左右とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 左右 > 左右の意味・解説 

さ‐ゆう〔‐イウ〕【左右】

[名](スル)

ひだりとみぎ。「左右を確認する」「左右の手

かたわら。そば。まわり。「左右に従える

そば近く仕える者。側近。「左右に問う」

年齢などが、それに近いこと。前後。「六〇左右の人」

立場態度をあいまいにすること。「言を左右にする

左か右かを決定すること。どちらか決めること。

思うまま支配すること。決定的影響与えること。「一生を左右するような出来事」「作物生育天候に左右されやすい」

能や狂言の舞の型の一。左手をやや高く出し、左斜め前左足出し右足引きつけ右手をやや高く出し、右斜め前右足出し左足引きつける


ひだり‐みぎ【左右】

左と右。左方右方。さゆう。

左と右を取り違えること。みぎひだり。「サンダル左右に履く」

あれこれとすること。あれやこれやとやかく多く「に」を伴って副詞的に用いる。

「—に苦しう思へど」〈源・空


もと‐こ【左右】

《「許(もと)処(こ)」の意》かたわら。そば近く

天皇愛(めぐ)みて、—に引(め)し置きたまふ」〈垂仁紀〉


そ‐う〔サ‐〕【左右】

左と右。また、かたわら。さゆう。「左右の手

「識(さと)り難くして、—を顧みる」〈今昔・九・二七

左か右に落ち着くこと。決着また、その成り行き。「吉(きっ)左右」

「軍(いくさ)の—を待つとみるはひがごとか」〈平治・中〉

年齢などの数を表す語に付いて、その前後の数であることを示す語。

三十—、細作り美人」〈蘆花黒潮

とやかく言うこと。非難すること。

「頼長と申すは…人柄も—に及ばぬうへ」〈古活字本保元・上〉

指図命令

御所申し入れて、その御—に依るべしとて」〈盛衰記・三九〉

あれこれ知らせ便り手紙

「御—遅しとぞ責めたりける」〈太平記二一


さ‐う【左右】

⇒そう(左右)


と‐こう

[副](スル)《「とかく」の音変化あれこれ何やかや。「とこうするうちに日が暮れた」

「—の注意がましき事をいうなどは」〈子規墨汁一滴

[補説] 「兎角」「左右」とも当てて書く。


と‐かく

【一】[副](スル)

さまざまな物事漠然とさす。何や彼(か)や。いろいろ。「とかくするうちに一年が過ぎた」

ある状態になりやすいさま。または、ある傾向が強いさま。ともすればややもすると。「年をとるととかく忘れっぽくなって困る」

「涙は—に止まなかった」〈小杉天外はやり唄

何はさておき何にせよ。「とかくこの世は住みにくい」

(「とかくの」の形で)あれこれよくないさま。「彼にはとかくの噂(うわさ)がつきまとう

【二】[名]種々さまざまな事柄

先師暫く吟じて、—をのたまはず」〈去来抄先師評〉

[補説] 「兎角」「左右」とも当てて書く。


さ‐う【左右】

〔名〕 ⇒そう(左右)


さ‐ゆう ‥イウ 【左右】

〔名〕

① ひだりとみぎ。左側右側また、左翼右翼

懐風藻751秋日於長王宅宴新羅客「琴書左右、言笑縦横

平家13C前)四「たとへば鳥の左右(サユウ)〈高良ルビ〉の翅の如し」〔詩経周南関雎

② (━する) 左や右にうごくこと。

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「手にて機を動せば左右する仕掛をなし」

③ (━する) そば。かたわらにあること。また、そば近く仕え補佐すること。または、その人側近

聖徳太子伝暦(917頃か)上「伏請。能守左右姦人

*金刀比羅本保元(1220頃か)上「十二人のものども則左右(サユウ)のぢんをわたして叡感あって」〔書経‐説命上〕

④ (数を表わす漢語のあとに付いて) その数に近いこと。特に年齢などがその前後であることを表わす前後

随筆文会雑記(1782)三「其年紀推すに、南郭三十歳の左右なり、と君修語れり」〔春秋左伝注‐僖公五年〕

(5) (━する) 態度をあいまいにすること。その場その場でことばを変えること。言いのがれすること。

真理の春(1930)〈細田民樹〉頭の上の街「なぜか言葉を左右(サユウ)にして、一度容作に会ってさへくれなかった」

(6) (━する) どちらか決断すること。また、その決定どういうものかがはっきりすることをもいう。

歌舞伎御国入曾我中村(1825)二幕「併しわしも商売づく、早く御左右(サイウ)をなされませ」

(7) (━する) 自分の自由にすること。支配すること。

内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「政党領袖となりて、議論を左右(サイウ)すべき人柄とぞ思はる」〔春秋左伝僖公二六年〕

(8) 能や狂言の舞の型の一つ左方左手をやや高く出すにつれ、右手を低くそえて数歩出る。次に右方にむきを変えて右手をやや高く出しながら、左手を低くそえて、数歩出所作。〔八帖花伝書(1573‐92)〕


そ‐う サ‥ 【左右】

〔名〕 (「う」は「右」の呉音

① 左と右。さゆう。

続日本紀霊亀元年715正月甲申朱雀門左右、陣列皷吹騎兵

(10C終)二九六「左右の大将中・少将などの御格子のもとにさぶらひ給ふいといとほし」

源氏100114頃)若菜上「山の左右より、月日の光さやかにさし出でて、世をてらす」

曾我物語南北朝頃)二「伊東北条とてさうの翼にて、いづれ勝劣有るべきに」

② そば。かたわらまた、そば近く仕える者。さゆう。

百座法談(1110)三月七日その後廿五年の間(あひだ)、かた時仏の左右にしたがひたてまつらずして」

③ あれかこれかのなりゆきことの様子。有様

*金刀比羅本平治(1220頃か)中「平家勝たば、主上わたらせ給へば、六波羅へ参らんと思ひ、軍の左右(サウ)を待つと見るはひがことか」

あれこれ言うこと。とやかく言うこと。また、非難してあれこれ言うこと。

小右記寛弘九年(1012)九月二日御斎会所事又誰人奉仕哉、大甞会行事左右

平治(1220頃か)上「一門の中の大将、すでに従ひ奉る上は、左右にあたはず」

曾我物語南北朝頃)二「さうにをよばずとて、忽に上件曜宿繰り

(5) とかくの指図指令命令

源平盛衰記14C前)三九「御所申し入れて、其の御左右(サウ)に依る可しとて奏聞あり」

仮名草子・ねごと(1662)下「日も暮れはんべらば、はやはや御さう申すべし」

(6) 善悪良否、是非などの裁定。あれかこれかの決定

東寺百合文書‐ほ・保安三年(1122)三月一一日、伊勢大国専当藤原時光菅原武道等解案「度々雖訴於司庁、不定左右

平家13C前)一〇「この御請文のおもむきは、兼てより思ひ設けられたりしかども、いまだ左右(サウ)〈高良ルビ〉を申されざりつる程は」

近世紀聞187581)〈染崎延房一一断然これを行ふに堪ずと左右(サウ)して其地を辞し去り」

(7) たより。しらせ。情報音信消息安否また、合図

太平記14C後)八「敵を全員落さん事日を過さじと心安く思ける。其の左右を今や今やと待ける所に

人情本清談若緑(19C中)初「久しく叔母の左右(サウ)をもきかず」

(8) 数を表わす語に付いて、その前後の数であることを示す。多く年齢などに用いる。

評判記たきつけ(1677)「そのかたなどのやうに、さう六十のよはひになりては」

黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「主と見ふるは、三十左右(サウ)、細作り美人

[語誌](1)観智院本名義抄」には「左右」に「トニカクニ」の訓があり、「万葉集」や「色葉字類抄」からは、古くは「左右」の二字で「かにもかくにも」「とさまかうさま」とも読まれたことがうかがわれる。やがてサウ音読され、形容詞左右無し」などが生じる。
(2)漢音読みサユウ中世以来並用され、現在では普通サユウが使われる。


ひだり‐みぎ【左右】

〔名〕

① 左と右。左側右側。さゆう。そう。

書紀720朱鳥元年九月北野本訓)「次に浄広肆河内王、左右大舎人(ヒタリミキのおほとねり)の事(こと)を誄る」

源氏100114頃)蓬生ひだりみぎの戸も皆よろぼひ倒れにければ」

② 左にしたり右にしたりすること。あれこれとすること。多く「に」を伴って副詞的に用いる。かれこれと。あれやこれやとやかくとやこう

源氏100114頃)空蝉ひだりみぎに苦しう思へど」

舞楽で、左舞(さまい)と右舞(うまい)。左方の楽右方の楽

源氏100114頃)紅葉賀ひだりみぎの楽のことおこなふ

④ 左と右と位置転倒していること。みぎひだり


ひだり‐みぎり【左右】

〔名〕 =ひだりみぎ(左右)

寛文発心集(1216頃か)六「これらをひたりみきりにすへ」


もと‐こ【左右・床側】

〔名〕 (「許(もと)処(こ)」の意) もと。かたわら。そばちかく。

書紀720皇極二年九月図書寮本訓)「天皇皇祖母命の臥病(みやまひ)したまひしより、発喪(みはふり)に及至(いた)るまでに、床側(モトコ)を避(さ)りたまはず」


と‐かく【兎角・左右】

1 〔副〕 (副詞「と」と副詞「かく」を合わせたもの。「兎角」「左右」は、ともに当て字

雑多事態包含的に指示する。あれこれあれやこれや何やかや。さまざま。いろいろ。とかくに

*竹取(9C末‐10C初)「蓬莱玉の枝を、ひとつの所あやまたずもておはしませり。何をもちてとかく申すべき」

平家13C前)一〇「あまりのおぼつかなさに、とかくして八嶋へ人をたてまつり給ひたりければ」

② ある事態詮索拘泥打ち切って、判断意志決めようとする気持表わすいずれにせよ何はともあれともかくもとにかくにとかくに

謡曲丹後物狂(1430頃)「さてもさても命は惜しものかな、とかく投げられぬ」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「兎角(トカク)食物納り兼まして、食べると尾籠ながら吐まする」

③ ある一つの状態が、特定の条件要するまでもなく、成り立ちやすいという気持表わす何かにつけて。得てしてどうかするとともすればとかくに

*虎明本狂言賽の目室町末‐近世初)「とかくわれらがやうなるものは、算用がたっせねばまかりならぬ

人情本花街寿々女(1826)上「兔角(トカク)浮世儘ならぬ

④ (「とかくの」の形で) あれこれよくないさま。「とかくの評判

2 〔名〕 雑多事態そのものをさす。種々様々の事。種々様々言葉また、そこに含まれる一つ具体的な事柄暗示することもある。

源氏100114頃)藤袴「『いかで人わらへなるさまにみききなさむ』とうけび給ふ人々もおほく、とかくにつけてやすからぬことのみありぬべきを」

俳諧去来抄(1702‐04先師評「先師暫く吟じて、兎角をのたまはず」


もとこ‐びと【左右人・左右】

〔名〕 もとこに侍る人。側近者。侍者おもとびと

書紀720景行七年三月熱田本訓)「時に東のかたを望(みそなは)して、左右(モトコヒト)に謂て曰はく


左右

読み方:ヒダリミギ(hidarimigi)

みぎとひだり


左右

読み方:トカク(tokaku)

雑多事態の起こるさま


左右


左右

読み方:ソウsou

所在 福井県丹生郡越前町


左右

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

左右

読み方
左右あてら
左右さゆうざき
左右そうざき

左右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 09:41 UTC 版)

左右(さゆう、ひだりみぎ)とは、六方位の名称の一つで、を指す方位の総称。絶対的な方向ではなく、おのおのの観測者にとって、(同時に下)と(同時に後)の方向が定まった時に初めて、その観測者にとっての左と右の方向が決まる。前後、上下とは直角に交差し、左と右は互いに正反対である。


  1. ^ 阪本則秋、山本正和、藤井加奈子 (2006年). “冷蔵庫のコンセプトとキー技術 (PDF)” (日本語). 東芝レビュー. 東芝. p. 12. 2018年2月27日閲覧。
  2. ^ a b 諏訪春雄篠田知和基(編)、2009、「日本人の空間認識:南北線と東西線」、『天空の世界神話』、八坂書房 ISBN 9784896949414 pp.54-62.
  3. ^ 日中飛鴻「左遷」(1999年12月1日)
  4. ^ イエメン共和国|東京都立図書館” (日本語). 東京都立図書館. 2021年3月3日閲覧。
  5. ^ 俗語辞典”. 日本放送協会 (2015年7月6日). 2018年1月27日閲覧。
  6. ^ 右側通行?左側通行?(1)-「車は左、人は右」と言われている歩行者の通行ルールは本当はどうなっているのか-”. ニッセイ基礎研究所 (2016年11月14日). 2018年1月30日閲覧。
  7. ^ 広報はにゅう 2016年5月1日号 (PDF)”. 羽生市. 2018年1月19日閲覧。(8頁参照)
  8. ^ a b “エスカレーター、関西なぜ「右立ち」(謎解きクルーズ)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2014年12月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASIH02H08_T01C14A2AA1P00/ 2018年2月1日閲覧。 
  9. ^ 『謎山トキオの謎解き分析-右と左の50の謎』丸山健夫 日科技連出版社 2010年 ISBN 978-4-8171-9368-1
  10. ^ 双方の地域での車両登録が必要などの条件を満たす必要がある
  11. ^ スターボードサイド、ポートサイドって? 日本船舶海洋工学会、2008年(2015年7月18日閲覧)。
  12. ^ 航空豆知識 第58回 飛行機はなぜ左側から乗るの? 日本航空、2015年7月18日閲覧。
  13. ^ “右側通行?左側通行?(3)-鉄道・船舶・航空機の通行ルールはどうなっているのか:研究員の眼”. ハフポスト. (2016年12月5日). http://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/traffic-right-or-left_b_13420312.html 2018年2月1日閲覧。 
  14. ^ “いまだけ電車が右側通行の区間がある”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年2月4日). https://news.mynavi.jp/article/trivia-136/ 2018年2月1日閲覧。 
  15. ^ 片運転台の場合はわかりやすいが、それ以外の車両についても、車両構造によりどちらが前方かは定義されている。
  16. ^ いまさら聞けない「鉄道ニッチ用語」(その2) 撮影用語編 マイナビニュース(杉山淳一)、2011年8月28日(2021年1月10日閲覧)。
  17. ^ 阪急公式アカウントのツイート(2015年5月27日)2021年1月10日閲覧。



左右

出典:『Wiktionary』 (2019/07/08 21:14 UTC 版)

名詞

(さゆう, さう, そう, ひだりみぎ, とかく, もとこ)

  1. (さゆう, さう, そう, ひだりみぎ) ひだりみぎ
  2. (さゆう, さう, そう, ひだりみぎ) 両側
  3. (さゆう, さう, そう, もとこ) そば
  4. (さゆう) 曖昧なこと。
  5. (さう, そう) 知らせ
  6. (ひだりみぎ) 通常では右側にあるものが左側にあること。
  7. (さう, そう, ひだりみぎ, とかく) 彼や此れや

発音

さ↘ゆー

翻訳

左と右
曖昧

同意語

複合語・派生語

慣用句・連語

動詞

する(さゆうする

  1. (他動詞) 影響する。伴っ変動する。

活用

左右-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
左右

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 左右しない 未然形 + ない
否定 左右せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
左右される 未然形 + れる
丁寧 左右します 連用形 + ます
過去・完了・状態 左右した 連用形 + た
言い切り 左右する 終止形のみ
名詞化 左右すること 連体形 + こと
仮定条件 左右すれば 仮定形 + ば
命令 左右せよ
左右しろ
命令形のみ



左右と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「左右」に関係したコラム

  • 株式の小型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「左右」の関連用語

1
100% |||||

2
94% |||||


4
78% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



左右のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの左右 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの左右 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS