自然堤防とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 高地 > 自然堤防の意味・解説 

しぜん‐ていぼう〔‐テイバウ〕【自然堤防】

読み方:しぜんていぼう

氾濫原(はんらんげん)を流れる川の両側に、自然にできた堤防状の高まり河水中の土砂堆積(たいせき)してでき、下流部に多い。→後背湿地


自然堤防


自然堤防

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 20:08 UTC 版)

自然堤防(しぜんていぼう、英語: natural levee)は、河成堆積地形微地形の一種で、河川の流路に沿って形成される微高地をいう。洪水を繰り返す河川の下流部で発達し、氾濫原に限らず扇状地三角州などにも分布する[1]。なお、自然堤防帯は狭義の氾濫原の別称である。




  1. ^ a b c d e f g h i j 鈴木 1998 [要ページ番号]
  2. ^ 傳甫潤也, 岡村俊邦, 堀岡和晃, 田代隆志, 「北海道自然堤防帯における河畔林の現状と管理方針の提案」『応用生態工学』 2011年 14巻 1号 p.45-62, doi:10.3825/ece.14.45
  3. ^ 若松加寿江 (2014年10月31日). “第2回 風景は地盤なり -災害に強い土地の見分け方-”. そなえる防災(公式ウェブサイト). NHK. 2018年7月7日閲覧。
  4. ^ 松岡他 2005, pp. 239-251.


「自然堤防」の続きの解説一覧



自然堤防と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

自然堤防のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自然堤防のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サムシングサムシング
Copyright (c) 2022 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自然堤防 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS