大正時代とは? わかりやすく解説

大正

(大正時代 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 02:18 UTC 版)

大正たいしょうは、日本元号の一つ。


注釈

  1. ^ 南北朝時代北朝の元号を含む。除く場合は229番目である。なお、南朝のみの元号を除く場合は238番目である。

出典

  1. ^ 世界大百科事典 第2版「大正時代」
  2. ^ 明治45年(1912)7月|大正と改元:日本のあゆみ”. 2020年8月30日閲覧。
  3. ^ 「明治」は11度目の正直=選から漏れた元号案、最多は40回、時事ドットコム、2019年02月02日15時19分。
  4. ^ 「昭和」を考案した男と「令和」にまで影響した森鷗外の執念”. 現代ビジネス. 講談社 (2019年5月2日). 2021年2月10日閲覧。
  5. ^ 第一次は1912年(大正元年)12月から翌年にかけて第3次桂内閣打倒運動が東京を中心にして各地で憲政擁護大会が開かれた。第二次は1924年(大正13年)1月清浦内閣打倒運動を起こし、政党内閣、普通選挙、貴族院改革を要求した。
  6. ^ 政党側の闘志であるこの二人は、中華民国に対する「21か条要求」には日本の特権を肯定していた。(遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 15ページ)
  7. ^ デモクラシーの訳語(遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 14ページ)
  8. ^ 明治神宮の鎮座と戦後復興”. 明治神宮崇敬会. 2020年11月29日閲覧。
  9. ^ 皿木喜久 『大正時代を訪ねてみた 平成日本の原景』「大正世代」 (産経新聞社、2002年の178ページから〜181ページの明治人たり逝くの項目
  10. ^ a b c 『化粧文化』8号「大正モダン」ポーラ文化研究所、2015
  11. ^ 世界と日本(新版 ジュニア版・日本の歴史)190頁
  12. ^ 世界と日本(新版 ジュニア版・日本の歴史)193頁
  13. ^ 世界と日本(新版 ジュニア版・日本の歴史)196頁
  14. ^ 世界と日本(新版 ジュニア版・日本の歴史)202頁
  15. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 16ページ
  16. ^ a b c d 『世界大百科事典』(平凡社)「大正」の項目
  17. ^ 『図説日本史通覧』253頁
  18. ^ 世界と日本(新版 ジュニア版・日本の歴史)225頁
  19. ^ 1925年(大正14年)の新聞は治安維持法に批判的な論評を掲載するとともに、社説でも正面から反対した。「社説」では同法は「人権蹂躙・人権抑圧」であり、国民の生活や思想まで取り締まりの対象になり、集会結社の自由はなきに至ると論じた。同法成立の背景として、第一次世界大戦とロシア革命以後の社会運動や社会主義運動の盛り上がりを抑制する政策として考えられてきたものであったが、また、アメリカの無政府主義取締法を初めとする世界的な治安立法の動きが影響したと考えられる。(成田)龍一『大正デモクラシー』シリーズ日本近代史④ 岩波書店 〈岩波新書1045〉 2007年 210-211ページ
  20. ^ 世界と日本(新版 ジュニア版・日本の歴史)200頁
  21. ^ a b 人的被害の9割が東京・横浜に集中 : 関東大震災を振り返る”. ニッポンドットコム (2019年8月30日). 2020年11月29日閲覧。
  22. ^ 大正から昭和へ少年少女日本の歴史202頁〜207頁
  23. ^ 日本の歴史(角川まんが学習シリーズ)大正71頁
  24. ^ 「明治・大正・昭和のくらし②大正のくらしと文化」14ページ、汐文社
  25. ^ 集英社学習漫画日本の歴史大正時代大正デモクラシー125頁
  26. ^ 江原絢子石川寛子「家事教科書からみた調理教育の営的研究(その2)―大正期―」『家政学雑誌』第37巻第1号、日本家政学会、1986年、 67-75頁。(72ページより)
  27. ^ 進藤健一"どんな揚げ物にはまってますか? 思わずパクつく「背徳のグルメ」"朝日新聞2014年8月30日付朝刊、週末be2ページ
  28. ^ 橋本直樹 (2016年4月14日). “変わり行く日本食 6 「洋食」物語”. 大人のための食育 食育博士の辛口レクチャー. 2017年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  29. ^ 長友麻希子. “洋食”. 京都市観光協会. 2020年8月9日閲覧。
  30. ^ 第5章 近代(明治から昭和の戦前)―洋食と和食”. 2013年経済学部ゼミナール大会報告論文 日本の食文化の歴史. 松山大学. 2016年8月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  31. ^ 木村智彦 (2011年5月24日). “本校の歴史その8 大正時代と旧制中学”. 浪速高等学校・中学校. 2016年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  32. ^ コロッケ検定”. 日本コロッケ協会. 2016年6月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  33. ^ [1]
  34. ^ 皿木喜久 『大正時代を訪ねてみた 平成日本の原景』「大正世代」 (産経新聞社、2002年148ページから〜151ページの大正時代の3大洋食-『明日もコロッケ』だった時代の項目
  35. ^ 「教科書に載っていない戦前の日本」55頁
  36. ^ 日本の歴史(角川まんが学習シリーズ)大正74頁
  37. ^ 少年少女日本の歴史大正から昭和へ224頁
  38. ^ 日本の歴史(角川まんが学習シリーズ)大正152頁
  39. ^ 大正から昭和へ少年少女日本の歴史224頁〜225頁
  40. ^ 世界と日本(新版 ジュニア版・日本の歴史)228頁
  41. ^ 明治・大正・昭和のくらし②大正のくらしと文化の37ページ。汐文社が出版社である
  42. ^ 日本の歴史(角川まんが学習シリーズ)大正153頁
  43. ^ 『「スペイン風邪」大流行の記録』平凡社東洋文庫、2008年、p.104。国会デジタルライブラリー『流行性感冒』
  44. ^ 世界と日本(新版 ジュニア版・日本の歴史)212頁
  45. ^ 世界と日本(新版 ジュニア版・日本の歴史)215頁
  46. ^ 松尾尊兊『日本の歴史第17巻大正時代〜大正デモクラシー』118ページ〜120ページの復興する都市と女性の進出の項目
  47. ^ 『一冊でわかるイラストでわかる図解仏教』成美堂発行の73頁
  48. ^ マンガ日本の歴史現代編大戦とデモクラシー。石ノ森章太郎執筆の200頁
  49. ^ 同志会153議席,政友会108議席,中正会33議席、国民党27議席、大隈伯後援会12議席,無所属48議席
  50. ^ 松尾尊兊『日本の歴史第17巻大正時代〜大正デモクラシー』15ページの上段の2コマ 集英社
  51. ^ 皿木喜久『平成日本の原景大正時代を訪ねてみた』216ページ10行目から〜17行目
  52. ^ https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2019np/index.html
  53. ^ 県男性最高齢者死亡/南日本新聞 2022.2.1 社会 1頁



大正時代 (1912.08 - 1926.12)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 23:29 UTC 版)

神田和泉町」の記事における「大正時代 (1912.08 - 1926.12)」の解説

1923年大正12年)の関東大震災では、甚大な被害被った下町地区にあって神田和泉町佐久間町と共に奇跡的に焼失免れた。まずミツワ化学試験所に失火があったが、消防署ポンプにより消し止められ次に東京衛生試験所から出火したが、三井慈善病院消防隊により消火された。最後に浅草方面から火の手が迫ると、住民帝国嘲筒株式会社から借りたポンプバケツ用いて神田川から取水し、火勢撃退成功した。 この功績により、当地一帯は@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}1934年昭和14年)[要検証ノート]1月に府より関東大震災協力防火の地として顕彰され、和泉町内に防火守護地」の記念碑建てられている

※この「大正時代 (1912.08 - 1926.12)」の解説は、「神田和泉町」の解説の一部です。
「大正時代 (1912.08 - 1926.12)」を含む「神田和泉町」の記事については、「神田和泉町」の概要を参照ください。


大正時代(埋め立て)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/22 19:09 UTC 版)

寺谷弁天」の記事における「大正時代(埋め立て)」の解説

鶴見川高低差少なく海水逆流しやすいため、農業用水として利用するには不向きであった。そのため鶴見では灌漑用溜池多く利用され寺谷大池そのうちの一つであった。しかし、工業化が進むと灌漑の必要がなくなったため、大正時代に、池の一部記念として残し、その他は埋め立てられた。

※この「大正時代(埋め立て)」の解説は、「寺谷弁天」の解説の一部です。
「大正時代(埋め立て)」を含む「寺谷弁天」の記事については、「寺谷弁天」の概要を参照ください。


大正時代(ゼロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 01:13 UTC 版)

ローゼンメイデンの登場人物一覧」の記事における「大正時代(ゼロ)」の解説

(きく) 『ローゼンメイデン0 -ゼロ-』の主人公。結家のお屋敷住み込みで働く女中。童顔和装の姉。翠星石契約者どんくさい人懐っこい性格をしている。妹を自慢思っている坊ちゃんを慕う。普段は髪型作っているが、髪を下す印象変わる。 言葉田舎訛り抜けていないことを恥ずかしがっており、自信が無くはっきりと話せない屋根裏部屋掃除中に星石見つけゼンマイについていたタグの「カンセマキマ、カスマキマ」(右から読むと「マキマスカ、マキマセンカ」となる)でゼンマイを巻く。目覚めた星石と「大きい声言いたいことが言えるうになる」「十二階天辺から大声で叫ぶ」という約束をする。この約束を、兎頭事件の解決後に果たす。 ゼロドールの謎を調べ過程で、勇気を身につけ、たくましく成長するしっかり者みなされるようになり、仕事場での評価上がる(はな) の妹。遥閣で昇降機ガールをしている。別嬪洋装の妹。蒼星石契約者モガ憧れており、職業婦人として自立して長屋に住む。都会的な言葉遣い作り物で、素になると訛りが出る。夢とは自分で叶える未来なのだという、現実的前向きな思考をしている。そのために帝都崩壊未来を防ごうとする。 幼いころに木から落ちたことがあり、高所恐怖症地元時代和装髪型も姉と同じだったが、想い人が姉を好きだったことで失恋し都会出てイメチェンした。一見するとどんくさい姉と、別嬪の妹」のようであるが、ひそかに姉にコンプレックスがある。 坊ちゃん家の青年次男で体が弱く高等遊民的な生活をしているという現状と、家のために何かをしたいという望み一致せず悩んでいる。夢で見た真紅一目惚れし双眼鏡を持って十二階に通う。 蒼星石水銀燈に「真紅会いたいから契約してくれ」と頼むが、もちろんそんな動機では断られる人形にしか興味がなく生身女性スルーする。探偵浪漫へのこだわりが高じてポンコツ言動をとる。 中盤以降は、どこにも出かけている様子がないのにお屋敷から姿を消し夜になる戻ってきているということくり返す。この現象は、双眼鏡に力が宿り逆さから覗くことで鏡面世界入れようになったもの。翠蒼探偵団が兎頭事件解決したときも不在であった。鏡面世界黒衣の真紅逢引し、自分の名前を教え指輪契約を交わす揚羽(あげは) 見世物小屋踊り子団長娘。前身はサァカスのブランコ乗り本名があるがダサいので、普段源氏名名乗る見た目フラッパーだが、芸人誇りがあり、インチキまがいの見世物には否定的副業として、カフェーバイト歌と踊りをやっており、人気を得ている。 当初はを「金持ち探偵ごっこ」と思っていたが、見直す。父親悪企み止めたいと、正式に探偵依頼をする寅吉とらきちカフェー用心棒をしている。揚羽依頼で、たちに助力する事件解決後はお屋敷で働く。惚れたようであるプルプルちゃん 大きなリボンをつけた、白い洋猫気位高く気難しい。「プルる」「ぷルにゃっ!!」などと鳴く。名前は命名した仮称で、水銀燈は単に「毛玉」「お馬鹿」などと呼ぶ。 蒼星石取り返そうとする翠蒼探偵団の前にどこからともかく現れヒント示し同行する。翠星石水銀燈・雛から総じて誰かさんに似ている」と感想を抱かれる。特に水銀燈正体までわかっており、誰かさんそっくりなケンカをする。 団長 揚羽の父。昔はサァカスを率いていたが、時代の流れ没落し今は見せ物小屋細々と稼業をしている。復帰夢見ており、金のために悪事手を染めつつある。兎頭結託して子供を攫い、異国の人買いに売り飛ばそうとしている。 兎頭(うさぎあたま) 帝都騒がせる怪人子供攫っ目を検分するてふ子はめこむ赤い眼球」を欲しがっており、翠星石と蒼星石オッドアイ赤目を狙う。目的は、てふ子夕焼けシャボン玉見せること。蒼星石ラプラスの魔暗躍を疑うが、正体別人であった。nのフィールド超常関与しない、ただの現実人間であり、兎の頭部かぶりもの正体推理できるようにヒント示されている。

※この「大正時代(ゼロ)」の解説は、「ローゼンメイデンの登場人物一覧」の解説の一部です。
「大正時代(ゼロ)」を含む「ローゼンメイデンの登場人物一覧」の記事については、「ローゼンメイデンの登場人物一覧」の概要を参照ください。


大正時代(1913年 - 1926年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 03:51 UTC 版)

本場所の一覧」の記事における「大正時代(1913年 - 1926年)」の解説

年度場所名勧進元会場初日千秋楽日数備考大正2年1913年1月場所 東京 両国国技館 1月10日 1月19日 10 1月場所 大阪 新川土橋西詰 1月12日 10 2月場所 合併 両国国技館 2月21日 3月2日 10 東京大合併 3月場所 合併 新世界 3月7日 10 東京大合併 3月場所 合併 名古屋市南堀3月18日 7 東京大合併 5月場所 大阪 新世界 10 5月場所 東京 両国国技館 5月16日 5月25日 10 大正3年1914年1月場所 東京 両国国技館 1月10日 1月19日 10 1月場所 大阪 新川土橋西詰 10 5月場所 東京 両国国技館 5月30日 6月8日 10 5月場所 大阪 新川土橋西詰 10 大正4年1915年1月場所 東京 両国国技館 1月15日 1月24日 10 1月場所 大阪 新川土橋西詰 10 5月場所 東京 両国国技館 5月15日6月4日 5月24日6月13日 10 大正5年1916年1月場所 東京 両国国技館 1月14日 1月23日 10 1月場所 大阪 新川土橋西詰 1月15日 10 3月場所 合併 千日前 3月12日 10 東京大合併 5月場所 東京 両国国技館 5月18日 5月28日 10 6月場所 大阪 千日前6月1日 10 10月場所 合併 新世界 10月31日 10 東京大合併 大正6年1917年1月場所 東京 両国国技館 1月12日 1月21日 10 1月場所 大阪 千日前1月7日 10 5月場所 東京 両国国技館 5月11日 5月20日 10 場所後に失火国技館全焼6月場所 大阪 新世界 6月1日 10 大正7年1918年1月場所 東京 靖国神社 1月11日 1月20日 10 晴天興行 1月場所 大阪 新世界 1月11日 10 5月場所 大阪 千日前5月11日 10 5月場所 東京 靖国神社 5月12日 5月23日 10 晴天興行 大正8年1919年1月場所 東京 靖国神社 1月12日 1月22日 10 晴天興行 1月場所 大阪 千日前1月13日 10 5月場所 東京 靖国神社 5月10日 5月23日 10 晴天興行 5月場所 大阪 千日前5月15日 10 9月場所 合併 大阪国技館 9月13日 9月22日 10 杮落とし興行東京大合併相撲 大正9年1920年1月場所 東京 両国国技館 1月16日 1月25日 10 国技館再建1月場所 大阪 大国技館 10 5月場所 大阪 大国技館 5月11日 5月20日 10 5月場所 東京 両国国技館 5月14日 5月23日 10 大正10年1921年1月場所 大阪 大国技館 1月11日 1月20日 10 1月場所 東京 両国国技館 1月14日 1月23日 10 3月場所 合併 大阪国技館 3月4日 3月13日 10 東京大合併 5月場所 東京 両国国技館 5月13日 5月22日 10 6月場所 大阪 大国技館 6月4日 6月13日 10 大正11年1922年1月場所 大阪 大国技館 1月11日 1月20日 10 1月場所 東京 両国国技館 1月13日 1月22日 10 3月場所 合併 大阪国技館 3月17日 3月26日 10 東京大合併 5月場所 東京 両国国技館 5月12日 5月21日 10 5月場所 大阪 大国技館 5月13日 5月22日 10 大正12年1923年1月場所 大阪 大国技館 1月12日 1月21日 10 1月場所 東京 両国国技館 1月26日 2月4日 10 三河島事件初日繰り延べ 5月場所 東京 両国国技館 5月11日 5月21日 11 場所後、関東大震災国技館被災5月場所 大阪 大国技館 5月11日 5月20日 10 龍神事件のため幕下以下のみで開催 6月場所 大阪 堺市 6月--日 -月--日 10 龍神事件のため幕内番付開催 大正13年1924年1月場所 東京 名古屋市中区大池町 1月11日 1月20日 10 国技館再建中。晴天興行1月場所 大阪 大国技館 1月11日 1月20日 10 5月場所 大阪 大国技館 5月11日 5月20日 10 5月場所 東京 両国国技館 5月16日 5月26日 11 国技館再建6月場所 合併 大阪国技館 6月12日 6月18日 7 東京大合併 大正14年1925年1月場所 大阪 大国技館 1月2日 1月11日 10 1月場所 東京 両国国技館 1月9日 1月19日 11 5月場所 東京 両国国技館 5月14日 5月24日 11 6月場所 大阪 大国技館 6月7日 6月16日 10 11月場所 合併 京都八坂新道 11月14日 10 第1回東西連盟大相撲合同番付編成のための技量審査大正15年1926年1月場所 大阪 台北 1月13日 10 最後の本場所開催1月場所 東京 両国国技館 1月14日 1月24日 11 3月場所 合併 大阪市扇町 3月12日 11 第1回東西連盟大相撲合同番付編成のための技量審査5月場所 東京 両国国技館 5月13日 5月23日 11 10月場所 合併 天王寺区大軌電鉄停留所10月8日 11 第2回東西連盟大相撲。今場所を最後に東西番付合同

※この「大正時代(1913年 - 1926年)」の解説は、「本場所の一覧」の解説の一部です。
「大正時代(1913年 - 1926年)」を含む「本場所の一覧」の記事については、「本場所の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大正時代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「大正時代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大正時代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大正時代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神田和泉町 (改訂履歴)、寺谷弁天 (改訂履歴)、ローゼンメイデンの登場人物一覧 (改訂履歴)、本場所の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS