魯迅とは?

ろじん【魯迅】

[一][1881〜1936]中国文学者思想家浙江(せっこう)省紹興の人。姓は周、名は人。字(あざな)は予才(よさい)。周作人の兄。日本に留学、帰国後、革命運動参加したが、のち学問没頭1918年、魯迅の筆名で「狂人日記」を発表以後、「阿Q正伝」など多数小説雑感発表1930年中国左翼作家連盟加盟翻訳文学史研究などにも大きな功績残した。散文詩集「野草」、短編小説集故事新編」など。ルー=シュン

[二]竹内好評論[一]の死の直後から書き始められ、昭和18年1943脱稿武田泰淳校正を行って昭和19年1944)に刊行された。その後の魯迅研究大きな影響与え著者代表作

魯迅の画像

ルー‐シュン【魯迅】

⇒ろじん(魯迅)


ろじん【魯迅】


魯迅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 03:08 UTC 版)

魯 迅(ろ じん、ルー・シュン、繁体字: 魯迅; 簡体字: 鲁迅; 拼音: Lǔ Xùn; ウェード式: Lu Hsün 1881年9月25日 - 1936年10月19日)は、中国小説家翻訳家思想家である。本名は 樹人繁体字: 周樹人; 簡体字: 周树人; 拼音: Zhōu Shùrén; ウェード式: Chou Shu-jen)。最初の名は樟寿。は豫才。


  1. ^ 藤井(2011年)25ページ
  2. ^ 藤井(2011年)27ページ
  3. ^ a b c d e 夏(2011年)11ページ
  4. ^ a b 藤井(2011年)まえがき1ページ
  5. ^ a b 井波(2005年)192ページ
  6. ^ a b c d 夏(2011年)13ページ
  7. ^ a b c 藤井(2011年)55ページ
  8. ^ a b c d 夏(2011年)14ページ
  9. ^ 「名言巡礼 国籍超えた「惜別」の証し」読売新聞2016年3月20日日曜版
  10. ^ a b c d e f g h i j k l 夏(2011年)15ページ
  11. ^ 莫邦富『中国人は落日の日本をどう見ているか』(1998年 草思社
  12. ^ 白木蓮” (日本語). 圓覚寺山内佛日庵. 2021年1月13日閲覧。
  13. ^ a b 井ノ口(2012年)173ページ
  14. ^ 藤井(2011年)80ページ
  15. ^ a b 夏(2011年)17ページ
  16. ^ a b c 伊藤(2005年)97ページ
  17. ^ a b c d 井波(2005年)193ページ
  18. ^ a b c d 藤井(2011年)99ページ
  19. ^ a b c 藤井(2011年)112ページ
  20. ^ 夏(2011年)40ページ
  21. ^ 藤井(2011年)113ページ
  22. ^ a b 藤井(2011年)114ページ
  23. ^ a b c d e f g 藤井(2011年)119ページ
  24. ^ a b c d e 藤井(2011年)122ページ
  25. ^ a b c 藤井(2011年)208ページ
  26. ^ a b c d 藤井(2011年)209ページ
  27. ^ a b c d 井波(2005年)194ページ
  28. ^ 大島(2011年)14ページ
  29. ^ 大島(2011年)16ページ
  30. ^ 藤井(2011年)210ページ
  31. ^ 藤井(2011年)104ページ
  32. ^ 魯迅特集(東北大学・まなびの杜)
  33. ^ a b 魯迅の下宿跡地、仙台市が記念広場化 21年3月完成予定 - 河北新報
  34. ^ 日中今昔ものがたり「人的財産」賞に(asahi.com)
  35. ^ 東北大学魯迅記念奨励賞(東北大学)





魯迅と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「魯迅」の関連用語

魯迅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



魯迅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魯迅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS