生態学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 学問 > 生態学の意味・解説 

せいたい‐がく【生態学】


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 14:09 UTC 版)

生態学(せいたいがく、英語: ecology)は、生物環境の間の相互作用を扱う学問分野である。


  1. ^ Allee, W. C.; Emerson, Alfred E.; Park, Orlando; Park, Thomas; Schmidt, Karl P., ed (1949). “Ecological Background and Growth Before 1900”. Principles of animal ecology.. W. B. Saunders 
  2. ^ マターニュ 2006, p. 97.
  3. ^ マターニュ 2006, p. 67-70.
  4. ^ マターニュ 2006, p. 71.
  5. ^ マターニュ 2006, p. 115.
  6. ^ マターニュ 2006, p. 99.
  7. ^ マターニュ 2006, p. 132.
  8. ^ マターニュ 2006, p. 134-136.
  9. ^ マターニュ 2006, p. 98.
  10. ^ Encyclopedia of Earth: Biosphere(生物圏)
  11. ^ マターニュ 2006, p. 161.
  12. ^ マターニュ 2006, p. 28-29.
  13. ^ マターニュ 2006, p. 44-45.
  14. ^ マターニュ 2006, p. 39-41.
  15. ^ マターニュ 2006, p. 52-53.
  16. ^ マターニュ 2006, p. 186.
  17. ^ マターニュ 2006, p. 202.
  18. ^ 池内昌彦・伊藤元己・箸本春樹 他 『キャンベル生物学 原書9版』丸善出版株式会社、2013年。 
  19. ^ a b 西村 2010, p. 17.
  20. ^ 「生命の起源はどこまでわかったか 深海と宇宙から迫る」p46-47 高井研編 岩波書店 2018年3月15日第1刷発行
  21. ^ 西村 2010, p. 145.
  22. ^ 武村 2010, p. 26.
  23. ^ https://www.nies.go.jp/fushigi/051214.html 「大陸移動で生じた?生物多様性(1)」国立環境研究所 2005年12月14日 2022年7月19日閲覧
  24. ^ https://www.spf.org/opri/newsletter/367_3.html 「海洋島の生物多様性」髙山浩司 笹川平和財団海洋政策研究所Ocean Newsletter第367号 2015.11.20発行 2022年7月19日閲覧
  25. ^ 武村 2010, p. 70-71.
  26. ^ 武村 2010, p. 90-91.
  27. ^ 「考える花 進化・園芸・生殖戦略」p8-10 スティーブン・バックマン 片岡夏実訳 築地書館 2017年8月21日初版発行
  28. ^ 桑村 2008, p. 14.
  29. ^ https://www.rd.ntt/se/media/article/0044.html 「大気大循環とは?大循環のモデルから気候までわかりやすく解説」NTT Beyond Out Planet 2022/06/17 2022年7月19日閲覧
  30. ^ a b 桑村 2008, p. 30.
  31. ^ https://www.rd.ntt/se/media/article/0033.html 「海洋大循環とは?わかりやすい概要とメカニズム、観測方法」NTT Beyond Out Planet 2022/02/14 2022年7月19日閲覧
  32. ^ 長島美織, 「環境リスクと健康リスク : バイオスフィア2の教えること」『国際広報メディア・観光学ジャーナル』 19巻 p.31-43, 北海道大学大学院国際広報メディア, 2014-09-26 2020年5月22日閲覧
  33. ^ https://courrier.jp/news/archives/160902/ 「火星移住を夢見た「世界で最も奇妙な科学実験」は本当に失敗だったのか」COURRiER Japon 2019.5.14 2020年5月3日閲覧
  34. ^ 武村 2010, p. 68.
  35. ^ 「地球環境の教科書10講」p156 左巻健男・平山明彦・九里徳泰編著 東京書籍 2005年4月15日第1刷発行
  36. ^ 「生物多様性」p53-54 本川達雄 中公新書 2015年2月25日発行
  37. ^ 「地球環境の教科書10講」p158-160 左巻健男・平山明彦・九里徳泰編著 東京書籍 2005年4月15日第1刷発行
  38. ^ 武村 2010, p. 69.
  39. ^ https://news.yahoo.co.jp/byline/tatsumiyoshiyuki/20200129-00160738/ 「恐竜絶滅を引き起こした「隕石の冬」と「火山の冬」」巽好幸 ヤフーニュース 2020年1月29日 2020年5月3日閲覧
  40. ^ https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/ 「持続可能な開発」国際連合広報センター 2022年7月19日閲覧
  41. ^ AFPBB News2012年6月26日閲覧



生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/27 13:29 UTC 版)

生物学史」の記事における「生態学」の解説

他方野外生物観察する立場から発展した生態学は、博物学的な抜けるのが難しかったが、植物生態学における遷移群集生態学における食物連鎖生態系行動生態学における血縁選択説などが理論的な枠組み構成していった。また集団遺伝学数理生物学理論生物学動物の行動形質定量的分析できる可能性示した地球規模自然環境問題盛り上がりなどとも相まって次第生物学もう一つ流れ作っている。

※この「生態学」の解説は、「生物学史」の解説の一部です。
「生態学」を含む「生物学史」の記事については、「生物学史」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 08:53 UTC 版)

パンタナル」の記事における「生態学」の解説

乾燥洪水季節的に繰り返パンタナルのような生態系を「洪水平原生態系」と定義する具体的にはこの生態系水が溢れる洪水段階から元々あった土壌の高さまで水位下がり、乾燥状態になっていることを繰り返す。土の状態で説明すると砂から粘土シルト状態になる。 パンタナルは、海抜80メートルから150メートル広がる平原地帯である。1986年のCafavid GarciaCastro観測によると、11月から3月間に1,000ミリメートルから1,500ミリメートル降水量観測されるパンタナル流れパラグアイ川水位は、季節的に2メートルから5メートルの間で上下するパンタナールそれ以外の場所での水位変化は、これより小さい。溢れ出した水の速度は非常に遅い。その理由は、植物密生しているめである。このことは、1995年Hamilton研究基づく。

※この「生態学」の解説は、「パンタナル」の解説の一部です。
「生態学」を含む「パンタナル」の記事については、「パンタナル」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 08:41 UTC 版)

生態系サービス」の記事における「生態学」の解説

生態系サービス理解するには、「生物環境相互作用基本原理についての科学」生態学の基礎についての理解必要になる生物環境交互作用スケールは、大きさ微生物から景観まで、時間ミリ秒から百万単位まで変わりえるので、それらのエネルギー循環物質循環特徴づけて記述するには、多方面の注意が必要になる。 たとえば、生態系について述べるならば、地表には腐葉土堆積しており、土壌中には微生物生息する。それらは、有機物除去水の浄化土壌流出防止などのサービス提供している複数サービスが、しばしば付随的に生じることに注意が必要である。たとえば、防風林調整サービス)として植樹され虹の松原が、現在は優れた景観を持つ名勝として文化的サービスをも提供している例などが挙げられる生物プロセス地球環境相互の関係がどのように絡み合っているかを理解する上で地球生態系複雑さ難解さの元になる。生態系サービス人間生態学と関連している。生態系サービス研究の計画として、以下のステップを含むことが提案されている 。 生態系サービス提供者ESPs, ecosystem service providers :特定の生態系サービス提供する生物種または生物群集)の同定それらの機能的な役割および関係の特徴づけ自然景観中でESPsどのように機能するかについて影響を与える生物群集構造の様相の決定。たとえば、ESPs機能安定させる補償反応や、ESPs損なうかもしれない特定生物絶滅シーケンスなどの分析サービス供給の鍵となる環境非生物的)要因評価ESPsおよびそのサービス作用する空間的時間的規模測定ESPs効率と量について異なる種の相対的重要度定量化することを通してESP機能評価改善標準化する技術開発された。そのようなパラメータは、生物種環境捕食者資源利用可能性気候)の変化反応する方法指標提供し生態系サービス提供する非常に重要な生物種特定することに役立つ。しかし、重大な欠点として、その技術では相互作用影響説明できないことが挙げられる。そして、その相互作用は、生態系維持する際にしばしば複雑かつ基本的であり、その中にすぐに見つけられない優占させるべき生物種を含むことがあるそうであっても生態系機能的な構造推定し、それを個別生物種特徴に関する情報組み合わせることは、環境変化さらされている生態系回復力理解することの助けになる多くの生態学者も、生態系サービス供給生物多様であることで安定化可能である思っているまた、生物多様性増えることは、社会利用できる生態系サービス種類増やすことになる。生態系とそれによるサービスの管理のためには、生物多様性生態系安定性の関係を理解することが必須である。この生物多様性生態系安定性に関する仮説を、以下の副節に紹介する

※この「生態学」の解説は、「生態系サービス」の解説の一部です。
「生態学」を含む「生態系サービス」の記事については、「生態系サービス」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 22:08 UTC 版)

シェナンドー国立公園」の記事における「生態学」の解説

公園気候、そしてその動物相植物相は、東中大西洋岸地域森林山岳地域として標準的なものである一般的な種の分布大半また、低地生態系典型である。最南端山腹いくつかの南西斜面では優位占めている。そして時折ヒラウチワサボテンが自生している。対照的に北東面のいくつか湿気少ないが濃い木立を好むカナダツガと繁茂している。その他の一般的に見られる植物オークヒッコリークリカエデユリノキアメリカシャクナゲトウワタヒナギクそしてシダ類多くの種類である。一度は優勢な植生だったアメリカグリ1930年代間にクリ胴枯病として知られている菌類によって絶滅危機に瀕した。現在、公園に木は生えてはいるが、成熟せず、子孫を残す前に枯れてしまう。オーク多様な種は、クリに取って代わり優勢となった1990年代初期始まマイマイガ来襲で、ガは主にオーク食べ荒らすので、オーク優位性脅かすものとなったマイマイガ勢いは少し衰えたようであるが、襲い続けており、オークの約10パーセント破壊されている。 哺乳類オジロジカアメリカクロクマボブキャットアライグマスカンクオポッサムウッドチャックハイイロギツネ、トウブワタオウサギが生息している。確証ないものの公園その周辺地域ピューマ目撃情報1970年以来100件以上報告されている。 200以上の鳥類少なくともその年一部過ごすために公園内巣を作る。およそ30種の鳥類アメリカフクロウカロライナコガラアカオノスリ、そして野生のシチメンチョウを含む)が留鳥として一年を通じて公園内生息している。ハヤブサ1940年代-1960年代間に農薬DDTその他の要因のために著しく減少し,1973年には合衆国魚類生物局(USFWS)によって絶滅危惧種リスト置かれた1990年中頃再導入され、20世紀末までには公園内多数の巣を作っているつがいが見られ1999年には絶滅危惧種リストから外された。 32種の魚類公園内記録されたそれらの内にカワマス、ロングノーズウグイ、ブラックノーズウグイ、ブルーヘッドチャブを含む。

※この「生態学」の解説は、「シェナンドー国立公園」の解説の一部です。
「生態学」を含む「シェナンドー国立公園」の記事については、「シェナンドー国立公園」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 21:04 UTC 版)

昆虫学」の記事における「生態学」の解説

個体群生態学基礎研究は、ショウジョウバエコクヌストモドキなどを用いて行われロジスティック曲線密度効果ここから発見された。行動生態学社会性昆虫などを対象重要な進歩が行われた。その契機に血縁選択説がある。

※この「生態学」の解説は、「昆虫学」の解説の一部です。
「生態学」を含む「昆虫学」の記事については、「昆虫学」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 05:19 UTC 版)

ハズ属」の記事における「生態学」の解説

ハズ属植物は、もっぱらこれらの植物食べる Schinia citrinellus(英語版)を含むある種チョウ幼虫食物として利用される

※この「生態学」の解説は、「ハズ属」の解説の一部です。
「生態学」を含む「ハズ属」の記事については、「ハズ属」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/26 04:39 UTC 版)

イグチ目」の記事における「生態学」の解説

イグチ目多く外生菌根であり、それゆえ多く見られる幾つかの種は寄生種であり、他の外生菌根寄生することを好むようであるGomphidiaceaeヌメリイグチ科(Suillaceae)に好んで寄生する時にはある種限定して寄生する種もあるくらいである。その他にはBoletus parasiticus(キセイイグチ)等が挙げられるこの種ニセショウロ寄生を行う。

※この「生態学」の解説は、「イグチ目」の解説の一部です。
「生態学」を含む「イグチ目」の記事については、「イグチ目」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/06 13:53 UTC 版)

レバント海」の記事における「生態学」の解説

レバント海紅海を結ぶスエズ運河1869年完成した紅海地中海東部よりも高いため、運河紅海地中海へと注ぐ感潮海峡として働く。運河一部形成する塩濃度の高い自然湖であるグレートビター湖何十年もの間、紅海生物種地中海へと移動するのを妨げてきたが、湖の塩濃度紅海によって徐々に均一化したことから移動障壁取り除かれ紅海からの植物および動物地中海東部定着し始めている。この種移動は、レセップス移動英語版)として知られている運河建設したフェルディナン・ド・レセップス因む)。 1960年代ナイル川アスワン・ハイ・ダム建設は、レバント海への淡水沈泥流入量を減少させている。これによってレバント海以前と比べて塩濃度高く低栄養環境となり、歴史的に重要なイワシ漁業崩壊している。また、塩濃度高く低栄養環境紅海適応した生物種がより生育しやすい環境ともなっている。

※この「生態学」の解説は、「レバント海」の解説の一部です。
「生態学」を含む「レバント海」の記事については、「レバント海」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/10 04:06 UTC 版)

真菌学」の記事における「生態学」の解説

菌類の生態学は、扱いむずかし分野である。菌類培養行ってはじめて観察できる場合多く野外で存在活動把握するのが困難だからであるしかしながら、その自然界における役割重要性明らかである一般に菌類多くの微生物と共に分解者考えられ自然界における生物遺体排泄物分解を行う役割を担うものとされている細部についてみると、特に植物遺体主成分であるリグニンセルロース分解に関しては、菌類働き大きと考えられるその点で生態系における炭素循環においての役割重要であるまた、菌類には他の生物との共生関係を結ぶものが多い。地衣類藻類菌類密接な共生によって、一見独立生物となっている。また、菌根一部高等植物菌類だけの特殊な関係考えられていたが、VA菌根研究の進歩によって、ほとんどの地上植物見られるものであること、様々な肥料成分運搬にかかわることなどがわかり始めており、その方面実用への研究進められている。 表 話 編 歴 生物学対象生物学 動物学 植物学 人類学 真菌学 微生物学 ウイルス学 寄生虫学 分子生物学 生理生化学 生化学 疫学 免疫学 栄養学 病理学 薬理学 生理学 毒性学 細胞・組織学 解剖学 形態学 細胞生物学 発生学 発生生物学 組織学 神経科学 ゲノム遺伝学 遺伝学 古典遺伝学 ゲノミクス 分子遺伝学 集団遺伝学 逆遺伝学 進化生物学 進化生物学 生命の起源 古生物学 分類学 系統学 分岐学 進化分類学 分子系統学 体系学 生態学 生態学 保全生態学 生物海洋学 群集生態学 個体群生態学 動物行動学 社会生物学 応用学際領域 生物地理学 宇宙生物学 生物物理学 生物統計学 時間生物学 数理生物学 量子生物学 バイオインフォマティクス システム生物学 保全遺伝学 バイオメカニクス カテゴリ ブックス コモンズ ニューズ ウィキバーシティ ウィキデータ ポータル

※この「生態学」の解説は、「真菌学」の解説の一部です。
「生態学」を含む「真菌学」の記事については、「真菌学」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 03:06 UTC 版)

ニューモシスチス肺炎」の記事における「生態学」の解説

培養困難であるそのため生態に関して限られた情報しかないニューモシスチス・イロベチイヒト体外で増殖できず、また環境中にも発見されないそのためヒトの呼吸器官が唯一の棲息場所と考えられている。ヒト肺内ではⅠ型肺胞上皮に付着して存在している。免疫能正常な一般人口における定着率は0~20%考えられている。かつてはニューモシチス肺炎幼児期ニューモシスチス・イロベチイ定着し免疫抑制状態になったときに内因性の再燃をおこすと考えられていたが、その後外来性感染説が有力となっている。これは無症候性キャリア感染源となるという考え方である。

※この「生態学」の解説は、「ニューモシスチス肺炎」の解説の一部です。
「生態学」を含む「ニューモシスチス肺炎」の記事については、「ニューモシスチス肺炎」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 03:10 UTC 版)

口笛言語」の記事における「生態学」の解説

口笛言語は、相対的に孤立する場面で人類にとりコミュニケーションする必要性に応じて自然に発達してきた。すなわち、単に距離があったり雑音あったり、夜であったり同様に社会情報上何か特殊な活動をする場面にあるとき、牧羊狩り、漁、求愛シャーマン祈祷といった場面を契機とした。こういった使用法のために口笛言語山岳地深い森関連している事がほとんどである。中国南部パプアニューギニアアマゾン森林アフリカサブサハラメキシコ、それにヨーロッパは、ほとんどそれらの生態学的立地内包している。 口笛言語が、近年見つかるのは、村内での発話による会話狩りや漁の場面で音響環境上の障害克服して口笛言語置き換えることがあるアマゾンといった鬱蒼とした森林地域においてである。口笛言語最たる利点は、通常の発話者より遥かに遠い距離であっても対応できることで、典型的には1~2km、山地最大5km反響のあるではこれを下回るが対応でき、それも叫んだりする必要もなく、かと言って伝わ方向制約生じこともなく行える具体的に口笛言語音量で130dBに達することが可能であり最大範囲10kmにまで伝達可能である。これはカナリア諸島ラ・ゴメラ島実証されている。この長距離での口笛は、口笛言語使われる所が山がちな地勢であるときより強められる。これらの言語のある沢山の地域が、多くの地で遠距離通信仕組み急速に整っていく中でその古代からの伝統維持しよう努力払われている。

※この「生態学」の解説は、「口笛言語」の解説の一部です。
「生態学」を含む「口笛言語」の記事については、「口笛言語」の概要を参照ください。


生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 08:08 UTC 版)

オルトレキシア」の記事における「生態学」の解説

オルトレキシア生態学的な原因特定できるかどうか調査は全く行われていないが、ドニーニ他ではオルトレキシア食品関連中心にした強迫性障害徴候としていて、コントロールすべきことがたくさんあるとされる2013年大学生調査ではオルトレキシア重症度自己報告実行機能英語版反比例することが判明している。これは学生の方計画意思決定を含む複合的な作業行ったことになり、学生オルトレキシアになる可能性が低いというより良い結果になったことを意味する

※この「生態学」の解説は、「オルトレキシア」の解説の一部です。
「生態学」を含む「オルトレキシア」の記事については、「オルトレキシア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生態学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生態学

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 13:01 UTC 版)

名詞

   (せいたいがく)

  1. 生物生物生物環境関係性について研究する学問

翻訳


「生態学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生態学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生態学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生態学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生態学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの生物学史 (改訂履歴)、パンタナル (改訂履歴)、生態系サービス (改訂履歴)、シェナンドー国立公園 (改訂履歴)、昆虫学 (改訂履歴)、ハズ属 (改訂履歴)、イグチ目 (改訂履歴)、レバント海 (改訂履歴)、真菌学 (改訂履歴)、ニューモシスチス肺炎 (改訂履歴)、口笛言語 (改訂履歴)、オルトレキシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生態学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS