TBSテレビとは? わかりやすく解説

ティービーエス‐テレビ【TBSテレビ】


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/07 23:14 UTC 版)

株式会社TBSテレビ[1](ティビーエステレビ[4]: TOKYO BROADCASTING SYSTEM TELEVISION, INC.[1])は、TBSホールディングスの連結子会社であり、関東広域圏放送対象地域としてテレビジョン放送事業を行う特定地上基幹放送事業者


注釈

  1. ^ 各TBS制作番組宛の郵便番号はラジオ・テレビ共通で「107-8066」。
  2. ^ このためTBSラジオの新サイトでTBSテレビは「TBS TV」と表記されている。
  3. ^ 送信機は、米RCA社製のが装備された。(当時同局のラジオ送信機も同じく米RCA社製。)
  4. ^ 試験電波は、この開始日から、日曜日を除き毎日2時間半発射された(開局日前まで)。
  5. ^ 放送は13時15分からの45分間で、番組の収録は2日前に、浅草松竹演芸場のデン助劇団の21時からの公演を収録したという。
  6. ^ ただし、当時のビデオ・テープは米3M社製の輸入品のみで、1時間しか録画ができず、当時の日本円レートで1本約100万円(1958年当時の大卒初任給は約1万3,500円、かけそばは1杯25円、家電でも最高額が電気冷蔵庫の10万円という時代だった。なお、テレビは14インチで7万円。)もする余りにも高額な物で、さらに、著作権法の絡みで長期保存することもできず、当該録画映像の放送後は消去して使い回しというやり方だったために、同年に製作されたドラマ『私は貝になりたい』以前のビデオ・テープは同局では残されていないという。
  7. ^ 当初は、毎日の午後の時間帯に、30分間のカラーフィルムの放映によるものだった。ちなみに、同実験放送に於ける初日(最初)の番組は、東映の短編映画「夢見童子」だった。
  8. ^ 日本に於いて、同社から同製品の納入は初めて。他局(NHK、NTV)のそれらは全て、米RCA社製だった。
  9. ^ 尚増力許可は、10日前の同年1月7日に、郵政省から下りている。
  10. ^ この本放送開始時点でのカラーのレギュラー番組は、毎週金曜日の「奥様これはいかが」、「季節の手帳」(いずれも15分の番組)だけだった。朝日新聞1960年9月8日朝刊5ページテレビ欄「カラー番組ご案内 10日からいよいよ本放送」に記載。(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  11. ^ 1965年までには、もう1台(2号機)もカラー録再対応となった。
  12. ^ 関東地区では当初はNETテレビにネットされていたが、NETテレビの編成方針で打ち切りとなり、東京12チャンネル(現:テレビ東京)にネットが移行されネットチェンジ直前までネットされた。TBS系列の中国放送(RCC)とRKB毎日放送(RKB)は腸捻転時代から既に番組販売扱いでネットされていた。
  13. ^ TBS系移行時は『仮面ライダーストロンガー』から。『平成・令和仮面ライダーシリーズ』は毎日放送のかつてのキー局であるテレビ朝日が制作・放送。
  14. ^ 民放ではフジテレビジョンと同時で初。ただしフジは未明の30分-1時間程度、メンテナンスのために放送を中断し、カラーバー(試験電波)を放送していたため完全な24時間放送ではなかった。TBSはこのようなカラーバーなどの中断を挟まず完全に24時間番組を配信していた(メンテナンス日は除く)。
  15. ^ 2000年代になってから同局番組『ドリーム・プレス社』は番組ロゴの一部として筆記体マークを使用していた。
  16. ^ 製作著作クレジットでは、従来の「TBS」のローマン体ロゴの後にシンボルマークの「ジ〜ン」を付けている事も多かった。又、『JNNニュース』番組での表示は一部を除きなし。なお後にTBS制作の一部の全国ネット番組のクレジットタイプで表示されなくなった。
  17. ^ 現ロゴ制定初期のデザインに近いが当時はアナログ放送のみであったため放送局アイコンはなかった。
  18. ^ なお、BS-TBSとCS放送のTBSチャンネル・TBSニュースバードではすでに開局当初から一部のモノラル二重音声番組を除き編成上全ての番組でステレオ放送(一部はモノステレオ放送)を実施している。
  19. ^ 開局以来、日本電気(NEC)製のマスターシステムを採用してきたが、初のメーカー変更となった。
  20. ^ アニメ自体は2021年4月から2022年3月まで放送局をテレビ東京に移管して第2シリーズを放送。
  21. ^ ラジオでも、同日21:10~21:35に同名の番組を放送した。
  22. ^ 2位はフジテレビの12年連続(1982年 - 1993年)である。
  23. ^ 1984年度、1987年度の下期視聴率は、ゴールデンはTBSがトップだった。
  24. ^ TBSテレビの2131億72百万円に対しテレビ朝日は2176億62百万円となり、TBSは開局以来初めて単体売上高でテレビ朝日(日本教育テレビ・NETテレビ時代も含む)に抜かれた。
  25. ^ 現在の上場会社はフジ・メディア・ホールディングス
  26. ^ 2009年3月31日までは東京放送、2009年4月1日から2020年9月30日は東京放送が商号変更した東京放送ホールディングス、2020年10月1日以降は東京放送ホールディングスが商号変更したTBSホールディングスが上場会社である。
  27. ^ 現在の上場会社は日本テレビホールディングス
  28. ^ 毎日放送(MBSテレビ)制作。
  29. ^ 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』の1コーナー。
  30. ^ 日本国外では『ニンジャ・ウォリアー』のタイトルで放映。
  31. ^ かつて放送されていた『うたばん』ではこれを逆手に取り、トークやゲストの歌唱中に照明が落ちる演出が使われていた。
  32. ^ 東京放送は月給制で年功序列給であり、TBSテレビは年俸制で成果主義給だった。
  33. ^ HBC・TBS・CBCMBSRKBの5局。1975年3月まではMBSの代わりにABCが参画していた。
  34. ^ 本作品は、以前にフジテレビで放送されていた『インスタントヒストリー』の局を変えた続編という位置付けであり、スタッフも共通していた。同時に、『キリンものしりシリーズ』の第1弾でもあったが、次回作の『ものしり大学 明日のカレンダー』からは制作局がMBSに移行し、関西ローカルでの放送となった。
  35. ^ 全日帯でのCBC制作テレビアニメは『星のカービィ』が最終作品であった。なお、CBCは分社化後テレビアニメ自体を制作していなかったが、2021年に『やくならマグカップも』を(CBCテレビ・ラジオ両社が製作委員会に入る形で)制作した。ただし、本作品は関東地方ではTOKYO MXにて放送されたため、分社化以降にTBSテレビで放送されたCBC制作のアニメは存在していない。
  36. ^ TBSテレビで第1期を、BS-TBSで第2期を放送。
  37. ^ JNN系列局としてはチューリップテレビや大分放送と同じ物理チャンネルであり、系列外でリモコンキーIDを6に採用した局でも名古屋テレビ放送と同じ物理チャンネルである。
  38. ^ 同系列で岩手県IBC岩手放送石川県北陸放送もアナログからチャンネル番号を継承しデジタルも「6」が使われる。
  39. ^ 朝日放送テレビは「腸捻転」が原因で1975年3月までTBS系列だった。
  40. ^ a b c アナアナ変換前は23ch
  41. ^ a b アナアナ変換前は55ch
  42. ^ アナアナ変換前は24ch
  43. ^ 本来は、琉球放送の放送エリア。
  44. ^ 本来は、テレビ山梨の放送エリア。
  45. ^ 本来は、信越放送の放送エリア。
  46. ^ a b 本来は、静岡放送の放送エリア。
  47. ^ 当時系列局だった福島テレビ(現:フジテレビ系列)でも1982年3月まで使用(「FTVはもうひとつの家族です」の表記)
  48. ^ 東北放送でも使用(「TBS」部分を「TBC」に変更)。
  49. ^ 東北放送でも使用(「6チャンネル」部分を「TBC」に変更)。
  50. ^ テレビユー福島でも使用(「TBS」部分を「TUF」に変更)。
  51. ^ テレビユー山形でも使用(「TBS」部分を「TUY」に変更)。
  52. ^ 中部日本放送でも使用(「TBS」部分を「CBC」に変更)。
  53. ^ イメージキャラクターは326が担当した。青森テレビでも使用(「TBS」部分を「ATV」に変更)。
  54. ^ “チャンネル・ロック!!”は「6チャンネル」と「チャンネルはそのまま」をかけており、番組の最後に流れる「クロスプログラム」(次の番組の告知)でも右上に「チャンネル・ロック」と表示された。2005年以降は、デジタル放送のリモコンIDがTBSと同じ「6」となる系列地方局でも、当該地域向けにTBSが用意する宣伝映像の中で、密かに「チャンネル・ロック」のフレーズが出てくることがある(愛媛県あいテレビなど)。
  55. ^ 「テレビが無くてもTBSはある」の意。 稀に全国向けにフレーズを差し替えた“No TV? but JNN”が登場することもある。また、同じキャンペーンCMでJNNロゴと各地方局のロゴを並べたものに差し替えた地方局用のバージョンも存在する。一部番組の制作クレジット表記では「TBS(ジ〜ン」の代わりにこのキャッチコピーを使用している。
  56. ^ 亀田の深刻な反則行為についてテレビでは「亀田、若さが出てしまいました」であったのに対し、ラジオの実況は「亀田、最低の試合!」と非難していた。
  57. ^ 1998年から打ち切りまでKONAMIが大口メインスポンサーだった関係でゲーム版に留まらず、グループ企業である頃のタカラを含んだ同社グループのみでメディアミックスが行われた作品の一つ。この一環のため、ニューギンから販売されたパチンコ版の演出もグループ企業のKPEがTBSに提案する形で開発を担当していた。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 会社概要 - TBSテレビ
  2. ^ 役員一覧 - TBSテレビ
  3. ^ a b c d e f g 第23期決算公告、2022年(令和4年)6月22日付「官報」(号外第134号)138頁。
  4. ^ 株式会社TBSテレビの情報”. 国税庁法人番号公表サイト. 2023年9月21日閲覧。
  5. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、579頁。 
  6. ^ 佐藤正晴「東京都港区のメディア産業における広報機能の研究 ─1950年代のラジオ東京設立期を中心に─」明治学院大学社会学部付属研究所 研究所年報 43号(2013年3月) 132ページ
  7. ^ a b 遠藤幸吉, 「ラジオ東京テレビジョン」『テレビジョン』 9巻 4号 p.106-111、テレビジョン学会、1955年3月, doi:10.3169/itej1954.9.106
  8. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、581頁。 
  9. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、582頁。 
  10. ^ a b 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、583頁。 
  11. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、74,583頁。 
  12. ^ a b c [佐藤正晴「東京都港区のメディア産業における広報機能の研究 ─1950年代のラジオ東京設立期を中心に─」明治学院大学社会学部付属研究所 研究所年報 43号(2013年3月) 133ページ
  13. ^ [佐藤正晴「東京都港区のメディア産業における広報機能の研究 ─1950年代のラジオ東京設立期を中心に─」明治学院大学社会学部付属研究所 研究所年報 43号(2013年3月) 132~3ページ
  14. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、74頁。 
  15. ^ a b 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、584頁。 
  16. ^ a b c 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、585頁。 
  17. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、587頁。 
  18. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、589頁。 
  19. ^ a b 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、590頁。 
  20. ^ a b 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、280~2、591頁。 
  21. ^ 日本放送協会総合技術研究所『五十年史』(1981.03) 77ページ (渋沢社史データベース)(2023年10月4日閲覧)
  22. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、591頁。 
  23. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、592頁。 
  24. ^ a b c 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、94頁。 
  25. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、593頁。 
  26. ^ 日本放送協会総合技術研究所『五十年史』(1981.03) 78ページ (渋沢社史データベース)(2023年10月4日閲覧)
  27. ^ 朝日新聞1959年2月2日朝刊6ページ テレビ欄(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  28. ^ 「上皇さま上皇后さま ご結婚「朝見の儀」「結婚パレード」」(TBS NEWS DIG Powered by JNN 公式YouTubeページ)(2023年10月15日閲覧)
  29. ^ 朝日新聞1959年4月14日朝刊5ページ テレビ欄(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  30. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、284頁。 
  31. ^ a b c d e 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、595頁。 
  32. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、259~260頁。 
  33. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、282、594頁。 
  34. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、594頁。 
  35. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、599頁。 
  36. ^ a b 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、607頁。 
  37. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、307頁。 
  38. ^ 東京放送編著『TBS50年史』株式会社東京放送、2002年1月、353頁。
  39. ^ 『TBS50年史』2002年1月、396頁。
  40. ^ 1982年1月16日、朝日新聞 東京版朝刊 P.24 テレビ欄 及び 同日朝日新聞西部版朝刊 P.16 テレビ欄(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  41. ^ 『TBS50年史』、2002年1月、488-489頁。
  42. ^ 『TBS50年史』、2002年1月、639頁。
  43. ^ TBSシンボルマーク”. 2001年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月14日閲覧。
  44. ^ シンボルマーク”. 2002年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月14日閲覧。
  45. ^ “TBS、TV番組と連動したショッピングサイトをオープン”. ASCII.jp (KADOKAWA). (2000年10月23日). https://ascii.jp/elem/000/000/317/317804/ 2014年8月4日閲覧。 
  46. ^ BS-TBS、ホワイトスペースで国内初の地上波3D生放送日本経済新聞、2010年8月25日)
  47. ^ “TBSがアニメ専門オンラインストア「アニまるっ!」 7月22日オープン”. ねとらぼ (ITmedia). (2014年7月11日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1407/11/news082.html 2014年8月4日閲覧。 
  48. ^ “TBSテレビとC Channelが業務提携、スマートフォン向けオンライン動画事業の開拓・推進を目指す”. (2016年5月9日). https://markezine.jp/article/detail/24375 2016年5月21日閲覧。 
  49. ^ 「放送技術 2018年2月号」兼六館出版、2018年2月1日発行、59-92頁。
  50. ^ 『陸奥新報』2019年2月28日付け朝刊14面記事「2時間ドラマ地上波で消滅」より。
  51. ^ TBSグループ、企業理念及びブランドプロミスを制定 ブランドロゴを刷新 東京放送ホールディングス 2020年1月6日
  52. ^ TBS、今春スタートする地上波番組の同時配信は「GP帯の番組を中心に」番組数は最終調整中”. 日刊スポーツ (2022年3月2日). 2022年3月2日閲覧。
  53. ^ a b TBSテレビがゲーム事業に本格参入。本日(7/5)よりティザーサイト“TBS GAMES”を公開”. ファミ通.com (2023年7月5日). 2023年7月5日閲覧。
  54. ^ 2013年3月期決算より。
  55. ^ ゴールデンタイムでNHKが視聴率1位。テレビは新しい局面を迎えている。(境治) - Yahoo! Japan 2016年11月8日
  56. ^ 大場吾郎 (2019年10月10日). “日本のテレビ番組「海外輸出」30年の歴史と展望”. 東洋経済新報. pp. 1-2. 2022年9月17日閲覧。
  57. ^ TBS『加トケン』名物企画 米版28年目で金字塔 英版も27年目へ”. ORICON NEWS (2017年6月8日). 2022年9月17日閲覧。
  58. ^ TBSテレビ (2014年6月4日). “伝説の国民的人気番組『風雲!たけし城』タイで復活!!”. TBSホット情報. 2014年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月18日閲覧。
  59. ^ a b 長谷川朋子 (2022年7月6日). “「SASUKE」が五輪種目に急浮上…日本のバラエティ番組のコンテンツ力を過小評価してはいけない 「選手に親近感を抱かせる」という発想は欧米にはなかった”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン). pp. 2-3. 2022年9月17日閲覧。
  60. ^ 倉沢仁志 (2022年7月2日). “オリンピックにSASUKE? 障害物レースが求められる背景”. 毎日新聞. 2023年10月30日閲覧。
  61. ^ ロサンゼルス・オリンピックでTBS系『SASUKE』をもとにした障害物レースが採用”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2023年10月25日). 2023年10月30日閲覧。
  62. ^ あの時の視聴率/50年の歩み/代表者メッセージ jump50-おかげさまで50年- Video Research - ウェイバックマシン(2018年9月10日アーカイブ分)
  63. ^ 大みそか視聴率 サップ×曙、紅白上回る43%。PRIDEも健闘 BoutReview 2004年1月5日
  64. ^ 1987年10月〜1989年9月は枠一旦廃止
  65. ^ TBS系、土曜朝にキッズ向けアニメ枠新設 玩具メーカーとタッグ オリコン 2016年1月19日、同20日閲覧。
  66. ^ @MBS_fan (2022年1月29日). "【お知らせ】数々の名作アニメを放送してきたMBS/TBS系全国28局ネット日曜午後5時アニメ枠通称"日5"が復活します✨". X(旧Twitter)より2022年2月12日閲覧
  67. ^ @animejujutsu (2022年2月12日). "TVアニメ『#呪術廻戦』第2期 2023年放送決定!!". X(旧Twitter)より2022年2月12日閲覧
  68. ^ “「七つの大罪」から「黙示録の四騎士」へ、鈴木央がバトンタッチイラスト描き下ろし”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年7月4日). https://natalie.mu/comic/news/531378 2023年7月27日閲覧。 
  69. ^ “『七つの大罪 黙示録の四騎士』放送開始!アニメ事業部長・渡辺信也に聞く、TBSがアニメ事業に本格参入する理由”. TBS INNOVATION LAND. (2023年10月6日). https://innovation.tbs.co.jp/neo_interview/570 2023年12月16日閲覧。 
  70. ^ TBSテレビ親局送信所・無線局免許状 - 総務省
  71. ^ エリア放送を行なう地上一般放送局の免許状況(詳細) - 総務省関東総合通信局
  72. ^ TBSテレビ放送赤坂エリア放送・無線局免許状 - 総務省
  73. ^ サイのピート君-TBS (tbs.peat) - Facebook
  74. ^ [1]
  75. ^ [2]
  76. ^ [3]
  77. ^ [4]
  78. ^ [5]
  79. ^ [6]
  80. ^ [7]
  81. ^ [8]
  82. ^ [9]
  83. ^ TBS番組に会津若松激怒、鶴ヶ城開城「不衛生だから」? 読売新聞 2008年3月28日
  84. ^ 【 TBSテレビ番組への抗議 】 衆議院議員 かんけ一郎(前会津若松市長)のブログ 2008年3月27日
  85. ^ 水戸市、BPOに意見書 印籠使ったTBS番組「虚偽」”. スポーツニッポン新聞社 (2016年3月2日). 2016年3月3日閲覧。
  86. ^ 「水曜日のダウンタウン」は審議入りせず BPO放送倫理検証委”. スポーツニッポン新聞社 (2016年3月11日). 2016年3月12日閲覧。
  87. ^ TBS社長 BPO審議入りせずも水戸市に謝罪、制作側には苦言”. スポーツニッポン新聞社 (2016年3月23日). 2016年3月25日閲覧。
  88. ^ “TBSに550万円賠償命令…男性容貌を約束に反し放送、「改元詐欺の男」とテロップ”. 読売新聞. (2023年3月24日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20230324-OYT1T50183/ 2023年3月24日閲覧。 
  89. ^ “TBSに550万円賠償命令 情報番組の肖像権侵害認める―東京地裁”. 時事ドットコム. (2023年3月24日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2023032401067 2023年3月24日閲覧。 
  90. ^ “TBSテレビに賠償命令 事件報道で名誉毀損認定”. 産経新聞. (2023年3月24日). https://www.sankei.com/article/20230324-SVSOYGUV45NSXO3XBATUHWIF3A/ 2023年3月24日閲覧。 
  91. ^ “容貌を放送された不起訴の男性、TBSと和解成立…条項に謝罪とネット画像の削除”. 読売新聞. (2023年10月13日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20231013-OYT1T50230/ 2023年10月13日閲覧。 
  92. ^ 「TBS『news23』に裏切られた…」JAの「自爆営業」を告発したら「身バレして退職」元職員の悲痛な訴え(窪田 新之助) - マネー現代 2023年5月1日
  93. ^ 元JA職員が「TBS『news23』に約束破られ身バレして退職」報道も番組はダンマリ…報道姿勢が物議 - 女性自身 2023年5月3日
  94. ^ 【続報】TBS『news23』の「姑息」な隠蔽工作…JA自爆営業の告発者に記者が「記事差し止め」を慌てて要求(窪田 新之助) - 現代ビジネス 2023年5月3日
  95. ^ 「ずさんなインタビュー映像のせいで証言した農協職員が退職」…農協「自爆営業」問題で明らかになったTBS『news23』の失墜 - 現代ジビネス 2023年5月19日
  96. ^ 「news23」が審議入り BPO、JA共済の放送で”. 共同通信 (2023年8月4日). 2023年8月5日閲覧。
  97. ^ “TBS「news23」に放送倫理違反内部告発の取材源守れず―BPO”. 時事通信. (2024年1月11日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2024011100732 2024年1月11日閲覧。 
  98. ^ 「亀田親子を増長させた」 朝日と毎日に批判されたTBS”. livedoorニュース (2007年10月16日). 2007年10月22日閲覧。
  99. ^ TBSまた捏造か!? 朝鮮学校無償化問題報道のテロップミスでネット紛糾中”. 日刊サイゾー (2010年3月12日). 2010年4月23日閲覧。
  100. ^ TBS総務局広報部『週刊誌「FLASH」の記事について』 東京放送、2004年4月24日。
  101. ^ TBS総務局広報部 「04年4月、井上社長定例記者会見の概要について」 東京放送、2004年4月30日。
  102. ^ TBSが巨人・木村コーチを「急死」と誤って表示 産経新聞(2010年4月3日)
  103. ^ 誤って巨人コーチ「急死」の字幕…TBS 読売新聞(2010年4月3日)
  104. ^ 松本人志、『水曜日のダウンタウン』謝罪問題に言及「これはアウト」オリコン 2015年2月8日
  105. ^ “【プロ野球通信】審判は「石ころ」なのか? 工藤監督は野球規則片手に飛び出したが…1982年の日本シリーズが球界に残した“思い込み””. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年6月14日). https://www.sankei.com/article/20150614-EJ6K75WEQROVHKA7UAFJTFEPGM/ 2018年1月27日閲覧。 
  106. ^ a b 産経ニュース「サクラ報道」は当事者に取材せず 記事削除し謝罪 ハフィントンポスト 2016年6月17日
  107. ^ TBS「事実確認中」番組一部捏造?クイズ全問参加もCG処理で消す”. スポーツニッポン新聞社 (2016年6月27日). 2016年6月27日閲覧。
  108. ^ TBS捏造否定も「ピラミッド・ダービー」“不適切な演出”認めた”. スポーツニッポン新聞社 (2016年6月28日). 2016年6月28日閲覧。
  109. ^ TBS番組、出演者映像処理で審議入り BPO”. 日本経済新聞社 (2016年7月9日). 2016年7月11日閲覧。
  110. ^ “BPO検証委、TBS番組「放送倫理違反」”. 日本経済新聞社. (2016年12月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H99_W6A201C1CR8000/ 2018年5月11日閲覧。 
  111. ^ 「クレイジージャーニー」からのご報告とお詫び 2019年9月11日 TBSテレビ
  112. ^ "《TBS『冒険少年』"やらせ疑惑"証拠写真》「5日間ほぼ寝られない。過労死の危険性が…」疲弊したスタッフから告発SOS 「脱出島」王者・あばれる君のイカダは船が引っ張っていた! 疑惑の「脱出島」#1". 文春オンライン. 9 January 2022. 2022年1月9日閲覧
  113. ^ "《TBS『冒険少年』"やらせ疑惑"を追う》大量に船に積まれる竹、浮き、ノコギリ、釣竿… ロケ前日にはスタッフが宿舎で釘をバーナーで炙り、カーンカーンと… 『脱出島』撮影現場で見たリアル 疑惑の「脱出島」 #2". 文春オンライン. 9 January 2022. 2022年1月9日閲覧
  114. ^ "《TBS『冒険少年』"やらせ疑惑"の真実》イカダで脱出のはずが、船に乗り込んで「ワープゴール」したあばれる君に記者が直撃すると? TBSの回答は「安全な場所にイカダを牽引することがありました」疑惑の「脱出島」#3". 文春オンライン. 9 January 2022. 2022年1月9日閲覧
  115. ^ "《『冒険少年』"やらせ疑惑動画"》絶対王者あばれる君不在の"無人イカダ"を牽引する小船の映像を公開 疑惑の「脱出島」#4". 文春オンライン. 9 January 2022. 2022年1月13日閲覧
  116. ^ "《他にもあった『冒険少年』"やらせ疑惑"》ハリセンボンはコンビニ弁当を片手にホテルへ、あばれる君は脱出翌日にも無人島ロケ…「脱出島」"過剰演出"は本当に「出演者の安全のため」だったのか? 疑惑の「脱出島」 #5". 文春オンライン. 9 January 2022. 2022年1月13日閲覧
  117. ^ ヒナ檀がくずれる TBSスタジオ 録画の14人重軽傷『朝日新聞』1970年(昭和45年)12月7日朝刊 12版 22面
  118. ^ TBS総務局広報部『「筋肉番付」について』 東京放送、2002年5月13日。
  119. ^ プレスリリース『テレビ番組収録中の事故について』”. 那須バギーパーク (2007年4月29日). 2007年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月8日閲覧。
  120. ^ 次長課長:河本さん、収録中に全治1カ月の骨折”. 毎日新聞 (2008年3月29日). 2008年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月8日閲覧。
  121. ^ “オードリー・春日が骨折…TBS番組ロケ中に落下事故”. スポーツ報知. (2010年1月22日). オリジナルの2012年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100123000212/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100120-OHT1T00322.htm 2015年2月8日閲覧。 
  122. ^ “よゐこ・有野晋哉 収録中に左鎖骨骨折…全身麻酔手術、プレート入れる”. スポーツニッポン. (2016年10月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/02/kiji/K20161002013464470.html 2019年9月14日閲覧。 
  123. ^ “MISIA、紅白ピンチ 落馬事故で背骨骨折…全治6週間”. サンケイスポーツ. (2020年11月19日). https://www.sanspo.com/article/20201119-OJH46TJK3BPKBOKP2WCVNFYN3E/ 2020年11月19日閲覧。 
  124. ^ “MISIA収録時に骨折の「news23」企画放送”. 日刊スポーツ. (2020年12月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202012170000960.html 2021年1月17日閲覧。 
  125. ^ “松本伊代、「オオカミ少年」収録で腰椎骨折 落とし穴落下で「治癒に3か月程度」TBS発表”. 日刊スポーツ. (2022年11月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202211260000670.html 2022年11月26日閲覧。 
  126. ^ “松本伊代が番組収録中に圧迫骨折、全治3カ月の重傷 TBS系『オオカミ少年』企画で落とし穴に”. 中日スポーツ. (2022年11月26日). https://www.chunichi.co.jp/article/589585?rct=entertainmentnews 2022年11月26日閲覧。 
  127. ^ “マスコミの取材マナー悪さ ネットで指摘が相次ぐ”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2007年12月4日). https://www.j-cast.com/2007/12/04014120.html 2009年6月3日閲覧。 
  128. ^ “TBSディレクター起訴猶予に「社会的制裁受け反省」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2010年7月2日). https://www.j-cast.com/2010/07/02070191.html 2010年7月5日閲覧。 
  129. ^ 遼くんも動揺!テレビ中継カートが観衆に突っ込む - スポニチアネックス、2009年11月29日掲載、2016年2月10日閲覧
  130. ^ 遼くんギャラリーなぎ倒したTBSカートは2日目にもイエローカード msn産経ニュース 2009年11月30日
  131. ^ TBSカート事故で有罪判決 自らの都合で無理に発進 47news 2010年1月20日
  132. ^ 事故から1年、カート使用異例の制限 - 日刊スポーツ、2010年11月23日掲載、2017年3月6日閲覧
  133. ^ 取材過程で郵便物開封しちゃった…TBS系特集番組”. スポーツニッポン新聞社 (2010年1月15日). 2016年10月31日閲覧。
  134. ^ チーム青森への無断撮影で、テレ朝&TBSが取材禁止に”. ライブドアニュース (2010年2月21日). 2010年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月29日閲覧。
  135. ^ TBSが甲子園で取材規定違反 大会本部がすべての取材証返還を要求 取材禁止区域で撮影か(ITmedia、2015年8月17日。2015年8月28日閲覧。)
  136. ^ TBS謝罪 マラソン取材中コース内に進入 - スポニチアネックス、2016年2月9日掲載、2016年2月10日閲覧
  137. ^ 生放送中に「見せ物でない」と怒号、TBSが中継を断念 「報道各社は迷惑かけ過ぎ」とネットで非難の声 産経新聞 2016年4月22日
  138. ^ 張本勲氏の中大「内紛」発言について番組側が謝罪 - 日刊スポーツ新聞社、2016年10月20日掲載、2016年10月21日閲覧
  139. ^ 張本氏の”内紛”発言、番組中の謝罪なしと中大・野村部長が明かす - デイリースポーツオンライン、2016年10月23日掲載、同日閲覧
  140. ^ 山添「ラヴィット」韓国ロケに批判殺到 自分で使ったつまようじを…「気持ち悪い」「天狗になってる」の声 - Sponichi Annex 2023年5月2日
  141. ^ TBS「ラヴィット!」が謝罪「不適切であったと深く反省」 批判殺到の山添寛の韓国ロケ 店側に直接謝罪 - Sponichi Annex 2023年5月5日
  142. ^ 『ラヴィット!』韓国ロケを田村アナが謝罪…無言貫く相席スタート・山添寛に猛批判「当事者に謝らせないの」「出て欲しくない」 - Smart FLASH 2023年5月5日
  143. ^ 「ラヴィット韓国ロケ騒動」 当地・韓国での反応 番組での女性アナの謝罪に「奇妙な文化」(吉崎エイジーニョ) - Yahoo!ニュース 2023年5月6日
  144. ^ 「ラヴィット!」麒麟・川島明が韓国ロケを謝罪「本当に申し訳ございませんでした」 9日放送予定の続編は変更 - デイリースポーツ online 2023年5月8日
  145. ^ 11月5日放送について お詫びと訂正TBS番組表
  146. ^ サンモニが生成AIのフェイク画像と紹介、「そうではなかったと考えられる」と謝罪読売新聞オンライン
  147. ^ 生成AI画像巡り謝罪 TBSのサンデーモーニング産経新聞
  148. ^ TBS「キミハ・ブレイク」収録で深夜に打ち上げ花火 警視庁が注意 産経新聞 2009年7月28日
  149. ^ ドラマで行政書士が示談交渉、大阪弁護士会がTBSテレビに抗議 読売新聞 2010年4月9日
  150. ^ 視聴者から「“裸になれば笑いがとれる”という低俗な発想」と苦情 BPOがTBSバラエティーを審議入り - 産業経済新聞社、2016年10月26日配信、2016年10月29日閲覧
  151. ^ TBS『マツコの知らない世界』借りた貴重資料紛失を報告 情報提供呼びかけ オリコンニュース 2017年7月9日
  152. ^ 水曜日のダウンタウンスタッフ児童買春 TBS遺憾”. 日刊スポーツ (2017年9月27日). 2017年11月25日閲覧。
  153. ^ TBSテレビ広報部社員の47歳の女を覚醒剤使用の疑いで逮捕”. 読売新聞オンライン (2023年1月23日). 2023年1月23日閲覧。
  154. ^ 覚醒剤取締法違反の罪でTBSテレビ元社員を起訴 東京地検”. TBS NEWS DIG (2023年2月10日). 2023年2月10日閲覧。
  155. ^ risaunai_tbsのツイート(1661023097796038659)
  156. ^ YouTubeチャンネル「宇内梨沙/うなポンGAMES」での配信誤設定に関するお詫び”. TBSテレビ (2023年5月24日). 2023年5月31日閲覧。
  157. ^ TBS宇内梨沙アナ、ゲーム動画配信めぐりラジオで生謝罪 自らの言葉で真意を伝える”. ORICON NEWS (2023年5月25日). 2023年5月26日閲覧。
  158. ^ TBS宇内梨沙アナ、ゲーム配信を再開 動画著作権トラブルで活動休止から1カ月「お騒がせしました」”. スポーツニッポン (2023年7月5日). 2023年7月5日閲覧。



TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 21:10 UTC 版)

武田一顯」の記事における「TBSテレビ」の解説

サンデージャポン2010年1月17日から不定期出演) - 2010年スタジオゲストVTRでのコメント出演2011年6月以降は、準レギュラー格で頻繁に出演していた。

※この「TBSテレビ」の解説は、「武田一顯」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「武田一顯」の記事については、「武田一顯」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 08:51 UTC 版)

菅野祐悟」の記事における「TBSテレビ」の解説

Mの悲劇2005年輪舞曲2006年MR.BRAIN2009年) ※共同井筒昭雄MAYUKO神坂享輔新参者2010年生まれる。2011年レジデント〜5人の研修医2012年ダブルフェイス2012年TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜2013年安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜2013年MOZU2014年テセウスの船2020年危険なビーナス2020年日本沈没-希望のひと- (2021年)

※この「TBSテレビ」の解説は、「菅野祐悟」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「菅野祐悟」の記事については、「菅野祐悟」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:03 UTC 版)

スポーツ中継」の記事における「TBSテレビ」の解説

TBSテレビではゴルフマスターズ・トーナメント格闘技ガッツファイティング中継。特に11月は4週連続ゴルフ中継があり、第1弾LPGAジャパンクラシック、第2弾三井住友VISA太平洋マスターズ第3弾ダンロップフェニックストーナメント第4弾カシオワールドオープンゴルフトーナメントを、陸上競技でも世界陸上選手権ニューイヤー駅伝クイーンズ駅伝ゴールデングランプリ陸上放送するバレーボール世界選手権東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントお馴染み。また国内民放唯一アジア太平洋放送連合ABU)に正会員として加盟しているため、NHKとともにアジア競技大会中継している。

※この「TBSテレビ」の解説は、「スポーツ中継」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「スポーツ中継」の記事については、「スポーツ中継」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:49 UTC 版)

アイドル水泳大会」の記事における「TBSテレビ」の解説

TBS放映されアイドル水泳大会新春オールスター水上大運動会 - 1979年から1986年まで。組み分けフジテレビ後述)に対抗して東軍」・「西軍」が多かったが、初回フジ同様「紅組」・「白組」、そして末期は「イエローパワーズ」・「ブルーファイターズ」に代わった。 オールスター感謝祭 いい女40水着大感謝祭

※この「TBSテレビ」の解説は、「アイドル水泳大会」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「アイドル水泳大会」の記事については、「アイドル水泳大会」の概要を参照ください。


TBSテレビ(横浜DeNAベイスターズ・埼玉西武ライオンズ戦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:17 UTC 版)

S☆1 BASEBALL」の記事における「TBSテレビ(横浜DeNAベイスターズ埼玉西武ライオンズ戦)」の解説

関東ローカルDeNA戦西武戦中継する他、中日巨人戦CBCテレビとの2局ネット(年度によっては個別番販購入によりネット局増加する場合もある)で放送。年度によっては日本ハム戦を北海道放送ソフトバンク戦RKB毎日放送とは各々制作中継する場合がある。 なお、ロッテ戦については、2018年CSでの放送日本テレビ譲渡し以降地上波およびBS-TBSでの放送途絶えているが、ロッテグループCM通常通りTBSテレビに出稿されている他、球団関係者通常通り取材応じTBS(テレビ・ラジオとも)の番組出演した事例があるなど、特にロッテ球団ロッテグループ全体との関係が悪化しているわけではないことから、途絶えている理由不明過去にはマツダスタジアム広島巨人戦中国放送との2局ネット放送した年度もあった(2011年から衛星波向けがTBSテレビの別制作になって以降放送なし)。また、2003年までは北陸・東北北海道地方開催広島主催試合のうち、関東ローカルまたは一部地域ネットでの放送分をTBSテレビ主導制作中国放送現地系列局制作協力実況解説はTBSテレビが、ベンチリポートはTBSテレビ〈ヤクルト大洋横浜〉・中国放送広島〉・毎日放送阪神〉 が担当)で放送したことがあった他、前日または翌日中国放送制作による単独放送分にも制作協力を行うことや、TBSテレビ主導による関東地区開催地系列局での録画中継時でも中国放送にはゴールデンタイム生中継裏送りしたことがあった。

※この「TBSテレビ(横浜DeNAベイスターズ・埼玉西武ライオンズ戦)」の解説は、「S☆1 BASEBALL」の解説の一部です。
「TBSテレビ(横浜DeNAベイスターズ・埼玉西武ライオンズ戦)」を含む「S☆1 BASEBALL」の記事については、「S☆1 BASEBALL」の概要を参照ください。


TBSテレビ(TBS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 18:08 UTC 版)

日本のアナウンサー一覧」の記事における「TBSテレビ(TBS)」の解説

TBSテレビのアナウンサー一覧」も参照 なお、2009年4月以降持株会社化により「TBSアナウンサー」と呼ばれている職種全員TBSテレビ所属となった2004年まで入社アナウンサー持株会社移行まで出向扱い2005年以降はTBSテレビがアナウンサー採用)。TBSラジオBS-TBS(TBSテレビと同じTBSホールディングスTBSHD傘下)にも「TBSアナウンサー」として出演している。

※この「TBSテレビ(TBS)」の解説は、「日本のアナウンサー一覧」の解説の一部です。
「TBSテレビ(TBS)」を含む「日本のアナウンサー一覧」の記事については、「日本のアナウンサー一覧」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 07:58 UTC 版)

磯山晶」の記事における「TBSテレビ」の解説

1990年TBSテレビ(当時東京放送)に入社制作一部配属となる。同期には、磯山同じくドラマ担当プロデューサー植田博樹や、アナウンサーとして活躍しプライベートでも交流のある渡辺真理がいる。テレビドラマAD務めていたが、途中病気ダウンしてしまい、閑職(『クイズダービー』のAD)に回される制作一部復帰後、八木康夫の下でAP務めたのち『キャンパスノート』(1996年)でプロデューサーとしてデビューする以後数多く作品プロデュースしている。ドラマ脚本としての宮藤官九郎と組むことが多く、『池袋ウエストゲートパーク以降、『木更津キャッツアイ』『マンハッタンラブストーリー』など数多くオリジナルドラマを共に生み出している。2006年3月日本女性放送懇談会の「放送ウーマン賞2005」を受賞した2016年からは、編成部所属として、テレビドラマ編成に関わっている。 『俺の家の話』で2021年度芸術選奨文部科学大臣賞放送部門受賞した既婚者で、夫もTBS社員である。

※この「TBSテレビ」の解説は、「磯山晶」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「磯山晶」の記事については、「磯山晶」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:23 UTC 版)

解説委員」の記事における「TBSテレビ」の解説

TBSテレビでは、解説委員所属部署を「解説専門記者室」という名称となっている。 現職 川戸恵子(シニアコメンテーター、元:アナウンサー河本知之 巡田忠彦(報道番組担当部長福島隆史 齋藤牧嶋博子宮内庁担当兼務、元:アナウンサー)● 小嶋修一医学医療・科学担当田敦(科学災害報道担当元職 岩城浩幸主席スペシャリスト次長斎藤道雄明晴学園理事長)○ 松原耕二(現:ニュースキャスター作家、元:経営企画室担当局 次長播摩卓士(現:報道局編集主幹吉川美代子(現:株式会社キャスト・プラス 取締役、元:アナウンサー杉尾秀哉(現:立憲民主党参議院議員、元:局長待遇)○ 龍崎孝(現:流通経済大学教授、前:政治部部長、元:毎日新聞社記者柴田秀一(現:日本大学法学部新聞学科教授、元:アナウンサー

※この「TBSテレビ」の解説は、「解説委員」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「解説委員」の記事については、「解説委員」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 08:41 UTC 版)

赤座美代子」の記事における「TBSテレビ」の解説

水戸黄門 第1部 第16話「命かけるとき -松江-」(1969年) - お雪 キイハンター143話「死刑台に棲む女」(1970年ザ・ガードマン251話「狂女乗った殺人自動車」(1970年) - ※DVD発売255話「怪談手首のない幽霊」(1970年) - ※DVD発売284話「ヨーロッパで顔を失った男」(1970年) - ※DVD発売304話「ハレンチ夫婦幽霊殺人」(1971年) 第306話「団地っ子性教育だ! 全員集まれ」(1971年) 第321話「結婚式から逃げた花嫁」(1971年) 第325話「200億の鍵は記憶失った女」(1971年) 第332話「この夏 女子大生がやった大冒険」(1971年シークレット部隊 第26話住宅ローン殺人事件」(1972年) - 野村 Gメン'7535話「豚箱の中の刑事」(1976年) - 松川明代 夜明けの刑事96話「猫神一族何が起こったか?」(1976年新選組始末記1977年) - お敬 江戸を斬るIII 第17話「罠に掛った死神」(1977年) - 玉竜 玉ねぎむいたら…1981年) - 舟木光江 ポーラテレビ小説 / 女・かけこみ寺(1982年) - 淡島屋みつ ストレイシープ桑原監督愛人 禁じられたマリコ1985年) - 前田弘イエスの方舟1985年HOTEL 第1シリーズ1990年ダブル・キッチン1993年) - 谷村八重子 TBS大型時代劇スペシャル / 大忠臣蔵1994年金曜ドラマ / 愛していると言ってくれ1995年真昼の月1996年) - 山下しのぶ ビッグウイング2001年) - 谷川政江 嫁はミツボシ。2001年) - 佐々木孝子 愛の劇場 / 温泉へGo!2008年) - 時田陽子 月曜ドラマスペシャル月曜ゴールデン金田一耕助の傑作推理 迷路花嫁1997年) - 滝川綾浅見光彦シリーズ 第9作天河伝説殺人事件」(1997年ブライダルコーディネーターの事件簿 第2作名古屋嫁とり殺人事件」(1998年) - 伊達頼子 早乙女千春の添乗報告書 第6作湯布院湯けむりツアー殺人事件」(1998年フォトグラファー桜井美由紀 第3作暗黒凶像」(1998年) - 山北重子 万引きGメン・二階堂雪 第4作変身願望」(1999年11月22日) - 松井 女取調官 第3作2014年) - 戸川光江 新・世直し公務員ザ・公証人 第1作2015年) - 藤野妙子

※この「TBSテレビ」の解説は、「赤座美代子」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「赤座美代子」の記事については、「赤座美代子」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 08:29 UTC 版)

講談社」の記事における「TBSテレビ」の解説

講談社は、TBSテレビの親会社である東京放送ホールディングスの1.98%の株式保有する大株主である(2012年3月末現在、株主順位第9位)。 2000年から講談社発行する『週刊少年マガジン』週刊ヤングマガジン』の両編集部共同で『ミスマガジン』を2012年度まで開催していた。 2005年には、講談社系列レコード会社キングレコードにも出資業務提携をしている。 2006年4月からは、講談社TBSは「ドラマ原作大賞」を共同創設し新たなドラマ作家発掘行っている。 2019年3月TBS系列局の毎日放送DMM pictures提携し同局の『アニメイズム』にて2年講談社原作アニメ放送していくことを発表した

※この「TBSテレビ」の解説は、「講談社」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「講談社」の記事については、「講談社」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 21:37 UTC 版)

ダチョウ倶楽部」の記事における「TBSテレビ」の解説

お笑いベストヒット 所印の車はえらい1991年オールスター感謝祭92年秋 - 2010年代半ば関口宏の東京フレンドパーク (1993年6月7日1997年3月24日) ※2回目は、山田邦子率い太田プロチームとして来園アッコにおまかせ! (1993年) ※生トーク 王道バラエティ つかみはOK!1993年10月 - 1994年3月) - 初の冠番組 ダチョウ舌調ナイト1994年4月 - 12月) 快傑ダチョウ三銃士!(1995年1月 - 9月ウンナンの気分は上々 DOORS ザ・イロモネア さしこのくせに

※この「TBSテレビ」の解説は、「ダチョウ倶楽部」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「ダチョウ倶楽部」の記事については、「ダチョウ倶楽部」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 04:11 UTC 版)

関東ローカル」の記事における「TBSテレビ」の解説

TBSテレビ、Category:TBSローカル番組参照Nスタ(第2部1815分〜) Oh!ベイスターズ ふるさとシリーズ - ※2022年現在ふるさとの未来該当開運音楽堂 TBSレビュー 奥さま劇場 スマイルすきっぷ〜明日の元気をフルチャージ!〜

※この「TBSテレビ」の解説は、「関東ローカル」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「関東ローカル」の記事については、「関東ローカル」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 03:33 UTC 版)

ウエディングステージ」の記事における「TBSテレビ」の解説

放送期間放送時間JST)2013.10.012014.03.25火曜 21:54 - 22:006分) 2014.04.032015.10.01木曜 21:54 - 22:006分) 2015.10.082016.03.31木曜 21:49 - 21:54(5分) 火曜時代は『内村とザワつく夜』・『100秒博士アカデミー』、木曜移動後は『木曜ドラマ劇場』(2015年10月より『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』)などの拡大版によって放送時間変動する事がある木曜放送になってからは22時台繰り下げる時もあれば、『木曜ドラマ劇場』が22時台の『櫻井有吉アブナイ夜会』に直接ステブレレス接続になる事によって、「交換というかたちで23時台まで繰り下がる事もある。 木曜移動後では、前述特別編成で放送時間が「3分」に縮小される時もある。 放送休止の例 火曜時代2013年12月31日は『KYOKUGEN』のため休止2014年2月11日は「ソチオリンピック中継のため休止木曜時代2015年1月1日は『ドリーム東西ネタ合戦』のため休止2015年8月27日は『2015年世界陸上競技選手権大会』のため休止。なお翌9月3日通常通り放送したが、3日後の6日日曜)には、22:09 - 22:15(『日曜劇場 ナポレオンの村拡大版のため繰り下げ)に差し替え版を放送した2015年12月31日は『KYOGUGEN』のため休止。なお前週24日通常通り放送(ただし22:48繰り下げ)、また2日前の22日火曜日)には22:48差し替え版を放送した

※この「TBSテレビ」の解説は、「ウエディングステージ」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「ウエディングステージ」の記事については、「ウエディングステージ」の概要を参照ください。


TBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 02:23 UTC 版)

MEG (ディスクジョッキー)」の記事における「TBSテレビ」の解説

バナナマンのせっかくグルメ!!2021年6月27日)「JNN系列28局で聞いた!せっかく接待グルメ 熊本放送編」のロケで、RKK熊本放送本社玄関ロビーRKKアトリウム)に「日村ロボ」が設置された際、「からふる」で共演している田名網駿一と共に中華料理店紹介。彼と共にその中華料理店食レポ行った様子放送された。

※この「TBSテレビ」の解説は、「MEG (ディスクジョッキー)」の解説の一部です。
「TBSテレビ」を含む「MEG (ディスクジョッキー)」の記事については、「MEG (ディスクジョッキー)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「TBSテレビ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TBSテレビ」の関連用語

TBSテレビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



TBSテレビのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTBSテレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの武田一顯 (改訂履歴)、菅野祐悟 (改訂履歴)、スポーツ中継 (改訂履歴)、アイドル水泳大会 (改訂履歴)、S☆1 BASEBALL (改訂履歴)、日本のアナウンサー一覧 (改訂履歴)、磯山晶 (改訂履歴)、解説委員 (改訂履歴)、赤座美代子 (改訂履歴)、講談社 (改訂履歴)、ダチョウ倶楽部 (改訂履歴)、関東ローカル (改訂履歴)、ウエディングステージ (改訂履歴)、MEG (ディスクジョッキー) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS