砲兵とは? わかりやすく解説

ほう‐へい〔ハウ‐〕【砲兵】

読み方:ほうへい

陸軍で、火砲用いて敵を砲撃し歩兵戦車の行う戦闘支援任務とする兵。また、その兵科


【砲兵】(ほうへい)

軍隊陸軍)の兵科一つで、火砲による戦闘主任務とする兵士部隊

用い武装大口野戦砲ロケット砲地対地ミサイル
古く牽引砲持ち運んだり、要塞据え付けた大口径砲要塞砲)での防御戦闘担当していた。
近年では近接航空支援回避する機動力要求されるため自走砲を主装備とする。

主な任務は、前線進出した歩兵戦車要請応じ間接砲撃による火力支援を行うこと。
敵の軍事施設沿岸航行する艦艇後方から狙い撃つ事もある。

この任務はしばし戦車海軍艦艇空軍攻撃機などと重複する
そのような場合、砲兵は歩兵支援専念し艦砲射撃空爆一通り済んだ後の掃討戦投入されるのが定石である。

砲兵は比較機動力が低いため、電撃戦では戦場へ到着がどうしても第二波以降となる。
一方陸軍であるため艦艇よりも近くに、航空機よりもずっと長く滞在し続ける事ができる。

派生として、高射砲地対空ミサイルによる航空機排除主任務とする「高射砲兵」もある。
また、中国人民解放軍では、弾道ミサイル運用する戦略ロケット軍を「第二砲兵部隊」と称している。

関連特科


砲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/30 07:08 UTC 版)

砲兵(ほうへい、: artillery)は、陸上戦闘を行う兵科の1つであり、大砲ロケットミサイルによる支援攻撃を担っている。日本陸上自衛隊では特科(とっか)と称される(自衛隊用語)。


注釈

  1. ^ ソヴィエト・ロシアの戦略ロケット軍中国の第二砲兵隊および中国人民解放軍ロケット軍北朝鮮朝鮮人民軍戦略軍など
  2. ^ 一般的に群長の高級幹部としての名簿上における序列は、各師団等普通科連隊の次級者になる例も多い。
  3. ^ 第1地対艦ミサイル連隊については第306地対艦ミサイル中隊含む5個中隊基幹、第3地対艦ミサイル連隊については第305地対艦ミサイル中隊含む5個中隊基幹、第4地対艦ミサイル連隊は1個中隊基幹。
  4. ^ 射撃大隊本部管理中隊が行っていた人事・訓練・補給等の業務を射撃中隊単位で行う事・中隊単位で隷属する場合における旅団普通科連隊に対する射撃任務上、1尉では指揮能力上の問題がある事などから、指揮官は3佐が指定される他に補佐として1尉の副中隊長が設置されている。
  5. ^ 旅団には、本部管理中隊に小隊として編成。

出典

  1. ^ マクニール (2002) p.230
  2. ^ 高井三郎著 『現代軍事用語』 アリアドネ企画 2006年9月10日第1版発行 ISBN 4384040954
  3. ^ 「第2特科団」新編 長距離ミサイルから野砲までそろう日本初の部隊、2025年3月末の編成完結目指す」『zakzak by 夕刊フジ』、2023年10月27日。2023年10月31日閲覧。
  4. ^ 輸送ヘリ(CH-47J)と155mmりゅう弾砲FH70”. 1992年度防衛白書 第2章 わが国の防衛政策. 防衛省. 2020年2月5日閲覧。
  5. ^ a b c 加藤健二郎著 『いまこそ知りたい 自衛隊のしくみ』 日本実業出版社 2004年1月20日初版発行 ISBN 4534036957


「砲兵」の続きの解説一覧

砲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:47 UTC 版)

赤軍」の記事における「砲兵」の解説

赤軍軍事教義において、砲兵火力機動力保証位置づけられている。第一次大戦後西欧諸国では機動戦理論発達とともに砲兵能力縮小されたが、ソ連例外的に火力主義堅持し砲兵能力を向上させた。赤軍砲兵は狙撃兵師団支援する師団砲兵(砲兵連隊)が主力である。各師団任務に応じて上級司令部から支援用の師団砲兵を増強され、砲兵軍司令部師団砲兵を振り分ける管理を担う。特筆すべきなのは組み換え柔軟性である。砲兵軍司令部支援対象師団司令部拘束されない高位指揮権有し戦況に応じて支援対象変えられた。こうした運用面での柔軟さ諸兵科連合戦闘円滑にし、クルスクの戦いではパックフロント原型である対戦車火制地帯生み出した1943年には軍団砲兵創設され、より大きな砲兵グループ編成が可能となった連隊支援砲兵群 師団軽砲連隊基幹となり、突撃部隊である狙撃兵連隊を砲兵大隊支援する戦車中隊には戦車砲中隊随行する破壊砲兵群 155mmカノン榴弾砲を持つ榴弾砲連隊基幹とし、軍団か軍から重砲配属されるトーチカ要塞などのコンクリート施設への攻撃用編成される遠戦砲兵群 対砲兵戦、阻止砲撃担い通信施設物資集積地、司令部目標とする。 連隊砲兵群 連隊砲大隊基幹となり迫撃砲歩兵砲突撃グループ先鋒支援する

※この「砲兵」の解説は、「赤軍」の解説の一部です。
「砲兵」を含む「赤軍」の記事については、「赤軍」の概要を参照ください。


砲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 08:32 UTC 版)

サムライディフェンダー」の記事における「砲兵」の解説

戦場任意地点砲弾放ち一定範囲内の敵を一度攻撃する再攻撃までの時間長い

※この「砲兵」の解説は、「サムライディフェンダー」の解説の一部です。
「砲兵」を含む「サムライディフェンダー」の記事については、「サムライディフェンダー」の概要を参照ください。


砲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 08:32 UTC 版)

サムライディフェンダー」の記事における「砲兵」の解説

大砲から砲弾発射し広範囲打撃与える。耐久力が高いが、再攻撃までの時間長い

※この「砲兵」の解説は、「サムライディフェンダー」の解説の一部です。
「砲兵」を含む「サムライディフェンダー」の記事については、「サムライディフェンダー」の概要を参照ください。


砲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 14:57 UTC 版)

イギリス陸軍の編成」の記事における「砲兵」の解説

砲兵は、王立砲兵連隊Royal Artillery Regiment)に所属する王立騎馬砲兵Royal Horse Artillery)の各連隊、および第x王立砲兵連隊番号付して呼ばれるその他の砲兵連隊によって構成される王立砲兵連隊現役連隊のみでも16連隊、非現役部隊含めれば22連隊もの部隊抱え軍団規模組織であるにもかかわらず、その名称は現在に至るまで変わらず「連隊」のままであるイギリス砲兵連隊は、本部並びに3個から4個の射撃中隊及び各種支援部隊から構成されており、歩兵連隊のような大隊組織持たない。そのためその名称は連隊ではあるが、実質的に大隊規模組織である。 各連隊は、本土防衛防空全般支援MLRS使用)・近接支援(AS90/155mm自走砲使用)・近接支援(L118/105mm軽榴弾砲使用)・観測および目標捕捉訓練の各任務当たっている。各連隊の任務歩兵大隊とは異なり固定されている。 なお、王立騎馬砲兵・国王中隊King's Troop Royal Horse Artillery)は有事の際「本土防衛任務に就くが、平時はほぼ完全な儀仗部隊であり、式典などでQF 13ポンド砲(完全に式典用の砲であり、現代戦における兵器として価値はまったくない)を礼砲として撃つこと及び国葬の際載せた台車牽くこと任務としている。また、何らかの理由前述王室騎兵乗馬連隊ロンドン不在場合、その交代部隊として騎兵として儀仗任務に就くこともある。

※この「砲兵」の解説は、「イギリス陸軍の編成」の解説の一部です。
「砲兵」を含む「イギリス陸軍の編成」の記事については、「イギリス陸軍の編成」の概要を参照ください。


砲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:07 UTC 版)

歩兵の戦術」の記事における「砲兵」の解説

砲兵部隊は敵の戦闘陣地部隊集結地点補給拠点など固定的な目標に対して大規模かつ効果的に損害与えることが可能である兵科である。代表的な後方からの火力支援であり、陸上戦闘において戦局左右する決定的な火力となりうる。火砲攻撃から逃れることは極めて難しく強固な戦闘陣地でも破壊されるため、敵の防衛線を破壊する際には、歩兵戦車部隊侵攻先立って攻撃が行われる。

※この「砲兵」の解説は、「歩兵の戦術」の解説の一部です。
「砲兵」を含む「歩兵の戦術」の記事については、「歩兵の戦術」の概要を参照ください。


砲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 21:02 UTC 版)

戦術」の記事における「砲兵」の解説

砲兵は主に火砲ミサイルなどを装備し、砲迫火力以って高度かつ連続的な火力有する兵科である。戦闘においては対象地域の敵の妨害制圧破壊を行う火力部隊役割を果たす責任交戦距離は、迫撃砲500メートルから3500メートル軽砲3500メートルから10000メートル重砲戦術ミサイル10000メートルから40000メートルである。

※この「砲兵」の解説は、「戦術」の解説の一部です。
「砲兵」を含む「戦術」の記事については、「戦術」の概要を参照ください。


砲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 05:10 UTC 版)

大陸軍 (フランス)」の記事における「砲兵」の解説

皇帝は砲兵士官出身であり、次のように言った伝えられている。「砲兵が良ければ神が味方する」 ここで期待されているように、フランス大砲大陸軍基幹であり、三軍中でも大きな火力有し少な時間で敵に大きな打撃与え可能性があった。フランス大砲はしばし集中砲火大砲兵大隊)に用いられ歩兵騎兵接近戦挑む前に敵の戦列乱した砲兵部隊絶妙な訓練によって、ナポレオン高速でその武器動かし弱っている防衛線を支援したり、敵の戦列を破る道具にした。 絶妙な訓練以外にもナポレオン砲兵隊多く戦術的な改良によって戦力上げた王政時代ジャン=バティスト・ヴァケット・ド・グリボーバル設計したフランス砲は軽く早く移動でき照準合わせやすく、また台車強化した口径標準化したりした。通常の野戦砲は4ポンド、8ポンド12ポンドカノン砲と6インチ榴弾砲があったが、戦争後期には4ポンド砲と8ポンド砲はオーギュスト・マルモン設計した共和暦11年式6ポンド砲に置き換えられた。砲身真鍮黄銅)製で、砲架車輪、および前車オリーブグリーン薄緑色)のペンキ塗られていた。砲兵を歩兵騎兵部隊とうまく融合させて、互いに支え時には単独行動することもできた。砲兵隊には2つ分類徒歩砲兵隊(Artillerie a Pied)と騎乗砲兵隊(Artillerie a Cheval)があった。 戦争前期のグリボーバル12ポンドカノン砲 グリボーバル6インチ榴弾砲 戦争後期Canon de 6 système An XI 徒歩砲兵 この名前が示唆するように、砲兵は大砲の横に行軍し大砲はもちろん馬で曳かせた。このため行動速度歩兵速度準じ遅かった1805年には8個連隊、後に10連隊があり、さらに近衛連隊に2個連隊あった。しかし騎兵歩兵連隊とは異なり、これらは軍政的な後方管理組織であった前線での行動単位は、120からなる中隊である。従軍時(遠征時)は、中隊別に師団各軍団に編入され前者師団砲兵として師団長指揮下に、後者軍団砲兵として軍団長指揮下に入った師団砲兵 歩兵師団師団砲兵は1個徒歩砲兵中隊騎兵師団師団砲兵は1個騎馬歩兵中隊標準とされた。1個中隊には通常カノン砲6門と榴弾砲2門の計8門が配備された。 軍団砲兵 軍団砲兵は、1個徒歩砲兵中隊と1個騎馬歩兵中隊ペアが標準とされた。軍団砲兵にはよく重砲配備された。 砲兵中隊は、砲車牽引中隊ペア組んで従軍するのが常で、このペアは砲兵分団division d’artillerie)と呼ばれた当時divisionには”師団”と”中隊ペア”の二通りの意味があるので混乱招いている。後者大隊分割フォーメーション用語として使われていた。砲兵分団には砲兵、下士官士官の他に、金属加工木工毛皮などの加工作業者も随伴していた。彼らは予備品作ったり、大砲台車弾薬箱馬車維持修理にあたり、馬の世話軍需品保管行った騎馬砲兵 騎兵騎乗砲兵隊の素早い動きと素早い砲撃支援された。この部隊騎兵と砲兵の組み合わせであり、馬や台車乗って戦闘参加した前線に非常に近く活動するために、士官や砲兵は竜騎兵のように接近戦用の武器携え訓練施されていた。一度配置につくや、彼らは素早く下馬し、大砲据え照準定め敵に集中砲火浴びせた。さらに大砲をまた台車載せ新しい場所に素早く移動した。このことを成し遂げるために訓練積んでいたので砲兵の中でもエリート部隊であった近衛騎乗砲兵隊は全速駆けてきて最初砲弾放つまでに1分とかからなかった。そのような動きを目にして驚いたウェリントン将軍次のように記している「かれらは拳銃を撃つように大砲をぶっ放している」。 管理上の連隊は6個、さらに近衛兵に1個あった。ナポレオン各軍団に最低1個の騎馬砲兵中隊を、また可能ならば師団にも騎馬砲兵中隊割り当てようとした。その能力は十分高かったものの、その結成維持にかかる費用かなりのものであった。そのために、騎乗砲兵隊の数は徒歩砲兵隊の数より少なく構成比5分の1程度であった皇帝騎乗砲兵隊の兵士すべての名前を覚えているなどという自慢たらたら冗談もあったくらいである。 積まれ訓練、馬、武器装備以外にも、彼らは多く軍需品使った騎乗砲兵隊は徒歩砲兵隊の2倍、近衛砲兵隊の3倍の費用要した砲車牽引兵 砲車牽引隊(Train d’artillerie)はボナパルトによって1800年1月創設された。その機能砲車曳く馬を御する御者であったそれまでフランスでは民間御者雇っていたが、彼らは戦火の中では大砲放棄して自分達や価値ある馬の命を守ろうとした。 砲車牽引隊の要員は、以前民間人とは異なり武装し訓練施され兵士同じよう制服与えられた。閲兵時の見栄えさることながら、このことは軍隊としての規律守り攻撃されれば反撃することも可能にした。御者カービン銃歩兵と同じ型の短い刀および拳銃携行した。彼らはそれらの武器を使う機会はほとんど無かったが、賭け事や、喧嘩その他各種遊びごとで確かに評判をとった。 彼らの制服上着灰色であり、その頑丈な外観をさらに強めていた。しかし、彼らが戦闘可能ということはコサックスペイン人またチロルゲリラ襲われたときに有効であることが証明された。 砲車牽引大隊は、当初5個中隊で構成された。第1中隊エリート看做され、騎乗砲兵中隊ペアにされた。中間の3個中隊は徒歩砲兵中隊ペアにされ、予備品箱、物資荷車管理屋外での鍛冶なども担当した最後の1個中隊は予備役で、新兵や馬の訓練行った1800年方面作戦続いて砲車牽引隊は8大隊編成替えされ、それぞれ7個中隊を擁したナポレオン砲兵隊増強するにつれ、大隊追加され1810年には14大隊数えた1809年1812年および1813年には最初13大隊倍増され27大隊となった。さらに1809年以降戦利品急増した大砲数の余裕から連隊砲兵も登場し歩兵連隊付き砲兵用の砲車牽引中隊創設されることがあった。 近衛兵は独自の牽引隊を持っており、近衛砲兵隊が増えるにつれて近衛牽引中隊増加したので、当初牽引大隊から牽引連隊格上げされた。頂点1813年から1814年にかけてで、近衛古参砲兵隊12牽引中隊に、近衛若年砲兵隊16牽引中隊支援され、砲兵中隊牽引中隊それぞれペア組んだ

※この「砲兵」の解説は、「大陸軍 (フランス)」の解説の一部です。
「砲兵」を含む「大陸軍 (フランス)」の記事については、「大陸軍 (フランス)」の概要を参照ください。


砲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 00:42 UTC 版)

大砲」の記事における「砲兵」の解説

詳細は「砲兵」を参照 大砲専門運用するための軍隊兵科を砲兵と呼ぶ。

※この「砲兵」の解説は、「大砲」の解説の一部です。
「砲兵」を含む「大砲」の記事については、「大砲」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「砲兵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

砲兵

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:05 UTC 版)

名詞

 ほうへい

  1. 火砲ロケットミサイルによる支援攻撃を行う兵種

発音(?)

ほ↗ーへー

関連語

翻訳


「砲兵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「砲兵」の関連用語

砲兵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



砲兵のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの砲兵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤軍 (改訂履歴)、サムライディフェンダー (改訂履歴)、イギリス陸軍の編成 (改訂履歴)、歩兵の戦術 (改訂履歴)、戦術 (改訂履歴)、大陸軍 (フランス) (改訂履歴)、大砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの砲兵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS