鈴木商店とは?

鈴木商店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 16:29 UTC 版)

鈴木商店(すずきしょうてん)は、かつて存在(登記上は現存)した日本の財閥商社樟脳砂糖貿易商として世界的な拠点網を確立するとともに、製糖製粉製鋼タバコビールなどの事業を展開。さらに保険海運造船などの分野にも進出し、ロンドンバルティック取引所で日本企業として2番目のメンバーとなる。


注釈

  1. ^ 2014年5月9日に開局55周年の特別番組として読売テレビ制作、玉岡かおるの原作で「お家さん」というよねを主人公にしたドラマが放送された。よねを天海祐希、奉公人・金子直吉を小栗旬が演じた。「明治、大正、昭和と激動の時代を駆け抜けた女の物語!日本一の商社を作った女主人と、彼女の夢を叶えるため生涯を捧げた大番頭の奇跡に涙する」というコピーだった。
  2. ^ ちなみにこの三国間貿易を手がけたのが、当時ロンドン支店勤務だった高畑誠一である。
  3. ^ 当時の新入社員の初任給が70円、また当時の日本のGNPの約一割。
  4. ^ この余波で、第4回全国中等学校優勝野球大会は中止に追い込まれた。
  5. ^ 酒類事業はアサヒビール系列のニッカウヰスキーに譲渡している。

出典

  1. ^ 加護野忠男著「ニッポンの企業家、金子直吉」(2005年11月21-30日 日本経済新聞)
  2. ^ NHK取材班・編『その時歴史が動いた コミック版 経済立国編』収録 帯ひろ志作画「巨大商社、鈴木商店の挫折」(2009年11月22日初版発行 ISBN 4-8342-7372-5
  3. ^ とやま観光ナビ 黒部・宇奈月エリア 米騒動発祥の地
  4. ^ a b 城山三郎『鼠 鈴木商店焼打ち事件』文春文庫、1975年。
  5. ^ 朝日新聞百年史編修委員会編『朝日新聞社史 大正・昭和戦前編』朝日新聞社、1991年、89頁。
  6. ^ 「今、歴史に学ぶこと」『有隣』第385号、1999年12月10日。
  7. ^ “鈴木商店、登記上は現存 恐慌で破綻も清算終えず”. 神戸新聞NEXT. (2016年8月30日). http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201608/0009438275.shtml 2016年8月30日閲覧。 
  8. ^ “「鈴木商店」復活あり得る? 関係者に聞く”. 神戸新聞NEXT. (2016年12月5日). https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201612/0009726132.shtml 2018年2月18日閲覧。 
  9. ^ 鈴木治雄、鈴木商店記念館
  10. ^ 鈴木商店の歴史 鈴木商店のあゆみ 辰巳会の設立(2018年12月1日閲覧)。
  11. ^ 「鈴木商店記念館」オープン双日歴史館(2018年4月10日閲覧)
  12. ^ 鈴木商店本店跡地前にモニュメント完成双日歴史館(2018年4月10日閲覧)
  13. ^ 『神戸の鈴木か鈴木の天下か』 時事新報(1927.3.18-1927.3.23) に鈴木商店の直営企業一覧が載っている。( 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫・ 02.手形 第4巻 078 5ファイルあるうちの3ファイル目 より)2018年7月12日閲覧。
  14. ^ 株式会社神戸製鋼所殿との資本関係見直しに関するお知らせ - 2009年5月15日 シンフォニアテクノロジー ニュースリリース
  15. ^ [1]
  16. ^ [2]


「鈴木商店」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈴木商店」の関連用語

鈴木商店のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鈴木商店のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木商店 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS