ケイとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ケイの意味・解説 

ケイ 【Ellen Karolina Sofia Key】 ○

1849~1926スウェーデン社会思想家。母性児童尊重基軸社会問題を論じ,特に日本女性運動大きな影響与えた。著「恋愛と結婚」「児童世紀」など。

ケー 【Ellen Karolina Sofia Key】 ○

ケイ

け い -ゐ 【褻居】

主人普段いるところ。居間小座敷。 「なつかしく思はれけるにや,額突きしたる-に呼び入れて/沙石 1

けい 【兄】

[1] ( 名 )
兄弟のうちの,年長男性。あに。 ↔ てい
[1] ( 代 )
二人称男子手紙などで親し先輩同輩敬っていう語。きみ。 「 -のご意見をお聞かせ下さい
接尾
男子手紙などで,先輩同輩氏名につけて敬意を表すのに用いる。 「佐藤-」

けい [1] 【刑】

法律規則によって科せられる罰。刑罰。 「五年の-に処す」 「 -を科す

けい [1] 【圭

古代中国儀礼用の玉器の一。天子諸侯使者のしるしとして与え,また,祭祀さいしなどに用いた。下が四角柱で,上部とがっている

けい [1] 【系】

ある関係のもとにつながった統一体。体系。 「一つの-をなす」
〘地〙 地質時代区分の「紀」の期間に形成された地層岩体。 「カンブリア-」
system物理・化学生物などの分野で,一定の相互作用相互連関のもとにある,もしくはあると想定されるものから成る全体力学系生態系神経系開放系など。

けい [1] 【京】

数の単位。兆の1万倍。すなわち1016乗。古くは兆の10倍をいう。きょう。

けい [1] 【径】


けい [1] 【奎


ケイ

英語 Kei

ケイは軽、軽自動車(この場合乗用車)のこと。このネーミングがよくぞ登録商標になったと思うが、ローマ字にすることで初め認可されたと伝えられる。スズキでは、新型車が軽の次世代スタンダードになってほしいと願い込め命名したという。1998年10月発売

新し発想による新ジャンルクルマで、コンセプト次の3点。(1)軽自動車イメージを超えて行動半径広げる、高い走破性と走行性能、(2)乗り降り見晴らしなど、日常での使い勝手のよさ、(3)一次世代セダン予感させる新鮮なフォルム

エンジンはすべて3気筒電子制御燃料噴射(EPI)で、DOHC12バルブ・658cc・55ps(LEV)、SOHC・6バルブ・657cc・60ps、DOHC12バルブインタークーラー付きターボ・658cc・64psの3機種駆動方式FF基本だが4WDもあった。4WDはロータリーブレード・カップリング(RBC)方式で、ABSとの整合性もいい。ミッションは5速MTと3速、4速ATをグレードにより使い分けていた。タイヤ通常のラジアルで、上位グレード2車には、ブレーキアシスト付きABS標準。AM/FM(カセットプレーヤー付き)ラジオ(4スピーカー)は、Sタイプ標準装備するが、他グレードではオプション扱い最低地上高は175/185mm(4WD)と大きめで、オンロードはもちろん、ラフロードもこなせる設定だった。

99年3月5ドア車追加。インタークーラー付きターボの60psあるいは64psエンジンを載せ、駆動方式FF4WDがあった。ATはすべて4速。しかし、10月マイナーチェンジバリエーション見直し行い3ドア車が消え5ドア車には廉価なEモデル追加これを機に3速AT廃止すべての車種で5速MTと4速ATが選択できるようになった外観ではヘッドランプの形が新しくなると同時にフロントグリルバンパーデザインをー新した。シート表皮変更などで内装質感も向上した。2001年4月に、通常モデルインスツルメントパネル一新すると同時に、スポーツグレードにVST装着車を設定した。ピレット調グリル専用のめっきホイールキャップ個性演出した、DJという新グレードリリース。同じ月、スポーツRというモデル追加した。11月運転席助手席SRSエアバッグ、フロントシートベルトプリテンショナー、フォースリミッターを全車に標準装備。Mターボ・エンジン搭載車を新設定した。

2002年11月ステアリングホイール、メーターパネル、シート表皮など内装デザイン変更同時にお買い得車「Eタイプ」、スポーティ車「ワークス」を追加設定した。既存モデルの5速MT車、4速AT車とも「超一低排出ガス認定」を取得。4速AT車燃費向上もはかった。

ケイ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

読み方:ケイ(kei

(1)奈良時代個人間の往復書状に用いた私文書
(2)皇太子および三后下す令旨に対応して、下からたてまつる文書


読み方:ケイ(kei

上部がとがって下方四角の玉、又は和算二等辺三角形


読み方:ケイ(kei

二八宿の一。

別名 奎宿とかきぼし


読み方:ケイ(kei

多く青銅製で平板な修法用の打器。


褻居

読み方:ケイ(kei

主人のいつもいる部屋

別名 常居


ケイ

名前 KeiKeyKayKayeCayKaiKeayKeyeKyeQuay

読み方:ケイ(kei

紫蘭別称

季節

分類 植物


毛井

読み方:ケイ(kei

所在 大分県大分市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/23 08:35 UTC 版)

ケイ

ケイ

英語の姓
英語の女性名
人名
愛称
その他

K

漢字

関連項目



  • 画数:7
  • 音読み:ケイ


  • 画数:10
  • 音読み:ケイ

  • 画数:11
  • 音読み:ケイ

  • 画数:14
  • 音読み:ケイ、 ケ
  • ピンイン:hui4
  • 対応する英語:sharp

  • 画数:7
  • 音読み:ケイ
















  • 画数:14
  • 音読み:ケイ、 ケ、 キ、 ギ
  • ピンイン:kui2
  • 対応する英語:staring


  • 画数:22
  • 音読み:ケイ







※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ケイ」の関連用語

ケイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジャンピエール・ウィミーユ

ユーノス300

アーミン・シュバルツ

レーザーレーダー

騒音レベル

Lアーム

サーモスタット

オートザム・クレフ





ケイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS