闘争とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 闘争 > 闘争の意味・解説 

とう‐そう〔‐サウ〕【闘争】

読み方:とうそう

[名](スル)

相手勝とうとして争うこと。争闘。「―本能」「武力―」

社会運動労働運動などで、権利要求獲得するために争うこと。「賃上げ要求して―する」「階級―」


闘争

作者豊田有恒

収載図書悪魔の城
出版社講談社
刊行年月1986.10
シリーズ名講談社文庫


闘争

作者小酒井不木

収載図書新青年傑作選 第2巻 怪奇幻想小説
出版社立風書房
刊行年月1991.7

収載図書人工心臓
出版社国書刊行会
刊行年月1994.9
シリーズ名探偵クラブ

収載図書小酒井不木集―恋愛曲線
出版社筑摩書房
刊行年月2002.2
シリーズ名ちくま文庫

収載図書小酒井不木探偵小説全集 第1巻 短篇集 1 オンデマンド版
出版社本の友社
刊行年月2004.1


紛争

(闘争 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 23:21 UTC 版)

紛争(ふんそう、英語: conflict, dispute)とは、二者以上が目標や関心について互いに正反対であると知覚し、その知覚に基づいて行動を決定している状況を指す[1]


  1. ^ D.バル・タル『紛争と平和構築の社会心理学』 熊谷智博、大渕憲一訳 北大路書房 2012年、ISBN 978-4-7628-2787-7 p.6.
  2. ^ 樋口一彦 2000, pp. 7.
  3. ^ 政治基盤の弱い国が国内に「武力紛争」があることを認めると、外国から介入される可能性があるという懸念をもつ
  4. ^ 樋口一彦 2000, pp. 14.
  5. ^ 萩野弘巳 & 旦祐介 1994, pp. 14.
  6. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “地域紛争”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2020年10月13日閲覧。


「紛争」の続きの解説一覧

闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/22 23:27 UTC 版)

アッピウス・クラウディウス・クラッスス・インレギッレンシス・サビヌス」の記事における「闘争」解説

この騒乱をみたウォルスキ族アエクイ族ローマ領内荒らし回ったが、事態沈静化したため撤退した報復遠征軍編成されアッピウスはウォルスキを担当する事となった。法案可決許してしまった彼の心中穏やかでなく、怒り任せて過酷な命令を兵たちに課した。兵たちは兵たちで反発して命令従わずアッピウスアッピウスで兵たちをウォレロ共と呼ぶという有様だった。 アッピウス不人気ぶりはかつてのファビウス氏族上で、兵たちは本陣奪われる寸前まで全く戦おうとしなかった。アッピウスは更に過激な手段訴えようとしたが、レガトゥス一人にインペリウム指揮権命令)は合意の上成り立っていると諭され思いとどまった。しかし翌朝後方から奇襲を受けると軍はあっけなく崩壊しアッピウス軍紀正すため持ち場放棄したケントゥリオ斬首し、軍全体に十分の一刑科したという。 翌紀元前470年例年のごとく土地分配法を巡って争い起こりアッピウス再度激しく反対して護民官告発された。告発されても彼の不遜な態度いささかも変わることなく、鋭い弁舌恐れをなし護民官裁判一時休止したが、リウィウスディオニュシオスアッピウス急死してしまったとしている。

※この「闘争」の解説は、「アッピウス・クラウディウス・クラッスス・インレギッレンシス・サビヌス」の解説の一部です。
「闘争」を含む「アッピウス・クラウディウス・クラッスス・インレギッレンシス・サビヌス」の記事については、「アッピウス・クラウディウス・クラッスス・インレギッレンシス・サビヌス」の概要を参照ください。


闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 05:43 UTC 版)

シャコ目」の記事における「闘争」解説

打撃型のシャコ類同種内で雌雄に関わらず巣穴略奪守護のために闘争を行うことが知られている。この闘争行動は「telson sparring」といい、侵入者捕脚打撃巣穴居候者を攻撃しては、体を丸めて耐衝撃性尾節前にして、盾のように居候者の打撃を受けて攻防戦繰り返す。闘争の前に居候者は往々にして捕脚広げて威嚇meral spread前述参照)をし、鞍に眼状紋をもつ場合はそれを前にして目立たせる居候者はこの威嚇自分の実力示し侵入者もまたそれを測ることができたと考えられる例えば Neogonodactylus oerstedii は、眼状紋が濃い個体ほど強い打撃繰り出し居候者が眼状紋人為的に白く塗りつぶされると、侵入者通常より警戒解けて攻撃的になることが知られているまた、無防備で打撃繰り出せない脱皮直後居候者は万が一侵入者遭うと、闘争できない代わりに虚勢としての威嚇をする。もし侵入者逆にこの虚勢攻撃的になった場合居候者は身を守るため巣穴放棄して逃げるが、小型の侵入者には効果的で、往々にして虚勢騙され撤退する。 この闘争は打撃型で多く見られる一方刺撃型には見当たらず、これはそれぞれの生息環境大きく関与すると考えられる刺撃型の巣穴堆積物(砂や泥など)という豊富な資源利用するに対して多くの打撃型が住み着く岩やサンゴ礁などの硬い素材は、巣穴になれる場所(隙間)が限られているその結果巣穴占領打撃型の間でより重要になり、刺撃以上に攻撃的に特化したと考えられる

※この「闘争」の解説は、「シャコ目」の解説の一部です。
「闘争」を含む「シャコ目」の記事については、「シャコ目」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「闘争」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

闘争

出典:『Wiktionary』 (2021/11/04 00:51 UTC 版)

発音

名詞

(とうそう)

  1. 闘い争うこと。

関連語

翻訳

動詞

活用

翻訳


「闘争」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



闘争と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「闘争」の関連用語

闘争のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



闘争のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紛争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアッピウス・クラウディウス・クラッスス・インレギッレンシス・サビヌス (改訂履歴)、シャコ目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの闘争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS