生まれる。とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 生まれる。の意味・解説 

うま・れる【生(ま)れる/産(ま)れる】

読み方:うまれる

[動ラ下一[文]うま・る[ラ下二

子が母親胎内ら出るまた、からかえる出生する誕生する。「子猫が四匹―・れる」「商家に―・れる」

新しく作り出されて、世に出る物事新たにできる。「最近―・れたばかり制度

ある状況感情などが生じる。「次から次へと疑問が―・れる」

死後この世再び現れる生まれ変わる仏教思想に基づいていう語。

「あるいは聖徳太子の―・れ給へると申し」〈大鏡道長上〉


生まれる

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生まれる

作者アナイス・ニン

収載図書ガラスの鐘の下でアナイス・ニン作品集
出版社響文社
刊行年月2005.11


生まれる

作者文生

収載図書ストロベリーショート
出版社メディアファクトリー
刊行年月2006.2
シリーズ名ダ・ヴィンチ ブックス


生まれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/22 06:58 UTC 版)

生まれる。』(うまれる。)は、TBS系列金曜ドラマ枠(毎週金曜日22:00 - 22:54[1]JST)で2011年4月22日から6月24日まで放送された日本のテレビドラマ[2]。主演は堀北真希[2]


注釈

  1. ^ 中野が現れ、真実を知ったのは新平の生前。パン屋の閉店後、酒を酌み交わしながら真相を聞こうとするが、その直前に倒れ亡くなってしまう。さらに葬儀後に愛子の高齢妊娠発覚と、聞こうに聞けなくなる。

出典

  1. ^ 初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
  2. ^ a b “堀北真希、母の高齢出産に悩む娘役を熱演”. ORICON NEWS. (2011年2月23日). https://www.oricon.co.jp/news/85075/full/ 2022年7月22日閲覧。 
  3. ^ 林田 愛美公式サイト
  4. ^ 林田 太一公式サイト
  5. ^ 丸山玄則 (2011年5月12日). “ダウン症児が連ドラ出演 脚本家「ありのままの姿を」”. asahi.com (朝日新聞社). オリジナルの2011年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110908174728/http://www.asahi.com/health/news/TKY201105110493.html 2013年10月6日閲覧。 
  6. ^ “関ジャニ∞、3連発シングル最終章は大倉出演ドラマ主題歌”. 音楽ナタリー. (2011年5月12日). https://natalie.mu/music/news/49292 2022年7月22日閲覧。 
  7. ^ 実際の執筆は鈴木おさむ。


「生まれる。」の続きの解説一覧

うまれる

(生まれる。 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 06:13 UTC 版)

生まれる(うまれる)は生命が誕生すること。




「うまれる」の続きの解説一覧

生まれる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 05:07 UTC 版)

和語の漢字表記

まれる

  1. うまれる 参照

「生まれる。」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生まれる。」の関連用語

生まれる。のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生まれる。のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生まれる。 (改訂履歴)、うまれる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生まれる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS