以後とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > > 以後の意味・解説 

い‐ご【以後/×已後】

これから先。今からのち。今後副詞的にも用いる。「—は班別行動する」「—気をつけます」

その時よりのち。その後。「三時—は在宅しています」⇔以前

[用法] 以後・以降——「五時以後(以降)、この門は閉まる」「以後(以降)、体力衰えた」「来月以後(以降)の予定」など、その時を含んで過去・未来を表すことでは相通じて用いられる。◇「以降」は「明治維新以降日本近代化は急速に進んだ」など、ある時点からの時の経過重点を置くことが多い。◇類似の語として「一九五六以来彼女はパリにいる」のように、ある時点から現在までずっとの意味を表す「以来」や、「一〇年このかた彼には会っていない」のように、ある時から今までの意味をもつ「このかた」がある。


い‐ご【以後・已後】

〔名〕 (多く時、年齢事件などを表わす語に付いて) その時点を含みそれよりのちの意を表わすまた、その時点を含まないでいう場合もある。以降

(イ) 過去未来のある時点、またある年齢起点にしていう。…よりのち。⇔以前

今昔1120頃か)六「此の洲の人の習として、七歳以後は皆、念仏修す

平家13C前)三「保元以後は、乱逆打つづいて」〔南史劉杳伝〕

(ロ) 現在を起点にしていう。今よりのち。これからさき。現在を表わす語「自今」「今より」などが上に付く場合と、単独場合とがある。

今昔1120頃か)二四「今より以後、文時が申さむ事、我に不可奏(そうすべからず)」

浄瑠璃神霊矢口渡(1770)三「鎌倉への往来には、丁どよい中休。以後は一寸一寸(ちょっちょっ)と御尋申さふ」

[語誌](1)(イ)と同様に、「以降」「以来」も、年月日時、年齢事件等を受けて、ある事柄の起こる期間の始点を示すが、「以来」の基準過去時点に限られ、「以降」は主として継続的事柄に関して用いられる。いずれも時点として示される日時年齢等は、問題の期間に含めるのが通例である(「一二日以後」は一二日を含む)。なお、「後(ご)」は、事件基準にし(「震災後」「退院後」など)、また期間を示し事柄の起こる時点指定する(「開通二年後」など)。
(2)→「いぜん(以前)」の補注


以後

名字 読み方
以後いご
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

以後

読み方
以後いこさき
以後いご
以後いごさき
以後いござき

以前

(以後 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/05 00:38 UTC 版)

以前(いぜん)とはある事柄よりのこと、以後(いご)とはある事柄よりのことである。ここでは、法律用語における以前以後を解説する。




「以前」の続きの解説一覧

以後

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 04:17 UTC 版)

名詞

(いご)

  1. その時をいれて、その時から後。その後

発音

い↘ご

関連語

翻訳




以後と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「以後」の関連用語

以後のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



以後のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの以前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの以後 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS