相手とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 相手 > 相手の意味・解説 

あい‐て〔あひ‐〕【相手】

一緒になって物事をする、一方の人。「孫の相手をする」「話し相手

その行為対象となるもの。「交渉の相手」「相手の出方を見る」「子供相手の商売

対抗して勝負を争う人。「相手にとって不足はない」「相手にならない」「手ごわい相手」


あい‐て あひ‥ 【相手】

〔名〕

物事一緒にする一方の人。また、働きかけ対象

米沢沙石集(1283)七「貧しき侍の宮仕しけるが、主の御相手(アヒテ)になりて侍ける」

俳諧去来抄(1702‐04故実「昔は恋一句出れば、相手の作者は恋をしかけられたりとあいさつせり」

対抗して勝負を争う人。競争者

古今著聞集(1254)一〇「競馬十番ありけるに、〈略〉久清合手をきらひて辞し申けれども」

俳諧曠野(1689)八「双六のあひてよびこむついり哉〈胡及〉」

③ ある物に取り合わせるもう一つの物。

古文真宝抄(1525)一「一抄云、章甫履。章甫は冠ぞ。冠をば履のあいてにしきたぞ」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「薄したぢで吸物じゃさかい、酒の下酒(アヒテ)になどせうものなら、いっかう能(ゑい)じゃ」

[補注]働きかける対象表わす語のすぐ下に付けて観光客相手の商売」「受験生相手の雑誌」などと用いまた、働きかける動作表わす語のすぐ下に付けて遊び相手」「相談相手」「競争対戦)相手」などとも用いる。

[語誌]中世以降用例しか見当たらない比較新しい語である。平安時代以前は、この意味を表わす場合、「かたき」という語を用いていたと考えられるその後、「かたき」が「戦争対象となるもの」や「憎しみ恨み対象となる人」のようなマイナスのニュアンス強く持つに至るに及び、その欠け隙間埋めるために「相手」が登場したもの思われる


相手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/03 01:01 UTC 版)

相手(あいて)は物事を行う際の対象及び一緒に行う人の事である。本項では法律用語相手方(あいてがた)も解説する。




「相手」の続きの解説一覧

相手

出典:『Wiktionary』 (2017/09/05 20:52 UTC 版)

和語の漢字表記

(あいて)

  1. あいて 参照



相手と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「相手」に関係したコラム

  • 株式取引とFXとの違い

    個人投資家が資金面や手続き面など比較的手軽に投資できるものとして株式取引とFXが挙げられます。ここでは、2012年6月現在の株式取引とFXとの違いについて紹介します。▼取引先取引先は、株式取引は証券会...

  • 株365のDAX証拠金取引の見方

    DAX証拠金取引は、DAX指数に連動して値動きする銘柄です。そのため、DAX指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでDAX証拠金取引の値動きを予測できます。DAX証拠金取引は、ドイツのフランクフルト証...

  • CFDの特徴と取引の仕組み

    CFDとは、CFD業者と顧客との間で証拠金をベースに執り行うデリバティブ(金融派生商品)のことです。CFDは、Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引といいます。C...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「相手」の関連用語

相手のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



相手のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの相手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS