市民社会とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 社会 > 市民社会の意味・解説 

しみん‐しゃかい〔‐シヤクワイ〕【市民社会】

市民階級封建的身分制度土地制度打倒して実現した近代社会法律の前での万人の自由と平等の保障基礎として成立している。


市民社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 22:19 UTC 版)

市民社会(英: civil society 独: bürgerliche Gesellschaft 仏: société civile, société bourgeoise[1])または資本主義社会近代社会ブルジョア社会[2][3]とは、市民階級封建的な身分制度土地制度を打倒して実現した、民主的・資本主義的社会[4][5]。「市民階級」「市民革命」「市民法」「市民的自由」等と共に、第二次大戦後から有力になった用語[1]


  1. ^ a b 平凡社 2019, p. 市民社会.
  2. ^ 小学館 2019, p. 市民社会.
  3. ^ 松村 2019a, p. 市民社会.
  4. ^ 松村 2019b, p. 市民社会.
  5. ^ a b c d ブリタニカ・ジャパン 2019, p. 市民社会.


「市民社会」の続きの解説一覧

市民社会

出典:『Wiktionary』 (2015/08/25 13:08 UTC 版)

名詞

市民 社会しみんしゃかい

  1. 近代革命経て自由などの個人権利獲得した社会

発音

し↗みんしゃ↘かい

関連語

翻訳




市民社会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「市民社会」の関連用語

市民社会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市民社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの市民社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの市民社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS