第5巻とは? わかりやすく解説

第5巻(第29話 - 第34話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 12:10 UTC 版)

終末のハーレム」の記事における「第5巻(第29話 - 第34話)」の解説

晶と結ばれた翌日翔太保健室にて春歌・奈都・晶に流されるままメイティングに励むが、花蓮から希の「転任」を知らされ結果進んで女子生徒求め自棄に至る。そこへ、翔太をかつて無視していた元級友・星野汐音が「転校してくる翔太タレントになり損ねていた汐音が年下の女子生徒たちから蔑視される姿を嘲笑して花蓮勧め応じUW日本支部による後ろ盾求める汐音に昼休み校舎屋上でのメイティング強要する

※この「第5巻(第29話 - 第34話)」の解説は、「終末のハーレム」の解説の一部です。
「第5巻(第29話 - 第34話)」を含む「終末のハーレム」の記事については、「終末のハーレム」の概要を参照ください。


第5巻(諸運動の分類)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 14:20 UTC 版)

自然学 (アリストテレス)」の記事における「第5巻(諸運動の分類)」の解説

第5巻 - 諸運動の分類。全6章第1章 - 運動転化研究のための予備的考察転化その分類。 第2章 - 運動の分類動かされ得ないもの。 第3章 - 「一緒に」「離れて」「接触する」「中間に」「継続的」「接続的」「連続的の意味第4章 - 運動一つと言われる、その多くの意味。 第5章 - 運動の反対性。 第6章 - 運動静止反対性。「自然的」「反自然的」な運動静止反対性。

※この「第5巻(諸運動の分類)」の解説は、「自然学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第5巻(諸運動の分類)」を含む「自然学 (アリストテレス)」の記事については、「自然学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第5巻(正義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:02 UTC 版)

ニコマコス倫理学」の記事における「第5巻(正義)」の解説

第5巻 - 全11章正義ディカイオシュネー)】第1章 - 広狭二義における「正義」。 第2章 - 狭義における「正義」。この意味の「正義」は「配分的正義」と「矯正的正義」に分かれる第3章 - 「配分的正義」(幾何学的比例基づく) 第4章 - 「矯正的正義」(算術的比例基づく) 第5章 - 「応報的」ということ交易における「正義」。 第6章 - 「正義」と「市民社会」「法律」。 第7章 - 「市民的正義」における「自然法」と「人為法」。 第8章 - 厳密な意味における「不正を働くということ第9章 - 人は自ら進んで不正を働く」ことができるか。配分における「不正」の非は誰にあるか。 第10章 - 「正義に対する「宜」(よろしさ)の補訂的な働き第11章 - 人は自己に対して「不正」を働き得るか。

※この「第5巻(正義)」の解説は、「ニコマコス倫理学」の解説の一部です。
「第5巻(正義)」を含む「ニコマコス倫理学」の記事については、「ニコマコス倫理学」の概要を参照ください。


第5巻(特性について)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:23 UTC 版)

トピカ (アリストテレス)」の記事における「第5巻(特性について)」の解説

第5巻 - 特性について。全9章第1章 - 特性4つ種類。「自体的」な特性と「相対的」な特性相対的な特性についての二つないし四つ問題。「恒常的」な特性と「一時的」な特性特性与えることは種差を与えること。これらの特性論議に対する適合性。「相対的」な特性は「付帯性」に関するトポス」において検討すべき。 第2章 - 特性正しく与えられているかどうか検討するための「トポス」 -1.特性はその主体より一層知られていなくてはならない。 2.与えられた特性は以下の場合覆される1. 使用された名・語や説明方式命題)が多義的な場合。 2. 主語について多義的な語がある場合。 3. 同じ語を何度も用い場合。 4. 与えられた語が一般的に適用できるものである場合。 5. 多くの特性区別することなく同じ主体与え場合第3章続き)6. 当の対象そのもの与えられた特性内に含まれている場合。 7. 当の対象対立するもの・当の対象より可知的でないものが特性として与えられている場合。 8. 与えられた特性が必ずしも常に随伴するとは限らずある時特性なくなくものである場合。 9. 現在だけの特性与え、それをはっきりさせない場合。 10. 与えられた特性感覚にとってのみ明らかなものである場合。 11. 特性として与えられたものが定義である場合。 12. 特性対象の本質調べことなく与えられた場合第4章 - 与えられた一つの名・語が特性としてあるもの帰属するかどうか検討するための「トポス」 --- 以下の場合特性として与えられたもの(語)は特性ではない -1. 特性として与えられたものが個々の対象主体主語)に真として述語付けられない場合。 2. その名が真として述語付けられるものに真として述語付けられない場合、またその逆の場合。 3. 個々の対象基体)を特性として与えた場合。 4. 個々の対象種差として帰属するものを特性として与えた場合。 5. 名を持つものよりもその名に先後するものを特性として与えた場合。 6. 同じものどもにおいて同じもの特性ない場合。 7. 種において同じものどもが種において同じもの特性ない場合。 8. 主体にだけの特性あるもの付帯性と結び付いた時。特性ない場合。またその逆の場合第5章 - 命題覆すための「トポス」 -1. 本性帰属するものを常に帰属するとしたかどうかを見る。 2. いくつかの特性どのように何もの特性として与えられているかを明らかにする。 3. そのものそれ自身特性としたかを見る。 4. 同質部分からできているものにおいて、全体部分について真でないかどうか、また部分特性全体について述語付けされていないかどうか検討。 第6章 - 対立の型についての「トポス」 -1. 反対的な対立。 2. 相対的な対立。 3. 状態と欠除対立。 4. 述語にだけ適用される肯定否定矛盾対立。 5. 述語主語両方適用される肯定否定矛盾対立。 6. 主語にのみ適用される矛盾対立 --- 対立分肢分割同列語)から引き出された「トポス」。 第7章 -屈折語から引き出された「トポス」。 特性として与えられた関係に類似の諸関係から引き出された「トポス」。 与えられた特性二つ主語間に同様の関係があることから引き出された「トポス」。 生成消滅過程から引き出された「トポス」。 特性として与えられたものを事物イデア言及することから引き出された「トポス」。 第8章 -「より多く」「より少なく」という程度観点から引き出された「トポス」。 特性として与えられたものと主語との関係と同じ程度の関係ある述語関係から引き出された「トポス」。 異なった述語異なった主語間における同じ程度の関係についての「トポス」。 特性として与えられた述語主語別の述語との関係についての「トポス」。 特性として与えられたものと別の主語主体)との間の関係についての「トポス」。 第9章 - 2つの「トポス」 -1. 存在しないもの特性可能性において与えた時は、特性覆される。 2. 特性最上級において与えたならば、その特性覆される

※この「第5巻(特性について)」の解説は、「トピカ (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第5巻(特性について)」を含む「トピカ (アリストテレス)」の記事については、「トピカ (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第5巻(国制の変革)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:38 UTC 版)

政治学 (アリストテレス)」の記事における「第5巻(国制変革)」の解説

第5巻 - 全12章国制変革とその一般的原因第1章 - 内乱国制変革原因としての「平等・公平」観。 第2章 - 変革心理的動機第3章 - 上記の7原因傲慢利益、名誉、優越恐怖軽蔑不当勢力成長)、及び選挙のための策動軽視不注意など。 第4章 - 内乱国制変革実例革命手段としての暴力欺瞞。 【各種の国制における変革の特殊原因と、その回避手段第5章 - 民衆指導者の無原因として生じる、「民主制」から「寡頭制」(あるいは「僭主制」)への変革。 第6章 - 民衆に対する不正な取り扱いや、富裕間の争い原因として生じる「寡頭制」の変革第7章 - 少数者による栄誉ある役の独占原因として生じる「貴族制」の変革。「国制」(共和制)との共通点第8章 - 上記3つに対する保全策細事への警戒大衆欺かない国民破壊者に対する恐怖警戒心抱かせる財産資格柔軟変更勢力均衡営利制限相互いたわり等。 第9章 - 前章続き。主要役人に対する国制への忠誠」「役務遂行能力」「国制適した正義・徳」の要求既存国制支持拡大の配慮中庸政策教育第10章 - 独裁制(「王制」と「僭主制」)における変革原因。不正(傲慢)、恐怖軽蔑名誉心など。また、外国影響政権参与者間の争いなど。 第11章 - 独裁制(「王制」と「僭主制」)の保全策。「王制においては公共の配慮、「僭主制においては優秀者排除分断統治密偵使用被支配者多忙化・貧困化第12章 - 「僭主制」の短命さ。プラトン『国家』における変革批判

※この「第5巻(国制の変革)」の解説は、「政治学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第5巻(国制の変革)」を含む「政治学 (アリストテレス)」の記事については、「政治学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第5巻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第5巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第5巻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終末のハーレム (改訂履歴)、自然学 (アリストテレス) (改訂履歴)、ニコマコス倫理学 (改訂履歴)、トピカ (アリストテレス) (改訂履歴)、政治学 (アリストテレス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS