大阪弁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 方言 > 大阪弁の意味・解説 

おおさか‐べん〔おほさか‐〕【大阪弁】

読み方:おおさかべん

大阪中心とする地域話されている方言大阪ことば。


大阪弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 08:42 UTC 版)

大阪弁(おおさかべん)は、大阪とその周辺で話される日本語の方言で、近畿方言上方語、関西弁)の一種。ここでは大阪市を中心に大阪府北部(北摂)から兵庫県南東部(阪神間)にかけての旧摂津国の方言を取り上げるが、旧摂津国のうち神戸市とその周辺の方言は「神戸弁」を参照。また、大阪府のうち、旧河内国の方言は「河内弁」、旧和泉国の方言は「泉州弁」を参照。


  1. ^ 楳垣編(1962)、429頁。
  2. ^ a b 橋爪監修(2009)、12頁。
  3. ^ 平山ほか編(1997)、10頁。
  4. ^ 岡田・楳垣(1962), 506頁。
  5. ^ 山本(1962), 427-429頁。
  6. ^ 高木(2018), 74頁。
  7. ^ 原文ママ。「豊能町西部」の誤記か
  8. ^ 高木(2018), 77-79頁。
  9. ^ 楳垣・岡田(1962), 506頁。
  10. ^ 鎌田良二『兵庫県方言文法の研究』、1979年、桜楓社
  11. ^ 都染(2018), 83頁。
  12. ^ 前田(1977)、47頁。
  13. ^ 平山ほか編(1997)、19頁。
  14. ^ 宮本慎也の2006年12月のブログより。
  15. ^ 札埜(2006)、p13-23
  16. ^ 札埜(2006)、p13-23。朝日新聞大阪本社社会部編『ごめんやす「おおさか弁」』(1994年、リバティ書房)からの引用。
  17. ^ 前田(1977)、45頁。
  18. ^ http://web.kyoto-inet.or.jp/org/gakugei/judi/forum/forum14/46.htm
  19. ^ 彭飛(1993)『大阪ことばの特徴』和泉書院 p.14
  20. ^ https://f.osaka-kyoiku.ac.jp/tennoji-j/wp-content/uploads/sites/4/2020/09/41-09.pdf 『文学作品にみられる船場言葉と河内弁-谷崎純一郎「細雪」今東光「悪名」より-』
  21. ^ 堀井令以知(1995)『大阪ことば辞典』東京堂出版 p.76
  22. ^ 前田(1977)、31-32頁。
  23. ^ 金水(2003)、82-83頁。
  24. ^ 金水敏 (2003), 役割語の不思議な世界, http://www.let.osaka-u.ac.jp/~kinsui/ronbun/nightessay.html 2008年5月4日閲覧。 
  25. ^ 牧村史陽 『大阪ことば事典』講談社、1979年。ISBN 978-4-06-158658-1 
  26. ^ a b 名物編集者の「一人語り劇場」と大阪愛関西テレビFNNスーパーニュースアンカー」2010年12月22日放送
  27. ^ 金水(2003)、84-85頁。
  28. ^ 金水(2003)、85-91頁
  29. ^ 八編下、472頁。
  30. ^ 札埜(2006)、p24-25では「がめつい」という言葉自体『がめつい奴』に由来しているとしており、つまり菊田の造語であると説明している。
  31. ^ 金水(2003)、92-95頁。
  32. ^ 札埜(2006)、p33-34。「お笑いの言葉と大阪弁―吉本興業の力とは―」『日本語学』2004年9月号からの引用。
  33. ^ 金水(2003)、90頁。
  34. ^ 金水(2003)、95-98頁。
  35. ^ 日本経済新聞社「大阪の挑戦 快適ナンバー1都市をめざして」ISBN 4-532-14109-5
  36. ^ 【新聞に喝!】関西大学副学長・黒田勇 (1-2ページ)」、「【新聞に喝!】関西大学副学長・黒田勇 (2-2ページ)MSN産経ニュース2009年10月31日。リンク切れ。
  37. ^ 大阪の今を知るとっておきの3冊 現在と過去が二重写しに毎日jpブックウオッチング
  38. ^ 楳垣編(1962), 598-607頁。



「大阪弁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




大阪弁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大阪弁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大阪弁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大阪弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS