機体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 機体の意味・解説 

き‐たい【機体】

飛行機本体。翼以外、またはエンジン以外の部分また、飛行機全体。「機体が傾く」


機体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/14 13:36 UTC 版)

機体英語:airframe、エアフレーム)という用語は、航空機の物理的構造を意味し、通常は推進システム(エンジン)を含まない[1][2]。航空機そのもの及び人型ロボットなど航空機ではないものも指す。


  1. ^ [1]
  2. ^ Ed Rouen (2005). Airplane Names. San Diego Aerospace Museum. http://www.marchfield.org/rouen01.html.  Names and dates of more than 2,800 aircraft models produced since 1900.
  3. ^ David A. Weiss (1996). The Saga of the Tin Goose. Cumberland Enterprises. 
  4. ^ Peter M. Bowers (1986). The DC-3: 50 Years of Legendary Flight. Tab Books. 
  5. ^ 前記のとおり、同社はモデル307において、すでに与圧キャビンを実用化している。
  6. ^ Charles D. Bright (1978). The Jet Makers: the Aerospace Industry from 1945 to 1972. Regents Press of Kansas. http://www.generalatomic.com/jetmakers/index.html. 
  7. ^ Key to Metals Database (2005). Aircraft and Aerospace Applications. INI International. http://www.key-to-metals.com/PrintArticle.asp?ID=96. 
  8. ^ Leslie Wayne (2006年5月7日). “Boeing Bets the House on Its 787 Dreamliner”. New York Times. 2010年3月17日閲覧。
  9. ^ Florence Graves and Sara K. Goo (2006年4月17日). “Boeing Parts and Rules Bent, Whistle-Blowers Say”. Washington Post. 2010年3月17日閲覧。。U.S. "whistleblower" lawsuit.
  10. ^ Todd Curtis (2002年). “Investigation of the Crash of American Airlines Flight 587”. AirSafe.com. 2010年3月17日閲覧。
  11. ^ James H. Williams, Jr. (2002年). “Flight 587”. Massachusetts Institute of Technology. 2010年3月17日閲覧。
  12. ^ Sara Kehaulani Goo (2004年10月27日). “NTSB Cites Pilot Error in 2001 N.Y. Crash”. Washington Post. 2010年3月17日閲覧。


「機体」の続きの解説一覧

機体

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 02:01 UTC 版)

名詞

きたい

  1. 航空機エンジン除く胴体部分

発音

き↗たい

翻訳




機体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機体」の関連用語

機体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



機体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの機体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS