正面とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 正面 > 正面の意味・解説 

しょう‐めん〔シヤウ‐〕【正面】

物の前の面。建築物などの表の側。おもて。「—から出入りする」「—玄関

正しく向き合っている方向。まっすぐ前。「—を向く」「—に見える建物

物事まともに対すること。避けたりしないで、直接立ち向かうこと。「問題に—から取り組む

相撲で土俵北側の席。→向こう正面

能舞台で、中央から前の目付(めつけ)脇柱との間の所、およびその外縁の観客席。正(しょう)。→能舞台中正面脇正面

正面の画像

ま‐と‐も【正面/面】

[名・形動《「真(ま)つ面(も)」の意》

まっすぐに向かい合うこと。正しく向かい合うこと。また、そのさま。真正面。「—に風を受ける」「—に相手の顔を見る」

策略駆け引きをしないこと。また、そのさま。「—に戦ってはとても勝てない

まじめなこと。正当であること。また、そのさま。「—な人間なりたい」「これは—な金だ」

[派生] まともさ[名]


正面

読み方:ショウメン(shoumen)

正しく前方向いていること


正面

収載図書新耳袋現代百物語 第5夜
出版社メディアファクトリー
刊行年月2000.7


正面性

(正面 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/17 00:44 UTC 版)

デンマークの学者ユリウス・ランゲが、1899年に著書『造形芸術における人間の形態』のなかで「正面性の法則」を提示しており、この頃から「正面性」という発想が広まりはじめたものと思われる。「正面性の法則」とは、古代彫刻(神を含む人体像)が、彫刻の前に立った者に対し「正面から向き合う」ように左右対称に彫られているとするものであり、彫刻を見る側にとっては、彫像を正面(前。顔[2]のある側。)から観ると(正面観)左右対称に見え、正面から向き合うという感覚を得ることができるということになる。 同様の発想で、神殿などに左右対称というデザインが取り入れられていることがある。例えば直方体の建築物があれば左右対称だが、この場合は「左右対称の軸(厳密には対称面)が2つある」ことになる。「正面をはっきりさせるための左右対称」なのに、正面が2つも4つもあるということになる。


  1. ^ 一義的は定義が一つ決まるという意味。 一意性制約の項目にある一意とは異なる。
  2. ^ 現在の定義文では「頭部の正面」
  3. ^ 一意性制約の項目にある一意の用法。
  4. ^ 例えば画像診断での読影の際、人体が正面を向いているかは重要な要素となる。
  5. ^ 宇治市ウェブサイトのまちづくり・環境カテゴリーから行くことができる
  6. ^ 設計は日建設計
  7. ^ 現武庫川女子大学建築学科(大学院建築学専攻)岡崎教授のグループ研究から ただし「正面性」は、パーツで「空間構成」するに至らず代りに作者のほうに向けるということから、作者(未就学児)の「自己中心性」を表すとされる。


「正面性」の続きの解説一覧

正面(英名:The Remote Control)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 09:15 UTC 版)

作法棒の先端正面に向け離母魂(リモコン)を持つように真っ直構える。素故に隙の無い姿は全ての作法基本

※この「正面(英名:The Remote Control)」の解説は、「おどるメイド イン ワリオ」の解説の一部です。» 「おどるメイド イン ワリオ」の概要を見る


正面(歩道側)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/18 05:32 UTC 版)

一般国道4号は、東京都中央区起点とし、関東平野北上して東北地方の太平洋側内陸部福島市仙台市盛岡市等の主要都市経由し青森市終点とする延長739.0kmの幹線道路で、仙台市はほぼ中間に位置する

※この「正面(歩道側)」の解説は、「仙台市道路元標」の解説の一部です。» 「仙台市道路元標」の概要を見る


正面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/01 03:39 UTC 版)

高さ1.7m、中央に高さ1.7m、幅1.12mの枠取りなされた奥壁に線刻される。 中尊 - 正面中央に位置する高さ1.4mの最も大きな仏像で、2重の蓮華座結跏趺坐する盧舎那仏(または釈迦如来とも)で、奈良時代後期の作とされる量感豊かな体部と鋭い線刻による気品の高い作風とされ、色彩施され金箔の痕も確認されている。 薬師如来 - 中尊向かって左手に位置する十一面観音 - 室町時代ごろの追刻とされる

※この「正面」の解説は、「地獄谷石窟仏」の解説の一部です。» 「地獄谷石窟仏」の概要を見る


正面(英名:The Remote Control)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 09:15 UTC 版)

作法棒の先端正面に向け離母魂(リモコン)を持つように真っ直構える。素故に隙の無い姿は全ての作法基本

※この「正面(英名:The Remote Control)」の解説は、「おどるメイド イン ワリオ」の解説の一部です。» 「おどるメイド イン ワリオ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

正面

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 10:13 UTC 版)

名詞

しょうめん

  1. 物の前の面。
  2. 正しく向き合う方向
  3. まともにすること。
  4. 能舞台中央から前の部分

対義語

発音(?)

東京アクセント
しょ↗ーめ↘ん
京阪アクセント
しょ↘ーめん

「正面」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



正面と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

正面のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



正面のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
NPO法人せんすNPO法人せんす
Copyright(c) 2022 NPO Sense All rights reserved.
能の誘い
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正面性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのおどるメイド イン ワリオ (改訂履歴)、仙台市道路元標 (改訂履歴)、地獄谷石窟仏 (改訂履歴)、おどるメイド イン ワリオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの正面 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS