ところにとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 助詞 > 接続助詞 > ところにの意味・解説 

ところに

[接]接続助詞「ところに」から》

ちょうどその時に。そこで。

「国をかけ落ちしましてござんす。—源五兵衛めぐりあひましてござんす」〈伎・幼稚子敵討

ところが。しかるに

拙者儀は旦那お気に入り。—お前方お祝ひの酒を食ひ過ごし、御勘気請けて」〈伎・幼稚子敵討


ところに

[接助]

逆接の意を表す。…けれども。

「身に逢うたらば、悦ばう—、かへって手向ひするは何事ぞ」〈伎・なぐさみ曽我

順接の意や単純な接続を表す。

「イソポ風呂ニ行ッテミル—、ソノ風呂屋ノ前ニスルドナ石ガ一ツ出テアッタガ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯


ところ‐に【所━】

1 〔接助〕 活用語連体形をうけて、前の叙述を後の叙述続ける。意味的には順接逆接・単純接続などがある。

今昔1120頃か)四「此は何(いか)に。碁を打つを役にて年月送り給ふ聞く所に、善く所行を見奉れば、証果の人にこそ坐(まします)める」

2接続

先行事柄を受けて、それについで起こった事態を述べる時に用いる。ちょうどそういう時に。そこで。

歌舞伎幼稚子敵討(1753)三「国を欠落(かけおち)しましてござんす。所に源五兵衛に廻(めぐ)り逢ひましてござんす

先行事柄を受けて、それに反するような事態を述べる時に用いる。ところが。然るに

古活字本毛詩抄(17C前)一五「老者気力程に酒をのませまいと云心にみたぞ。処に今幽王はさうめされいで反て侮慢してあなどらるるぞ」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ところに」に関係したコラム

  • 株式分析の酒田五法の見方

    株式分析の酒田五法は、江戸時代の相場師、本間宗久によって考案された投資術です。酒田五法には、「三山」、「三川」、「三空」、「三兵」、「三法」の5つの法則があります。▼三山三山は、チャートの高値圏に出現...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ところに」の関連用語

ところにのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ところにのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS