取り組むとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 動詞 > 五段活用 > マ行五段活用 > 取り組むの意味・解説 

とり‐く・む【取(り)組む】

[動マ五(四)

互いに組み合うとっくむ。特に、相撲で、勝負をする。「横綱と—・む」「がっぷり四つに—・む」

全力事にあたる。「新し研究に—・む」

手を取り合う

二人の女房は手に手を—・んで」〈太平記一一


とり‐く・む【取組】

〔自マ五(四)

相手となって組み合う組みつき合う

色葉字類抄(1177‐81)「拏 ヒコツラフ トリクム事也」

手を組む。手をとり合う。

平家13C前)四「手をとりくみ、肩をならべてわたすべし」

相手となって争う。勝負をする。

相撲をとる

俳諧詞林金玉集(1679)一一とりくむ手と手四つ辻相撲〈可〉」

(5) 熱心に手がける全力をあげてことにあたる

故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉七「ものごとに対して真剣に取りくんで行く彼女の態度は」

(6) 組み立てる。仕組む組織する。

浮世草子好色一代男(1682)五「挟箱よりたたみ家躰取組(トリクミ)」

談義本化物判取牒(1755)四「旅芝居出来て〈略〉曾我狂言とりくみけるが」

(7) 取引市場売りと買いと組み合う




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取り組む」の関連用語

取り組むのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取り組むのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS