勤めとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 勤め > 勤めの意味・解説 

つとめ【勤め/務め】

読み方:つとめ

当然果たさなければならない事柄任務義務。「税金納めることは国民の―だ」

官公庁会社など雇われて、働くこと。勤務。「一日の―を終える」

仏道修行また、僧侶が日課として行う勤行(ごんぎょう)。「朝夕の―を欠かさない

遊女などが稼業として客の相手をすること。

「あの娼妓は、あなたにゃあ―をはなれた仕うちでげすぜ」〈文・安愚楽鍋〉

遊女揚げ代。また一般に支払うべき金銭勘定

四十ばかりの女、…―をとりにきたり」〈滑・膝栗毛・六〉


勤め

読み方:つとめ

【文語】マ行下二段活用動詞勤む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


勤め

読み方:つとめ

マ行下一段活用動詞「勤める」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

勤め

読み方:つとめ

マ行下二段活用動詞勤む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
勤む」の口語形としては、マ行下一段活用動詞「勤める」が対応する

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

勤め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 07:13 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「勤め」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「勤め」を含むページの一覧/「勤め」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「勤め」が役に立つかも知れません。

関連項目



勤め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 00:37 UTC 版)

田辺祭」の記事における「勤め」の解説

「勤め」とは、厄等の追い払い清め祝いなど町々により意味合いは違うが、「御宿」「神社前等」にて「囃子や歌を奏でる」点は共通であるいわゆる奉納)[要出典]。 衣笠の勤め 御宿または神社に礼の後(住矢紺屋町衣笠共通)。その後住矢」は左廻り回転後、走って後を去る。[要出典] 手順毎に稚児による笛・太鼓当番役員御神歌も含む)(先囃子)に続き笠鉾囃子)の順でおこなわれ、勤められた側(御宿神社など)からの「〆汐祓」が左右正面に撒かれ、勤めは終了となる[要出典]。 稚児については、時代の変化暑さや子どもへの負担など)により、現在は江川での御旅所潮垢離鬪鷄神社にての「勤め」のみであるため御宿鬪鷄神社以外の神社では基本的に御神歌」と「笠鉾」の奉納となる[要出典]。 なお、現在は江川町紺屋町片町については稚児出していないため、上記の通りでなく、当番役員による「御神歌」の後に笠鉾囃子)」または、「衣笠」の順となる[要出典]。 時間 勤める時間について(特に笠鉾)は本来、時間限りがなかった(勤められる側への一任等)。現在においては祭事当日は交通規制おこなわれ時間制限がかかる関係で、以下のような規約設けられている[要出典]。 当番役員の勤め「御神歌は二節ある内の一節のみ(神社を除く)」 笠鉾の勤め「御宿◯分以内神社●分以内

※この「勤め」の解説は、「田辺祭」の解説の一部です。
「勤め」を含む「田辺祭」の記事については、「田辺祭」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「勤め」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

勤め

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 04:23 UTC 版)

和語の漢字表記

(つとめ)

  1. つとめを参照

「勤め」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



勤めと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「勤め」に関係したコラム

  • 株365の税金は

    株365で利益を得た場合には確定申告をして税金を納めなければなりません。課税方法は申告分離課税で、税率は利益の20%になります。申告は、会社勤めをしているサラリーマン、主婦、フリーターなど、職業を問わ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勤め」の関連用語

勤めのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勤めのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勤め (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの田辺祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの勤め (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS