衆国権威所有復すること」という要求送った。オルムステッド大佐は「私はここで砦を守り降伏はしない」と回答した。砲撃は午前8時に始まり、砦の南東隅に集中して大きな被害与えた南軍の砲撃について、北軍の指揮官が「効率的正確な砲撃、...まさに正確で、我々の砲台だけでなく、その間を通る個人にまで狙ってきた」と表現していた。 時間が進むと、プラスキ砦からの反撃次第少なくなり、その大砲砲架から外される使えなくなった北軍10インチコロンビアード砲のうち2門はその砲架から後ろ飛び出していた。13インチ臼砲10%足らず目標当てていた。しかし北軍パロット砲の砲撃が効果的であることがわかった。砦の反撃一時休止があったが、南軍砲手精力的な反撃再開したので、パロット砲は壁を攻撃する任務諦めて南軍大砲黙らせるまでそこに集中させることになった夜になるまでに南東隅の壁が壊れていた。夜の間も定期的な砲撃がある中で、オルムステッドの守備隊大砲数門を使えるようにしていた。 夜間デュポン旗艦USSウォバシュから100名の乗組員30ポンドパロット砲4門の担当派遣された。翌朝、風が右から左吹いて砲弾軌跡影響する中で、北軍砲兵隊は砲撃を再開し壁の穴拡大することに集中したジョージア砲手再度目標発見し、「砲撃し朝の間善戦し幾らか損傷与えた。」と表現されていた。これと同時にパロット砲コロンビアード砲が壁に大きな隙間明け、砦の内部まで砲弾送り込み20トン火薬がある北西火薬庫狙われた。オルムステッドは状況絶望的だ判断しその日午後2時半降伏したギルモア将軍はその砲兵隊による包囲戦事後評価で、1,600ないし2,000ヤードから「良い施条砲適切に機能し急速に破壊したその後に重い砲弾緩んだ細工破壊した報告していた。42ポンドジェイムズ砲が破壊力勝っていたが、その溝はきれいなままにしておかねばならなかった。13インチ臼砲はあまり効果無かった新し30ポンドパロット砲がこの戦闘大きな効果挙げた施条砲滑腔砲よりも精度高く破壊効果大きかった。その適用両軍の上指揮官想像していなかったような戦術的驚異与えることになった

※この「砲撃」の解説は、「プラスキ砦の戦い」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「プラスキ砦の戦い」の記事については、「プラスキ砦の戦い」の概要を参照ください。


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 23:53 UTC 版)

ストラスブール包囲戦」の記事における「砲撃」の解説

ウェーダー将軍は同拠点重要性理解しており、時間のかかる包囲除外した。彼は代わりに要塞および住民への砲撃という、降伏へと追い込むより速い行動決断したウェーダー将軍都市への砲撃は8月23日開始され都市歴史建造物多くかなりの損害与えたストラスブール司教停戦乞うためにウェーダーの元を訪れ住民砲撃しない間は1日ごとに10万フランウェーダー支払うことを提案した。ユリシュ将軍停戦拒絶し、そしてまもなくウェーダーは彼が持っている弾薬の量ではこのような砲撃を続ける事が出来ないことを悟った8月24日美術館、旧ドミニコ教会であったゴシック様式市民図書館が、唯一の中世筆写本貴重なルネサンス時代の本、ローマ工芸品と共に焼失した

※この「砲撃」の解説は、「ストラスブール包囲戦」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「ストラスブール包囲戦」の記事については、「ストラスブール包囲戦」の概要を参照ください。


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 04:52 UTC 版)

塹壕」の記事における「砲撃」の解説

第一次世界大戦戦死者で最も多かったのは、塹壕内で砲撃を受けたことによるものであった。しかし、次第に砲撃をやり過ごすための退避壕併設されようになったため、不意打ちの時を除いて、砲撃のみで殺傷するのが難しくなっていった。そして、いざ攻撃側兵士塹壕攻撃する段になると、誤射を防ぐため準備砲撃を止めざるをえず、その間退避壕隠れていた兵士塹壕戻って迎え撃たれてしまう。それでも、大量準備砲撃で攻撃容易にしようという試みなされた。しかし、長時間準備砲撃を行うことは、準備段階で敵に攻勢知らせることとなり、奇襲効果薄れてしまい、逆に奇襲優先すれば十分な砲撃ができないというジレンマに陥ってしまう。結局、砲撃だけでは塹壕防御機能十分に破壊することは困難だった

※この「砲撃」の解説は、「塹壕」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「塹壕」の記事については、「塹壕」の概要を参照ください。


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 09:28 UTC 版)

ミッドウェー島砲撃」の記事における「砲撃」の解説

11月16日南雲小西、「潮」駆逐艦長上杉義男中佐、「漣」駆逐艦長上井中佐旗艦赤城」に招致し激励し、「潮」と「漣」は11月21日佐伯湾出港して横須賀回航準備のあと館山湾給油艦尻矢」と会合し作戦打ち合わせ給油訓練行った11月27日夕食時にミッドウェー島砲撃作戦公表され艦内では一時間ばかりの無礼講による宴が開かれた。この時点で「尻矢」は補給地点先回りのため、すでに出港していた。 11月28日正午ミッドウェー破壊隊は館山出港12月2日最初燃料補給を行うことになっていたが、補給地点にいるはずの「尻矢」の姿が見えないということで少しばかり騒ぎとなった燃料不足に陥れば「ミッドウェー島に艦もろとも敵前上陸をするよりほかはない」との話もささやかれ小西は「尻矢」を真っ先見つけた者に作戦終了後一日特別休暇与えることを公表して乗組員は「尻矢捜索躍起となった。しかし、「見張りが有利」との予想覆して最初に尻矢」を発見したのは、他ならぬ小西本人であったその後12月4日6日燃料補給行い、「尻矢」は反転して砲撃終了後会合点に向かい破壊隊はミッドウェー島針路向けたアメリカ側発見されるともなくミッドウェー島接近し島影が低いため発見難渋したものの、12月8日17時47分に1万5千メートルの距離にミッドウェー島発見し戦闘配置令された。月の出ている夜だったが、月光ミッドウェー島のみを照らす状況であった1831分破壊隊はサンド島アンテナに対して砲撃を開始最初の砲撃は5分間続き、「漣」ではアンテナ1つ傾斜した判断した1851分からサンド島施設に対して二度目の砲撃が開始され燃料タンク航空機格納庫命中弾を与えて炎上させた。ミッドウェー島海兵隊が裸のまま消火作業やっている姿を見たとも伝えられ、やがて探照灯照らして反撃行ってきたが破壊隊に被害なく、「潮」は108発、「漣」は193発発射ののち、1925分に砲撃を終えて避退移った破壊隊は12月10日に「尻矢」と会合し燃料補給行い12月17日にも燃料補給行ったあと、12月21日佐伯湾帰投した。12月22日、2隻は呉に到着した大本営海軍発表昭和十六十二月九日午前十時五十分)「帝国海軍艦艇は昨八日午後ミッドウエー急襲猛烈なる砲撃を加へ同島の飛行機格納庫燃料庫などを炎上せしめたり、我方損害なし」と報じられた。

※この「砲撃」の解説は、「ミッドウェー島砲撃」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「ミッドウェー島砲撃」の記事については、「ミッドウェー島砲撃」の概要を参照ください。


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 01:46 UTC 版)

機動戦士ガンダム オンライン」の記事における「砲撃」の解説

任意の地点爆撃できる『迫撃砲』を装備している。迫撃砲基本的に射程長いため、安全圏からの爆撃が可能。また、他の機体よりも、アーマーも高い。

※この「砲撃」の解説は、「機動戦士ガンダム オンライン」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「機動戦士ガンダム オンライン」の記事については、「機動戦士ガンダム オンライン」の概要を参照ください。


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 20:09 UTC 版)

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」の記事における「砲撃」の解説

大砲威力増強用の素材トリガーなどの専用構造あり)に砲弾火薬内蔵型)をその場生成し任意のタイミング砲撃する術式

※この「砲撃」の解説は、「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」の記事については、「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」の概要を参照ください。


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/27 01:29 UTC 版)

ル・アーヴル襲撃」の記事における「砲撃」の解説

ロドニー海軍大将率い小艦隊7月2日スピットヘッド出港ル・アーヴル向かった。この小艦隊旗艦60門艦アキレス50門艦4隻、フリゲート5隻、スループ1隻、そして爆弾積載したケッチ6隻であったが、6隻のケッチ到着してすぐオンフルールへの狭い川で錨を降ろした次の日に砲撃がはじまり、3千発以上の砲弾50時間以上にわたってフランス平底船や補給や町に向かって撃たれた。ロドニーフリゲート数隻とともに年末までル・アーヴル近くとどまり数多く戦利品鹵獲した。 フランスは砲撃で夥しい損害出したが、フランス軍砲台塹壕隠れてイギリス反撃した。町には火の手があがり、住民逃げ惑う中に燃え上がった

※この「砲撃」の解説は、「ル・アーヴル襲撃」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「ル・アーヴル襲撃」の記事については、「ル・アーヴル襲撃」の概要を参照ください。


砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/17 09:01 UTC 版)

アルジェ砲撃」の記事における「砲撃」の解説

クイーン・シャーロット」のペリューは、アルジェ軍の大砲面した突堤からおよそ80ヤード外側位置錨泊した。しかし、その他の船多く、特にミルン提督乗ったインプレグナブル」は投錨位置誤りお互い妨害し、かつより激しアルジェ軍の砲火に自艦をさらすことになった。数隻は「インプレグナブル」の位置通り過ぎて当初の計画に近い位置投錨した事前交渉で、エクスマス卿とアルジェ太守は、お互いに先に発砲しないことを約束していた。太守計画は、まず軍艦投錨許しておいて、その後小型ボート乗せた大勢部隊敵船乗り込ませるというものだった。しかし、アルジェ軍の規律緩く、砲の1つ午後3時15分に先に発砲してしまった。エクスマス卿はすぐさま砲撃を開始したアルジェボート隊は乗り込み図ったが、33隻が沈められた。1時間後には突堤大砲沈黙させられていた。エクスマス卿は港内船舶破壊目標転じ午後7時30分までにはそれも破壊された。艦隊都市砲撃したが、の球に過ぎない砲弾建物の壁に小さ穴を開けるだけで通り抜けてしまい、与えた被害大きくなかった午後8時、ミルン爆弾船「ベスビアス」を、彼の艦を打ち破りつつあった砲台に対して使うよう要請した。しかし爆弾船の指揮官航法誤り間違った砲台のそばで爆発したため、求めた効果得られなかった。 しかしアルジェ砲台はもはや砲撃を続けることができなかった。午後10時15分、エクスマス卿は艦隊対し、敵の抵抗抑えるために砲撃を継続するミンデン」を残して抜錨して港外に出るよう命令した午前1時30分、艦隊港外錨を下ろし負傷者の手当てアルジェの砲撃による損傷修理行ったイギリス側死傷者全体16パーセントのぼった

※この「砲撃」の解説は、「アルジェ砲撃」の解説の一部です。
「砲撃」を含む「アルジェ砲撃」の記事については、「アルジェ砲撃」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「砲撃」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

砲撃

出典:『Wiktionary』 (2021/07/26 13:15 UTC 版)

名詞・サ変動詞

ほうげき

  1. 用いて遠距離から標的射撃すること。

活用

サ行変格活用
砲撃-する

関連語

翻訳


「砲撃」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「砲撃」の関連用語

砲撃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



砲撃のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの砲撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマルタ包囲戦 (1565年) (改訂履歴)、フォート・スティーブンス砲撃 (改訂履歴)、プラスキ砦の戦い (改訂履歴)、ストラスブール包囲戦 (改訂履歴)、塹壕 (改訂履歴)、ミッドウェー島砲撃 (改訂履歴)、機動戦士ガンダム オンライン (改訂履歴)、世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する (改訂履歴)、ル・アーヴル襲撃 (改訂履歴)、アルジェ砲撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの砲撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS