限界とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 限界の意味・解説 

げん‐かい【限界】

読み方:げんかい

物事の、これ以上あるいはこれより外に出られないというぎりぎりの範囲、境。限り。「広葉樹分布北の―」「能力の―を知る」「体力の―に挑戦する

[用法] 限界・限度――「疲労が限界(限度)に達している」「限界(限度を超える」などでは、相通じ用いられる。◇「限界」は、それ以上進めなくなるところという意が強く、「限度」は、あらかじめそこまで限られたところという意が強い。◇「体力能力)の限界を感じた」は「限度」に置き換えられないし、「有給休暇二週間限度とする」は「限界」に置き換えられない。◇類似の語に「極限」がある。「極限」はぎりぎりのところという意が強く、「能力極限挑む」などのほか、「極限状態のような熟語生む


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/14 15:09 UTC 版)

限界(げんかい)は分野により全く異なる意味に用いられる。




「限界」の続きの解説一覧

限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/17 14:43 UTC 版)

PaX」の記事における「限界」の解説

PaX実行ファイルカーネル潜在する基本的な設計ミス対処することはできない。それは例えば、原理的に検出不可能方法攻撃可能とするような問題である。例えば、スクリプト言語インタプリタファイルネットワークアクセスできるため、悪意あるスクリプト使って特権ユーザーアカウントを通して重要データを盗むことも可能であるPaX書式文字列攻撃一部防げない。書式文字列攻撃では、既存コード使って任意のデータ位置読み書き可能であり攻撃者内部アドレス事前に知っておく必要がなく、攻撃用コード注入する必要もない。 PaX公式サイトにある文書では、PaX防ごうとしている攻撃三種類としている。その文書によればPaX はそれらを効果的に防ぐことができるが、それ以外攻撃は防ぐことはできない実行コード領域保護可能で、そのベース任意のアドレスにでき、完全なアドレス空間ランダム化可能であることが前提である。防ぐことができる攻撃大まかに言えば次の通りである。 何らかのコード導入し実行する攻撃いわゆるシェルコードであることが多い。 プログラマ意図していない不正な順序既存コード実行させる攻撃return-to-libc攻撃呼ばれる既存コード正し順序実行させるが、適当なデータ与えることで望み動作をさせる攻撃。1.1.4-a 以前zlib にこの問題があることが知られているPaXこれらの攻撃元となるバグ検出対処できるわけではなく、単に攻撃によるダメージを防ぐものであるため、あらゆる攻撃を防ぐことができるわけではない実際ライスの定理により、あらゆる攻撃を防ぐことは不可とされている3つ目の攻撃は、攻撃対象アドレスを知る必要がない場合PaX使っても全く防ぐことができないまた、2つ目と3つ目の攻撃は、攻撃対象アドレス空間配置を知る必要がある場合、それを攻撃対象アドレス空間読み取ることで知ることができるなら、PaX使っても防ぐことができない。これは、攻撃対象が /proc/(pid)/maps にあるよう情報漏らすようなバグを持っていると可能になるユーザーランドプロセスアドレス空間配置などの情報見えないようにするパッチもあるが、それは PaX には含まれていない事前にアドレス空間配置に関する知識必要なら2つ目と3つ目の攻撃推測力ずく探索行わなければほとんど不可能である。ASLR文書には、そのような攻撃成功する小さな可能性」をさらに詳しく解説している。 1つ目の攻撃は、攻撃者攻撃対象タスク生成でき、それに書き込むことができ、mmap()ファイルマッピングできる場合可能となる。すると、二次攻撃可能でなければ攻撃成功しないため、そこまで分析する必要があるPaX には含まれないが、この種攻撃可能性減じるには、アクセス制御正しく設定しておく必要があるPaX使ったとしてもシステムアドミニストレータによる管理必要であるPaXメモリ破壊バグ利用した攻撃を防ぐPaXが防ぐことができる攻撃多くは、バッファオーバーフロー起こすバグ関連している。これは、メモリ管理関連の問題利用した攻撃典型的な部分占める。ただし、PaX全てのそのような攻撃を防ぐわけではない

※この「限界」の解説は、「PaX」の解説の一部です。
「限界」を含む「PaX」の記事については、「PaX」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 10:14 UTC 版)

原始再帰関数」の記事における「限界」の解説

原始再帰関数は、計算可能関数とはどのようなものである筈か、という直観密接に関連する出発点となる原始再帰関数は(非常に単純なので)直観的に計算可能でありそこから新たな原始再帰関数作るための二種類操作に関しても、具体的に関数値計算する手続き与えている。しかし、原始再帰関数集合全ての計算可能(全域関数含まれるわけではない。(この節最後に列挙してある具体例反例として示すことでも証明にはなるが、)カントールの対角線論法応用して原始再帰的でない計算可能関数存在することを証明できる証明の概略次の通り: 原始再帰関数全体計算枚挙可能(=帰納的可算)である。すなわち、2変数計算可能関数 f {\displaystyle f} であって、 f ( i , ⋅ ) ( i ∈ N ) {\displaystyle f(i,\cdot )(i\in \mathbb {N} )} がちょう原始再帰関数全体一致するようなものが存在する。この f ( i , ⋅ ) {\displaystyle f(i,\cdot )} を f i {\displaystyle f_{i}} と書ことにする。原始再帰関数 g {\displaystyle g} に対して g = f i {\displaystyle g=f_{i}} なる i {\displaystyle i} は一意的とは限らない。。 次のような無限×無限行列考える。第 i {\displaystyle i} 行の第 j {\displaystyle j} 列には f i ( j ) {\displaystyle f_{i}(j)} の値が書かれているものとする。この行列対角線部分注目する関数 g ( x ) := f x ( x ) + 1 {\displaystyle g(x):=f_{x}(x)+1} を考える。 g {\displaystyle g} は上記の行列対角線上の値に 1 を加えた値を返す関数である。この関数計算可能だが、如何なる原始再帰関数もこの関数計算できないことが明らかである。何故などのような原始再帰関数も、この関数とは対角線部分において値が異なからである従っ原始再帰的でない計算可能関数存在する。 この論法枚挙可能な全域計算可能関数任意のクラス適用できる別記事 (en) を参照のこと。ただし、部分計算可能関数は、例えチューリングマシンでの符号化使って番号付けするどの方法で、明確に枚挙可能である全域再帰的だが原始再帰的でない関数として、他にも次のような例が知られている: アッカーマン関数 A ( x , y ) {\displaystyle A(x,y)} や2つ引数に同じ値を与えた関数 A ( x , x ) {\displaystyle A(x,x)} は全域再帰的だが原始再帰的ではない。 クヌースの矢印記法全域再帰的だが原始再帰的でない。アッカーマン関数クヌースの矢印記法による表示を持つ。 グジェゴルチク階層初期関数 E i ( x ) {\displaystyle E_{i}(x)} は2変数関数として全域再帰的だが原始再帰的ではない。 パリス・ハリントンの定理は、原始再帰的でない全域再帰関数関わる。この関数ラムゼー理論に基づいているため、アッカーマン関数よりも「自然」だと言われることがあるスーダン関数 グッドスタイン関数英語版

※この「限界」の解説は、「原始再帰関数」の解説の一部です。
「限界」を含む「原始再帰関数」の記事については、「原始再帰関数」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 22:29 UTC 版)

アナログ計算機」の記事における「限界」の解説

一般にアナログコンピュータはいくつかの効果によって制限される理論的に扱える制限もあれば、機械工作や電子部品精度や限界といった実際上制限もある。アナログ信号直流成分交流成分周波数位相分解されるこれらの成分現実特性上の制限によってアナログコンピュータ制限される。その制限としてノイズフロア半導体部品非線形性寄生インピーダンス電荷蓄積有限であることなどが挙げられるわかりやすい例としてキャパシタ挙げるならば、理想的なキャパシタには耐圧というようなパラメータは無いため、電圧応じた電荷溜まるものとして扱われる現実キャパシタは(アナログコンピュータに限らず過大な電圧掛ければ壊れる。 いわゆる高速型」のアナログコンピュータの場合は電子回路電流が流れる初期の過渡応答遅延のみで処理が完了するため高速である、といった利点があるため、信号処理などには、いわゆるデジタル信号処理よりも適している場合もある。連続した入力に対する応答として対象モデル化するようなものでは、速度はその回路次第である。「低速型」と呼ばれるものは、機械式アナログ計算機微分解析機などと同様に、低速である

※この「限界」の解説は、「アナログ計算機」の解説の一部です。
「限界」を含む「アナログ計算機」の記事については、「アナログ計算機」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 07:31 UTC 版)

ブーンバーブ」の記事における「限界」の解説

ブーンバーブ永久に高成長続けわけではないニューヨーク市マンハッタンなどの古くから大都市中心部とは異なりブーンバーブは「より高くではなく「より広く拡大する方向へと成長するため、いずれは土地使い果たして開発余地なくなっていく。土地使い果たしたブーンバーブ成長止まりそれまで爆発的に増加していた人口の成長著しく鈍化するか、あるいは減少向かいさえする。 2000年代入って大都市圏中心都市に近いブーンバーブ中にはこうした飽和状態達すると、それまで高成長から低成長転じた都市や、人口減少した都市見られるようになった例えば、フェニックス南東隣に立地するテンピは、1970年代から1990年代にかけて68.2%、32.7%、12.0%と、鈍化しながらも高成長遂げてきたが、2010年の国勢調査での人口161,719人で、2000年時点158,945人から僅か1.7%の増加とどまったサンフランシスコ南隣のデイリーシティ至っては2010年の国勢調査での人口101,123人で、2000年時点で103,621人より2.4%減少している。 中心都市に近いブーンバーブ飽和状態達すると、あぶれた開発住民はより外側衛星都市へと流れ、より外側衛星都市ブーンバーブ化していく。フェニックス都市圏では、テンピ成長鈍化傾向入ったころ、外側メサ高成長遂げていた。そのメサ2000年代には(依然として高成長ではあるものの)鈍化傾向入っており、さらに外側のアパッチジャンクションやバックアイが高成長期入ったそれまで「より広く高成長続け飽和状態達したブーンバーブがさらに成長続けるためには、古くから大都市中心部のように、「より高く伸びるしかなくなる。それは同時にそれまで成長支えてきた「未開の地により広く新規開発を」という戦略捨てることでもあり、当該都市にとってはジレンマ抱えることになる。

※この「限界」の解説は、「ブーンバーブ」の解説の一部です。
「限界」を含む「ブーンバーブ」の記事については、「ブーンバーブ」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 04:49 UTC 版)

交易条件」の記事における「限界」の解説

交易条件厚生水準同義であるわけではないまた、交易条件は国の輸出量測るものではなく他国との相対的な関係を測るものでしかない貿易による国の厚生水準への影響測るには、貿易量の変化生産性変化資源配分変化資本フロー変化などを知る必要がある輸出価格は国の為替レートにも大きく影響される。国の通貨増価したら、他の条件一定の下では、交易条件改善する。しかし、必ずしも国の厚生改善させるとは限らない輸出財の価格高くなれば、他国にとって割高になるということだから、輸出が減るかもしれないその結果輸出減少し企業利潤減少厚生水準悪化することも考えられる現実の世界では200以上の国や地域が何もの財を取引している。交易条件計算は非常に複雑であるしたがって、測定誤差大き可能性考えられる

※この「限界」の解説は、「交易条件」の解説の一部です。
「限界」を含む「交易条件」の記事については、「交易条件」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/21 14:49 UTC 版)

リチャーズ式」の記事における「限界」の解説

リチャーズ式数値解法は、ある土壌条件について解が収束するという保証がされないことから計算的にコスト高く予測不能であると批判されている。 そのため、解が収束しない可能性が高いような一般的な応用制限されるまた、毛管現象働き過大評価しているという批判や、「単純化しすぎている」との批判もある。乾燥した土壌への降雨浸透の一次元数値計算では、地表面近く1 cm 刻み下の細かい空間離散化が必要となる。三次元の数値計算では、領域内水平方向鉛直方法格子間隔(メッシュサイズ)の比をおよそ7以下としなければならないというアスペクト比制限がある。

※この「限界」の解説は、「リチャーズ式」の解説の一部です。
「限界」を含む「リチャーズ式」の記事については、「リチャーズ式」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 08:35 UTC 版)

遷移状態理論」の記事における「限界」の解説

一般にTST研究者らに化学反応どのように起こるかを理解するための概念的基盤与えてきた。たとえ本理論が広く適用できるとしても、限界がある。例えば、多段反応個々の過程適用する時、本理論は個々の中間体次の段階に進む前にエネルギーボルツマン分布達するのに十分長寿命であるこ仮定する中間体が非常に短寿命である時TST破綻するこういった場合反応物から中間体への反応軌跡運動量生成物選択性影響を及ぼす可能性があるこういった反応一例が、Anslynとドウアティ英語版)の教科書示されているジアゾビシクロペンタン類の熱分解である)。 遷移状態理論は、原子核古典力学に従って振る舞うという仮定にも基づく。原子あるいは分子が遷移構造形成するために十分なエネルギーを持って衝突しない限り反応起こらない、と仮定されるしかしながら量子力学によれば有限の量のエネルギーを持ついかなる障壁についても、粒子障壁の向こう側へトンネリングできる可能性存在するトンネル効果)。化学反応に関してこれは、分子エネルギー障壁越えるのに十分なエネルギーを持って衝突しないとしても反応する可能性存在することを意味する。この効果大きな活性化エネルギーを持つ反応について無視できるが、トンネリング確率障壁の高さが低くなるほど大きくなるため、比較的低エネルギー障壁を持つ反応について重要な現象となる。 遷移状態理論高温での一部反応について破綻する本理論は、反応系ポテンシャルエネルギー面の最低エネルギー鞍点通過することを仮定する。この描写比較低温起こ反応についてつじつま合っているが、高温は分子はより高いエネルギー振動モード占有するそれらの運動はより複雑となり、衝突の結果として最低エネルギー鞍点から遠く離れた遷移状態もたらされるかもしれない遷移状態理論からのこのずれは二原子水素水素ラジカルとの間の単純な交換反応においてさえも観測されるこれらの限界を考慮して複数遷移状態理論代替理論提唱されてきた。これらの理論についての簡潔な解説以下に示す。

※この「限界」の解説は、「遷移状態理論」の解説の一部です。
「限界」を含む「遷移状態理論」の記事については、「遷移状態理論」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/15 00:33 UTC 版)

ハンセン溶解度パラメーター」の記事における「限界」の解説

HSPには以下に示すような限界があることHansen自身認めている。 パラメーター温度によって変化する 現実分子間相互作用3つのパラメーターだけで説明できるほどシンプルではなく、パラメーターはあくまで近似である。実際には分子のかたちや、他のタイプ相互作用誘起双極子金属結合静電相互作用など)も関与している。 ある限られた時間内に2つ分子実際に溶けるかどうかは、分子大きさにも大きく左右される パラメーター直接測定することが困難 上記の問題点いくつかに対してAbbottHansen最近の報告の中で対処法示している温度の影響計算 動力学熱力学におけるモル体積役割解明 クロマトグラフィーによるHSP測定 化学物質ポリマーHSP大規模なデータセット整備 ポリマーインク量子ドットなどのHSP値を決定するための「球」を求めるためのソフトウェア開発自作ソフトウェアへの実装も可能) UNIFACグループからHSP推定するための新しい Stefanis-Panayiotou 法およびソフトウェアでの自動化 これらの新し成果は、e-bookソフトウェア外部リンク記述されデータセットとして入手可能であり、商用パッケージから独立して実装するともできるヒルデブラント溶解度パラメーター(SP)も同様の目的で用いられることがあるが、非極性水素結合持たない溶媒にしか適用できない非極性溶媒では通常SPHSPの   δ d {\displaystyle \ \delta _{d}} 値に近い値となる。SP適用できない典型例としてブタノールニトロエタン挙げられる両者SP値同じでありどちらもエポキシ樹脂溶解することができないが、50:50混合するエポキシ樹脂容易に溶解するうになる。この現象は、2つ溶媒50:50混合したときのHSPエポキシ樹脂HSPに近いということで説明できる

※この「限界」の解説は、「ハンセン溶解度パラメーター」の解説の一部です。
「限界」を含む「ハンセン溶解度パラメーター」の記事については、「ハンセン溶解度パラメーター」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 23:32 UTC 版)

Teredo トンネリング」の記事における「限界」の解説

Teredo全てのNAT機器互換性を持つわけではないRFC 3489の用語を使うと、完全コーンNAT機器制限NAT機器ポート制限NAT機器サポートするが、対称NATサポートしない。Shipworm 仕様初期ドラフト段階では最終的に対称NATサポートされ予定だったが、セキュリティ上の懸念からキャンセルされた。 台湾国立交通大学研究者後にオリジナルの Teredo プロトコル拡張し対称NATサポートした SymTeredo を提案しマイクロソフトと Miredo の実装標準準拠しない拡張により対称NATサポートを向上させた。しかし、対称NAT越しTeredo クライアントと、対称NATおよびポート制限NATとの間の接続依然不可能なようである[要出典]。 Teredo二つクライアントカプセル化された IPv6 データグラム交換する際はTeredo サーバーとの通信用いるものと同じマップされた外部UDPポート番号用いることを想定している。この想定成り立たないと、二つクライアント間の直接通信確立することができず、より通信コストのかかるリレー挟んだ三角ルーティング英語版)を行う必要が出てくる。Teredo 実装NAT種別起動時検知することを試みNAT対称NATであれば動作拒否する(この限界はNAT機器のポートフォワードルールを手動設定することにより乗り越えることができる場合もあるが、機器への管理者アクセスが必要となる)。 Teredo はトンネルエンドポイントごとに単一のIPv6アドレスしか提供できないしたがって、6to4いくつかのポイント・ツー・ポイントIPv6トンネルとは異なり一つTeredo トンネル用いて複数ホスト接続することはできない全ての Teredo クライアント利用可能IPv6インターネット向けの帯域幅Teredo リレー利用可能性により制限される。この点は6to4変わらない

※この「限界」の解説は、「Teredo トンネリング」の解説の一部です。
「限界」を含む「Teredo トンネリング」の記事については、「Teredo トンネリング」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 03:56 UTC 版)

公共選択論」の記事における「限界」の解説

ブキャナンタロックは、開発されアプローチの方法論上の制約を、彼ら自身の著作において略述する。 政治重要な要因を説明することにおいて有用なことを証明する合理的な利己心仮定をもったモデルであってもすべての個人らが振る舞いの仮定なされるように行動することは意味しないし、もしくはいかなる個人もいついかなるときもこのような仕方行動すると限ることも意味しない集団的選択理論幾らか集団的行動断片しか説明できないしかしながらすべての個人的な振る舞いの幾らか部分ある限りで…は、実際効用最大化によって動機与えられる、そして同一にすべての個人効用関数作り出すその争点好意与えないグループ分けによる個人識別であるかぎりにおいては政治的活動性での経済的な個人主義者モデル幾らか肯定的な価値のあるものになろう。

※この「限界」の解説は、「公共選択論」の解説の一部です。
「限界」を含む「公共選択論」の記事については、「公共選択論」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/15 00:56 UTC 版)

Lazarus (統合開発環境)」の記事における「限界」の解説

DelphiRADいろいろな点で似てはいるものの、パフォーマンス仕様上の制限がある。 実行ファイル大きさDelphiよりいささか大きい。GNUリンカとのからみである 前述のようにVCL100%互換わけではない。これは設計上の相違であるが、ほとんどの場合現在のLCL widget問題なく動作する。しかし、今存在するVCL widgetの深いリポジトリ触ろうとするなら変換作業必要である。まれに設計上の根本的な相違にぶつかることもあるが、ほとんどの場合編集ですむ。ライブラリ欠けているunitモジュール)があることと、COMサポート実現されていないことが、LCLVCL互換性の上大きな問題になってきた。 DelphiコンポーネントIDEインストールすることができるが、面倒な変換作業必要である重要なライブラリ/widgetである Media ライブラリ存在しないOffice との結合性 Datasnap ネットワーク機能IndyICSSynapse動作するが、Indy100%プラットフォーム動作している訳ではないLinuxwin32100%FreeBSDmacOS動作しないテスト前) lNetFPC ネイティブの non-blocking variantである。 .NETCOMサポートされていない.NETサポートしないのは設計上の問題である。 パッケージ動的ロードできない

※この「限界」の解説は、「Lazarus (統合開発環境)」の解説の一部です。
「限界」を含む「Lazarus (統合開発環境)」の記事については、「Lazarus (統合開発環境)」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:55 UTC 版)

量子力学の数学的定式化」の記事における「限界」の解説

上で示したように、超関数概念用いる事でディラックによるデルタ関数議論一部数学的に正当化できるが、超関数用いて全ての議論正当化できるわけではない例えば以下の議論超関数では正当化されない: 公式 ⟨ δ ( x − λ ) , δ ( x − τ ) ⟩ = δ ( λ − τ ) {\displaystyle \langle \delta (x-\lambda ),\delta (x-\tau )\rangle =\delta (\lambda -\tau )} :そもそも超関数同士の積は定義不可能である。(詳細シュワルツ超関数の項目を参照されたい) C∞0(Ω)以外のL2空間の元とデルタ関数との内積を取ること:前述した内積の定義は超関数とC∞0(Ω)の元との間にのみ定義されているので、C∞0(Ω)属していない元とは内積取れないデルタ関数超関数であり、L2空間元ではないので、デルタ関数あたかも通常の状態ベクトルであるかのように扱う議論は必ずしも正当化できない

※この「限界」の解説は、「量子力学の数学的定式化」の解説の一部です。
「限界」を含む「量子力学の数学的定式化」の記事については、「量子力学の数学的定式化」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 17:53 UTC 版)

セクター・モデル」の記事における「限界」の解説

この理論は、20世紀はじめ鉄道交通重要であった状況を踏まえたものであり、自家用車普及して、市の区域外にあるより安い地価の場所から通勤することが可能になるという事態は考慮されていないカルガリーでは1930年代に、そのような変化起こり、市の区域外にあった路面電車終着駅付近半ばスラム化ていったこうしたところは、現在では市の領域内編入されているが、中所得者層の住宅地広がる地域中にあって、低所得者向けの住宅集まポケットの場となっている。 また、地形によって扇形広がり制約されたり、特定の方向導かれるということ生じる。 さらに、都市の飛び地のような形で開発されるベッドタウンなどの影響で扇形の展開が制約される場合もある。

※この「限界」の解説は、「セクター・モデル」の解説の一部です。
「限界」を含む「セクター・モデル」の記事については、「セクター・モデル」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 17:22 UTC 版)

議院警察権」の記事における「限界」の解説

対人的限界 院内にある者であれば議員であるか否かを問わず何人に対しても及ぶ。 場所的限界 議院警察権議事堂及びこれに付属す建物内部において行使される議院警察権範囲について衆議院先例集では議員会館議員宿舎除外するし、また参議院先例録では議事堂囲障内としている。 時間的限界 国会法では会期中はもちろん閉会中も及ぶとしている(国会法114条)。国会法当初会期中に限るとしていたが、1955年昭和30年)の国会法改正によって閉会中についても会期中と同じ扱いとなった

※この「限界」の解説は、「議院警察権」の解説の一部です。
「限界」を含む「議院警察権」の記事については、「議院警察権」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 10:12 UTC 版)

レーザー冷却」の記事における「限界」の解説

ドップラー冷却過程偏光勾配冷却過程を含むレーザー冷却有効に働く大前提として原子イオン同士相互作用無視できるというものがある。より低温の状態では、原子同士高密度保持する必要があるため相互作用無視できなくなりレーザー冷却のみでは達成できない冷却により運動エネルギー十分に失った原子は、ほぼ重力効果だけで落下していく。磁性をもつ原子であれば磁気光学トラップ英語版)を使って留めておくことができる。このときわずかにエネルギー高くてトラップから離れた原子だけを赤外線放射吹き飛ばす蒸発させる)。温度とは個々の原子ではなく系をなす原子団運動エネルギー分布なので、わずかで運動エネルギーの高い原子を系から分離すれば結果として系はさらに冷却される。これを蒸発冷却英語版)といい、1995年エリック・コーネルカール・ワイマンによって開発された。これにより原子系でのボーズ=アインシュタイン凝縮初め確認された。この功績ヴォルフガング・ケターレとともにノーベル賞授与されている。開発されルビジウム原子用いた実験では約170ナノケルビンを達成している。

※この「限界」の解説は、「レーザー冷却」の解説の一部です。
「限界」を含む「レーザー冷却」の記事については、「レーザー冷却」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 21:17 UTC 版)

附款」の記事における「限界」の解説

法律行為行政行為の場でも、無制限に付款付すことができるわけではなく付款付すことができること法令明文認めている場合と、当該行政行為が行政庁裁量属す場合にのみ付款を付すことが許容される。ただし、行政庁広範な裁量権認められていると解される場合でも、国籍法帰化許可のように付款を付すことができない場合もある。また、付款付すことができる場合であっても行政行為目的照らし必要な限度でのみ認められる

※この「限界」の解説は、「附款」の解説の一部です。
「限界」を含む「附款」の記事については、「附款」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 03:31 UTC 版)

ソフトウェア測定法」の記事における「限界」の解説

詳細設計先駆けてプログラムの量の事前予測評価をしても、満足できるような結果を得るのは困難である従って、ソフトウェア測定法実用性測定プロセス安定する狭い領域制限されている。 そのため、能力成熟度モデル統合ISO 9000 のようなマネジメント方法論では、開発工程そのもの対象とした測定法計量)により、開発工程監視制御行えるようにする。 ソフトウェア開発工程に関する測定法の例: 一晩ビルド失敗した回数 1人H(単位工数当たりの作りこみバグ要求仕様への変更週単位プロジェクト投入できる予定工数(および実績工数最初の製品出荷以降のパッチリリース数

※この「限界」の解説は、「ソフトウェア測定法」の解説の一部です。
「限界」を含む「ソフトウェア測定法」の記事については、「ソフトウェア測定法」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 03:00 UTC 版)

STARTTLS」の記事における「限界」の解説

エンド1対1セッション構築するTLSメール通信利用しても、間欠的な通信他のサーバによる中継前提とした電子メールでは、ホップ間のセキュリティ確保することができるものの、 メール側でTLS経由指示するような情報はなく、すべての中継TLS使われる保証をする方法がない 公開されるメールサーバの場合、TLS接続によって受信することを強制することはできず、平文行われるSTARTTLS部分改竄ししまえば、あとの通信平文行われてしまう。2014年には、インターネットサービスプロバイダによるSTARTTLS妨害報告されている。 DNS偽装が行われた場合、全ホップTLS接続保ったまま中間者攻撃成立させられる。 など、電子メール完全性機密性担保送信者認証などはいずれ実現することができない電子メールに対してこれらの保護適用するには、S/MIMEなど、上位層で行うことが必要となる。

※この「限界」の解説は、「STARTTLS」の解説の一部です。
「限界」を含む「STARTTLS」の記事については、「STARTTLS」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 02:51 UTC 版)

ハフ変換」の記事における「限界」の解説

ハフ変換有効なのは、正しビン数多く投票集中し背景雑音から容易に分離できる場合のみである。従っビンある程度大きさでなければならないそうしないと投票隣接するビンにいってしまう場合があり、主となるビン見やすさ落ちてしまう。 同様にパラメータの数が大きいと(即ち、通常3を超える数のパラメータ用い一般化ハフ変換の場合)ビン一つ当たりの平均投票数きわめて小さくなってしまい、正しビン投票数であっても隣のビン大差なくなってしまう。このように直線や円以外に一般化ハフ変換用い場合は特に注意する必要がある最後にハフ変換有効性データの質次第であることを挙げる輪郭検出良好でなければならないノイズの多い画像へのハフ変換適用極めて微妙なものであって一般的には事前に雑音低減行っておく必要がある

※この「限界」の解説は、「ハフ変換」の解説の一部です。
「限界」を含む「ハフ変換」の記事については、「ハフ変換」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 15:51 UTC 版)

枠組条約」の記事における「限界」の解説

枠組条約による国際協力には今なお限界がある。例えば「モントリオール議定書」など、議定書適用普及させるため、規制措置無差別平等に各国適用することを諦めて例外的な基準認めたものがあることである。同議定書では、発展途上国の場合には最大10年間規制措置の実施遅らせることを認めている。あるいは「気候変動枠組条約」は議定書改正同意することができない国は改正の発効から3年後条約から脱退することができるとしている。また従来とは異なり発展途上国積極的な参加のために新し援助制度が必要となった。「モントリオール議定書」では先進国途上国技術的財政的に援助することとされ、こうした援助適切ではなかった場合には途上国規制措置実施できない旨を宣言できることとされた。

※この「限界」の解説は、「枠組条約」の解説の一部です。
「限界」を含む「枠組条約」の記事については、「枠組条約」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 16:03 UTC 版)

スーパースカラー」の記事における「限界」の解説

スーパースカラー技法による性能向上は、以下の2つによって制限される命令列の本質的な並列性度合い。つまり、命令レベルの並列性制約命令間の依存関係チェックロジックと分配機構命令選択かけられる時間制約機構自体複雑さ既存バイナリ実行プログラムの持つ並列性にはばらつきがある。ものによっては命令間の依存が全く無く、常に並列実行可能なこともある。逆に依存関係多く並列性ほとんどない場合もある。例えば、a = b + c; d = e + f という命令列は依存関係がないため、並列実行可能である。しかし、a = b + c; b = e + f という命令列は依存関係あるため並列実行することはできない同時に実行可能命令数が増えると、依存関係チェックするコスト急激に増大するまた、そのチェックCPUクロックに合わせて実行時行わなければならないという事実が事態をさらに悪化させる研究によれば命令の種類を n、同時実行可能な命令数を k としたとき、依存関係チェック回路規模n k {\displaystyle n^{k}} 、時間k 2 log ⁡ n {\displaystyle k^{2}\log n} かかるとされている数学的には、この問題は順列における組合せ数学問題である。 たとえ命令列に依存関係がないとしても、スーパースカラーCPUは常に依存関係チェックを行う。さもなくば依存関係検出失敗し不正な結果を得ることになる。 半導体プロセス技術どれだけ進化してスイッチ速度高速化しても、以上のような問題によって同時に実行可能実際の命令数には限界が生じる。プロセス技術進化によって実行ユニットALUなど)の数が増えても、依存関係チェックのための論理回路規模増大急激であるため実現可能な規模制限されるまた、たとえ依存関係チェック無限に素早く実行できたとしても、命令列の本質的な並列性によって性能向上に限界が生じる。

※この「限界」の解説は、「スーパースカラー」の解説の一部です。
「限界」を含む「スーパースカラー」の記事については、「スーパースカラー」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 04:33 UTC 版)

潜在意味解析」の記事における「限界」の解説

LSA には以下の2つ欠点がある結果として得られる次元が解釈が困難な場合がある例えば、 {(car), (truck), (flower)} --> {(1.3452 * car + 0.2828 * truck), (flower)} となった場合、(1.3452 * car + 0.2828 * truck) は「車」と解釈できる。しかし、以下のような場合{(car), (bottle), (flower)} --> {(1.3452 * car + 0.2828 * bottle), (flower)} 数学的レベルでは問題ないのだが、自然言語レベルでは解釈しようがないLSA確率モデル測定データ一致しないLSAでは、ポアソン分布観測されたとしても、単語文書同時正規分布モデル形成する仮定されるエルゴード仮説)。最近では多項分布モデル基づいた確率的潜在意味解析考案され標準潜在意味解析よりもよい結果得られたとの報告がある。

※この「限界」の解説は、「潜在意味解析」の解説の一部です。
「限界」を含む「潜在意味解析」の記事については、「潜在意味解析」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/19 07:35 UTC 版)

結合エントロピー」の記事における「限界」の解説

他のエントロピーと同様、常に H ( X , Y ) ≥ 0 {\displaystyle H(X,Y)\geq 0} が成り立つ。

※この「限界」の解説は、「結合エントロピー」の解説の一部です。
「限界」を含む「結合エントロピー」の記事については、「結合エントロピー」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 16:03 UTC 版)

エクメーネ」の記事における「限界」の解説

地球表面のうち、海洋湖沼などはエクメーネから除外される少数海上生活者は存在するが)。エクメーネ地球陸地面積の約88%を占めるが、アネクメーネとの境界食糧生産限界とほぼ一致する人間が住むことは可能だ農業には適さない地域Subökumeneと呼ぶエクメーネアネクメーネ境界は、大きく平限界と高距限界(垂直限界)に分けられる平限界はさらに対乾燥限界、対寒冷限界、対湿熱限界に分けられる1984年現在恒常的エクメーネ北限エルズミア島アラートAlert)、南限ナバリノ島プエルト・ウィリアムズである。高距限界はインドチベット近くのバシシである。

※この「限界」の解説は、「エクメーネ」の解説の一部です。
「限界」を含む「エクメーネ」の記事については、「エクメーネ」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/22 09:31 UTC 版)

ゲーデルの加速定理」の記事における「限界」の解説

この定理は同じ言語書かれたふたつの理論間の加速可能性しか教えてくれない理論 T {\displaystyle T} が言語 L {\displaystyle L} で書かれ理論 T ′ ⊋ T {\displaystyle T'\supsetneq T} が言語 L ′ ⊋ L {\displaystyle L'\supsetneq L} で書かれている場合、この定理加速可能な L ′ {\displaystyle L'} -文の存在教えてくれるが、加速可能な L {\displaystyle L} -文の存在教えてくれない例えば、二階算術部分体系ACA0とその超準的拡大理論との間には、多項式増大度越え加速定理成立しないことが知られている。すなわち言語拡大を伴う場合には反例存在する。 また T {\displaystyle T} が帰納的ない場合にも反例存在する例えば T , φ {\displaystyle T,\varphi } を定理条件を満たすペアとする。 T {\displaystyle T} で証明可能な全体演繹閉包) T ′ {\displaystyle T'} と φ {\displaystyle \varphi } は帰納性の条件除いて定理条件を満たす。 T ′ {\displaystyle T'} で証明可能な任意の文 ψ {\displaystyle \psi } は ψ {\displaystyle \psi } とだけ書かれ証明を持つ。(厳密には「 T ′ {\displaystyle T'} における証明」の形式化仕方依存するが、以下の議論は、適当な修正のもとで、どんなリーズナブルな形式化にも通用する。)一般に ψ {\displaystyle \psi } とだけ書かれた(ベースとなる論理における)推論複雑さを f ( ψ ) {\displaystyle f(\psi )} と定義する。すると ‖ ψ ‖ T ′ ≤ f ( ψ ) {\displaystyle \Vert \psi \Vert _{T'}\leq f(\psi )} が成り立つ。いま g ( x ) {\displaystyle g(x)} を「 x {\displaystyle x} 以下の複雑さ推論末尾帰結)に現れる論理式 ψ {\displaystyle \psi } に対する f ( ψ ) {\displaystyle f(\psi )} の総和」と定める。すると g ( ‖ ψ ‖ T ′ + φ ) ≥ f ( ψ ) ≥ ‖ ψ ‖ T ′ {\displaystyle g(\Vert \psi \Vert _{T'+\varphi })\geq f(\psi )\geq \Vert \psi \Vert _{T'}} となる。 証明複雑さ尺度として、証明現れる論理式個数や、推論規則適用回数採用した場合にも、やはり反例存在する。 T {\displaystyle T} を任意の帰納的可算理論とすると、 T {\displaystyle T} と同値原始帰納的理論 C r a i g ( T ) {\displaystyle \mathrm {Craig} (T)} がクレイグトリックによって得られる。すなわち、 φ 0 , φ 1 , … {\displaystyle \varphi _{0},\varphi _{1},\ldots } を T {\displaystyle T} の定理計算可能な枚挙とするとき、 C r a i g ( T ) := { φ n n + 1 ∣ n ∈ N } {\displaystyle \mathrm {Craig} (T):=\{\varphi _{n}^{n+1}\mid n\in \mathbb {N} \}} である。ただし φ n {\displaystyle \varphi ^{n}} は φ {\displaystyle \varphi } の n {\displaystyle n} 個のコピー論理積結合したものとするC r a i g ( T ) {\displaystyle \mathrm {Craig} (T)} で証明可能な文はどれも(適切な論理体系に於いては)全く同じ形の証明を持つ。(例え自然演繹においては ∧ {\displaystyle \wedge } -除去規則一度だけ使用するの証明を持つ。)したがって、証明現れる論理式個数や、推論規則適用回数は、ともにある定数抑えられる

※この「限界」の解説は、「ゲーデルの加速定理」の解説の一部です。
「限界」を含む「ゲーデルの加速定理」の記事については、「ゲーデルの加速定理」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 17:05 UTC 版)

データ実行防止」の記事における「限界」の解説

他のオペレーティングシステム利用可能類似の保護機構異なりDEPアドレス空間配置のランダム化 (ASLRWindows Vista利用可能になった新機能) を提供しないこのため攻撃中DEP無効にするために使える可能性のあるreturn-to-libc攻撃を許すかもしれない。 この可能性は、以下のUninformedの記事"skape & Skywing"の著者によって、すでにWindowsハードウェアDEPに対してデモンストレーションされた。これはreturn-to-libc型の攻撃依存している。この技術は、OptIn/OptOut機構適用する既知のサービスパック依存位置EIPレジスタ直接指すことに依存している。またOptOut/OptInを利用可能にするブートオプション依存している。もしすべてのページ厳密にDEP適用されていれば攻撃成功しないであろうPaX文書は、なぜASLR必要なのかさらに詳しく解説している。DEPは、コード実行時書き込んで実行する必要がある場合にも役に立たないJITコンパイラがよく知られた例である。JITコンパイラは(たとえばJIT Spray使用により)攻撃コード生成に使われる可能性がある生成されコード実行可能であるとフラグ立てられており、そのためDEPによってトラップされない

※この「限界」の解説は、「データ実行防止」の解説の一部です。
「限界」を含む「データ実行防止」の記事については、「データ実行防止」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 01:40 UTC 版)

社会政策学会 (日本 1897年)」の記事における「限界」の解説

社会政策学会政策提言中心立場は、工場法など社会立法実現ともなって次第新鮮さ失っていった。新古典派福田徳三マルクス主義河上肇台頭に代表される若い世代理論志向応えることができなかった一方で史料分析実態調査基づ実証研究についても、内田銀蔵日本経済史研究高野岩三郎月島労働者実態調査などを数少ない例外としておおむね手薄であった

※この「限界」の解説は、「社会政策学会 (日本 1897年)」の解説の一部です。
「限界」を含む「社会政策学会 (日本 1897年)」の記事については、「社会政策学会 (日本 1897年)」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 15:26 UTC 版)

ジョゼフ・ヴァラキ」の記事における「限界」の解説

ヴァラキが直接携わった犯罪行為はヴァラキに都合よく語られているとも、マフィア内でのディスインフォメーション乗せられていたとも言われる。ヴァラキはストリート犯罪知り尽くしたベテランだったが、組織末端にいたため上層部駆け引き戦略などの知識には一定の限界があり、またニューヨークのマフィアファミリーなど東海岸マフィア中心だった。

※この「限界」の解説は、「ジョゼフ・ヴァラキ」の解説の一部です。
「限界」を含む「ジョゼフ・ヴァラキ」の記事については、「ジョゼフ・ヴァラキ」の概要を参照ください。


限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 13:33 UTC 版)

ゴルゴ13 (架空の人物)」の記事における「限界」の解説

ゴルゴ用い武器性能の限界は、自身の能力では到底補いきれない場合もある。一例としてゴルゴライフル銃使用時に「レーザー兵器」を用い相手対峙した時は、狙撃長距離であればあるほど発射から着弾までの到達時間空気抵抗重力影響されるライフル銃には当然不利となり、相打ちとなった場合銃弾着弾する前にレーザー直射を受けることになる。過去レーザー直視してしまい一時的に視力失い窮地陥り療養余儀なくされたことなどもあり、レーザー兵器製造拡散企てる者には警告を含むペナルティ科しその結果それらの行為に対する抑止力与えている(『いにしえの法に拠りて』)。 特殊な訓練技能天賦の才能を以てしても、常人では身につかない能力を持っている人間相手狙撃には失敗している(狙撃瞬間思念感知され狙撃対象を外す、遺伝子操作ドーピングによって心身共にパワーアップさせた兵士銃撃方向予測され避けられるなど、ゴルゴ一瞬驚愕するエピソードがある)。 ゴルゴ過去インサイトの状態から狙い外したエピソードは『バイオニックソルジャー』『リオ葬送』『アクシデンタル』『テレパス』の4つ。ただし『バイオニックソルジャー』『リオ葬送』については依頼自体完遂。『アクシデンタル』は依頼人信用できないとして中断。『テレパス』については依頼果たせなかったとして報酬返金申し出、「自分の問題」として無報酬で依頼続行依頼人CIAは、エスパー調査不足を詫び協力)。ゴルゴは、エスパー感知されない自己催眠」を短期間で習得し再度狙撃遂行し成功した優れた知識知能、そして情報屋など独自の情報網有しているが、さすがに世界中全ての情報網羅しているわけではないため、標的情報分からず時に危険を冒さねば標的突き止められない場合もある(『チャイナ・タウン』『情報遊戯』など)。

※この「限界」の解説は、「ゴルゴ13 (架空の人物)」の解説の一部です。
「限界」を含む「ゴルゴ13 (架空の人物)」の記事については、「ゴルゴ13 (架空の人物)」の概要を参照ください。


- 限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 19:41 UTC 版)

Web Application Firewall」の記事における「- 限界」の解説

第1世代WAFは新・変種攻撃柔軟に対応できるようにパターンの範囲広げて登録する方法使ってきた。しかし、これは却って正常なWebトラフィック攻撃として検知してしまう現状招いた攻撃タイプ多様化していくことにつれ登録されているパターンもともに増加してきて、パフォーマンス劣化につながるといった問題発生したまた、人によりパターンアップデート作業が行われたため、運用負担大幅に増加した

※この「- 限界」の解説は、「Web Application Firewall」の解説の一部です。
「- 限界」を含む「Web Application Firewall」の記事については、「Web Application Firewall」の概要を参照ください。


- 限界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 19:41 UTC 版)

Web Application Firewall」の記事における「- 限界」の解説

第2世代WAF第1世代WAFと同じ構造設計されたため、Webセキュリティ環境存在する様々なWeb攻撃適切に対応できず、結局第1世代WAFの限界であったパフォーマンス劣化誤検知の問題引き続き解決できなかった。また、依然として管理者による手動設定必要であったため結果的に全体的な管理負担増加つながった

※この「- 限界」の解説は、「Web Application Firewall」の解説の一部です。
「- 限界」を含む「Web Application Firewall」の記事については、「Web Application Firewall」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「限界」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

限界

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:23 UTC 版)

発音(?)

げ↗んかい

名詞

(げんかい)

  1. それを超すことは不可能で、及ぶことのできないぎりぎりのところ。

「限界」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



限界と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「限界」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



限界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの限界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPaX (改訂履歴)、原始再帰関数 (改訂履歴)、アナログ計算機 (改訂履歴)、ブーンバーブ (改訂履歴)、交易条件 (改訂履歴)、リチャーズ式 (改訂履歴)、遷移状態理論 (改訂履歴)、ハンセン溶解度パラメーター (改訂履歴)、Teredo トンネリング (改訂履歴)、公共選択論 (改訂履歴)、Lazarus (統合開発環境) (改訂履歴)、量子力学の数学的定式化 (改訂履歴)、セクター・モデル (改訂履歴)、議院警察権 (改訂履歴)、レーザー冷却 (改訂履歴)、附款 (改訂履歴)、ソフトウェア測定法 (改訂履歴)、STARTTLS (改訂履歴)、ハフ変換 (改訂履歴)、枠組条約 (改訂履歴)、スーパースカラー (改訂履歴)、潜在意味解析 (改訂履歴)、結合エントロピー (改訂履歴)、エクメーネ (改訂履歴)、ゲーデルの加速定理 (改訂履歴)、データ実行防止 (改訂履歴)、社会政策学会 (日本 1897年) (改訂履歴)、ジョゼフ・ヴァラキ (改訂履歴)、ゴルゴ13 (架空の人物) (改訂履歴)、Web Application Firewall (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの限界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS