毎日新聞社とは? わかりやすく解説

毎日新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/23 01:50 UTC 版)

株式会社毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ、: The Mainichi Newspapers Co., Ltd.)は、全国紙毎日新聞』を発行する日本新聞社ニュースサイトの「毎日新聞デジタル」の運営も行う。大阪毎日新聞東京日日新聞を源流とし、1970年代までは本社と本店を大阪に置いていたが、その後東京に移転した。選抜高等学校野球大会(春の選抜高校野球)などのスポーツや文化事業の企画開催も行なっている[2]


注釈

  1. ^ 毎日新聞社が発行する毎日新聞の前身である東京日日新聞の創刊は、1872年3月29日(明治5年2月21日)である。
  2. ^ 国の新聞統制によるもの。このとき紙面も統一し、編集の中枢は東京に集約された。
  3. ^ 2023年3月31日をもって夕刊休止
  4. ^ 株式会社下野新聞社は、議決権を有しなかった。

出典

  1. ^ 毎日新聞社、2023年3月期決算を発表 減収減益で2年ぶりに赤字転落 RTB SQUARE
  2. ^ 会社概要”. 毎日新聞社. 2021年8月3日閲覧。
  3. ^ 「報道界の赤色分子解雇」『日本経済新聞』昭和25年7月29日3面
  4. ^ 日本新聞協会編『日本新聞年鑑(各年度版)』電通、毎年刊行。 
  5. ^ “毎日新聞社:出版事業を分社化、「毎日新聞出版」4月設立”. 毎日新聞. (2015年1月26日). オリジナルの2015年1月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150129042057/http://mainichi.jp/select/news/20150127k0000m040075000c.html 2023年11月26日閲覧。 
  6. ^ 毎日新聞、ABC部数で中日新聞に続き日経新聞にも追い抜かれる”. RTB SQUARE. 2021年1月25日閲覧。
  7. ^ 購読料改定のお願い”. 毎日新聞社. 2021年8月25日閲覧。
  8. ^ 「朝日新聞出版『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為であり、極めて遺憾。厳重に抗議する」大規模接種の予約システム報道めぐり岸防衛相」『ABEMA TIMES』、2021年5月18日。2021年5月18日閲覧。オリジナルの2021年5月22日時点におけるアーカイブ。
  9. ^ 関肇「菊池寛の大毎・東日再入社をめぐって」『國文學』第103巻、関西大学国文学会、2019年3月、329-344頁、hdl:10112/16744ISSN 0389-8628CRID 1050282676656942080 
  10. ^ 企業情報.毎日新聞ネット
  11. ^ 地上系放送事業者(電波利用ホームページ)



毎日新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:42 UTC 版)

靖国神社問題」の記事における「毎日新聞社」の解説

としての式見解は、靖国神社対す批判派靖国神社参拝反対派

※この「毎日新聞社」の解説は、「靖国神社問題」の解説の一部です。
「毎日新聞社」を含む「靖国神社問題」の記事については、「靖国神社問題」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「毎日新聞社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「毎日新聞社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「毎日新聞社」の関連用語

毎日新聞社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



毎日新聞社のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの毎日新聞社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの靖国神社問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS