日本航空とは? わかりやすく解説

【日本航空】(にほんこうくう)

Japan Air Lines (JAL(ジャル)).
日本の航空会社のひとつ本社東京都品川区所在
日本国フラッグキャリアみなされていた企業であり、現在でも国内外大規模な路線ネットワーク擁する

業務中核旅客機による定期路線近年事業整理貨物機関連事業から撤退している。

現在の使用機体

現状フリート営業運航用いられる機材全てボーイング社製である。
合併した企業からマクダネル・ダグラスエアバス機体継承したが、それらは現在までに全て退役している。

沿革

1951年8月1日
会社民間事業第一期設立
1951年8月27日
DC-3金星号」で運航報道関係者対象の披露招待飛行開始
1951年10月25日
マーチン2-0-2定期運航開始
当初路線羽田伊丹板付現在の福岡空港)間。
1952年10月
ノースウェスト航空との運航委託契約満了により、DC-4B「高千穂号」による自主運航開始
1953年8月1日
日本航空株式会社法(日航法)が公布施行
1953年10月1日
日航法により、半官半民の特殊法人としての日本航空株式会社」が創設され旧法人権利・義務一切を承継
1953年11月
国際線運航開始。(羽田ホノルルサンフランシスコ間)
1954年8月
初の皇族向け特別機運航
これ以後日本国政府要請による要人輸送受け持つようになる
1960年8月
初のジェット機ダグラスDC-8太平洋路線に就航。
1961年6月
北回りヨーロッパ自主運航開始
1961年9月
国内線初のジェット機導入コンベア880羽田千歳間)
1965年1月
海外パックツアージャルパック販売開始
1967年
アジア初の世界一路線運航開始
1970年7月
B747就航
1985年8月12日
日本航空123便墜落事故発生520名が死亡する世界航空史最悪の単独機事となった
1987年11月18日
日航廃止により、完全民営化。(民間事業第二期
2002年10月2日
株式会社日本エアシステム経営統合し、
同社との株式移転により設立され持株会社株式会社日本航空システム」の傘下に入る。
2004年4月1日
旧日航空を「株式会社日本航空インターナショナルJapan Airlines International Co., Ltd.)」、
日本エアシステムを「株式会社日本航空ジャパンJapan Airlines Domestic Co.,Ltd.)」
それぞれ商号変更
また、日本航空システムとの株式交換により日本アジア航空完全子会社化
2004年6月26日
日本航空システムを「株式会社日本航空」に商号変更
2006年10月1日
日本航空ジャパン日本航空インターナショナル吸収合併
これにより東亜国内航空ルーツとする旧日エアシステム法人格消滅
2007年4月1日
グループ各社と共に国際的航空連合ワンワールド」に正式加盟
2008年4月1日
日本アジア航空吸収合併する。
2009年7月
クラシックジャンボの最後の1機が退役
これにより日本の民間航空業界から「航空機関士」という職種消滅
2010年1月19日
日本航空(持株会社)日本航空インターナショナル及び金融子会社ジャルキャピタル」の3社が
東京地方裁判所会社更生法適用申請即日受理され事実上の経営破綻陥る
以後企業再生支援機構」からの支援により再建開始
2010年12月1日
日本航空インターナショナル存続会社とし、持株会社の「株式会社日本航空」とジャルキャピタル吸収・合併
同時に資本金全額減資し、これに代わって企業再生支援機構からの出資を受け、同機構の傘下に入る。
2011年3月1日
B747-400全機退役これによりフリートからB747ファミリー及び四発機姿を消す
2011年3月28日
更生計画終了民間企業復帰
2011年4月1日
商号を「日本航空株式会社」に再度復帰
2011年9月5日
ジェットスター・ジャパン」社を設立しLCC格安航空会社事業参入
2012年9月19日
株式再上場し、企業再生支援機構保有する株式全て放出

参考リンク

日本航空株式会社http://www.jal.co.jp/
JAL's Historyhttp://www.jal.co.jp/history/openning.html
日本トランスオーシャン航空株式会社http://www.jal.co.jp/jta/


日本航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 07:04 UTC 版)

日本航空株式会社(にほんこうくう、: Japan Airlines Co., Ltd.[7]略称: JAL)は、東京都品川区に本社を置く日本航空会社。日本で最も長い航空会社としての歴史を持つ。2020年度、2021年度は国内線、国際線ともに旅客数第1位の実績を上げている[8]


注釈

  1. ^ なお、旧JALが乗り入れていなかった空港には、トーイングカーなどの地上機材が対応していないためボーイング747と777は乗り入れできない。2003年4月に旧JALの乗り入れが中止された空港も、両機種用の地上機材が撤収されたため同様である。
  2. ^ ジェイエアエンブラエル170並びに日本エアコミューター北海道エアシステム琉球エアーコミューターの各機材が充当される便はモノクラスで運航している。
  3. ^ ジェイエアや日本エアコミューター、北海道エアシステム、琉球エアーコミューター、日本トランスオーシャン航空運航便の一部、飛行時間が30分程度の短距離路線では提供されない。
  4. ^ ヘリポートのあるアークヒルズから23区内への移動はハイヤーとなる。
  5. ^ 2006年にフジテレビでリメイクするのに伴い、TBSが制作した1970年版がフジテレビ721(現・フジテレビTWO)で2006年版本放送開始直前に再放送された。
  6. ^ 放送開始から1975年3月30日放送分まではNET(現・テレビ朝日)系列で放送されていたが、毎日放送 - 朝日放送(現:朝日放送テレビ)間のネットチェンジに伴い、1975年4月6日放送分から最終回まではTBS系列で放送された。

出典

  1. ^ コーポレート・ガバナンス - 日本航空株式会社
  2. ^ 日本航空株式会社 (2022-06-22). 第73期(2021年4月1日 - 2022年3月31日)有価証券報告書 役員の状況 (Report). 
  3. ^ a b c d e f g h i j k 日本航空株式会社 (2022-06-22). 第73期(2021年4月1日 - 2022年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  4. ^ a b c d 日本航空は、oneworldアライアンス参画へ向けた覚書を締結しました。 - 日本航空インターナショナル プレスリリース 2006年02月08日
  5. ^ JALマイレージバンク - ラウンジご利用方法
  6. ^ 日本航空「路線・航空機数」
  7. ^ 日本航空株式会社 定款 第1章第1条
  8. ^ 航空:令和元年度 - 国土交通省”. www.mlit.go.jp. 2021年3月20日閲覧。
  9. ^ JAL明日の空へ、日本の翼
  10. ^ 山田智彦『日本航空の選択』21頁
  11. ^ 秋葉良宣『なぜ日航だけが』163頁
  12. ^ 石飛仁、竹田遼『迷走』238頁
  13. ^ 片山修『日航の運命』261頁
  14. ^ 佐藤朝泰『第4の成長産業・航空三社』60頁
  15. ^ 中田重光『日本航空のグループ戦略』24頁
  16. ^ 小島郁夫『3年後の航空業界』45頁
  17. ^ 渡辺国温『日本航空の挑戦』56頁
  18. ^ 杉浦一機『JAL VS ANA』252頁
  19. ^ “航空大手2社:ANA・日航とも増収 国際線ビジネス利用伸長”. 毎日新聞. (2018年4月28日). https://mainichi.jp/articles/20180428/ddm/008/020/077000c 
  20. ^ 第7回 航空機ファイナンス - 一橋大学三井住友銀行寄附講義
  21. ^ 「JAL+oneworld > 運賃のご案内」 日本航空
  22. ^ 国税庁「更生計画に基づく合併及び合併対価株式の無償消却により消滅する更生会社の株式についての特定管理株式等が価値を失った場合の損失の金額の特例の適用について」
  23. ^ 経営体制について”. 日本航空 (2010年1月19日). 2010年1月20日閲覧。
  24. ^ 環境省 エコ・ファースト制度”. エコ・ファースト推進協議会 (2010年5月17日). 2013年8月14日閲覧。
  25. ^ 日航、主要3社統合へ 2兆円負債を一本化、債権カット交渉円滑に”. MSN産経ニュース (2010年6月25日). 2010年6月25日閲覧。
  26. ^ 更生計画案の提出等について”. 日本航空 (2010年8月31日). 2010年11月5日閲覧。
  27. ^ 2022年ワールドカップ日本招致 日本航空がオフィシャル招致パートナーに”. 2022年FIFAワールドカップ™日本招致委員会 (2010年9月16日). 2010年9月28日閲覧。
  28. ^ 有価証券届出書 日本航空株式会社、2012年8月3日
  29. ^ 日航未公開株250万株取得 稲盛名誉会長が創業の京セラ 上場で 約45億円の“利益”も しんぶん赤旗、2012年8月15日
  30. ^ 日本航空への企業再生への対応について (PDF)
  31. ^ YOL 日航、時価総額6945億円
  32. ^ JAL、JALエクスプレスを吸収合併 10月1日付けで Traicy 2014年3月26日付
  33. ^ JAL、10月1日付でジャルエクスプレスを吸収合併 JEXは解散 FlyTeam 2014年3月26日付
  34. ^ 日米路線に係る羽田空港国際線発着枠の配分 国土交通省、2016年4月26日
  35. ^ JALの羽田―NY線、39年ぶりに復活 Yomiuri Online 2017年4月1日
  36. ^ JALグループ、2017年度 路線便数計画を決定 JAL プレスリリース 2017年1月19日
  37. ^ JAL国内線 「ずっとWi-Fi無料宣言!」 JAL プレスリリース 2017年6月20日
  38. ^ Tadayuki YOSHIKAWA (2017年11月16日). “JAL、新旅客システム稼働 トラブルなくスタート”. Aviation Wire. 2017年11月25日閲覧。
  39. ^ 「株式会社ティー・ビー・エル」設立のお知らせ - 日本航空 2018年7月31日
  40. ^ Tadayuki YOSHIKAWA. “JAL、A350就航 植木会長「静かな機内、こだわりのシート」”. Aviation Wire. 2022年11月23日閲覧。
  41. ^ Tadayuki YOSHIKAWA. “JAL、787国内線仕様機が就航 羽田-伊丹線、12月から福岡も”. Aviation Wire. 2022年11月23日閲覧。
  42. ^ Tadayuki YOSHIKAWA. “JAL、7年ぶり新制服着用開始 CAは11代目、地上係員7代目”. Aviation Wire. 2022年11月23日閲覧。
  43. ^ [1] 週刊金曜日ニュース、2013年12月24日
  44. ^ 好評と納得の「鶴丸」復活
  45. ^ a b JALグループの新しいロゴマークの採用について 日本航空、2011年1月19日
  46. ^ JALの「鶴丸」どう誕生? 実は「鶴」「丸」でもない案も 生みの親に聞く秘話が凄すぎた!”. 乗りものニュース. 2022年2月17日閲覧。
  47. ^ ブラン ドマークの60年 (PDF)”. 日本航空. 2022年2月17日閲覧。
  48. ^ 新・鶴丸 第1号機によるお披露目飛行
  49. ^ 丹羽基二著、青春出版社青春文庫『家紋起源〈ルーツ〉事典』1999年11月20日。
  50. ^ 機内誌の新名称を"SKYWARD"に決定! - JAL
  51. ^ 日本航空「航空機による大気観測プロジェクト CONTRAIL」 - JAL
  52. ^ 日本航空「オリンピック日本代表「がんばれ!ニッポン!」特別塗装機が国内線に就航」 - JAL
  53. ^ 日本航空「空を飛ぶ夢の乗り物 特別デカール機」 - JAL
  54. ^ “乳がん知識啓発キャンペーン「ピンクリボン」特別塗装機の就航について” (プレスリリース), 日本航空・ELGC, (2014年10月10日), https://press.jal.co.jp/ja/release/201410/003108.html 2015年2月20日閲覧。 
  55. ^ “JALグループ×JR東日本グループ 〜JALカードSuicaありがとう10周年〜” (プレスリリース), 日本航空・JALカード・東日本旅客鉄道・ビューカード, (2015年1月15日), https://press.jal.co.jp/ja/release/201501/003197.html 2015年2月20日閲覧。 
  56. ^ 枻出版 2006, p. 16.
  57. ^ 日本航空「サッカー日本代表をサポートするJAL」 - JAL
  58. ^ 成田空港開港30周年記念イベント - 成田空港
  59. ^ 日本航空「映画ドラえもん30周年を記念」 - JAL
  60. ^ 『ボーイング747ジャンボ』 p.65
  61. ^ JAL、エアバス社A350型機の導入を決定
  62. ^ JAL、大型機はA350のみ 植木社長「効率落ちる」”. Aviation Wire (2017年7月12日). 2021年7月10日閲覧。
  63. ^ JAL植木社長「総額見て手が震えた」次世代旗艦機A350-1000、日本初飛来”. Aviation Wire (2018年2月15日). 2021年7月10日閲覧。
  64. ^ “JALとBOOM TECHNOLOGY.INC,資本業務提携で合意” (プレスリリース), 日本航空, (2017年12月5日), https://press.jal.co.jp/ja/release/201712/004521.html 2017年12月7日閲覧。 
  65. ^ JAL公式facebookページ
  66. ^ 日本の空にブラジル製リージョナルジェット
  67. ^ a b 国内線仕様のボーイング787-8型機を導入します
  68. ^ https://press.jal.co.jp/ja/release/201908/005272.html
  69. ^ https://press.jal.co.jp/ja/release/201904/005133.html
  70. ^ 「大型機では採算の厳しい中規模都市国際線」 日本航空
  71. ^ Japan Airlines Fleet Details
  72. ^ a b News & Events single - Airbus, a leading aircraft manufacturer”. 2015年4月24日閲覧。
  73. ^ a b “新型機エアバスA350-900、9月1日東京(羽田)=福岡線就航” (プレスリリース), 日本航空, (2019年4月4日), https://press.jal.co.jp/ja/release/201904/005133.html 2019年4月4日閲覧。 
  74. ^ 『エアライン』2012年7月号、イカロス出版、2012年、 15頁。
  75. ^ 超音速旅客機導入へ提携 日航、優先発注権を確保 産経新聞、2017年12月5日
  76. ^ JamieFreed (2022年6月21日). “Airlines eyes replacement of 767s, regional jets, executive says”. ロイター. https://www.reuters.com/business/aerospace-defense/japan-airlines-eyes-replacement-767s-regional-jets-executive-2022-06-21/ 2022年10月10日閲覧。 
  77. ^ JALが短距離路線の機材変更を検討、ボーイング737から-関係者 ブルームバーグ、2022年10月10日閲覧
  78. ^ 「高度経済成長のシンボル JALジャンボ機が退役」 J-CAST、2022年10月10日閲覧
  79. ^ JALグループ 2021年3月期 第2四半期連結業績
  80. ^ JAL、P&Wエンジン搭載の「777」全機退役 1年前倒し 日本経済新聞、2021年4月5日
  81. ^ JAL、国内線777の退役完了 PWエンジン機運航停止で前倒し aviationwire、2021年4月5日
  82. ^ a b c d e f g h i 日本航空広報部 2002.
  83. ^ 「JAL's History」1971-1980 日本航空
  84. ^ 日本航空がグアム空港でパイロット養成訓練を実施中 - ココ夏ッ通信・2014年5月9日
  85. ^ JAL - 旅コラム(OnTrip JAL)
  86. ^ a b https://www.jal.co.jp/dom/route/codeshare/
  87. ^ 2014年5月から新仕様機材「JAL SKY NEXT」を順次導入
  88. ^ https://www.traicy.com/posts/20210405205324/
  89. ^ https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2021/other/210222/
  90. ^ “JAL、福岡-羽田間にファーストクラスを導入、ラウンジも改装”. 博多経済新聞. (2008年4月1日). https://hakata.keizai.biz/headline/25/ 
  91. ^ 新仕様機エンブラエル190導入!
  92. ^ JAL国内線夏限定「夏休み みんなdeマイル」”. 航空券関連情報. Allabout (2007年5月23日). 2012年11月18日閲覧。
  93. ^ “日航、国内線VIP席 07年度にも導入ビジネス客獲得図る”. 西日本新聞. (2007年1月5日). http://qkeizai.nishinippon.co.jp/news/item/2286/catid/1?ao=time+desc&ap=16 [リンク切れ]
  94. ^ “日航、平らになる座席を導入 国際線ビジネスクラス”. 四国新聞. (2010年8月26日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/economy/20100826000392 2012年11月18日閲覧。 
  95. ^ 日本航空 「路線・航空機数」
  96. ^ JAL公式国際線運航情報・入国制限や検疫体制
  97. ^ https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/other/220303/
  98. ^ COVID-19に伴う政府の要請により、当面の間、成田発着に変更して運航中。
  99. ^ JAL、サンパウロ線をボーイング787型機で復活検討! 共同通信インタビューで Traicy 2014年4月2日付
  100. ^ 「日本航空時刻表」1965年8月、1969年8月、1970年4月、1972年2月、1973年8月、1975年12月、1978年7月、1981年12月、1987年5月、1990年4月、1995年1月、1996年4月、1996年8月、1998年5月、2001年12月
  101. ^ 「JAL&JTB、2007年夏、欧州へのチャーター便を大幅増便!」 日本航空プレスリリース 2007年2月23日
  102. ^ JAL、チャータービジネスを大幅に拡大! 日本航空プレスリリース 2007年1月26日
  103. ^ JALビジネスクラス(機内・ラウンジ) - JAL国際線
  104. ^ 枻出版 2006, p. 150.
  105. ^ 枻出版 2006, p. 151.
  106. ^ a b 枻出版 2006, p. 153.
  107. ^ a b c "International Routes"「Top 25 Airlines, The Hot List 2008」 Conde Nast Traveler, Condé Nast Publications
  108. ^ 「Jetsetter」Departures, June 2008
  109. ^ JAL、交際線ファーストクラスに新シート・新機内サービス導入 日経トレンディネット 2008年6月11日
  110. ^ 「広々とした空間を確保するJALスカイシェルシートがグッドデザイン賞に」 マイコミジャーナル 2008年10月22日
  111. ^ a b c 国際線サービス案内、座席、機内食など
  112. ^ JAL、国際線ビジネスクラス座席のフラット化を推進
  113. ^ 日本航空「JAL 有料の機内Wi-Fi接続サービス導入」
  114. ^ 日本航空「ボーイング787」
  115. ^ ATW AWARD WINNERS FROM 1974 TO PRESENT
  116. ^ ロイター 2010年3月31日
  117. ^ a b 日本航空「国際線「JALプレミアムエコノミー」サービスを導入」
  118. ^ a b 「JAL、国際線ファーストクラス、エグゼクティブクラスに新シート誕生」 日本航空プレスリリース 2008年6月10日
  119. ^ JALヘリコプターサービス
  120. ^ JAL SUITE(JALファーストクラス)
  121. ^ 「JAL、国際線のビジネスクラスにフラットシート導入」 日経BP 2002年7月8日
  122. ^ 「月刊エアライン」1983年11月号 イカロス出版社
  123. ^ JALビジネスクラス(機内・ラウンジ) - JAL国際線
  124. ^ JALプレミアムエコノミークラス(機内・ラウンジ) - JAL国際線
  125. ^ 日本航空「国際線エコノミークラス」
  126. ^ JAL のエコノミークラスシートが2度目の世界一の評価をいただきました 日本航空 プレスリリース 2017年6月21日
  127. ^ a b 成田空港、関西空港におけるJALファミリーサービス専用ラウンジの閉鎖について 日本航空
  128. ^ 安全・安心でスムーズな渡航に向け、3つのデジタル証明書アプリ 「コモンパス」、「VeriFLY」、「IATAトラベルパス」との取り組みを開始
  129. ^ 本邦で初めて、デジタル証明書アプリ「VeriFLY」を活用した ワクチン接種証明書の登録が可能となりました
  130. ^ 日本航空「日本文化の架け橋として」
  131. ^ 「JALの新しい機内食」 日本航空
  132. ^ a b 日本航空国際線
  133. ^ ビジネスクラス機内食紹介 日本航空
  134. ^ 機内エンターテインメント(機内・ラウンジ) 日本航空
  135. ^ a b 「スカイワード」 日本航空
  136. ^ a b 国内線「クラスJ」・「普通席」、国際線「エコノミークラス」での新聞サービスの終了について - 日本航空
  137. ^ 定時到着率 3部門で第一位 日本航空
  138. ^ おかげさまでJALのネットワークが「定時到着率」世界第1位に認定されました。 日本航空
  139. ^ 「定時到着率、トップは日本航空〜米調査会社」 日テレ24 2010年4月15日
  140. ^ 「JAL、2009年の定時到着率が米Conducive Technology社により世界の大手航空会社中、第1位に認定」 楽天インフォシーク 2010年4月14日
  141. ^ a b 日本航空国際線プライオリティ・ゲストサポート
  142. ^ JALと日本医師会、機内急病人の応急処置 医師登録制度スタート”. Aviation wire. 2016年2月5日閲覧。
  143. ^ JAL国内線 ずっとWi-Fi無料宣言 日本航空
  144. ^ “【独自】JAL、国内線の機内音楽サービス廃止へ…利用減で半世紀の歴史に幕”. 讀賣新聞オンライン. (2021年3月21日). https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210320-OYT1T50174/ 2021年3月21日閲覧。 
  145. ^ a b ANAとJAL、「紙の時刻表」廃止へ ネット検索多く需要減少 毎日新聞、2021年2月10日閲覧。
  146. ^ https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/route/time/index.html
  147. ^ 「FLY ON プログラムサービスステイタス一覧」 日本航空
  148. ^ “JAL、新旅客システム稼働 トラブルなくスタート” (日本語). Aviation Wire. https://www.aviationwire.jp/archives/134250 2018年7月11日閲覧。 
  149. ^ ラウンジサービス(機内・ラウンジ) 日本航空
  150. ^ 搭乗クラス別ご利用基準(ラウンジサービス) 日本航空
  151. ^ 羽田空港国内線ラウンジ 日本航空
  152. ^ 「搭乗のご案内」 日本航空
  153. ^ JAL客室乗務員、ゲート受け付けもやります 読売新聞
  154. ^ 「JALマイレージバンク会員 2,500万人感謝キャンペーン」 日本航空
  155. ^ 「セオリー」P.28 2010年 Vol.2 講談社刊
  156. ^ 「JALマイレージバンク」 日本航空、2022年11月23日閲覧
  157. ^ 「ビックカメラのお買い物で、マイルがたまるようになりました」 日本航空、2022年11月23日閲覧
  158. ^ 「JALカードとは」 日本航空、2022年11月23日閲覧
  159. ^ JALタッチ&ゴーサービス(ご搭乗のお手続き) 日本航空、2022年11月23日閲覧
  160. ^ JALグループ情報”. 日本航空. 2016年5月19日閲覧。
  161. ^ “JAL、春秋航空日本を6月に連結子会社化 中国の観光需要獲得へ”. ロイター通信. (2021-5月-7日). https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2MU2AL 
  162. ^ 北海道エアシステムと日本航空のコードシェア(国内線共同運航)を開始
  163. ^ 北海道エアシステム(HAC) はJALグループの一員となりました。
  164. ^ JALグループ中期経営計画ローリングプラン2016, 日本航空, https://press.jal.co.jp/ja/bw_uploads/k1mVdI6Rl7+HQV9KQUyDT4OLgVuDdpKGivqMb4ljjHaJ5oONgVuDioOTg0+DdoOJg5MyMDE2LnBkZg.pdf 
  165. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/103285
  166. ^ https://press.jal.co.jp/ja/release/202004/005610.html
  167. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/213537
  168. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/f992f348aa960f59cb6c483469e0956ba42366aa
  169. ^ JTA、2021年度基本便数計画決定 - JTA
  170. ^ https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/route/codeshare/
  171. ^ JAL便名としての利用は同社国際線との乗継利用の場合に限られる
  172. ^ https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/route/feeder/gk/
  173. ^ https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/route/codeshare/orc/
  174. ^ https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/boarding/codeshare/
  175. ^ 厦門航空とのコードシェアを開始 | プレスリリース | JAL企業サイト”. press.jal.co.jp. 2020年1月5日閲覧。
  176. ^ JALとVISTARA、コードシェア、マイレージなどで提携
  177. ^ JALとアエロフロート、包括的業務提携に合意 18年度以降にコードシェア Aviation Wire 2017年11月27日
  178. ^ JALとアエロメヒコ航空、コードシェア開始へ 18年度中 Aviation Wire 2017年10月11日
  179. ^ 日本航空 2001年4月28日 定例記者会見
  180. ^ JAL、ロンドン線は北回り直行便で継続 BA欧州便に乗継
  181. ^ 第9話 『なぜ、日本は救援機を出さなかったか?その真実を知る』
  182. ^ <イラン・イラク戦争>テヘラン残留邦人脱出の真相を考える
  183. ^ FLY to 2020”. 日本航空. 2015年10月30日閲覧。
  184. ^ JALはサッカー日本代表のサポーティングカンパニーです。”. 日本航空. 2015年10月30日閲覧。
  185. ^ 日本航空プレスリリース
  186. ^ 枻出版 2006, p. 56.
  187. ^ JAL×ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、コーポレート・マーケティング・パートナーシップ契約調印 - 日本航空 2015年5月11日(2016年8月9日閲覧)
  188. ^ ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新アトラクション「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」にJALが協賛します - 日本航空、ユー・エス・ジェイ 2017年1月17日(2017年2月27日閲覧)
  189. ^ 特別塗装機「JALミニオンジェット」が国内線に就航 JAL公式サイト プレスリリース 2017年06月28日
  190. ^ 特別塗装機「JAL ミニオンジェット」機内をさらに演出 JAL公式サイト プレスリリース 2017年12月26日
  191. ^ “日本代表チーム スポンサー決定について” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2015年4月1日), http://www.jfa.jp/news/00005881/ 2016年7月7日閲覧。 
  192. ^ “日本航空株式会社の特別協賛が決定、大会名称が「JALチャレンジカップ2015」に SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ウズベキスタン代表【3/31(火)@東京】” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2015年1月23日), http://www.jfa.jp/news/00004700/ 2016年7月7日閲覧。 
  193. ^ TEAM NACS ニッポン公演 WARRIOR ~唄い続ける侍ロマン” (日本語). アミューズソフト公式サイト. 2021年1月13日閲覧。
  194. ^ 航空機内ファーストクラス シート JALファーストクラスシート『JAL NEW SKYSLEEPER SOLO』 ARS-576”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  195. ^ JALエグゼクティブクラス シーズンズ“シェルフラットシート” D/ 1057-1”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  196. ^ JALグループ専用発券コーナー JJ-TCM”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  197. ^ JAL クラス J シート ARS-832・ 833”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  198. ^ JAL MAP 2.0 マップコミュニティを核としたボーダレスウェッブ”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  199. ^ 航空機用座席 JALスカイシェルシート”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  200. ^ 航空機座席 JAL国際線エグゼクティブクラス JAL SHELL FLAT NEO”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  201. ^ 機内食 JALの空弁”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  202. ^ 航空機座席 JAL国際線エグゼクティブクラス JAL スカイリクライナー”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  203. ^ 機内食 JAL国際線パリ線プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスミール”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  204. ^ 車椅子 竹製車椅子”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  205. ^ JAL エコノミークラス JAL スカイワイダー”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  206. ^ JAL ボーイング777-300ER JAL スカイスイート 777”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  207. ^ 日本航空国内線 JAL SKY NEXT”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  208. ^ 日本航空国内線 JAL SKY NEXT 普通席”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  209. ^ 日本航空 空港ラウンジ サクララウンジ”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年8月23日閲覧。
  210. ^ 航空機座席 SKY WIDER Ⅱ”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2015年11月15日閲覧。
  211. ^ JALスカイスイート、SKYTRAXワールド・エアライン・アワードで「ベスト・ビジネスクラス・エアラインシート」賞を受賞”. 日本航空 (2013年6月18日). 2015年8月24日閲覧。
  212. ^ JAL のエコノミークラスシートが初めて世界一の評価をいただきました”. 日本航空 (2015年6月16日). 2015年8月24日閲覧。
  213. ^ 2009 On-Time Performance Awards”. FlightStats Inc.. 2015年8月24日閲覧。
  214. ^ 2010 On-Time Performance Awards”. FlightStats Inc.. 2015年8月24日閲覧。
  215. ^ 2011 On-Time Performance Awards”. FlightStats Inc.. 2015年8月24日閲覧。
  216. ^ 2012 OPS Awards Winners”. FlightStats Inc.. 2015年8月24日閲覧。
  217. ^ 2013 OPS Awards Winners”. FlightStats Inc.. 2015年8月24日閲覧。
  218. ^ 2014 OPS Awards Winners”. FlightStats Inc.. 2015年8月24日閲覧。
  219. ^ JALが定時到着率アジア・パシフィック主要航空会社部門で第1位を獲得”. 日本航空 (2015年1月27日). 2015年8月24日閲覧。
  220. ^ 4-Star Airlines”. SKYTRAX. 2015年8月24日閲覧。
  221. ^ JAL、CAPA主催の2011年 エアライン オブ ザ イヤーを受賞”. 日本航空 (2011年10月21日). 2015年8月24日閲覧。
  222. ^ 自社養成パイロット|募集要項|JAL採用情報|日本航空株式会社
  223. ^ 日本放送協会. “日本の航空会社のパイロット候補 オーストラリアで訓練開始 | NHK”. NHKニュース. 2022年6月1日閲覧。
  224. ^ CA制服、ミニスカの変遷にみる日本経済 :日本経済新聞
  225. ^ JALvs有名デザイナーCAの制服で訴訟に発展した原因|NONSTOP!ノンストップ!過去の放送内容
  226. ^ “作家の中村正軌さん死去 「元首の謀叛」で直木賞”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. (2020年4月30日). https://www.asahi.com/articles/ASN4Y5W44N4YUCFI001.html 2020年4月30日閲覧。 
  227. ^ 航空実用辞典
  228. ^ 株式会社インプレス (2013年7月24日). “JAL、整備工場見学施設を「JAL工場見学 SKY MUSEUM」としてリニューアル” (日本語). Car Watch. 2022年9月11日閲覧。
  229. ^ 「DC-8 FOREVER—退役記念!JAL DC-8の本」日本航空パイロット編 1987年
  230. ^ 枻出版 2006, p. 107.
  231. ^ 「淀川長治自伝(下)」P.154 淀川長治著 中公文庫
  232. ^ 「Winds」 1984年3月号
  233. ^ 「イザ」2009年2月1日
  234. ^ Sankei Biz2013年10月3日
  235. ^ 三嶋伸一 「製作費20億円「沈まぬ太陽」で日航と角川映画が水面下で大バトル」 『週刊朝日』 2009年5月8日号、朝日新聞出版、124頁。
  236. ^ 「読売ONLINE 2007年11月26日」https://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071126i305.htm
  237. ^ なぜ飛行機の“中古”部品が売れているのか JALのカプセルトイが7時間で完売” (日本語). ITmedia ビジネスオンライン. 2022年2月20日閲覧。
  238. ^ JALの客室乗務員が機内トイレで飲酒「休憩中よく眠れるように…」”. 産経新聞 2018.6.6 16:22. 2020年8月16日閲覧。
  239. ^ JAL部長、女子中学生買春疑いで逮捕「年齢知らなかった」”. サンケイスポーツ 2019.4.17 16:42. 2020年8月15日閲覧。
  240. ^ JALパイロット「飲酒逮捕」問題の根本原因 急成長の裏で、過重労働が空の安全を脅かす”. 東洋経済 2018/11/17 6:00. 2020年8月16日閲覧。
  241. ^ JAL、英で実刑判決の副操縦士を懲戒解雇 乗務前に過剰飲酒”. BBC News 2018年11月30日. 2020年8月16日閲覧。
  242. ^ JAL客室乗務員、乗務中の飲酒認める ギャレーでシャンパン”. Aviation Wire 2019年1月10日 21:02. 2020年8月16日閲覧。
  243. ^ JAL、乗務前の副機長からアルコール検知 解雇処分”. Aviation Wire 2019年9月13日 19:14. 2020年8月16日閲覧。
  244. ^ 乗務前にアルコール検知なら解雇 JALが飲酒処分強化”. 朝日新聞 2019年9月13日 20時44分. 2020年8月16日閲覧。
  245. ^ “JAL、会員情報92万件流出 管理会社へサイバー攻撃”. 朝日新聞 DIGITAL. (2021年3月5日). https://www.asahi.com/articles/ASP3577DKP35UTIL08Q.html 2021年3月6日閲覧。 
  246. ^ SITA社セキュリティ事故によるJALマイレージバンク会員情報の漏洩について”. 日本航空 (2021年3月5日). 2021年3月6日閲覧。



日本航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:43 UTC 版)

TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜」の記事における「日本航空」の解説

桐島 悠〈30〉 演 - 佐藤江梨子 グランドスタッフ香織友達管制訓練上手くいかず悩んでいる香織相談に乗る化粧が濃いことを同僚から指摘されている。 城之内 玲子35〉 演 - 山口紗弥加 グランドスタッフ飯田 博之24〉 演 - 浅香航大 パイロット候補生。現在は研修のためグランドスタッフとして勤務シミュレーター訓練ではパニック起こしてしまい、桐島城之内たしなめられる。 流川 ユキ 演 - 野村麻純 航空整備士野 仁〈43演 - 神尾佑 航空整備士工藤 美希29〉 演 - 上原美佐 JAL運航管理ディスパッチャー西川 俊一 演 - 忍成修吾 ボーイング777副操縦士香織圭介とは元同僚友人777機種ライセンス取得するためにJAL112便 で飛行テストに望むが、プライベートジェット機の影響管制官山下との無線交信上で意思疎通出来ていないことが原因で航空機風に煽られて上手く着陸出来ず残されたチャンス1回を残すのみとなってしまい、この機会を逃す資格剥奪されるという危機に陥る後に山下懇親会で偶然再会し口喧嘩発展したことからライバル関係になる。 香織コックピット搭乗研修 ではJAL302便副操縦士として同席する本上 圭介30〉 演 - 平岡祐太パイロット研修生治療のため休職中。香織恋人である。 車両事故の後遺症で下半身麻痺残り旅客機パイロットになる夢が絶たれてしまい、心を閉ざし自宅ひきこもっている。香織からの着信応答せず拒否していたが、周り支えによりリハビリを行う決意をして病院に通院し、その際に出会った小児ホスピス患者対象にした全日空イベント見て、再び空の仕事関わろうと決意ディスパッチャーとして職場復帰当面は運航管理者補助業務をこなしながら運航管理者試験合格目指す

※この「日本航空」の解説は、「TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜」の解説の一部です。
「日本航空」を含む「TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜」の記事については、「TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜」の概要を参照ください。


日本航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 16:11 UTC 版)

Ponta」の記事における「日本航空」の解説

2015年4月1日加盟。「JMBローソンPontカードVisa」(クレディセゾン発行提携クレジットカード)として、ローソンと共に提携先となっている。

※この「日本航空」の解説は、「Ponta」の解説の一部です。
「日本航空」を含む「Ponta」の記事については、「Ponta」の概要を参照ください。


日本航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 10:10 UTC 版)

世界一周路線」の記事における「日本航空」の解説

日本航空は、1967年3月6日日本およびアジア航空会社として初の、そして日本の航空会社として唯一の世界一周便に就航しダグラス DC-8による週2便の運航開始したこの世界一周便は1972年まで運航された。中止され理由は週2便で運行されていた大西洋路線不振だったことに加え1972年に日本航空が立て続け航空事故DC-8を3機失い運航必要な機数確保難しくなったからである。(運航痕跡として現在も同便名001/002便は東京=サンフランシスコ便名として現在も区間使用している。) 東京/羽田=香港=バンコク=ニューデリー=テヘラン=カイロ=ローマ=フランクフルトパリ=ロンドン=ニューヨーク=サンフランシスコ=ホノルル=東京/羽田 2022年起こったロシアによるウクライナ侵攻により欧州各国ロシアに対する空域閉鎖実施したため、JALは安全上観点から3月になり欠航便発生しその後代替飛行経路検討された。多くの他社中国中央アジア黒海経由する南回り経路選定して運航JAL加盟する航空連合ワンワールドブリティッシュ・エアウェイズ本拠地とするロンドン・ヒースロー空港ヘの運航維持しその他の欧州便は欠航させ、利用者ロンドン経由ワンワールドコードシェア便最終目的地移動可能にする決定したロンドンハブ目的地設定したため、前述他社経路中国中央アジアにはロシア寄り経験支配地域の上空を飛行するリスクもあり、運航上空偏西風など追い風利用日本から北米アラスカカナダ北極圏グリーンランドアイスランドという大西洋横断経路総合的に選定したが、復路は向かい飛行が多いため、他社運航状況検討し偏西風最大限活用する復路経路として他社利用する中央アジア経路利用することで東回り北半球世界一周便を飛行経路的に運航する可能性があるとした。 東京/羽田(→北米アラスカカナダ北極圏グリーンランドアイスランド)→ロンドン/ヒースロー(→黒海中央アジア中国韓国)→東京/羽田東回りのみ)

※この「日本航空」の解説は、「世界一周路線」の解説の一部です。
「日本航空」を含む「世界一周路線」の記事については、「世界一周路線」の概要を参照ください。


日本航空(ワンワールド加盟)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 22:02 UTC 版)

コードシェア便」の記事における「日本航空(ワンワールド加盟)」の解説

下の航空会社コードシェア便による運航がある。以下に掲げ航空会社全てスカイチーム属している。エールフランス中国東方航空大韓航空マイレージ提携行っている2021年10月現在)。大韓航空日本-韓国路線限りマイル加算特典利用対象となる。 エールフランス 大韓航空 中国東方航空 中国南方航空 チャイナエアライン アエロメヒコ航空 アエロフロート・ロシア航空 ガルーダ・インドネシア航空 JALワンワールド加盟前は、ワンワールド・スターアライアンス・スカイチーム加盟航空会社と二社間提携によりコードシェア便運航されていた。2018年現在スカイチーム加盟航空会社とのコードシェア継続され異なアライアンス間におけるコードシェア便運航見られるJALワンワールド加盟後コードシェア便拡充図られている。 2010年10月までは、スカイチームメンバーのアリタリア航空とのコードシェア行っていたが、JALイタリア撤退により解消された。その後2018年3月アリタリア航空ANA提携することが公表された2012年3月24日までは、スターアライアンスメンバーのニュージーランド航空ともコードシェア行っていたが、同社JALとの間でのコードシェア便運航打ち切り日本側コードシェア相手をスターアライアンスメンバーであるANA変更した2017年10月28日までは、スターアライアンスメンバーのタイ国際航空ともコードシェア行っていた。タイ国際航空ANA同一アライアンスであったが、JALとのコードシェア継続していた。 2014年4月22日には、大韓航空日本発着路線全便が、JALとのコードシェア便となった2016年12月1日からマイレージ提携開始当初は那覇発着を除く日本-韓国間の路線における特典航空券利用限られ大韓航空便名でのJMBへのマイレージ加算はできなかったが、2018年12月より日本-韓国間に限り同社便名でのJMBへのマイレージ加算が可能となった併せて那覇発着路線特典利用も可能となった。なお、日本-韓国直行便外で同社特典航空券利用JMBへのマイレージ加算できない2017年10月にはアエロメヒコ航空同年11月にはアエロフロート・ロシア航空とのコードシェア提携に合意した。コードシェアマイレージ提携2018年以降実施予定2018年入りスカイチーム加盟である中国東方航空およびガルーダ・インドネシア航空との間で共同事業を行うことを検討していることを相次いで公表した。なお、共同事業対象中国東方航空が日本・中国本土間ガルーダ・インドネシア航空日本インドネシア間である。中国本土香港除く)とインドネシアワンワールド加盟航空会社存在しない国である。ガルーダ・インドネシア航空についてはこれまでANA提携していたが、2018年10月以降JALともコードシェア実施その後順次対象路線拡充進められマイレージ提携今後実施される予定ANAとの提携当面の間継続され1年後目処にガルーダ・インドネシア航空JALANAの中で日本での共同事業相手選択する見込み

※この「日本航空(ワンワールド加盟)」の解説は、「コードシェア便」の解説の一部です。
「日本航空(ワンワールド加盟)」を含む「コードシェア便」の記事については、「コードシェア便」の概要を参照ください。


日本航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:26 UTC 版)

あぽやん」の記事における「日本航空」の解説

古賀 恵32) - 中村ゆり グランドスタッフ。日本航空契約社員他の社員遠藤厳しく接している中、暖かく優しい言葉掛ける多趣味であり、ストレス溜まると解消している。 藤崎 桜子40) - 陽月華 マネージャー。日本航空社員。「乗客定刻に乗せること」を最優先事項しており問題生じたときにはジャルパック社員厳しく当たる規則曲げないタイプであり、また、業務中に笑顔は滅多に見せない今泉から恐れられているが、若い頃には今泉からフォローされながら成長してきた。

※この「日本航空」の解説は、「あぽやん」の解説の一部です。
「日本航空」を含む「あぽやん」の記事については、「あぽやん」の概要を参照ください。


日本航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 21:55 UTC 版)

バシネット」の記事における「日本航空」の解説

体重10.5キロ未満。(バシネットサイズは77×32.5×15)

※この「日本航空」の解説は、「バシネット」の解説の一部です。
「日本航空」を含む「バシネット」の記事については、「バシネット」の概要を参照ください。


日本航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:07 UTC 版)

ボーイング777」の記事における「日本航空」の解説

6番目に発注した日本航空は、777-300ER型機のノーズギアの緩衝装置空気室2つにするよう求めた。また、それに伴い貨物積み下ろし時の重量変化に対する緩衝装置伸び縮み十分に小さいことを確認することも同時に求めた

※この「日本航空」の解説は、「ボーイング777」の解説の一部です。
「日本航空」を含む「ボーイング777」の記事については、「ボーイング777」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日本航空」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「日本航空」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



日本航空と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本航空」の関連用語

日本航空のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本航空のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本航空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのTOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜 (改訂履歴)、Ponta (改訂履歴)、世界一周路線 (改訂履歴)、コードシェア便 (改訂履歴)、あぽやん (改訂履歴)、バシネット (改訂履歴)、ボーイング777 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS