我が家とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 我が家の意味・解説 

わが‐や【我が家】

自分の家。また、自分家庭

[補説] 作品別項。→我が家


わがや【我が家】


我が家

作者三浦朱門

収載図書異境
出版社毎日新聞社
刊行年月1992.11


我が家

作者柴垣文子

収載図書おんな先生
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2006.2
シリーズ名民主文学


我が家

作者アゴタ・クリストフ

収載図書どちらでもいい
出版社早川書房
刊行年月2006.9

収載図書どちらでもいい
出版社早川書房
刊行年月2008.5
シリーズ名ハヤカワepi文庫


我が家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 07:17 UTC 版)

我が家(わがや)は、ワタナベエンターテインメントに所属する日本お笑いトリオ2003年結成。




注釈

  1. ^ 2012年4月からは、坪倉のみ出演し、2017年3月までスタジオ出演していたが、同年4月から2020年10月までVTRでのみの出演となった。
  2. ^ 総合でもプラスマイナスの246KB、イワイガワの330KBに次いで歴代ワースト3位の記録である。
  3. ^ この放送回は4位まではすべて460KB以上を記録していたが、5位以降はすべて100-200KB台に終わるという、かなり極端に差が開いた回であった(4位のイシバシハザマは469KBであり、我が家とはボール45個分もの差があった。なお、6位のトップリード(281KB)とはボール2個差だった)。
  4. ^ 後継番組『オンバト+』では、閃光花火が285KBを記録している。『+』での200KBでのオンエアは彼らが唯一である。
  5. ^ この放送回でタイムマシーン3号が番組史上2組目の545KBのパーフェクトを達成している。
  6. ^ 他にはオーケイが200KB台でオンエアがありながら、300KB台でのオンエアが一度も無い経験をしている。彼らは300KB台で3回オフエアがあり、中でも2000年7月2日放送回の大阪収録では369KBで惜しくも6位オフエアだった(5位は385KBでパペットマペット)。
  7. ^ レッドカーペット賞を3回獲得(1回は谷田部が言ってみ隊として)。コラボカーペットでは小島よしお塙宣之(ナイツ)(杉山と坪倉のみ)、今泉×鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング今野浩喜(キングオブコメディ)(谷田部のみ、言ってみ隊(18KIN今泉隊)名義)、木村卓寛(天津)×倉本剛(ロケット団)(坪倉のみ、天津木村隊名義)、X-GUN×小林優介(高橋健一(キングオブコメディ)(谷田部のみ)と共演。
  8. ^ 本人役で出演しており、劇中でネタを披露している。また、主演の天海祐希も彼らのファンと語っている。
  9. ^ レギュラー放送は2014年9月で終了したが、以降も「文化放送ウェンズデープレミアム」枠で月1回程度放送している(事実上、『K-POP COUNTDOWN』に代わるプレミアム枠の定番企画となった)。

出典

  1. ^ 麻布台出版社「お笑いポポロ」2008年2月号より[要ページ番号]
  2. ^ 2008年12月23日放送回『アドレな!ガレッジ』(テレビ朝日)の企画「クイズ!誰に憧れてたんでショー2」より[信頼性要検証]
  3. ^ 九州で出直し!我が家杉山が「さしこ」に - 日刊スポーツ(2012年08月26日)2012年08月27日閲覧。
  4. ^ 我が家より杉山に関するご報告 - 我が家オフィシャルブログ(2012年08月26日)2012年08月27日閲覧。
  5. ^ 我が家、浅草東洋館でてんぷくトリオのコント”. お笑いナタリー (2014年9月9日). 2014年9月22日閲覧。
  6. ^ 我が家 | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2020年8月11日閲覧。


「我が家」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「我が家」の関連用語

我が家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



我が家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの我が家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS