生態学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 学問 > 生態学の意味・解説 

生態学

生態学とは、生物環境つながり研究する学問です。ある地域内の動植物群とそれらを支配している気象土壌地形などの環境まとめて生態系呼び、この生態系構造働き変遷などを調べます。対象方法などにより、植物生態学動物生態学、個体群生態学などがあります。「エコロジー」という表現は、70年代初めアメリカで、公害自然破壊契機に始まった「生態系的な観点から、生活環境を自然のバランスの中で見直そう」という市民運動の中で広まり、日本でも一般に使われるようになりました。

生態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 07:56 UTC 版)

生態学(せいたいがく、英語: ecology)は、生物環境の間の相互作用を扱う学問分野である。




  1. ^ Allee, W. C.; Emerson, Alfred E.; Park, Orlando; Park, Thomas; Schmidt, Karl P., ed (1949). “Ecological Background and Growth Before 1900”. Principles of animal ecology.. W. B. Saunders 
  2. ^ 「エコロジーの歴史」p97 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  3. ^ 「エコロジーの歴史」p67-70 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  4. ^ 「エコロジーの歴史」p71 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  5. ^ 「エコロジーの歴史」p115 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  6. ^ 「エコロジーの歴史」p99 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  7. ^ 「エコロジーの歴史」p132 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  8. ^ 「エコロジーの歴史」p134-136 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  9. ^ 「エコロジーの歴史」p98 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  10. ^ Encyclopedia of Earth: Biosphere(生物圏)
  11. ^ 「エコロジーの歴史」p161 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  12. ^ 「エコロジーの歴史」p28-29 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  13. ^ 「エコロジーの歴史」p44-45 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  14. ^ 「エコロジーの歴史」p39-41 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  15. ^ 「エコロジーの歴史」p52-53 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  16. ^ 「エコロジーの歴史」p186 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  17. ^ 「エコロジーの歴史」p202 パトリック・マターニュ著 門脇仁訳 緑風出版 2006年8月1日初版第1刷
  18. ^ 池内昌彦・伊藤元己・箸本春樹 他 『キャンベル生物学 原書9版』 丸善出版株式会社、2013年。 
  19. ^ 「基礎地球科学 第2版」p17 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  20. ^ 「基礎地球科学 第2版」p17 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  21. ^ 「生命の起源はどこまでわかったか 深海と宇宙から迫る」p46-47 高井研編 岩波書店 2018年3月15日第1刷発行
  22. ^ 「基礎地球科学 第2版」p145 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  23. ^ 「人間のための一般生物学」p26 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  24. ^ 「人間のための一般生物学」p70-71 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  25. ^ 「人間のための一般生物学」p90-91 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  26. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p14 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行
  27. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p30 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行
  28. ^ 長島美織, 「環境リスクと健康リスク : バイオスフィア2の教えること」『国際広報メディア・観光学ジャーナル』 19巻 p.31-43, 北海道大学大学院国際広報メディア, 2014-09-26 2020年5月22日閲覧
  29. ^ https://courrier.jp/news/archives/160902/ 「火星移住を夢見た「世界で最も奇妙な科学実験」は本当に失敗だったのか」COURRiER Japon 2019.5.14 2020年5月3日閲覧
  30. ^ 「人間のための一般生物学」p68 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  31. ^ 「人間のための一般生物学」p69 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  32. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p30 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行
  33. ^ https://news.yahoo.co.jp/byline/tatsumiyoshiyuki/20200129-00160738/ 「恐竜絶滅を引き起こした「隕石の冬」と「火山の冬」」巽好幸 ヤフーニュース 2020年1月29日 2020年5月3日閲覧
  34. ^ AFPBB News2012年6月26日閲覧



生態学

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 07:20 UTC 版)

名詞

   (せいたいがく)

  1. 生物生物生物環境関係性について研究する学問

翻訳




生態学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生態学」の関連用語

生態学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生態学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2020 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生態学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生態学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS