旦那とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 旦那 > 旦那の意味・解説 

だんな【×檀那/旦那】

《(梵)dāna音写

ほどこし布施。転じて、布施をする人。檀越(だんおつ)。檀家

商家奉公人などが男の主人敬っていう語。「店の大—」

商人が男の得意客を、また役者芸人自分のひいき筋を敬っていう語。また一般に、金持ち身分ある男性を敬っていう。「—、これはよい品でございますよ」「顔見世に—衆を招く」

妻が夫をいう語。他家の夫をいう場合もある。「お宅の—」

妾(めかけ)の主人パトロン。「—がつく」「—を取る」


だんな【檀那・旦那】

〔名〕 (梵 dāna音訳

仏語六波羅蜜一つ施し布施

性霊集‐八(1079)為弟子真体亡妹七々斉并奉入伝燈願文「夫仏有五智因業各異所謂、阿哩也囉多曩納婆嚩多他掲哆。即是檀那之報徳也」〔法苑珠林一一

② (梵 dāna pati音訳、「檀那波底」の略) 檀越(だんおつ)のこと。施主檀家

大日本国法華経験記(1040‐44)下「欲供養時、雷電霹靂壊塔各々分散摧折而去。檀那懐悲泣限」〔祖庭事苑‐五・懐禅師前録〕

中世社寺参詣宿泊者をいう。先達神官、僧が引導し、参拝行路宿泊施設などの案内をした。また、地方武家その他の同名字の人々大勢一定の先達御師(おし)を定めて代々参拝宿泊するようになると、この契約関係一種職権財産となって売買譲与対象となり、この職権をさしていうこともある。引檀那。道者檀那職

米良文書弘安一〇年(1287)一〇月二九日・旦那譲状「ながくゆづりわたすたんなの事」

家人(けにん)や使用人などが、その主人敬っていう語。

*虎寛本狂言鈍太郎室町末‐近世初)「某は、長刀遣ひを檀那に持て居るに依て

(5) 商人などが自分の店の客を、また役者芸人などが自分のひいき筋を敬っていう語。一般にへりくだって呼びかけるときにもいう。

四座役者目録(1646‐53)上「京の太夫より、我れ、声増したるほどに、旦那多ふかろうと、云たる人也」

(6) 妻が、自分の夫を敬っていう語。また、他家主人敬っていうのにも用いる。現代では敬意伴わない用いられる。

浮世草子好色一代男(1682)五「後の世を願ふ仏の道も、旦那(ダンナ)殿と一所法花になり」

(7) 妾や芸者などが、自分のせわをしてくれる男を敬っていう語。また、妾や芸者のせわをしている男の称。

雑俳歌羅衣(1834‐44)七「旦那来る・日附込んで小間物屋

(8) 婢女などがその仕え奥女中敬って用いる語。

雑俳末摘花(1776‐1801)四「旦那はせいろうお次へははりかた

(9)だんなりゅう檀那流)」の略。

神宮文庫発心集(1216頃か)五「みづのみと云ふ所にて檀那の僧都覚運と云ふ人に行合ひて」


旦那

読み方:ダンナdanna

布施


旦那

読み方:だんな

  1. 金庫。〔第六類 器具食物
  2. 金庫を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

旦那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/22 06:18 UTC 版)

旦那(だんな)




「旦那」の続きの解説一覧



旦那と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「旦那」の関連用語

旦那のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



旦那のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの旦那 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS