高所恐怖症とは? わかりやすく解説

高所恐怖症

読み方:こうしょきょうふしょう


不安障害一つで、高所へ行くと「自分落ちるのではないか飛び降りるではないか」というような強迫観念捉われたりする状態を意味する語。

こうしょ‐きょうふしょう〔カウシヨキヨウフシヤウ〕【高所恐怖症】

読み方:こうしょきょうふしょう

恐怖症の一。高い所にあがるとめまい恐怖感覚え自分飛び降りたり墜落したりするような錯覚生じ症状


高所恐怖症

作者都筑道夫

収載図書25階の窓
出版社新潮社
刊行年月1988.5
シリーズ名新潮文庫

収載図書ドッペルゲンガー奇譚集―死を招く影
出版社角川書店
刊行年月1998.12
シリーズ名角川ホラー文庫

収載図書阿蘭陀すてれん都筑道夫恐怖短篇集成 2
出版社筑摩書房
刊行年月2004.6
シリーズ名ちくま文庫


高所恐怖症

作者下川博

収載図書恋のピエロコンプレックス
出版社ポプラ社
刊行年月1995.4
シリーズ名ポプラ社版・NHK中学生日記


高所恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/18 05:50 UTC 版)

高所恐怖症(こうしょきょうふしょう)は、特定の恐怖症のひとつ。高い所(人によって程度の差がある)に登ると、それが安全な場所であっても、下に落ちてしまうのではないかという不安が生じる。例えば、エレベーター、エスカレーター、ショッピングモールの上階などが怖く、利用を避ける場合がある[1]


  1. ^ ティモシー・A.サイズモア『セラピストのためのエクスポージャー療法ガイドブック:その実践とCBT、DBT、ACTへの統合』坂井誠、首藤祐介、山本竜也訳、創元社、2015年、194-195頁。ISBN 978-4-422-11600-6
  2. ^ 誰も教えてくれなかった!高所恐怖症のナゾ - ためしてガッテン
  3. ^ Arroll B, Wallace HB, Mount V, Humm SP, Kingsford DW (April 2017). “A systematic review and meta-analysis of treatments for acrophobia”. Med. J. Aust. (6): 263–267. PMID 28359010. 
  4. ^ 宮野 秀市 (2015). “全周囲パノラマ動画を利用したVRエクスポージャー療法:高所恐怖症の1症例”. VR医学 13: 1-10. 
  5. ^ 藤井 靖・小林 加奈・小泉 壮汰 (2020). “バーチャルリアリティー(VR)エクスポージャー療法による高所恐怖の治療”. 精神科 37: 44-49. 
  6. ^ 『認知行動療法事典』丸善出版、2019年、310-311頁。


「高所恐怖症」の続きの解説一覧

高所恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 22:46 UTC 版)

ムアンマル・アル=カッザーフィー」の記事における「高所恐怖症」の解説

告発サイトであるウィキリークスは、カッザーフィー建物2階より上階には滞在できないこと長時間航空機による移動海上飛行を嫌うなど、高所恐怖症である可能性指摘した

※この「高所恐怖症」の解説は、「ムアンマル・アル=カッザーフィー」の解説の一部です。
「高所恐怖症」を含む「ムアンマル・アル=カッザーフィー」の記事については、「ムアンマル・アル=カッザーフィー」の概要を参照ください。


高所恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 22:37 UTC 版)

毛利小五郎」の記事における「高所恐怖症」の解説

アニメなど原作以外のメディアでは高所恐怖症というオリジナル設定追加されており、高い場所が苦手とされている劇場版では当初こそ平気だったもののコナン指摘高所気づくと、急に怖気(おじけ)づく姿が描かれることがある第18作異次元の狙撃手』では訪れていたベルツリータワー内で恐怖のあまり、取り乱して煙を出しながら逃走するが、その先はさらに上階昇るエレベーターだった。ただ、高い場所であればどこでも怖気づいた取り乱すというわけではなく、ヘリコプターロープウェイ飛行船怖がる一方飛行機ジャンボジェット機)では平気な場合があり、第8作銀翼の奇術師』や第14作天空の難破船』では冷や汗をかく程度済んでいる。また、空飛ぶ密室 工藤新一最初の事件」での沖縄旅行や、『ルパン三世VS名探偵コナン』銭形警部助手となってヴェスパニア王国に行く際は平気だったアニメ設定定着した後は、高所恐怖症を中心に据えたアニメオリジナルエピソード制作されている。

※この「高所恐怖症」の解説は、「毛利小五郎」の解説の一部です。
「高所恐怖症」を含む「毛利小五郎」の記事については、「毛利小五郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「高所恐怖症」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

高所恐怖症

出典:『Wiktionary』 (2021/07/01 12:18 UTC 版)

名詞

こうしょきょうふしょう

  1. 恐怖症のひとつ。高いところに登ると、それが安全な場所であっても、下に落ちてしまうのではないかという不安がつきまとい動けなくなるなどの症状を示す病的な心理

翻訳


「高所恐怖症」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



高所恐怖症と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

高所恐怖症のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高所恐怖症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高所恐怖症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのムアンマル・アル=カッザーフィー (改訂履歴)、毛利小五郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの高所恐怖症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS