イデオロギーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 体系 > イデオロギーの意味・解説 

イデオロギー

英語:ideology

「イデオロギー」とは、「社会あり方などに対す考え方」や「人の行動左右する考え方信条」、場合によっては「偏った物の見方」という意味で用いられる言葉である。
「イデオロギー」は、基本的には、「社会はこうあるべきだ」という理念理論的にまとめ上げられたもの、特定の理念観念体系としてまとめられたもの、などを指す意味で使える表現である。
今日においては、イデオロギーは「政治に関する思想信条」あるいは「政治理念よりどころとなっている立場考え方」といった意味の語として用いられることが多い。そして「特定方面偏向した歪曲含んだ思想」という否定的な意味合い込められることが多い。
例文:「この新聞社説特定のイデオロギー色が強い」
政治思想信条という意味におけるイデオロギーは、特定の見解に基づく理論体系である。それ自体理路整然としており、この理論実践すれば理想的な社会実現できるという確信をも抱かせ得る。しかしこの確信は、イデオロギーの外側にあってイデオロギーと対立するような見解立場とは相容れない場合も多い。そのためイデオロギーは社会的政治的な対立根本要因となり得る
イデオロギーの対立起因する争いを「イデオロギー闘争」と呼ぶことがある一般的には「イデオロギー闘争といえばマルクス・レーニン主義において提唱され社会階級間のイデオロギーの相違に基づく闘争を指す。新日本プロレスでは「価値観理念美学相違による敵対関係」というような意味で「イデオロギー闘争」の語が用いられている。
イデオロギーは「思想と言い換えられる場合も多い。観念体系という意味ではイデオロギーも思想一種である。ただし政治思想としてのイデオロギーは往々にして実践言論としての表出を伴う。そして排他的な言論排他的な行動として受け止められがちである。
イデオロギーの語が政治思想の意味用いられる場合、大抵は、そのイデオロギーに懐疑的な立場の者によって、ネガティブな意味を込めて用いられるその意味でイデオロギーという呼称ある種レッテル貼りである。
極言すれば、イデオロギーとは、あるイデオロギーに立脚している者が対立する相容れない)イデオロギーを指して用いる語である、とすら表現し得る。
イデオロギーという呼称ある種レッテル貼りである以上、どのような思想立場がイデオロギーに該当するのか、しないのか、という判断基準厳然としてあるとは言いがたい。
見方にもよるが、共産主義も、資本主義も、民主主義も、帝国主義も、いわゆるリベラル思想も、戦後日本いわゆる自虐史観も、イデオロギーの一種として扱われ得る。
思想」と「イデオロギー」違いは、イデオロギーが「社会・政治・歴史に関する」「行動や生活に結びつきやすい」思想体系という意味で用いられやすく、思想はより広範かつ実践直結しない形でも用いられやすい、という点でおおむね使い分けられているといえる

イデオロギー

英語:ideology

イデオロギーとは、社会政治に関する根本的な価値観信念体系化した思想である。一般的には個人集団が持つ世界観や行原理指し特定の政治的立場社会的目標支持するための基盤となる。イデオロギーは、歴史的に多様な形態をとり、それぞれの時代地域において異な特徴を持つ。

主要なイデオロギーには、リベラリズム保守主義社会主義共産主義民族主義宗教主義などがある。これらのイデオロギーは、政治的なスペクトルにおいて左右上下位置づけられることが多い。また、イデオロギーは、政治家政党運動国家などによって採用され政策法律制度形成影響与える。

イデオロギーは、個人集団アイデンティティ形成する要素一つであり、同じイデオロギーを共有することで連帯感共同体意識生まれことがある。しかし、異なるイデオロギーを持つ者同士では、対立摩擦生じることもある。このようなイデオロギー間の対立は、歴史的に多く政治的な争い戦争の原因となってきた。

ideology

別表記:イデオロギー

「ideology」とは、「観念形態」といった言葉表されるように特定の社会集団における思想や行動の在り方根底制約している考え方体系をさし示す英語表現である。

「ideology」とは「ideology」の意味

「ideology」とは、ものごと対す根本的な考え方をさし示す意味の英単語で、「観念形態」「意識体系」「思想「イデオロギー」などと表現される言葉である。「観念形態」という意味で用いられる場合は、特定の社会集団社会的な属性社会的立場の中で、その考え方や行動、生き方などの全ての面を堅固に制約している観念体系をさす。すなわち、特定の国家社会的な階級性別属す集団が、それぞれ政治道徳哲学芸術宗教などの分野どのようにふるまうのかを厳密に規定する観念信条知識集積である。この中で、特に政治的立場に基づく考え方思想傾向切り取って「イデオロギー」ということもある。

「ideology」という言葉は、18世紀から19世紀にかけてフランスの政治家で哲学者デステュット・ド・トラシーがその著書の中で使用したのが初めてとされ、当初観念起源論点中心に据えその先天性後天性解き明かそうという学問的立場立脚するものであった。トラシーらの学究勢力政敵であったナポレオンから「イデオローグ」と呼ばれ、「空論家」と揶揄されたが、このエピソードから「ideology」は「空理空論」という意味もあわせて持つようになった

「ideology」が学問的な観念論から離れて政治的な意味を持って使われ始めたのは、マルクスエンゲルス共著である「ドイツ・イデオロギー」が出版され以降である。この中で階級社会におけるイデオロギーの分析という立場改めて「ideology」が規定し直され政治的思想在り方論じさまざまな視点「イデオロギー」とする見方定着するようになった

「ideology」は、文法的に名詞用法限られるため、「観念的な」のように形容詞として用い場合は「ideological」、「イデオロギーに関して」などのように副詞的に使う場合は「ideologically」を使用する

「ideology」の発音・読み方

「ideology」の発音記号は「àidiɑ'ləi」となり、日本語読み風にカタカナ表記した場合は「アイデオロジー」と読む。なお、「ideology」に「イデオロギー」という日本語をあてるのは、これがドイツ語風の読み方であり、マルクス主義思想とともに日本輸入され言葉であったことによる。このことから、「ideology」を日本語読み風にカタカナ表記する際は「アイデオロジー」、「ideology」の訳語としては「イデオロギー」という使い分けをするのが一般的である。

「ideology」の語源・由来

「ideology」の語源は、フランス語の「ideologie」である。また、ideologie」は、ギリシヤ語で「観念」という意味の「idea」と「言語」という意味の「logos」が組み合わさった言葉由来している。

「ideology」を含む英熟語・英語表現

「political ideology」とは


political ideology」とは、「政治イデオロギー」という意味を表す表現である。

「political ideologyの種類」とは

主なpolitical ideology」には、国家権力宗教などあらゆる政治的権威権力否定する無政府主義」、「マルクス主義」に代表される共産主義」、従来伝統習慣重んじる保守主義」などがある。また、女性解放思想に基づく社会運動総称である「フェミニズム」、自由と平等権利に基づく政治姿勢中心にすえる「リベラリズム」、国家という独立した共同体所属する民族のもとに価値観形成するナショナリズム」、個人主義自由主義弊害排して、より自由で平等な社会体制目指していこうとする「社会主義」なども「political ideology」の一つである。

「ideology」の使い方・例文

「ideology」の使い方例文としては、「Communitarianism is an ideology that is counter to liberalism.(共同体主義は、自由主義対抗する政治思想だ)」、「It goes without saying that the ideology is behind the times.(言うまでもないが、その思想時代遅れである)」、「The fundamentalist ideology was not imposed by foreign countries.(原理主義思想それ自体は、外国から持ち込まれたものではない)」などを挙げることができる。

イデオロギー

英語:ideology

 

「イデオロギー」とは・「イデオロギー」の意味

「イデオロギー」とは、観念思想合わせた言葉で、日本語では「観念形態」や「思想形態」と呼ぶ。SNSYahoo!知恵袋などでは「政治社会対す考え方」を指して「イデオロギー」とする使用例が多い。なお、考え方表現する語としては「アイデンティティ」というものがあるが、これは「イデオロギー」とは大きく異なる語だ。「イデオロギー」が示すものは、人間行動決定づける根本的な考え方、あるいは考え体系のことである。対してアイデンティティ」が示すものは、自分何者確信させるための考え方のことである。

日本語における「イデオロギー」の元となった言葉ドイツ語の「ideologie」。「ideologie」の語源ギリシャ語の「イデア観念)」と「ロゴス言語)」だ。英語ではideology」とつづる。「イデオロギー」という概念初出は、フランス唯物論者「デステュット・ド・トラシー」の著作観念学原理」だ。この本が出版された後、「イデオロギー」概念世界へ広がっていった。だが、現在においても「イデオロギー」には決まった定義があるわけではない考え方主義によって、さまざまな定義が存在している。

例えば、マルクス主義からみる「イデオロギー」は、社会的な上部構造維持させる観念であると説く階級社会においては特定の階層利益を得つづけることで、イデオロギーが優勢的に構築されていく。その結果上部構造下部構造作りあげ、構造相互作用によってイデオロギーを必然的に正当化させていく(虚偽意識としてのイデオロギー)。そのため、階級闘争階級間に生まれ社会的格差打破目的とする闘争)が社会成長に必要であるとするマルクス主義において、イデオロギーの批判最重要事柄となったマルクス主義における「イデオロギー」という言葉の使用は、1845年出版された「ドイツ・イデオロギー」(著者カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルス)が初出である。

マルクス主義以外の「イデオロギー」の定義には、次のようなものがある。

「イデオロギー」世界観を指す言葉だ。
先入観持った偏った考え方意味する
「イデオロギー」闘争的な観念である。
政治理念政治目的結合した考え方
政治的あるいは宗教的な観念を指す。

何が「イデオロギー」で、何が「イデオロギー」含まれないのかも、立場時代によって大きく異なる。「イデオロギー」という語が何を意味しているかは、文脈から判断して理解するしかないだろう。

「イデオロギー」の熟語・言い回し

政治イデオロギーとは


政治イデオロギー」とは、政治に関する思想形態を指す。「政治イデオロギー」は多数存在している。無政府主義共産主義保守主義ナショナリズムなどは、代表的な例であるといえるだろう。また、環境主義・フェミニズム・リベラリズムなど、政治とは直接関係がなさそう見えるイデオロギーも、「政治イデオロギー」の一種である。なお、仏教キリスト教イスラム教といった宗教が「政治イデオロギー」と密接に結びつくこともある。

「イデオロギー」の使い方・例文

国家用い社会システム自体がイデオロギーを正当化させるための装置なのだ。
20世紀初頭はイデオロギーが社会支配した時代といえる
議論をすることは大切なことだが、イデオロギーに染まり過ぎるのはよくない
科学また、従来政治宗教同じく、イデオロギーとなり得るのだ。
報道には何らしかのイデオロギー性が含まれている。
・私が伝えたいことは、決してイデオロギー的なことではありません。
・彼らの論争罵詈雑言ばかりで、もはやイデオロギーの争いとはいえない。
政党政治主張やイデオロギーによってまとまった団体といえるだろう。
・イデオロギーに振り回されてはいないかと自身考え省みる
急進的なイデオロギーを持った団体市民支持集めている。

イデオロギー

別表記:イデオロジー
英語:ideology

イデオロギーは、物事に関して歴史的政治的な自分立場によって構築され考え方のことである。

イデオロギーの語は、考えをまとめた集合体としての意味を持つ。主に政治経済歴史など分野使用される宗教哲学芸術などの分野でも用いられている。どちらかというと偏った思想というイメージ強く否定的な意味で用いられることが多い。

民主主義資本主義もイデオロギーの一種である。社会主義共産主義独裁主義もイデオロギーである。イデオロギーは、語尾に「主義」が付くケースが多い。

イデオロギーの語源

イデオロギーの語源フランス語ideologieイデオロジー)である。ideologieは、「観念」を意味するideaイデア)」と、思想意味するlogosロゴス)」を組み合わせた語である。デステュット ド トラシーの「イデオロジー原論」(1804年1815年)で初め見られた。その後マルクス・エンゲルスの「ドイツ・イデオロギー」(1845年1846年)でイデオロギーという言葉知られるようになった

日本には、ドイツ経由してイデオロギーの語が入ってきたとされる。そのため日本ではドイツ語由来の「ideologie(イデオロギー)」が使用されるようになったちなみに英語圏では「Ideology(アイディオロジー)」と表記される

イデオロギー闘争とは

イデオロギー闘争とは、2つ上の考えの違う集団同士主張繰り広げ闘争発展することである。世界的な歴史を見ると、アメリカ合衆国ソビエト社会主義共和国連邦冷戦である。自由な商売ができる中で貧富の格差生まれ資本主義米国)と、全員平等な世の中目指す社会主義ソ連)という異なるイデオロギーによって起こった戦争であった

イデオロギーの類義語、イデオロギーの対義語

イデオロギーの類義語理論体系主義思想ドグマなどが挙げられる理論体系とはその人信じている物の大まかな考え方全体像)を指す。思想類義語であるが、イデオロギーとは使い分けられることが多い。イデオロギーは、政治分野でよく使われるが、思想政治分野以外でも使われている。

イデオロギーの対義語個人主義である。

イデオロギー【(ドイツ)Ideologie】

読み方:いでおろぎー

政治・道徳宗教・哲学芸術などにおける、歴史的社会的立場制約され考え方観念形態

一般に思想傾向。特に、政治・社会思想

「イデオロギー」に似た言葉

イデオロギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/04 00:34 UTC 版)

イデオロギー: Ideologie, : ideology)とは、観念 (idea) と思想 (logos) を組み合わせた言葉であり[1]観念形態である。思想形態とも呼ばれる。文脈によりその意味するところは異なり、主に以下のような意味で使用される。意味内容の詳細については定義と特徴を参照。


注釈

  1. ^ カンメラーの実験についてはアーサー・ケストラーの『サンバガエルの謎』による。しかし、実験結果を捏造であるとする見方も根強い。
  2. ^ コリン・ウィルソンの『オカルト』によると、1969年ロンドンのインペリアル・カレッジで開かれた国際サイバネティクス会議において、デイヴィッド・フォスターが物理学的発見の哲学的意味について講演した中でコンプトン効果に言及したという。
  3. ^ 左右田のいう「社会民主主義」は社会主義一般を指すものと考えられ、今日的に言えば共産主義の語感に近い。

出典

  1. ^ 「イデオロギー」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書”. www.weblio.jp. 2022年7月18日閲覧。
  2. ^ Klee, Ernst (2007). Das Personenlexikon zum Dritten Reich. Wer war was vor und nach 1945. Frankfurt-am-Main: Fischer-Taschenbuch-Verlag. p. 549. ISBN 978-3-596-16048-8 


「イデオロギー」の続きの解説一覧

イデオロギー(19世紀以降)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 08:23 UTC 版)

「さまよえるユダヤ人」記事における「イデオロギー(19世紀以降)」の解説

18世紀初めまでに、伝説的な人物として「さまよえるユダヤ人」の姿は、ディアスポラ世界さまよったイスラエルの民の象徴とみるのが一般的となった。この見方への異論としては、民衆版画での描かれ方がキリスト教の巡礼者に極めて似ていることや、さまよえるユダヤ人敬虔なキリスト教徒である事と矛盾指摘されている。 世紀末ナポレオン・ボナパルト台頭と、ナポレオンユダヤ人(Napoleon and the Jews)の政策関連したヨーロッパ諸国解放改革の後、「永遠のユダヤ人」はますます「象徴的、かつ普遍的なキャラクター」となり、プロイセンおよびヨーロッパ他の地域におけるユダヤ人解放のための継続的な闘争は、19世紀の間に「ユダヤ人問題」と呼ばれるものを生じさせた。 カウルバッハの『ティトゥスエルサレム攻略』の壁画レプリカ1842年プロイセン王からベルリン新博物館依頼される前に、ガブリエル・リーサー(Gabriel Riesser)のエッセイ"Stellung der Bekenner des mosaischen Glaubens in Deutschland (ドイツにおけるモザイク信仰告白者の立場について)"は1831年出版されており、ジャーナル"Der Jude, periodische Blätter für Religions und Gewissensfreiheit (ユダヤ人信仰と思想の自由誌)" は1832年創刊されている。 1840年、カウルバッハ自身が、キリスト拒絶したことで追放者として逃亡する永遠のユダヤ人を含む、彼の絵画描かれた人物特定できる説明小冊子発行した1843年ブルーノ・バウアー著書『ユダヤ人問題』出版されカール・マルクスは『ユダヤ人問題によせて』という論文書き反論した1852年フランス出版物最初に登場した風刺画は「額に赤い十字架細長い脚と腕、巨大な鼻となびく髪、そしてを手にした」伝説的な人物描いたもので、反ユダヤ主義者によって採用された。 1937年から1938年ドイツとオーストリア開催されナチス展示会"Der Ewige Jude"で展示された。その複製2007年ヤド・ヴァシェム展示された(画像参照)。 この展覧会は、1937年11月8日から1938年1月31日までミュンヘンドイツ博物館図書館開催されナチスが「退廃芸術」と見なし作品展示した。これらの作品画像を含む本が「永遠のユダヤ人」の題で出版された。これに先立ちマンハイムカールスルーエドレスデンベルリンウィーンで他のそのような展示会開催された。これらの展覧会展示され芸術作品大部分は、1920年代著名となり高く評価され前衛芸術家によって製作されたが、展覧会目的は、賞賛値するものとして作品紹介することではなく、それらを嘲笑し非難することだった。 1940年には、ヨーゼフ・ゲッベルス指示反ユダヤプロパガンダ映画永遠のユダヤ人』が公開された。

※この「イデオロギー(19世紀以降)」の解説は、「さまよえるユダヤ人」の解説の一部です。
「イデオロギー(19世紀以降)」を含む「さまよえるユダヤ人」の記事については、「さまよえるユダヤ人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イデオロギー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

イデオロギー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/04 13:12 UTC 版)

語源

名詞

イデオロギー

  1. 社会様式思想決定するような考え方の体系観念形態

発音(?)

イ↗デオ↘ロギー
イ↗デオロ↘ギー

類義語


「イデオロギー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



イデオロギーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イデオロギー」の関連用語

イデオロギーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イデオロギーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイデオロギー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのさまよえるユダヤ人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイデオロギー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS