降水量とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 水量 > 降水量の意味・解説 

こうすい‐りょう〔カウスイリヤウ〕【降水量】

読み方:こうすいりょう

雨・雪(ひょう)・(あられ)など、地表降ったものが、蒸発した流出したりせずにたまった水の深さなどはそれを溶かした水の深さ単位ミリメートルで表す。


降水量

降水量とは、(あられ)、(ひょう)などを含めたが、ある時間内にある地点落ちてきた水の量。

降水が、他に流れ去ってしまったり蒸発したりしない溜まった、と仮定した場合水深をいい、その単位mmで表す。などは温湯溶かして計測する

降水量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/31 03:51 UTC 版)

降水量(こうすいりょう)とは、大気から地表に落ちたを含む)の量。気象台雨量計や、アメダスなどで観測し、計測する。通常、水に換算した体積を単位面積除した値を mm (ミリ)単位で表す。


  1. ^ 気象庁. “確率降水量とは”. 気象庁 > 異常気象リスクマップ. 2019年10月13日閲覧。
  2. ^ 気象庁. “確率降水量に関するQ&A”. 気象庁 > 異常気象リスクマップ. 2019年10月13日閲覧。
  3. ^ 天気予報・天気図について
  4. ^ 「一時雨」と「時々雨」どちらが長時間降るのか?
  5. ^ 府県天気予報
  6. ^ よくお寄せいただくご質問
  7. ^ 木口雅司, 沖大幹、「世界・日本における雨量極値記録」 『水文・水資源学会誌』23巻3号、2010年、236頁, 水文・水資源学会編集出版委員会。2019年11月6日閲覧。世界記録とされていたレユニオン島のシラオスにおける1870mmは誤りであることが判明した。
  8. ^ a b アラン・ラッセル 『ギネスブック 世界記録事典 '87』 講談社、1986年、481頁。
  9. ^ 国土交通省河川局 平成22年7月の梅雨前線豪雨により被災した一級河川大津恵川・一般県道中迫川北線の災害関連事業について (PDF) 2019年11月6日閲覧。
  10. ^ 災害をもたらした気象事例 台風第10・11号 平成16年 (2004年)7月29日 - 8月6日 - 気象庁
  11. ^ 『昭和51年9月8日から13日にかけての台風第17号と前線による大雨に関する異常気象調査報告』 大阪管区気象台、1977年、114頁。
  12. ^ 屋久島森林生態系保全センター , 洋上アルプス300号特別記念号(令和2年3月号)p2.
  13. ^ 屋久島森林生態系保全センター, 屋久島の気候, 雨量データ


「降水量」の続きの解説一覧

降水量

出典:『Wiktionary』 (2018/06/18 02:32 UTC 版)

名詞

こうすいりょう

  1. 空から一定期間降った水のを示す値。降るだけでなくを含む。雨量計用い長さの単位ミリメートル測る

関連語


「降水量」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



降水量と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

降水量のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



降水量のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの降水量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの降水量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS