光とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > の意味・解説 

ひかり【光】


ひかり【光】


ひかり【光】

目に明るさを感じさせるもの。太陽・星・電球などの発光体から出る光線。主に可視光線をさすが、普通は赤外線から紫外線までの電磁波をいい、真空中での進行速度は1秒間に約30キロメートル。「電灯の光」「光を発する

心に希望光明などを起こさせる物事。「前途に光を見いだす」「オリンピック金メダル国民希望の光与えた」

威力勢力のある者の、盛んな徳や勢い威光。「親の光は七光(ななひかり)」

目の輝き。「目の光が違う」

視力。「事故両眼の光を失った」

「光物(ひかりもの)4」の略。

色・つやなどの輝くほどの美しさ

「—もなく黒き掻練の」〈源・初音

容貌容姿まばゆいばかりの美しさ

「昔の御かげ、さやかにうつしとどめたる御—を」〈有明の別・三〉

はえあること。見ばえのすること。

「かうやうの折にも、先づこの君を—にし給へれば」〈源・花宴

[補説] 書名別項。→光


こう【光】

[音]コウ(クヮウ)(呉)(漢) [訓]ひかる ひかり

学習漢字2年

[一]コウ

ひかる。ひかり。「光輝光線光明眼光月光後光採光閃光(せんこう)・電光日光発光夜光

けしき。「光景観光風光

月日時間。「光陰消光

ほまれ。名誉。「光栄栄光

相手行為尊敬を示す語。「光来光臨

尽きる。すっかり無くなる。「三光政策

[二]〈ひかり(びかり)〉「稲光七光

名のりあき・あきら・あり・かぬ・かね・さかえ・てる・ひこ・ひろ・ひろし・みつ・みつ

難読竹光(たけみつ)


ひかり


英訳・(英)同義/類義語:light

波長の短い電磁波可視光でおよそ数百nm
「生物学用語辞典」の他の用語
物理学分野:  β線  シナプス後電位  レーザー光線  光  光エネルギー  光子  光波

作者石原慎太郎

収載図書わが人生の時の時
出版社新潮社
刊行年月1990.2

収載図書わが人生の時の時
出版社新潮社
刊行年月1993.2
シリーズ名新潮文庫

収載図書石原愼太郎文学 8 わが人生の時の時
出版社文藝春秋
刊行年月2007.8


作者増田みず子

収載図書水鏡
出版社講談社
刊行年月1997.3


作者庄司肇

収載図書わが弾片
出版社沖積舎
刊行年月2002.2
シリーズ名庄司肇コレクション

収載図書庄司肇作品集 第5巻 掌編小説随筆集
出版社作品社
刊行年月2003.8


作者布田竜一

収載図書怪奇堂 2
出版社文芸社
刊行年月2004.6


作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


作者野中柊

収載図書あなたのそばで
出版社文藝春秋
刊行年月2005.9

収載図書あなたのそばで
出版社文藝春秋
刊行年月2008.8
シリーズ名文春文庫


作者田中美景

収載図書ゆめしらべ
出版社新風舎
刊行年月2007.9


読み方:ひかり

  1. 警部ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・和歌山県
  2. 刑事制服巡査を云ふ。
  3. 刑事制服巡査

分類 和歌山県


読み方:ひかる

  1. 見張人がゐること。或は家人が寝てゐないこと。或は金側懐中時計をいふ。「ひかつてゐる」と云ふのが至当であろう
  2. 犯行中、そばに注目している人のいること。見張人のいること。家人がねていないこと。又金側懐中時計をいう。

読み方:ひかる

  1. 看視者又ハ犯罪実行中側ラニアル人ノ注目アルヲ云フ。〔第四類 言語動作
  2. 犯行中、そばに注目している人のあること。〔掏模

分類 掏摸

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ






地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
こうさき
こうざき
ひかり
ひかりざき
ひかる
みつざき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 02:33 UTC 版)

(ひかり)とは、狭義には電磁波のうち波長が380 - 760 nmのもの(可視光)をいう[1]。非電離放射線の一つ。[2]




  1. ^ a b c d e f g h i 照明学会『照明ハンドブック 第2版』、2003年、7頁。
  2. ^ https://www.env.go.jp/chemi/rhm/h27kisoshiryo/attach/201606mat1-01-14.pdf
  3. ^ アルバート・アインシュタイン、金子務訳 『わが相対性理論』 白揚社、1981年、147頁。 
  4. ^ 小川鼎三 他4名編集『医学大辞典』 南山堂、1975年、657頁より。出典の表現を若干変更している。


「光」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/07/14 02:14 UTC 版)

発音

名詞

  1. ひかり電磁波で、人の達し感覚視覚)を生ずるもの。おおよそ短波長側が360nm~400nm、長波長側が760nm~830nmの範囲にある。可視光線

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




光と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「光」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「光」の関連用語

1
100% |||||

2
90% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



光のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS