少女とは?

しょう‐じょ〔セウヂヨ〕【少女】

年少女子。ふつう7歳前後から18前後までの、成年達しない女子をさす。おとめ。「多感少女時代」「文学少女

律令制で、17歳以上、20歳(のち21歳)以下の女子の称。

[補説] 作品別項。→少女


しょうじょ〔セウヂヨ〕【少女】

原題、(オランダ)Meisjeskopjeフェルメールの絵画。カンバス油彩。縦44センチ、横40センチ。黒い無地背景に、少女がこちらに顔を向けた姿を描いた作品。その構図雰囲気から、「真珠の耳飾りの少女」と関連があるといわれている。ニューヨークメトロポリタン美術館所蔵


おと‐め〔をと‐〕【乙女/少女】

【一】《「おと」は、動詞「お(復)つ」と同語源で、若々しいの意。本来は「おとこ」に対する語。「乙」は後世当て字

年の若い女。また、未婚の女性。むすめ。しょうじょ処女。「—の悩み

「—壮士(をとこ)の行き集ひかがふ嬥歌(かがひ)に」〈万・一七五九〉

五節の舞姫のこと。

あまつ風雲の通ひ路吹きとぢよ—の姿しばしとどめむ」〈古今・雑上〉

【二】(少女)源氏物語21巻の巻名。夕霧元服大学教育雲井(くもい)の雁(かり)との恋、六条院新築などを描く。


おと‐め をと‥ 【少女・乙 おと 女】

1⃣ (若々しく生命力の盛んな女の意)

成年達し未婚の女。のちには、一〇歳くらいから成人前の未婚の女性を広くさすようになった処女。⇔おとこ。

古事記(712)上「『阿那邇夜志愛袁登売袁(あなにやしえヲトメを)』と言ひ」

読本南総里見八犬伝(1814‐42)二「かくまで愛(めで)たき未通女(ヲトメ)にてましますに」

② 年のいかない女の子童女。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

天女仙女あまつおとめ

古今(905‐914)雑上・八七二「あまつ風のかよひぢ吹きとぢよをとめの姿しばしとどめん〈遍昭〉」

五節の舞姫あまつおとめ

源氏100114頃)乙女「むかし御目とまり給ひしをとめの姿おぼし出づ

2⃣ 「源氏物語第二一帖の名。光源氏三三歳の四月から三五歳の一〇月まで。夕霧元服大学入学雲居雁との恋、六条院新築などを描く。

[語誌](1)「をと」は若返る意の動詞「をつ(復)」と同源という。「未通女」とも表記し、結婚適齢期女性の意。
(2)古代では「をとこ」━「をとめ」で対をなしていたが、「をとこ」が男性一般の意となって、女性一般の意の「をんな」と対をなすよう変わり、それに伴って平安時代には「をとめ」も「少女」と記され、天女巫女表わすようになった
(3)乙女」の漢字表記の「乙」は「おとうと」の「おと」と同じく年下の意であるが、「お」と「を」の区別が失われて用いられるようになった当て字


しょう‐じょ セウヂョ 【少女】

〔名〕

年若い女子。おとめ。むすめ。少女子また、姉妹の、下の子小女

三代実録貞観九年(867)一〇月四日「僕有一少女。願令枕席

名語記(1275)六「少女のひなあそびとて、人形をつくりすへたる」〔史記‐趙世家

令制で、一七歳以上二〇歳以下の女子

正倉院文書大宝二年(702御野国味蜂間郡春部里戸籍「次牟依売 年十九少女 次真依売 年十七少女 次床嶋売 年十五小女


少女

読み方:ショウジョ(shoujo)

若い娘、また未婚の女


少女

人口学では普通、子供(323-3)を含む全年齢それぞれの性別人口を指す場合、男 1と女 2という表現代りに、男性 1女性 2という用語が用いられる。同じように、少年 3と少女 4代えて、男の子供 3女の子供 4という用語が用いられる。


少女

作者赤川次郎

収載図書孤独な週末
出版社廣済堂出版
刊行年月1986.3
シリーズ名廣済堂文庫


少女

作者ジャメイカ・キンケイド

収載図書川底に
出版社平凡社
刊行年月1997.4
シリーズ名新しい「世界文学シリーズ


少女

作者西川日恵

収載図書手児奈 新装
出版社五月書房
刊行年月1998.12


少女

作者上林暁

収載図書上林暁全集 第3増補決定版
出版社筑摩書房
刊行年月2000.8

収載図書上林暁全集 第7巻 小説 増補決定版
出版社筑摩書房
刊行年月2000.12


少女

作者田中英光

収載図書戦後短篇小説再発見 9 政治革命
出版社講談社
刊行年月2002.2
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書戦後占領期短篇小説コレクション 2 1947年
出版社藤原書店
刊行年月2007.6


少女

作者熱田

収載図書朝霧の中から熱田遺作
出版社熱田美憲
刊行年月2003.1


少女

作者庄司肇

収載図書庄司肇作品集 第5巻 掌編小説随筆集
出版社作品社
刊行年月2003.8


少女

作者清水成子

収載図書短編集 空色のビー玉
出版社風媒社
刊行年月2003.11


少女

作者伊藤直

収載図書短編小説集 甚兵衛一家
出版社文芸社
刊行年月2004.4


少女

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


少女

作者藤森規思雄

収載図書校歌物語藤森規思雄作品集
出版社新風舎
刊行年月2004.7


少女

作者連城三紀彦

収載図書少女
出版社光文社
刊行年月1988.2
シリーズ名光文社文庫

収載図書少女 新装
出版社光文社
刊行年月2001.4
シリーズ名光文社文庫


少女

作者田村泰次郎

収載図書田村泰次郎選集 第1巻(早稲田在学時代)
出版社日本図書センター
刊行年月2005.4


少女

作者西川日惠

収載図書孫/少女
出版社新風舎
刊行年月2006.1


少女

作者ジョン・コリア

収載図書炎のなかの絵
出版社早川書房
刊行年月2006.3
シリーズ名異色作家短篇集


少女

作者眉村卓

収載図書超世界への旅―日本SF短編集
出版社岩崎書店
刊行年月2006.10
シリーズ名SF名作コレクション


少女

作者ほんまえみり

収載図書もちろん奇妙にこわい話寄せられた「体験
出版社光文社
刊行年月2008.7
シリーズ名光文社文庫


少女

作者大原まり子

収載図書女性型精神構造保持者
出版社早川書房
刊行年月1988.10

収載図書メンタル・フィメール
出版社早川書房
刊行年月1991.11
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


少女

作者キャサリン・マンスフィールド

収載図書ちくま文学 3 幼かりし日々
出版社筑摩書房
刊行年月1988.10

収載図書マンスフィールド短篇集
出版社筑摩書房
刊行年月2002.10
シリーズ名ちくま文庫


少女

作者宇野信夫

収載図書手紙宇野信夫小説
出版社朝日新聞社
刊行年月1989.5


少女

作者野口冨士男

収載図書少女
出版社文芸春秋
刊行年月1989.5


少女

作者渡辺温

収載図書渡辺温嘘吐き彗星
出版社博文館新社
刊行年月1992.10
シリーズ名叢書 新青年


少女

作者いのうえひょう

収載図書ちりぬるを
出版社鳥影社
刊行年月1993.3


少女

作者シグリ・ウンセット

収載図書新・ちくま文学 5 こどもの風景
出版社筑摩書房
刊行年月1995.1


少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 11:55 UTC 版)

普通、少年を若い男子とするとき、少女はその対義語である。この年齢に該当するのは、児童福祉法第四条の三では「小学校就学の始期から、満十八歳に達するまでの者」とあり[1]少年法第1章第2条では「20歳に満たない者」とある[2]


  1. ^ 児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第四条、三”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2018年6月27日). 2019年12月27日閲覧。 “2019年6月1日施行分”
  2. ^ 少年法、第1章、第2条。
  3. ^ 『大辞泉』しょう‐じょ〔セウヂヨ〕【少女】。
  4. ^ a b 『ジーニアス英和大辞典』、大修館書店、2008年。
  5. ^ a b 今田絵里香 『「少女」の社会史』 勁草書房、2007年。ISBN 978-4326648788


「少女」の続きの解説一覧

少女

出典:『Wiktionary』 (2020/05/09 12:52 UTC 版)

名詞

しょうじょ

  1. 年の若い女子

発音

しょ↘ーじょ

類義語

対義語

翻訳

参照




少女と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「少女」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



少女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの少女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS