ところにとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 助詞 > 接続助詞 > ところにの意味・解説 

ところ に

( 接助 )
形式名詞「ところ」に格助詞「に」の付いたものから。中世末期から近世へかけての語〕
活用語連体形接続する。
順接条件を表す用法)前の事柄が起こった後、引き続き後の事柄が起こることを表す。 「オノオノコノ儀モットモト同心シテ選ブ-、孔雀サシデテ言ウワ/天草本伊曽保」
逆接条件を表す用法)前の事柄考えられるに対して予期反す事柄次に起こることを表す。 「身に逢うたらば悦ばう-、却つて手向ひするは何事ぞ/歌舞伎なぐさみ曽我



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ところに」に関係したコラム

  • 株式分析の酒田五法の見方

    株式分析の酒田五法は、江戸時代の相場師、本間宗久によって考案された投資術です。酒田五法には、「三山」、「三川」、「三空」、「三兵」、「三法」の5つの法則があります。▼三山三山は、チャートの高値圏に出現...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ところに」の関連用語

ところにのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ところにのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2019 Weblio RSS