大阪弁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 方言 > 大阪弁の意味・解説 

おおさか‐べん〔おほさか‐〕【大阪弁】

大阪中心とする地域で話されている方言大阪ことば。


おおさか‐べん おほさか‥ 【大阪弁】

〔名〕 大阪地方ことばづかい大阪方言をつかったものの言い方また、その大阪方言。その特色語法上にもっとも顕著あらわれデスダスアリマスオマスというほか、打消法で、行ケヘン・メー(見)ヘン・ケー(来)ヘンなど動詞エ段ヘンをつけ、敬語法でもすべての動詞連用形ハルをつける。

米国見物(1910)〈正岡芸陽〉礼儀作法研究会東京辯があれば大阪辯(オホサカベン)もある」


大阪弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 03:33 UTC 版)

大阪弁(おおさかべん)は、大阪で話される日本語の方言で、近畿方言上方言葉または上方語)の一種。


  1. ^ 楳垣編(1962)、429頁。
  2. ^ 橋爪監修(2009)、12頁。
  3. ^ 橋爪監修(2009)、12頁。
  4. ^ 平山ほか編(1997)、10頁。
  5. ^ 前田(1977)、47頁。
  6. ^ 平山ほか編(1997)、19頁。
  7. ^ 宮本慎也の2006年12月のブログより。
  8. ^ 札埜(2006)、p13-23
  9. ^ 札埜(2006)、p13-23。朝日新聞大阪本社社会部編『ごめんやす「おおさか弁」』(1994年、リバティ書房)からの引用。
  10. ^ 前田(1977)、45頁。
  11. ^ http://web.kyoto-inet.or.jp/org/gakugei/judi/forum/forum14/46.htm
  12. ^ 前田(1977)、31-32頁。
  13. ^ 金水(2003)、82-83頁。
  14. ^ 金水敏 (2003), 役割語の不思議な世界, http://www.let.osaka-u.ac.jp/~kinsui/ronbun/nightessay.html 2008年5月4日閲覧。 
  15. ^ 牧村史陽『大阪ことば事典』講談社、1979年。ISBN 978-4-06-158658-1
  16. ^ a b 名物編集者の「一人語り劇場」と大阪愛関西テレビFNNスーパーニュースアンカー」2010年12月22日放送
  17. ^ 金水(2003)、84-85頁。
  18. ^ 金水(2003)、85-91頁
  19. ^ 八編下、472頁。
  20. ^ 札埜(2006)、p24-25では「がめつい」という言葉自体『がめつい奴』に由来しているとしており、つまり菊田の造語であると説明している。
  21. ^ 金水(2003)、92-95頁。
  22. ^ 札埜(2006)、p33-34。「お笑いの言葉と大阪弁―吉本興業の力とは―」『日本語学』2004年9月号からの引用。
  23. ^ 金水(2003)、90頁。
  24. ^ 金水(2003)、95-98頁。
  25. ^ 日本経済新聞社「大阪の挑戦 快適ナンバー1都市をめざして」ISBN 4-532-14109-5
  26. ^ 【新聞に喝!】関西大学副学長・黒田勇 (1-2ページ)」、「【新聞に喝!】関西大学副学長・黒田勇 (2-2ページ)MSN産経ニュース2009年10月31日。リンク切れ。
  27. ^ 大阪の今を知るとっておきの3冊 現在と過去が二重写しに毎日jpブックウオッチング


「大阪弁」の続きの解説一覧

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




大阪弁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大阪弁」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

大阪弁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大阪弁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大阪弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS