長崎市とは? わかりやすく解説

ながさき‐し【長崎市】

読み方:ながさきし

長崎[二]


長崎市

読み方:ナガサキシ(nagasakishi)

所在 長崎県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

長崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/28 16:41 UTC 版)

長崎市(ながさきし)は、長崎県の南西部に位置する。長崎県の県庁所在地及び最大の都市でもあり、中核市に指定されている。


注釈

  1. ^ 2016年10月1日より西浦上支所滑石事務所から滑石支所となった。
  2. ^ 東長崎地区はもともと東長崎警察署の管轄であったが、統合により、2005年(平成17年)3月末に廃止され、長崎警察署に移管された。
  3. ^ 他に長崎市三重漁協、長崎市福田漁協、野母崎三和漁協、西彼南部漁協(香焼)がある。
  4. ^ 長崎中央郵便局内にゆうちょ銀行長崎店が併設されている。
  5. ^ 長崎名物の手漕ぎの船。太鼓の音にあわせて進み、順位を競う。
  6. ^ 作品の舞台は『加名見町』と言う架空の町であり、厳密にはその舞台のモデルとなったのが長崎市である。

出典

  1. ^ 県人口1万3612人減 長崎市の社会減 全国最多 動態調査” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2020年2月15日閲覧。
  2. ^ 家賃が名古屋並み…若者大量流出の「坂の街」解消なるか:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年6月24日閲覧。
  3. ^ あすにかけ全国的に厳しい冷え込み続く
  4. ^ 東京の降水量平年値は1528.8mm https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_ym.php?prec_no=44&block_no=47662&year=&month=&day=&view=a1
  5. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、211-212頁。ISBN 4390116010
  6. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  7. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  8. ^ 宮澤眞一著。ローレンス・オリファントに於ける転石の苔 : 中国・日本遠征に至るまでの冒険作家の性格形成を中心にして 宮澤眞一、埼玉女子短期大学研究紀要 9, 195-215, 1998-03-01
  9. ^ 長崎県の医療史 大正時代”. 長崎県医師会. 2021年9月26日閲覧。
  10. ^ 下川耿史 『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』300頁 河出書房新社刊 2003年11月30日刊 全国書誌番号:20522067
  11. ^ アメリカ占領下の日本 第1巻 大日本帝国解体  企画・制作:ウォークプロモーション
  12. ^ [1]
  13. ^ 長崎市消費者センター
  14. ^ a b 10月から支所・行政センターは地域センターに変わります(p.17) (PDF) (広報ながさき2017年(平成29年)7月号)- 長崎市ウェブサイト
  15. ^ 長崎市│オランダ・ライデン市と姉妹都市になりました”. www.city.nagasaki.lg.jp. 2019年6月28日閲覧。
  16. ^ 長崎市国際課
  17. ^ 姉妹・友好都市”. 広島市. 2017年2月3日閲覧。
  18. ^ “都市間交流宣言:龍馬の絆で結ぶ協定 全国8市区、観光・防災で交流へ”. 毎日新聞. (2014年11月16日). http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20141116ddlk26040311000c.html 
  19. ^ 長崎市議会議員選挙”. 選挙ドットコム. 2019年5月13日閲覧。
  20. ^ お知らせ 長崎市議会HP
  21. ^ 十八銀行店舗案内
  22. ^ 長崎銀行店舗紹介
  23. ^ 長崎西彼農業協同組合 本・支所紹介
  24. ^ JFマリンバンク店舗紹介
  25. ^ 長崎市内の郵便局-日本郵便HP
  26. ^ 子どもの保育所等への入所 –長崎市の福祉HP
  27. ^ 認可外保育施設一覧表(事業所内保育施設を除く) H26.6.1現在- 長崎市子育て応援ホームページ「イーカオ」
  28. ^ 長崎市内の図書館・図書室一覧 -長崎市立図書館HP
  29. ^ スポーツ施設一覧 – 長崎市ウェブサイト
  30. ^ “街を歩けばピンとくる? 年間バス代、長崎市1位 「独走」する理由”. 毎日新聞. (2020年7月5日). https://mainichi.jp/articles/20200705/k00/00m/040/023000c 2020年7月5日閲覧。 
  31. ^ 長崎の交通 乗合タクシー- 長崎市役所HP



長崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 00:45 UTC 版)

原子爆弾」の記事における「長崎市」の解説

詳細は「長崎市への原子爆弾投下を参照 広島3日後の1945年8月9日午前11時2分、B-29ボックスカー)が長崎市に原子爆弾ファットマン投下した投下地点は、当日天候のため目標であった市街中心地から外れ、長崎市北部松山町171番地(現、松山町5番地)テニスコートの上空であった。 当時、長崎市の人口推定24万人、長崎市の同年12月末の集計によると被害は、死者73884人、負傷者74909人、罹災人員12820人、罹災戸数1万8409戸にのぼった

※この「長崎市」の解説は、「原子爆弾」の解説の一部です。
「長崎市」を含む「原子爆弾」の記事については、「原子爆弾」の概要を参照ください。


長崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 14:40 UTC 版)

国道202号」の記事における「長崎市」の解説

引き続き西彼杵半島西部通りつつ、西海市大瀬戸町抜け、旧外海町に入る。神浦地区神浦港黒崎地区道の駅夕陽が丘そとめ沿線にある。外海町抜け半島西部から南部海岸近く通り、長崎市中心部に至る。宝町交差点から終点まで再び国道206号重複する長崎駅前経て終点県庁前交差点までは長崎市の中心地で、交通量非常に多い

※この「長崎市」の解説は、「国道202号」の解説の一部です。
「長崎市」を含む「国道202号」の記事については、「国道202号」の概要を参照ください。


長崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 00:27 UTC 版)

日本のプロテスタント教会一覧」の記事における「長崎市」の解説

長崎教会日本基督教団) - 長崎市に1875年設立ヘンリー・スタウト創設 長崎銀屋町教会日本基督教団) - 元出島美以教会1876年設立1964年火災焼失

※この「長崎市」の解説は、「日本のプロテスタント教会一覧」の解説の一部です。
「長崎市」を含む「日本のプロテスタント教会一覧」の記事については、「日本のプロテスタント教会一覧」の概要を参照ください。


長崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 09:43 UTC 版)

栗饅頭」の記事における「長崎市」の解説

長崎市の田中旭栄堂(たなかきょくえいどう)の栗饅頭は、明治31年創業栗形栗饅頭元祖として元祖栗饅頭の名で売られている。この栗饅頭は長崎市の名物菓子で、中に入れた白あんのもので大きさ手のひらサイズのものからお祝い事進物としてオーダーメイド受注する大きなものまでサイズ多種である。また、長崎くんちの庭見世奉納物田中旭榮堂の栗饅頭納めることもある。なお、1988年第21回全国菓子大博覧会松江市)で最高賞名誉総裁賞を受賞している。昔は夏場日持ちさせるためにを煮るのにつかう汁を煮詰めていたため、「長崎一甘い饅頭」と呼ばれていた。看板キャラクターの名前は「王子」。

※この「長崎市」の解説は、「栗饅頭」の解説の一部です。
「長崎市」を含む「栗饅頭」の記事については、「栗饅頭」の概要を参照ください。


長崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/27 17:32 UTC 版)

長崎県の軍事遺跡一覧」の記事における「長崎市」の解説

長崎への原爆投下」、「被爆建造物」、および「:Category:長崎県被爆建造物」も参照 一本柱鳥居 - 坂本2丁目 山王神社境内に至る階段途中に残る半壊した被爆鳥居別称として二の鳥居片足鳥居などがある。 浦上天主堂 - 本尾町1丁目 被爆し崩壊した当時残骸および吹き飛んだ鐘楼含め、国指定史跡長崎原爆遺跡のひとつ。 旧城山国民学校校舎 - 城山町指定史跡長崎原爆遺跡のひとつ山王神社 - 坂本2丁目 原爆関連遺構。国指定史跡長崎原爆遺跡のひとつ長崎県防空本部跡 - 立山1丁目 太平洋戦争中長崎県防空司令本部で、原爆投下時には市内救援救護活動中心司令施設として機能した立山防空壕とも称される被爆クスノキ - 坂本2丁目 原爆関連遺構山王神社境内現存する被爆したクスノキ大樹。長崎市指定天然記念物三菱重工業長崎造船所史料館 - 飽の浦町三菱長崎造船所木型工場」の名で登録されている世界遺産であり、被爆建造物でもある三菱兵器住吉トンネル工場跡 - 住吉町 被爆建造物のひとつで、第二次世界大戦中三菱重工業長崎兵器製作所疎開工場として建造され六本トンネルから成る魚雷部品製造工場跡地

※この「長崎市」の解説は、「長崎県の軍事遺跡一覧」の解説の一部です。
「長崎市」を含む「長崎県の軍事遺跡一覧」の記事については、「長崎県の軍事遺跡一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「長崎市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

長崎市

出典:『Wiktionary』 (2007/11/20 02:19 UTC 版)

固有名詞

ながさきし

  1. 長崎県県庁所在地中核市

「長崎市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長崎市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||


6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

長崎市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



長崎市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長崎市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの原子爆弾 (改訂履歴)、国道202号 (改訂履歴)、日本のプロテスタント教会一覧 (改訂履歴)、栗饅頭 (改訂履歴)、長崎県の軍事遺跡一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの長崎市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS