沿岸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 沿岸の意味・解説 

えん‐がん【沿岸】

読み方:えんがん

陸地の、海・川・湖などに沿った部分。「地中海—の国々

海・川・湖などの、陸地沿った部分。「—での漁業

「沿岸」に似た言葉

沿岸(部)


海岸

(沿岸 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 09:38 UTC 版)

海岸(かいがん、: coast)とは、に接する地帯のこと[1]


  1. ^ a b c 海岸 > 渚にまつわるetc > 用語集”. 茨城県. 茨城県. 2020年5月9日閲覧。
  2. ^ a b ミシマ社: 松本健一『海岸線の歴史』p.26-p.27
  3. ^ a b c 海岸工学 講義スライド 第2回(海岸形状と港湾構造物) (Microsoft PowerPointの.ppt)”. 山口大学工学部社会建設工学科水工学研究室. 2020年5月9日閲覧。
  4. ^ 沿岸海域土地条件図 地形区分等”. www.gsi.go.jp. 国土地理院. 2020年5月9日閲覧。
  5. ^ 「かいがん‐せん【海岸線】」 大辞泉
  6. ^ 豊島吉則 「海岸線(かいがんせん)」 日本大百科全書(小学館)
  7. ^ ミシマ社: 松本健一『海岸線の歴史』p.18
  8. ^ ミシマ社: 松本健一『海岸線の歴史』p.30


「海岸」の続きの解説一覧

沿岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 04:18 UTC 版)

デンマークの風力発電」の記事における「沿岸」の解説

さらに450 MWまでの総容量を有する6つの沿岸風力発電所50 MW実験的な洋上風力発電所とともに建設される予定である。沿岸のものは海岸近く陸上変圧器設置しコスト削減できるという点で今まで洋上のものとは異なる。最初の350 MW2015年入札呼びかけられ、最高額70 øre/kWhであったVattenfall2016年9月350 MWの沿岸発電所に対し最低価格である47,5 øre/kWhで入札したが、政情不透明であった

※この「沿岸」の解説は、「デンマークの風力発電」の解説の一部です。
「沿岸」を含む「デンマークの風力発電」の記事については、「デンマークの風力発電」の概要を参照ください。


沿岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 05:33 UTC 版)

海のぬし釣り」の記事における「沿岸」の解説

ウミネコ - 出現率は高いがそれほど好戦的ではない。ただ時々盗まれるオジロワシ - 出会い頭盗んでくることが多い。 イルカ - 逃げ易く攻撃してくる事は少ないが時々を盗む。 シュモクザメ - 攻撃が高い。体は大きめだ弱点部分が非常に小さく、またとても逃げにくい。盗まれるザトウクジラ - 沖島の上辺り稀に出現体力高く弱点小さいため長期戦なりやすい。倒すと「クジラヒゲ」が貰える

※この「沿岸」の解説は、「海のぬし釣り」の解説の一部です。
「沿岸」を含む「海のぬし釣り」の記事については、「海のぬし釣り」の概要を参照ください。


沿岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/11 00:34 UTC 版)

三浦湾」の記事における「沿岸」の解説

三浦湾の沿岸には北側から時計回り次の集落がある。 住吉すみよし鴨居瀬(かもいせ) 小船越(こふなこし)畠浦(はたけうら) 犬吠いぬぼえ女護島(めごしま) 久須保(くすぼ) 緒方(おかた) いずれも漁業基幹産業とする。特に女護島には長崎県漁業協同組合連合会施設、県の対馬栽培漁業センター対馬水産業普及指導センター美津島町漁業協同組合本所があり、漁業基地となっている。

※この「沿岸」の解説は、「三浦湾」の解説の一部です。
「沿岸」を含む「三浦湾」の記事については、「三浦湾」の概要を参照ください。


沿岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/09 00:51 UTC 版)

トリエステ湾」の記事における「沿岸」の解説

沿岸の主要な都市としては以下がある。 イタリア フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ゴリツィア県モンファルコーネ トリエステ県ドゥイーノ トリエステ ムッジャ スロベニア プリモルスカ地方コペル イゾラ ピラン スロベニア共和国海岸はすべてこの湾に面しており、その総延長は46.6kmである。沿岸都市は東から順にコペルイゾラピランである。 ピランの街の前面にある入江ピラン湾)とその沖合海についてスロベニアクロアチア間に領海を巡る争いがある。

※この「沿岸」の解説は、「トリエステ湾」の解説の一部です。
「沿岸」を含む「トリエステ湾」の記事については、「トリエステ湾」の概要を参照ください。


沿岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/16 02:28 UTC 版)

ヴェネツィア湾」の記事における「沿岸」の解説

沿岸の主要な都市としては以下がある。 イタリア ヴェネト州ヴェネツィア キオッジャ フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州モンファルコーネ トリエステ スロベニア プリモルスカ地方コペル イゾラ クロアチア イストラ郡ロヴィニ プーラ

※この「沿岸」の解説は、「ヴェネツィア湾」の解説の一部です。
「沿岸」を含む「ヴェネツィア湾」の記事については、「ヴェネツィア湾」の概要を参照ください。


沿岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/29 05:42 UTC 版)

リグリア海」の記事における「沿岸」の解説

北部リグーリア海岸景勝地として知られる沿岸の都市ジェノヴァサンレーモなどがある。特に北西海岸コート・ダジュール地方繋が美し景観呈し温暖な気候有名であるジェノヴァラ・スペツィアリヴォルノなどの港は東部の岩がちな海岸沿いである。

※この「沿岸」の解説は、「リグリア海」の解説の一部です。
「沿岸」を含む「リグリア海」の記事については、「リグリア海」の概要を参照ください。


沿岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 23:39 UTC 版)

羽地内海」の記事における「沿岸」の解説

羽地内海の沿岸は沖縄県名護市今帰仁村である。沿岸には干潟発達しているまた、南岸では真喜屋大川羽地大川我部祖河川などの河川羽地内海注いでいる。 南岸にはかつて勘手納港(カンティーナンナトゥ)と呼ばれた港があった。ここは、琉球王国薩摩藩上納する仕上世米の積出港の一つであった。現在は、仲尾次漁港立地している。 羽地内海北岸今帰仁村湧川名護市我部にはかつて塩田があった。

※この「沿岸」の解説は、「羽地内海」の解説の一部です。
「沿岸」を含む「羽地内海」の記事については、「羽地内海」の概要を参照ください。


沿岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 09:53 UTC 版)

P2C Studio」の記事における「沿岸」の解説

2021年4月27日 - P2C Studio株式会社設立2021年10月15日 - 吉本興業所属かまいたちのオフィシャルオンラインストア「OMAETACHI STOREオマエタチ ストア)」の運営開始 2021年12月08日 - 宅トレクリエイター竹脇まりな監修ブランド「MARINESS」NEWプロダクト「マリネスプロテイン」販売開始 2022年2月15日 - 料理家動画クリエイターはるあん監修ブランド キッチンブランド「PicniKe(ピクニケ)」販売開始 2022年3月28日 - 福井出身行動派動画クリエイターkazu監修アウトドアブランド「和来-waku-」販売開始 2022年4月 - 錦戸亮赤西仁監修ブランド「SCENT OF NOTE(セントオブノート)」「SCENT OF ETERNAL(セントオブエターナル)」販売開始 2022年4月15日 - 動画クリエイターエスポワールトライブ監修ブランド「EXGEE」販売開始 2022年4月20日 - 美容動画クリエイターnanakoななこがクリエイティブディレクター務めるコスメブランド「leur charme(ルルシャルム)」販売開始 2022年5月30日 - トップクリエイターフィッシャーズ監修ライフスタイルブランド「Dotene(ドテネ)」販売開始

※この「沿岸」の解説は、「P2C Studio」の解説の一部です。
「沿岸」を含む「P2C Studio」の記事については、「P2C Studio」の概要を参照ください。


沿岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 15:46 UTC 版)

カホフカ貯水池」の記事における「沿岸」の解説

ザポリージャ原子力発電所ザポリージャ火力発電所がある。北クリミア運河がここより出る。

※この「沿岸」の解説は、「カホフカ貯水池」の解説の一部です。
「沿岸」を含む「カホフカ貯水池」の記事については、「カホフカ貯水池」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「沿岸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

沿岸

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:47 UTC 版)

名詞

沿えんがん

  1. などの水面接している陸地
  2. 陸地に近い海・湖などの水面

発音(?)

え↗んがん

関連語


「沿岸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



沿岸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

沿岸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



沿岸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海岸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデンマークの風力発電 (改訂履歴)、海のぬし釣り (改訂履歴)、三浦湾 (改訂履歴)、トリエステ湾 (改訂履歴)、ヴェネツィア湾 (改訂履歴)、リグリア海 (改訂履歴)、羽地内海 (改訂履歴)、P2C Studio (改訂履歴)、カホフカ貯水池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの沿岸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS