抵抗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 抵抗 > 抵抗の意味・解説 

てい‐こう〔‐カウ〕【抵抗】

読み方:ていこう

[名](スル)

外部から加わる力に対してはむかうこと。さからうこと。「権力に―する」「大手資本進出地元商店会が―する」

すなおに受け入れがたい気持ち反発する気持ち。「相手態度に―を感じる」「一人で入るには―がある」

流体中を運動する物体流れから受ける、運動方向逆向きの力。

電気抵抗」の略。

[用法] 抵抗・反抗――「むやみに抵抗(反抗したって仕方がない」など、手向かう意では相通じ用いられる。◇「抵抗」は他からの力に張り合い、それを退けようとすることに重点がある。「誘惑抵抗する」「市民激しい抵抗にあう」「病魔への抵抗にも限界があった」◇「反抗」は外からの力、特に権威権力にさからおうとすることに重点がある。「反抗」が否定的に評価されることがあるのはそのためである。「理由なき反抗」「親に反抗して家を出る」◇類似の語に「反発」がある。他の人意見考え方にさからう点で「抵抗」と相通じ用いられる。「友人反発を招く」「上司発言反発する


ていこう 抵抗 resistance

電気抵抗の略。電気流れようとする電流抵抗する要素電気流れにくさをいう。Ωオームで表す。100Vおける100Wの電球の抵抗は100Ω。

抵抗

作者脇山太介

収載図書特調部―行方不明者探しプロフェッショナル集団
出版社アイ・アイ・サービス
刊行年月2004.3


抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 10:06 UTC 版)

抵抗(ていこう)




「抵抗」の続きの解説一覧

抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 00:19 UTC 版)

ジョン・ケイ (飛び杼)」の記事における「抵抗」の解説

1733年7月ケイ飛び杼製造のために出資募りコルチェスター事業開始した。これは産業革命きっかけとなる生産性向上させる最初の機器であって産業界動揺生じることは予期されていなかった。しかし1733年9月コルチェスターの手織り職人ケイ発明生計成り立たなくなることを心配し、王にケイ発明品生産事業止めさせるよう請願した。 また飛び杼は織り生産性向上させるものの、糸の生産性はまだ上がっていなかったため、紡績業にとっても破壊的影響予想されたケイベリー飛び杼普及させようとしたが、それが十分実用に耐えることを毛織物業者に納得させることができず、その後2年間は技術改良費やし1733年特許よりさらにいくつかの改良施したものを開発したそのこと後の特許紛争問題生じている)。 1738年にはリーズ移り住んだが、特許料不払いという問題生じた当時飛び杼1個につき、年間15シリング特許料設定していた。発明続けており、同年いくつかの特許取得しているが、それらは事業には結びつかなかった

※この「抵抗」の解説は、「ジョン・ケイ (飛び杼)」の解説の一部です。
「抵抗」を含む「ジョン・ケイ (飛び杼)」の記事については、「ジョン・ケイ (飛び杼)」の概要を参照ください。


抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 10:13 UTC 版)

告白教会」の記事における「抵抗」の解説

ボンヘッファー義兄ハンス・フォン・ドホナーニを介して黒いオーケストラ呼ばれるドイツ国防軍内のヒトラー組織接近した。しかし1944年7月20日ヒトラー暗殺未遂事件後に逮捕、処刑された。

※この「抵抗」の解説は、「告白教会」の解説の一部です。
「抵抗」を含む「告白教会」の記事については、「告白教会」の概要を参照ください。


抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 09:22 UTC 版)

軍事力」の記事における「抵抗」の解説

相手軍事的な威嚇行動に対して抵抗する機能である。専守防衛軍事戦略とする日本スウェーデンスイスなどの軍事組織はこの基本戦略特化した編成訓練行っている。[要出典]

※この「抵抗」の解説は、「軍事力」の解説の一部です。
「抵抗」を含む「軍事力」の記事については、「軍事力」の概要を参照ください。


抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 06:35 UTC 版)

直列回路と並列回路」の記事における「抵抗」の解説

直列回路上の全部品の電気抵抗合計は、個々の部品電気抵抗値を加算しものとなるR t o t a l = R 1 + R 2 + ⋯ + R n {\displaystyle R_{\mathrm {total} }=R_{1}+R_{2}+\cdots +R_{n}} ここで、 R 1 {\displaystyle R_{1}} 、 R 2 {\displaystyle R_{2}} などは直列接続された抵抗器である。オームの法則によれば電流 I {\displaystyle I} は以下のうになるI = V R t o t a l {\displaystyle I={\frac {V}{R_{\mathrm {total} }}}} 個々の抵抗器 R i {\displaystyle R_{i}} にかかる電圧は、再度オームの法則使って次のようになる。 V i = I R i {\displaystyle V_{i}=IR_{i}\,} ここで I {\displaystyle I} は上で求められた電流である。各抵抗器には抵抗値比例した電圧がかかる。従っ抵抗器2つの場合、次のような関係が成り立つ。 V 1 V 2 = R 1 R 2 {\displaystyle {\frac {V_{1}}{V_{2}}}={\frac {R_{1}}{R_{2}}}}

※この「抵抗」の解説は、「直列回路と並列回路」の解説の一部です。
「抵抗」を含む「直列回路と並列回路」の記事については、「直列回路と並列回路」の概要を参照ください。


抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 06:35 UTC 版)

直列回路と並列回路」の記事における「抵抗」の解説

全部品の電気抵抗総和は、個々の抵抗器抵抗値 R i {\displaystyle R_{i}} の逆数総和逆数である。 1 R t o t a l = 1 R 1 + 1 R 2 + ⋯ + 1 R n {\displaystyle {\frac {1}{R_{\mathrm {total} }}}={\frac {1}{R_{1}}}+{\frac {1}{R_{2}}}+\cdots +{\frac {1}{R_{n}}}} ある抵抗 R i {\displaystyle R_{i}} に流れ電流は、オームの法則により次のようになる。 I i = V R i {\displaystyle I_{i}={\frac {V}{R_{i}}}\,} 各抵抗器には抵抗値逆数比例した電流が流れるので、2つ抵抗器がある場合次のような関係が成り立つ。 I 1 I 2 = R 2 R 1 {\displaystyle {\frac {I_{1}}{I_{2}}}={\frac {R_{2}}{R_{1}}}}

※この「抵抗」の解説は、「直列回路と並列回路」の解説の一部です。
「抵抗」を含む「直列回路と並列回路」の記事については、「直列回路と並列回路」の概要を参照ください。


抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 17:03 UTC 版)

等価回路」の記事における「抵抗」の解説

理想的な抵抗器電気抵抗成分 R {\displaystyle R} しか持たない右図(a))。 しかし、実素子としては、抵抗素子自体素子接続するリード線部が有するインダクタンス L s {\displaystyle L_{s}} 、端子間に存在する静電容量 C p {\displaystyle C_{p}} の影響を受けるので、これらの要素を組み合わせたものが等価回路になる(右図(b)(c))。このため用い周波数によってインピーダンス変化する素子として振る舞う

※この「抵抗」の解説は、「等価回路」の解説の一部です。
「抵抗」を含む「等価回路」の記事については、「等価回路」の概要を参照ください。


抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 01:57 UTC 版)

精神分析学」の記事における「抵抗」の解説

心理的問題解決のために治療者のもとを訪れたにもかかわらず患者治療過程が進むことを無意識的拒んでしまうことを抵抗(Resistanceもしくは治療抵抗という。これは、無意識に目を向けることには苦痛伴うため、自我自然と無意識の表出防衛する事によって起こると考えられている。この抵抗を乗り越え、いかに無意識解明するかが、治療過程の重要な局面となる。

※この「抵抗」の解説は、「精神分析学」の解説の一部です。
「抵抗」を含む「精神分析学」の記事については、「精神分析学」の概要を参照ください。


抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 13:09 UTC 版)

ガスライティング」の記事における「抵抗」の解説

特に女性に関して言うと、ヒルデ・リンデマン(英語版)は「ガスライティングの場合、それに抵抗する能力は、自分の判断力信頼する能力に負っている」と述べている。加害者抵抗する別の解釈」を打ち立てることは、「通常の自由な心の働き」を取り戻す、あるいは初め手に入れることの助けになるかもしれない

※この「抵抗」の解説は、「ガスライティング」の解説の一部です。
「抵抗」を含む「ガスライティング」の記事については、「ガスライティング」の概要を参照ください。


抵抗(レジスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:15 UTC 版)

カードファイト!! ヴァンガード」の記事における「抵抗(レジスト)」の解説

対象指定する退却効果呪縛対象指定されない効果

※この「抵抗(レジスト)」の解説は、「カードファイト!! ヴァンガード」の解説の一部です。
「抵抗(レジスト)」を含む「カードファイト!! ヴァンガード」の記事については、「カードファイト!! ヴァンガード」の概要を参照ください。


抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 14:57 UTC 版)

ムクワワ」の記事における「抵抗」の解説

ドイツの東アフリカ進出に対し部族として抵抗し植民地政府をもっとも苦しめたのは南西部ムクワワ率いられていたヘヘ族だった。ムクワワはしばしキャラバン隊襲い通商路分断した。1891年7月ドイツ植民地長官エミール・フォン・ツェレウスキ(ドイツ語版)は1個大隊将校を含む320名のアスカリポーター)を率いてヘヘ族の鎮圧向かったムクワワドイツ軍和平しようと贈り物持たせた使者送ったが、ドイツ軍兵士はその使者近づいてくる射殺してしまった。態度硬化させたムクワワ8月17日、ルガオ(英語版)にて3,000からなる強力な軍(とはいえと数丁の銃しか装備していなかった)でドイツ軍待ち伏せ攻撃したドイツ軍またたく間に圧倒され、ツェレウスキは殺された(ルガオの戦いドイツ語版))ムクワワドイツ軍来襲備え本拠地カレンガ(英語版)を12kmにおよぶ防壁囲んだ植民地政府3年かけて準備した後の1894年10月28日新任ドイツ植民地長官フリードリヒ・フォン・シェーレ(ドイツ語版男爵前回2倍兵力でカレンガにあったムクワワ要塞攻撃したムクワワの軍は2日に渡り要塞守ったが、10月30日には陥落したムクワワ少数部下脱出することができた。それ以降ムクワワゲリラ戦展開し4年間に渡り植民地政府に対する擾乱活動行った1898年7月19日彼は隠れ家にいたところをドイツ軍襲われ逮捕されるより銃による自害選んだ鎮圧後植民地政府は、ヘヘ族の首長会議解散させ、重い罰金課した彼の死後ドイツ兵士ムクワワの首を切断し頭蓋骨ベルリンへ送られ最後はおそらくブレーメン博物館納められた。第一次世界大戦終結した1918年ドイツ領東アフリカイギリス管理官H.A.バイアトは政府に対しヘヘ族の大戦におけるイギリス帝国への協力報償として、そして現地に対してドイツの支配完全に終わったこと保証するシンボルとしてムクワワ頭蓋骨タンガニーカ返還するよう求めた。頭蓋骨返還1919年ヴェルサイユ条約において規定された。 第246条、本条約が発効されて6ヶ月以内に、(中略ドイツドイツ保護領東アフリカから持ち去られドイツ送られたスルターン・ムクワワの頭蓋骨イギリス国王陛下政府引き渡さなければならない。 しかしドイツ頭蓋骨引き渡し抵抗しイギリス政府はその所在突き止めることができなかったという立場をとった。 第二次世界大戦後タンガニーカ総督サー・エドワード・トゥイニングはその条項を再び取り上げた1953年彼自身ブレーメン博物館訪れた博物館には2,000頭蓋骨収集されており、そのうちの84が元ドイツ領東アフリカからのものだった彼は生存していたムクワワ親類サイズ類似しているものを選び出しその中から弾痕あるものムクワワ頭蓋骨同定した。 頭蓋骨1954年7月9日返還されイリンガに近いカレンガのムクワワ記念博物館所蔵されている。

※この「抵抗」の解説は、「ムクワワ」の解説の一部です。
「抵抗」を含む「ムクワワ」の記事については、「ムクワワ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「抵抗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

抵抗

出典:『Wiktionary』 (2021/08/10 10:35 UTC 版)

発音

名詞

(ていこう)

  1. 外からの逆らうこと。
  2. 権力などに従わず歯向かうこと。
  3. そのまま素直受け入れられない気持ち
  4. 力の作用に対し反対方向作用する力
  5. (俗語) 電子部品一種である抵抗器俗称
  6. (物理学) 電気抵抗の略。

関連語

動詞

する (ていこうする)

  1. 外からの逆らう
  2. 権力などに従わず歯向かう

活用


「抵抗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



抵抗と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「抵抗」に関係したコラム

  • FXやCFDのチャートクラフト方式とは

    FXやCFDのチャートクラフト方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。チャートクラフト方式は考案者のコーエンの名をとって、コーエン方式ともいいます。チャートクラフト方式...

  • FXやCFDの線形回帰チャネルとは

    線形回帰チャネルとは、線形回帰分析の1つで線形回帰線の上部と下部に線を引いたものです。一般的にFXやCFDなどで取引される銘柄の価格は、線形回帰チャネル内に収まりながら推移します。線形回帰チャネルは、...

  • FXやCFDのサポートラインとレジスタンスラインのパターン

    FXやCFDでのサポートラインとは、相場の下値を支える線のことで、支持線ともいいます。また、レジスタンスラインとは、相場の上値を押える線のことで、抵抗線ともいいます。FXやCFDでのサポートラインとレ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「抵抗」の関連用語

抵抗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



抵抗のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2023 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの抵抗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジョン・ケイ (飛び杼) (改訂履歴)、告白教会 (改訂履歴)、軍事力 (改訂履歴)、直列回路と並列回路 (改訂履歴)、等価回路 (改訂履歴)、精神分析学 (改訂履歴)、ガスライティング (改訂履歴)、カードファイト!! ヴァンガード (改訂履歴)、ムクワワ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの抵抗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS