組織化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 組織 > 組織化の意味・解説 

そしき‐か〔‐クワ〕【組織化】

読み方:そしきか

[名](スル)まとまりのない個々のものを一つ組織にまとめること。「地域活動を―する」

「組織化」に似た言葉

組織化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

組織化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 23:45 UTC 版)

セプチン」の記事における「組織化」の解説

セプチンは、細胞皮質septin cortex呼ばれる特別な領域形成する細胞周期を通じてseptin cortexはいくつかの変化生じる。最初に可視化されるセプチン構造は、出芽の約15分前に出現する明確なリング構造である。出芽後にリング構造広がり、親細胞bud neck周辺砂時計型の形状となる。細胞質分裂時にはseptin cortex二重のリングへと分割され最終的には消失するFRAP英語版解析によって、bud neckでのセプチンターンオーバーには細胞周期の間で複数回変化生じることが明らかにされている優勢で機能的なコンフォメーションは低いターンオーバー率で特徴づけられ(frozen state)、セプチンリン酸化されている構造変化にはseptin cortex不安定化必要でありfluid state)、出芽リング分割細胞分離先立って脱リン酸化によって誘導される

※この「組織化」の解説は、「セプチン」の解説の一部です。
「組織化」を含む「セプチン」の記事については、「セプチン」の概要を参照ください。


組織化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 02:05 UTC 版)

コースト・ウォッチャーズ」の記事における「組織化」の解説

上述のような背景抱えつつ、監視組織具体化過程問題となったのは、人選業務の実施要領であった人選の候補としては、警官官吏宣教師、民航パイロット植民地巡視官、椰子プランテーション経営者などが挙げられた。実施要領作成問題となったのは連絡手段であるが、これは離島への通信であるので、100kmから200kmの通信距離要求され電波伝搬特性勘案し電離層反射使える中波無線機形式名称:Type 3B)が選定された。通信方式電話ではなく電信を主とした。なお、実際の通達距離は電話最大400マイル電信最大600マイルとの結論出されている。第二次世界大戦当時でも沿岸監視使用する用途中波無線機となるとバッテリーなどがかさばって非常に重く運搬には1213人ほどの要員必要であった為、一つの班はこの人数が基準となった。 この無線機調達する為国会社(Amalgamated Wireless Australia)が設立されポートモレスビーラバウル基本的な拠点とし、そこから支所雨後の竹の子のように開設していった。なお、通信内容平文ではなく簡単な乱数表による暗号化なされている暗号化余裕が無い時には以前警察署長をしていたことのある背の高いクリスチャンと言ったような、地域住民のみが知るローカルなヒント用いて秘匿する試みなされたオーストラリア沿岸監視機関はエリック・フェルドオーストラリア海軍少佐指揮され、豪北タウンズビル拠点置いた同市には陸海軍統合方面司令部(Combined Operational Intelligence Center)があり、情報部門陸海軍統合運用であったという。フェルド1939年9月21日着任し、組織化と各班への無線機の基配備1940年8月までになされた政府当初予算計上渋ったが、欧州戦火拡大見て姿勢変化させた。フェルド職務熱心だったので、要員の候補者の大半面接したと言う。なお、フェルド選任に当たってラジオ無線機所有者優先した8月時点では島伝い拠点連続的に配置され豪雨時以外は昼間はほぼカバーすることが可能となったまた、海軍情報将校ポートモレスビーラバウルツラギニュージョージア島ヴィラの4箇所配置され中間の組織として各拠点モレスビータウンズビルへの情報吸い上げの中で取捨選別役割果たさせた。なお、各拠点には3~6か月分の食料集積し兵站対策とした。

※この「組織化」の解説は、「コースト・ウォッチャーズ」の解説の一部です。
「組織化」を含む「コースト・ウォッチャーズ」の記事については、「コースト・ウォッチャーズ」の概要を参照ください。


組織化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 21:04 UTC 版)

カタルーニャ独立への道」の記事における「組織化」の解説

2013年6月19日カタルーニャ歴史博物館カタルーニャ語版)で初めて「カタルーニャの道」の計画明らかにされた。1989年「バルトの道」組織者であるHenn KaritsとÜlo Laanojaも、カタルーニャでのデモ発表会見に出席した7月4日カタルーニャ国民会議ウェブサイト参加登録開始した最初の24時間22,000人が登録し最初の1週間78,000人が登録した。登録開始から9日後の7月12日には登録者数10万人を越え7月30日には25万人越えたイベント開催される3週間前には、35万人上がすでに登録を済ませていた。しかし、組織者カタルーニャ南部カバーする参加者足りないという問題抱えていた。開催9日前の9月2日時点では参加者低密度となる地域なくなり人間の鎖成功保証された2013年夏季にはカタルーニャいくつかの都市何度かリハーサルが行われた。

※この「組織化」の解説は、「カタルーニャ独立への道」の解説の一部です。
「組織化」を含む「カタルーニャ独立への道」の記事については、「カタルーニャ独立への道」の概要を参照ください。


組織化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/30 15:59 UTC 版)

アクチン」の記事における「組織化」の解説

繊維束とネットワークは、アクチンフィラメント構成する2つ一般的な構造タイプである。アクチン結合タンパク質アクチンフィラメント架橋結合をしてどちらの構造形成する指示する

※この「組織化」の解説は、「アクチン」の解説の一部です。
「組織化」を含む「アクチン」の記事については、「アクチン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「組織化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「組織化」の例文・使い方・用例・文例




組織化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「組織化」の関連用語

組織化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



組織化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2023by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのセプチン (改訂履歴)、コースト・ウォッチャーズ (改訂履歴)、カタルーニャ独立への道 (改訂履歴)、アクチン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS