植物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 一群 > 植物の意味・解説 

しょく‐ぶつ【植物】

生物大きく大別した場合の、動物対す一群。木や藻類など。一般に、1か所に固定して暮らし細胞壁をもち、光合成を行って主に空気から養分をとって生きている生物種子植物シダ植物コケ植物緑藻植物紅藻植物などに分類される。


うえ‐もの〔うゑ‐〕【植(え)物】

植物。草木

畑に植える野菜類。

連歌俳諧題材となる事物分類一つで、草木などの植物。

近世軍略上、城郭内に植えた樹木


しょく‐ぶつ【植物】

〔名〕 木々草花生物学では、生物を二大別したとき、動物対す一群一般移動力を欠き、体制比較的簡単であるなどの点で動物区別できるが、下等微生物では動物との区別明瞭でないものもある。種子植物シダ植物コケ植物菌類(そう)類・細菌類などに分類される。大部分細菌菌類を除き、一般には葉緑素含み光合成によって独立栄養を営む。

菅家文草900頃)二・黄葉「植物能如此、人生自可量」

西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛一三遊園地球上にあらゆる植物(ショクブツ)動物を萃(あつ)め博物学者考証に備へ」〔周礼地官大司徒


うえ‐もの うゑ‥ 【植物】

〔名〕

しょくぶつ草木。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

② 畑に植える野菜類。

近世軍事上の目的城内に植えた樹木

連歌俳諧題材となる植物(しょくぶつ)の総称三句以上連続して用いることはできないなど、使用にあたって規定がある。

連理秘抄1349)「一、一座一句物若菜款冬躑躅杜若。如此植物類」


植物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 10:06 UTC 版)

植物しょくぶつとは、生物区分のひとつ。日常語としての「植物」と生物学用語としての「植物」はその示す範囲が異なるが、日常語としては、などのように、があって場所が固定されて生きているような生物のことで、動物と対比させられた生物区分である[1]


注釈

  1. ^ 「植物界」の定義によって上位分類は異なる。
  2. ^ 2012年2月時点で、このグループが単系統群であるか否かは分かっていないが[4][5]、本項では伊藤12に従い、ハクロビアを分類群として記述した

出典

  1. ^ 広辞苑第五版
  2. ^ 伊藤12 p7
  3. ^ Adl, Sina M.; Simpson, Alastair G. B.; et al. (2012), “The Revised Classification of Eukaryotes”, J. Eukaryot. Microbiol. 59 (5): 429–493, http://www.paru.cas.cz/docs/documents/93-Adl-JEM-2012.pdf 
  4. ^ Burki, F.; Okamoto, N.; Pombert, J.F. & Keeling, P.J. (2012). “The evolutionary history of haptophytes and cryptophytes: phylogenomic evidence for separate origins”. Proc. Biol. Sci.. doi:10.1098/rspb.2011.2301. 
  5. ^ Zhao, Sen; Burki, Fabien; Bråte, Jon; Keeling, Patrick J.; Klaveness, Dag; Shalchian-Tabrizi, Kamran (2012). “Collodictyon—An Ancient Lineage in the Tree of Eukaryotes”. Molecular Biology and Evolution 29 (6): 1557–68. doi:10.1093/molbev/mss001. PMC 3351787. PMID 22319147. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3351787/ 2012年3月2日閲覧。. 
  6. ^ a b c d 伊藤12 pp. 6-8
  7. ^ 野崎久義 (2007年6月12日). “植物の出生20億年の秘密を解き明かす “超”植物界 (“Super” Plant Kingdom) の復権”. 東京大学東京大学大学院理学系研究科. 2018年8月1日閲覧。
  8. ^ Adl, Sina M.; Bass, David; Lane, Christopher E.; Lukeš, Julius; Schoch, Conrad L.; Smirnov, Alexey; Agatha, Sabine; Berney, Cedric et al. (2018-09-26). “Revisions to the Classification, Nomenclature, and Diversity of Eukaryotes” (英語). Journal of Eukaryotic Microbiology. doi:10.1111/jeu.12691. ISSN 1066-5234. PMC 6492006. PMID 30257078. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jeu.12691. 
  9. ^ 井上勲著『藻類30億年の自然史 第2版』、東海大学出版会、ISBN 978-4-486-01777-6
  10. ^ 渡邉信 ・西村和子等編『微生物の事典』、朝倉書店、ISBN 978-4-254-17136-5 C3545
  11. ^ 伊藤12 p 9.
  12. ^ 岩波『生物学事典』【植物】


「植物」の続きの解説一覧

植物

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:34 UTC 版)

名詞

しょくぶつ

  1. 一般的にくさなどがあり、固定して生活している生物

発音

しょ↗く↘ぶつ

翻訳


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




植物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「植物」の関連用語

1
96% |||||

2
90% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||


6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||


10
78% |||||

植物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



植物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの植物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの植物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS