恋愛とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 恋愛 > 恋愛の意味・解説 

れん あい [0]恋愛

スル
男女恋い慕うこと。また、その感情ラブlove訳語として、中国ではロプシャイト英華字典(1866~69年)に載る日本では中村正直西国立志編(1870~71年)にある


恋愛

作者大槻

収載図書初恋
出版社新書館
刊行年月2000.8
シリーズ名新書館ディアプラス文庫


恋愛

作者武田麟太郎

収載図書武田麟太郎全集 第2巻
出版社日本図書センター
刊行年月2003.1


恋愛

作者田村泰次郎

収載図書田村泰次郎選集 第1巻(早稲田在学時代)
出版社日本図書センター
刊行年月2005.4


恋愛

作者矢口敬子

収載図書おとななんてクソ食らえ!
出版社日本文学館
刊行年月2005.10
シリーズ名ノベル倶楽部


恋愛

作者ヘルマン・ヘッセ

収載図書ヘルマン・ヘッセ全集 5 物語集3
出版社臨川書店
刊行年月2006.12


恋愛

読み方:れんあい

  1. 異性間の交情を云ふ。近時「恋愛」と云ふ言葉男女学生間に盛んに用ひられる。

分類 学生

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

恋愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/28 08:12 UTC 版)

本記事では恋愛(れんあい)やについて解説する。


  1. ^ この記述では性愛の側面を重視しており、また一方的な片思いでも恋愛は成り立つと解釈できる。
  2. ^ 第6版で性愛についての記述が削除された。
  3. ^ 結果として二人の関係は確かなものとなった。
  4. ^ 宇治拾遺物語』、『道成寺
  1. ^ 平凡社 哲学事典 P1
  2. ^ 森進一訳, 『饗宴』, 新潮文庫, 1968[要ページ番号]
  3. ^ 平凡社 哲学事典 P1
  4. ^ 平凡社 哲学事典 P1211
  5. ^ 平凡社 哲学事典 P1211~1212
  6. ^ 平凡社 哲学事典 P1
  7. ^ 永嶋哲也「愛の発明と個の誕生--思想史的な観点から--」比較思想論輯2004.6[1][2]
  8. ^ 『恋愛論』大岡昇平 訳[要ページ番号]
  9. ^ 『恋愛論』[要ページ番号]
  10. ^ なお、スタンダール自身は『恋愛論』の序文(1826年)において、「この本は成功しなかった」と述べており、論の展開は「必ずしも理由がなくはかない」と告白している。
  11. ^ この項目、平凡社 哲学事典 P1、2による
  12. ^ ユダヤの力(パワー)-ユダヤ人はなぜ頭がいいのか、なぜ成功するのか! (知的生きかた文庫) 加瀬 英明 著[要ページ番号]
  13. ^ アブラハム・カイパー著『カルヴィニズム』聖山社 p.96
  14. ^ 高木実著『生と性-創世記1-3章にみる「男と女」』いのちのことば社 p.67
  15. ^ C.S.ルイス『悪魔の手紙』中村妙子訳、平凡社[要ページ番号]
  16. ^ 高校生聖書伝道協会『クリスチャン・ライフQ&A』いのちのことば社[要ページ番号]
  17. ^ 尾山令仁『結婚の備え』いのちのことば社[要ページ番号]
  18. ^ チャールズ・スウィンドル『性といのちの問題』いのちのことば社[要ページ番号]
  19. ^ カトリック・プロライフ
  20. ^ 公教要理[要ページ番号]
  21. ^ “早すぎる恋愛”はダメ!高校の規則に「男子と女子は44cm以上離れよ」-中国
  22. ^ 哲学事典 P2
  23. ^ これは事実婚に寛容な文化を背景にしている)なので、日本のように告白を経て彼氏彼女の関係になるが、生活は別々でたまに遊園地レストランデートに出かける程度でプロポーズを経て婚約するということはない(世界SEX百科―肉体と意識、そして各国の性風俗 由良橋 勢 著[要ページ番号])。
  24. ^ a b 菅野聡美、『消費される恋愛論 大正知識人と性』p9- 青弓社, 2001 ISBN 978-4787231888
  25. ^ 揚穎, 「透谷の女性観 : 幼少年時代の透谷が女性から受けた影響」『Comparatio』 14巻 p.17-26 2010年, 九州大学大学院比較社会文化学府比較文化研究会, doi:10.15017/24627, hdl:2324/24627
  26. ^ a b c 渡邊昭五『梁塵秘抄の恋愛と庶民相』岩田書院, 2005 p.10-13
  27. ^ 加藤秀一『恋愛結婚は何をもたらしたか』ちくま書房[要ページ番号]
  28. ^ リクルート「結婚トレンド調査2006」
  29. ^ 渡部伸『中年童貞』扶桑社新書[要ページ番号]など
  30. ^ “交際相手不要…なぜ?「若者の恋愛離れ」”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2016年1月20日). http://www.news24.jp/articles/2016/01/20/07320362.html 2018年3月2日閲覧。 
  31. ^ “100年前の日本人が「全員結婚」できた理由”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2018年1月2日). http://toyokeizai.net/articles/-/202863 2018年3月2日閲覧。 
  32. ^ “「草食系男子の増加」という大いなる勘違い”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2016年12月8日). http://toyokeizai.net/articles/-/148345 2018年3月2日閲覧。 
  33. ^ 矢野優也『空回りしない恋愛のすすめ』デザインエッグ株式会社、2015年8月17日初版、6頁より引用
  34. ^ 矢野優也『空回りしない恋愛のすすめ』デザインエッグ株式会社、2015年8月17日初版、14頁より引用
  35. ^ a b c 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、126頁。
  36. ^ 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、129-130頁。
  37. ^ 田中秀臣 『不謹慎な経済学』 講談社〈講談社biz〉、2008年、46頁。


「恋愛」の続きの解説一覧

恋愛

出典:『Wiktionary』 (2019/07/21 07:52 UTC 版)

名詞

れんあい

  1. 特定相手恋焦がれ一緒に居たいと思う感情。または、そのような感情を持って交際すること。

語源

欧米概念翻訳するために、明治以降に作られた造語考えられている[3]現在のところ確認される初出用例は、中村正直サミュエル・スマイルズの『自助論』を翻訳した1871年の『西国立志編』である[3][4]。「恋愛」という語は、『西国立志編』の

[…]ソノ織襪機ヲ作ント想起セシ所以ハ、傳云フ、嘗ヲ村中少女ヲ見テ、深ク恋愛シ、ソノ家往タルニ、少女常ニ襪ヲ織リ[…](注:原文では「」は「」に「⼇」の文字[5]

という文章現れる[4]。この用例先立つ1847年-1848年成立1866年-1869年成立の2つの英華辞典で「恋愛」の語が動詞として記されており、中村はそれに拠ったと推測される[3]

複合語

翻訳

動詞

するれんあい する)

  1. (自動詞) 特定相手恋愛感情を持って交際する。

活用

恋愛-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
恋愛

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 恋愛しない 未然形 + ない
否定 恋愛せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
恋愛される 未然形 + れる
丁寧 恋愛します 連用形 + ます
過去・完了・状態 恋愛した 連用形 + た
言い切り 恋愛する 終止形のみ
名詞 恋愛すること 連体形 + こと
仮定条件 恋愛すれば 仮定形 + ば
命令 恋愛せよ
恋愛しろ
命令形のみ

類義語




恋愛と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「恋愛」の関連用語

恋愛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



恋愛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恋愛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの恋愛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS