ガイア理論とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ガイア理論の意味・解説 

ガイア‐りろん【ガイア理論】

地球上において、大気地殻などの自然環境と、動植物などの生物相互に影響し合うことで、地球という惑星一つ大きな生命体のように活動していると見なす理論英国科学者ラブロック提唱した。ガイア仮説。→ガイア


ガイア理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 22:26 UTC 版)

ガイア理論(ガイアりろん)とは、地球生物が相互に関係し合い環境を作り上げていることを、ある種の「巨大な生命体」と見なす仮説である。ガイア仮説ともいう。




  1. ^ ラブロック「まえがき(ラブロックではなく、日本人によるもの)」『ガイアの復讐』中央公論新社、2006年。ISBN 4-12-003774-6
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n ラブロック「第二章」『ガイアの時代 - 地球生命圏の進化』工作舎、1989年、pp.45-86。ISBN 4-87502-158-5
  3. ^ EICネット環境用語集【ガイア仮説】


「ガイア理論」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガイア理論」の関連用語

ガイア理論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガイア理論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガイア理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS