順序とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 順序 > 順序の意味・解説 

じゅん‐じょ【順序】

読み方:じゅんじょ

ある基準従った並び方また、その位置順番。「―が狂う」「―よく並ぶ」

物事を行う手順段取り。「まず上司相談するのが―だ」「―を踏む」

「順序」に似た言葉

順序集合

(順序 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/22 08:40 UTC 版)

数学において順序集合(じゅんじょしゅうごう、: ordered set)とは、大小関係や血縁関係のような順序が定義された集合のことである。順序は一般に二項関係として定義されるが、その順序集合の任意の2つのに対して必ず定まるとは限らない。


注釈

  1. ^ 原理的には半順序集合であっても同様の概念を定義できるが、本稿の英語版をはじめ、筆者[誰?]が調べた範囲[要文献特定詳細情報]では全順序集合に対してのみ order topology を定義しているため、ここでは全順序のみに話を限定した。
  2. ^ 実数体でなくとも上極限位相と下極限位相を考えることができるが、これも実数体以外に対してこれらの位相を定義した文献が見つけられなかったので、ここでは実数体のみを対象にした。

出典

  1. ^ 花木 章秀 (2021年1月22日). “集合論 信州大学理学部数学科 講義ノート 2020 年度後期 (2021/01/22)”. 2022年3月17日閲覧。
  2. ^ Ward, L. E. Jr (1954). “Partially Ordered Topological Spaces”. Proceedings of the American Mathematical Society 5 (1): 144-161. doi:10.1090/S0002-9939-1954-0063016-5. 
  3. ^ Jech, Thomas (2008) [originally published in 1973]. The Axiom of Choice. Dover Publications. ISBN 0-486-46624-8 



順序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 03:05 UTC 版)

自然数」の記事における「順序」の解説

a+c=b となる自然数 c が存在するとき、またそのときに限って、 a ≤ b と書いて自然数に対する全順序定義する。この順序は自然数演算に対して次の性質満たす任意の自然数 a, b, c に対して a ≤ b ならばa + c ≤ b + c acbc 順序に関して自然数が持つ重要な性質一つは、それが整列集合であるということ、つまり自然数要素とする空でない任意の集合は必ず最小元を持つということである。

※この「順序」の解説は、「自然数」の解説の一部です。
「順序」を含む「自然数」の記事については、「自然数」の概要を参照ください。


順序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 04:59 UTC 版)

凸共役性」の記事における「順序」の解説

特別な解釈により次の変換考えられる。 f inc ( x ) := argsup t t ⋅ x − ∫ 0 1 max { t − f ( u ) , 0 } d u , {\displaystyle f^{\text{inc}}(x):=\arg \sup _{t}\,t\cdot x-\int _{0}^{1}\max\{t-f(u),0\}\,\mathrm {d} u,} これは初期函数 f の非減少書き換えである。特に、f に対する f inc = f {\displaystyle f^{\text{inc}}=f} は非減少である。

※この「順序」の解説は、「凸共役性」の解説の一部です。
「順序」を含む「凸共役性」の記事については、「凸共役性」の概要を参照ください。


順序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 09:42 UTC 版)

物語論」の記事における「順序」の解説

物語内容出来事生起する時間的順序と物語言説提示される順序との関係を扱う領域である。しばしばこの順序は食い違うことがあり、「錯時法」と呼ばれる。錯時法には大きく分けて二つある。 後説法 - 昔の事柄後から語る場合先説法 - これから起こ事柄先取りして語る場合

※この「順序」の解説は、「物語論」の解説の一部です。
「順序」を含む「物語論」の記事については、「物語論」の概要を参照ください。


順序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 06:21 UTC 版)

ヨハネ書簡」の記事における「順序」の解説

第一書か第三書はそれほど隔たっていない時期書かれということで大方の意見が一致するが、どの順番に書かれたかには議論がある。宮内彰は第二書が第一書のダイジェスト版のように見えることから第一を踏まえて書かれ第三書も第二書と同じ頃に書かれたと見ており、山内一郎第一二、三書の順に書かれたとしている。 フランシスコ会訳聖書では逆に第一書が先に書かれていたなら、その要約版のような第二書が後で送られる意味が小さいとして第二第三書がほぼ同じ時期書かれた後、第一書が書かれとされている松永希久夫第二書が念頭に置いていたのは第三書で、第三第二第一の順に書かれたと見ているこうした意見一方大貫隆推定される時期近さから、そもそも厳格に順序を確定させようとする試み自体否定的な見解示しており、ジュディス・リュウ(英語版)も詳細な再構成不可能性指摘している。

※この「順序」の解説は、「ヨハネ書簡」の解説の一部です。
「順序」を含む「ヨハネ書簡」の記事については、「ヨハネ書簡」の概要を参照ください。


順序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 09:40 UTC 版)

ヨハネの手紙二」の記事における「順序」の解説

第一から第三までの手紙はそれほど隔たっていない時期書かれということで大方の意見が一致するが、第二の手紙何番目書かれたかには議論がある。第二の手紙第一ダイジェスト版のように見えることから第一を踏まえて書かれたと見る者がいる一方第二念頭に置いていたのは第三で、第三第二第一の順に書かれたと見る者もいる。そもそも厳格に順序を確定させようとする試み自体否定的な意見もある。

※この「順序」の解説は、「ヨハネの手紙二」の解説の一部です。
「順序」を含む「ヨハネの手紙二」の記事については、「ヨハネの手紙二」の概要を参照ください。


順序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 07:12 UTC 版)

「春」の記事における「順序」の解説

言葉として正月新春というように、現在の感覚的には冬の事象にも使われる事がある旧暦では一月は春となるためであろう。その関わりもあって、春という言葉には「物事の始まり新年始まりの意味持たせる場合がある西洋でもイタリア語の「プリマヴェーラPrimavera)」やフランス語の「プランタンPrintemps)」「第一の」を意味する接頭語プリpri-)」を使用しているように「第1の季節と考えられる。これは農耕暦であるローマ暦において、寒い冬終わり農耕開始できる最初の季節として、春が年のはじめとしたことに由来する

※この「順序」の解説は、「春」の解説の一部です。
「順序」を含む「春」の記事については、「春」の概要を参照ください。


順序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 10:06 UTC 版)

五経」の記事における「順序」の解説

六経並べ方今文古文異なる。 今文では詩・書礼・楽・易・春秋であり、孔子学んだ順序に基づと思われる古文では易・書・詩・礼・楽春秋であり、時代順に並べられている。『易』は宇宙生成にまつわる陰陽未分化太極から扱い、その基本となる八卦製作者伏羲とされる。『書』は堯・舜から夏・殷・周三代歴史書、『詩』と『礼』『楽』は周代作られ、『春秋』は春秋時代作られた

※この「順序」の解説は、「五経」の解説の一部です。
「順序」を含む「五経」の記事については、「五経」の概要を参照ください。


順序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 06:44 UTC 版)

「ん」の記事における「順序」の解説

五十音順厳密には、「ん」は五十音含まれないが、通常は、「ん」を含めて五十音順することが多いその場合には、「ん」は五十音最後、第48位に置かれるや行い段とえ段のいとえおよびわ行う段のうを数に加えると51位、逆に現代仮名遣い使われないゐとゑを除くと46位となる。 いろは順: なし。第48位に「京」の代わりに置かれることがあるその場合には「す」の次。

※この「順序」の解説は、「ん」の解説の一部です。
「順序」を含む「ん」の記事については、「ん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「順序」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

順序

出典:『Wiktionary』 (2020/09/07 00:49 UTC 版)

発音

  • (東京) じゅんじょ [júꜜǹjò] (頭高型 – [1])
  • IPA(?): [d͡ʑɨ̃ᵝɲ̟d͡ʑo̞]

名詞

 じゅんじょ

  1. 一定基準法則従った並び順番
  2. 次第すじみち手順段取り
    • 順序を踏む。
  3. 数学集合 P 上で定義され二項関係 < が P の任意のa, b, c について以下を満たすとき、< を P の順序という。
    1. a < a
    2. a < b かつ b < a ならば a = b
    3. a < b かつ b < c ならば a < c

翻訳


「順序」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



順序と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「順序」の関連用語

順序のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



順序のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの順序集合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの自然数 (改訂履歴)、凸共役性 (改訂履歴)、物語論 (改訂履歴)、ヨハネ書簡 (改訂履歴)、ヨハネの手紙二 (改訂履歴)、春 (改訂履歴)、五経 (改訂履歴)、ん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの順序 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS