中国語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 中国語の意味・解説 

ちゅうごく‐ご【中国語】

シナチベット諸語属す言語で、中華人民共和国公用語台湾および国外華僑の間でも話される。方言は、北方・呉・湘(しょう)・贛(こう)・客家(はっか)・閩(びん)・粤(えつ)の七つ大別される。普通話(プートンホワ)とよばれる共通語は、北方方言基礎とし、北京語発音標準音としている。形態的には孤立語特徴をもつ。


中国語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 07:29 UTC 版)

中国語(ちゅうごくご、: 汉语/漢語/中文ピンイン: Hànyǔ/Zhōngwén; : Chinese)は、シナ・チベット語族に属する言語中華人民共和国(中国)・中華民国(台湾)・シンガポール共和国公用語であるほか、世界各国に住む華僑華人の間でも使用されている。




  1. ^ 「The world’s languages, in 7 maps and charts」ワシントン・ポスト 2015年4月23日 2020年6月28日閲覧
  2. ^ 「加盟国と公用語」国際連合広報センター 2020年6月28日閲覧
  3. ^ 東外大言語モジュール|中国語”. www.coelang.tufs.ac.jp. 2020年9月7日閲覧。
  4. ^ 北京語は標準語ではありません|中国留学ゼミナール 大学選びの秘訣”. liuxue998.com. 2020年9月7日閲覧。
  5. ^ 吉川幸次郎『漢文の話』(筑摩書房、新版1971年(初版1962年))pp. 32–74, 177
  6. ^ 「中国語学概論 改訂版」p13-14 王占華・一木達彦・苞山武義編著 駿河台出版社 2004年4月10日初版発行
  7. ^ (橋本、1978)
  8. ^ 「中国語学概論 改訂版」p14 王占華・一木達彦・苞山武義編著 駿河台出版社 2004年4月10日初版発行
  9. ^ 「中国語学概論 改訂版」p14 王占華・一木達彦・苞山武義編著 駿河台出版社 2004年4月10日初版発行
  10. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探求の歩み」(あじあブックス)p31-34 大島正二 大修館書店 2011年7月20日
  11. ^ 「中国語学概論 改訂版」p14 王占華・一木達彦・苞山武義編著 駿河台出版社 2004年4月10日初版発行
  12. ^ CaoGuangshun.and Dandan Chen. 2009. Yuan baihua teshu yuyan xianxiang zai yanjiu [Reexamination of the special features in Yuan baihua]. Lishi Yuyanxue Yanjiu[Historical Linguistics Study] 2:108-123. Beijing: The Commercial Press
  13. ^ Ota, Tatsuo (太田辰夫).中国語史通考 白帝社, 1988
  14. ^ 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p21 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行
  15. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p133 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  16. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p122-123 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  17. ^ 「近代日中語彙交流史 新漢語の生成と受容 改訂新版」p77 沈国威 笠間書院 2008年8月20日
  18. ^ 「近代日中語彙交流史 新漢語の生成と受容 改訂新版」p4 沈国威 笠間書院 2008年8月20日
  19. ^ 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p41 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行
  20. ^ 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p22 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行
  21. ^ 「中国の地域社会と標準語 南中国を中心に」p22 陳於華 三元社 2005年2月23日初版第1刷
  22. ^ 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p42 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行
  23. ^ 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p120 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行
  24. ^ 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p45 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行
  25. ^ 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p123 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行
  26. ^ 「近くて遠い中国語」p58-60 阿辻哲次 中央公論新社 2007年1月25日発行
  27. ^ 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p127 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行
  28. ^ 標準中国語、普及率約8割に 極度貧困地域では約6割”. AFP. 2021年5月10日閲覧。
  29. ^ 「中国、29種類の文字 普通話の普及率が73%に」2017年09月15日 人民網日本語版 2018年7月17日閲覧
  30. ^ 「近くて遠い中国語」p60 阿辻哲次 中央公論新社 2007年1月25日発行
  31. ^ Chinese Academy of Social Sciences (2012), p. 3.
  32. ^ 中国の字幕事情 | 中国語初心者のための中国留学ガイド” (日本語). chinaryugaku.com (2020年7月11日). 2020年9月7日閲覧。
  33. ^ 中国では中国語のテレビ番組でも北京語の字幕が出る。方言違いすぎ!”. zatsugaku-company.com. 2020年9月7日閲覧。
  34. ^ 「中国の地域社会と標準語 南中国を中心に」p19 陳於華 三元社 2005年2月23日初版第1刷
  35. ^ 日本語における本土方言(内地語)と、琉球方言琉球語)の関係に似ている。
  36. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p8 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  37. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p8 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  38. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p15-18 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  39. ^ 「近くて遠い中国語」p127 阿辻哲次 中央公論新社 2007年1月25日発行
  40. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p17 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  41. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p36 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  42. ^ 「近くて遠い中国語」p166-168 阿辻哲次 中央公論新社 2007年1月25日発行
  43. ^ 「近くて遠い中国語」p168-170 阿辻哲次 中央公論新社 2007年1月25日発行
  44. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p9 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  45. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p7-8 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  46. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p6 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷
  47. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探究の歩み」(あじあブックス) p10-11 大島正二 大修館書店 2011年7月20日初版第1刷



中国語

出典:『Wiktionary』 (2020/03/08 01:22 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 zh
ISO639-2 chi (B)
zho (T)
ISO639-3 zho (マクロランゲージ
cmn (北京官話
SIL {{{4}}}

名詞

中国 ちゅうごくご

  1. シナ・チベット語族属す言語で、現在、中華人民共和国中華民国台湾)のほかに、世界各国華僑中国移民の間で話されている。大きく7つの方言七大方言)に分かれ音声言語のみによる意思疎通難しいが、漢字を介したコミュニケーションが容易である。ただし正字法地域によって異なる。

語源

関連語

翻訳


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中国語」の関連用語

中国語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中国語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中国語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの中国語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS