イデオロギーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 体系 > イデオロギーの意味・解説 

イデオロギー

英語:ideology

イデオロギーとは、イデオロギーの意味

イデオロギーとは、物事に関して歴史的政治的自分立場によって構築された考え方のことである。日本語では簡単に「考え」と訳すケースもある。

イデオロギーの語は、考えをまとめた集合体としての意味を持つ。主に政治経済歴史などの分野使用されるが宗教哲学芸術などの分野でも用いられている。どちらかというと偏った思想というイメージ強く否定的な意味で用いられることが多い。

民主主義資本主義もイデオロギーの一種である。社会主義共産主義独裁主義もイデオロギーである。イデオロギーは、語尾に「主義」が付くケースが多い。

イデオロギーの語源

イデオロギーの語源フランス語ideologieイデオロジー)である。ideologieは、「観念」を意味する「ideaイデア)」と、思想を意味する「logosロゴス)」を組み合わせた語である。デステュットトラシーの「イデオロジー原論」(1804年1815年)で初め見られた。その後マルクス・エンゲルスの「ドイツ・イデオロギー」(1845年1846年)でイデオロギーという言葉が知られるようになった

日本には、ドイツ経由してイデオロギーの語が入ってきたとされる。そのため日本では、ドイツ語由来の「ideologie(イデオロギー)」が使用されるようになったちなみに英語圏では「Ideology(アイディオロジー)」と表記される。

イデオロギー闘争

イデオロギー闘争とは、2つ上の考えの違う集団同士主張繰り広げ闘争発展することである。世界的歴史を見ると、アメリカ合衆国ソビエト社会主義共和国連邦冷戦である。自由な商売ができる中で貧富の格差生まれ資本主義米国)と、全員が平等な世の中目指す社会主義ソ連)という異なるイデオロギーによって起こった戦争であった。

イデオロギーの語の使い方、用例




イデオロギーの類義語、イデオロギーの対義語

イデオロギーの類義語理論体系主義思想ドグマなどが挙げられる。理論体系とはその人が信じている物の大まかな考え方全体像)を指す。思想類義語であるが、イデオロギーとは使い分けられることが多い。イデオロギーは、政治分野でよく使われるが、思想政治分野以外でも使われている。

イデオロギーの対義語個人主義である。



イデオロギー

別表記:イデオロジー
英語:ideology

社会あり方などに対す考え方のこと。「社会はこうあるべきだ」という理念理論的にまとめ上げられたもの。特定の理念観念体系としてまとめられたもの。

イデオロギーとは、簡単にいえば、人間行動左右する考え方信条ありようである。ただし、多く場合は「偏った物の見方」というニュアンス含めて用いられがちである。

今日においては、イデオロギーは「政治に関する思想信条」あるいは「政治理念よりどころとなっている立場考え方」といった意味の語として用いられることが多い。そして「特定方面偏向した(歪曲を含んだ)思想」という否定的意味合い込められることが多い。

例文:「この新聞社説特定のイデオロギー色が強い」

政治思想信条という意味におけるイデオロギーは、特定の見解に基づく理論体系である。それ自体理路整然としており、この理論実践すれば理想的社会実現できるという確信をも抱かせ得る。しかしこの確信は、イデオロギーの外側にあってイデオロギーと対立するような見解立場とは相容れない場合も多い。そのためイデオロギーは社会的政治的対立根本要因となり得る

イデオロギーの対立起因する争いを「イデオロギー闘争」と呼ぶことがある一般的には「イデオロギー闘争といえばマルクス・レーニン主義において提唱された社会階級間のイデオロギーの相違に基づく闘争を指す。新日本プロレスでは「価値観理念美学相違による敵対関係」というような意味で「イデオロギー闘争」の語が用いられている。

イデオロギーは「思想と言い換えられる場合も多い。観念体系という意味ではイデオロギーも思想一種である。ただし政治思想としてのイデオロギーは往々にして実践言論としての表出を伴う。そして排他的な言論排他的な行動として受け止められがちである。

イデオロギーの語が政治思想の意味で用いられる場合、大抵は、そのイデオロギーに懐疑的立場の者によって、ネガティブな意味を込め用いられる。その意味でイデオロギーという呼称ある種レッテル貼りである。

極言すれば、イデオロギーとは、あるイデオロギーに立脚している者が対立する(相容れない)イデオロギーを指し用いる語である、とすら表現し得る

イデオロギーという呼称ある種レッテル貼りである以上、どのような思想立場がイデオロギーに該当するのか、しないのか、という判断基準厳然としてあるとは言いがたい。

見方にもよるが、共産主義も、資本主義も、民主主義も、帝国主義も、いわゆるリベラル思想も、戦後日本いわゆる自虐史観も、イデオロギーの一種として扱われ得る。

思想」と「イデオロギー」の違いは、イデオロギーが「社会政治歴史観に関する」「行動や生活に結びつきやすい」思想体系という意味で用いられやすく、思想はより広範かつ実践直結しない形でも用いられやすい、という点でおおむね使い分けられているといえる

イデオロギー【(ドイツ)Ideologie】


イデオロギー

〔名〕 (ドイツ Ideologie

歴史的社会的全体として規定された考え方の型。

愛情問題1931)〈片岡鉄兵〉「何によって〈略〉そんな理解に結びつけられてゐるのか? それはイデオロギイだ」

政治社会に関する基本的考え思想傾向。〔アルス新語辞典(1930)〕

若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「我々に植ゑつけられたイデオロギーを生徒強要てはならない


イデオロギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 07:15 UTC 版)

イデオロギー: Ideologie, : ideology)とは、観念体系である。文脈によりその意味するところは異なり、主に以下のような意味で使用される。観念形態、思想形態とも呼ばれる。意味内容の詳細については定義と特徴の項目を参照。


  1. ^ カンメラーの実験についてはアーサー・ケストラーの『サンバガエルの謎』による。しかし、実験結果を捏造であるとする見方も根強い。
  2. ^ コリン・ウィルソンの『オカルト』によると、1969年ロンドンのインペリアル・カレッジで開かれた国際サイバネティクス会議において、デイヴィッド・フォスターが物理学的発見の哲学的意味について講演した中でコンプトン効果に言及したという。


「イデオロギー」の続きの解説一覧

イデオロギー

出典:『Wiktionary』 (2020/03/23 09:10 UTC 版)

語源

名詞

イデオロギー

  1. 社会様式思想決定するような考え方の体系観念形態

発音

イ↗デオ↘ロギー
イ↗デオロ↘ギー

類義語




イデオロギーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イデオロギー」の関連用語

イデオロギーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イデオロギーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイデオロギー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイデオロギー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS