法則とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法令 > きまり > 法則の意味・解説 

ほう そく はふ- [0] 【法則】

守らねばならないきまり。おきて。
一定の条件のもとで、必ず成立する事物相互の関係。また、それを言い表した言葉記号自然法則化学法則・物理法則社会法則・経済法則などがある。


法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/22 15:11 UTC 版)

法則(ほうそく)とは、ある現象とある現象の関係を指す言葉である。


  1. ^ 現在の日常語でそうだというのではなく、語源的にという意味で。
  2. ^ 村上陽一郎『奇跡を考える』岩波書店、p.133-138
  3. ^ 村上陽一郎『奇跡を考える』岩波書店、p.133-138
  4. ^ 村上陽一郎『奇跡を考える』岩波書店、p.133-138
  5. ^ 村上陽一郎『奇跡を考える』岩波書店、p.133-138
  6. ^ a b 安藤聡 『英国庭園を読む:庭をめぐる文学と文化史』 彩流社 2011年 ISBN 9784779116827 pp.281-283.


「法則」の続きの解説一覧

法則

出典:『Wiktionary』 (2010/09/27 07:25 UTC 版)

名詞

ほうそく

  1. 一定条件のもとで常に成り立つと考えられる事物相互関係
  2. 守るべき決まり



法則と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「法則」に関係したコラム

  • FXでグランビルの法則を使用してエントリーポイントを見つけるには

    グランビルの法則は、アメリカ合衆国のジョセフ・グランビル(Joseph Granville)が創り出した投資手法で、FX(外国為替証拠金取引)や株式売買などで用いられています。グランビルの法則で用いら...

  • 株式やFX、CFDの3段高下論とは

    株式やFX、CFDの3段高下論(三段高下論)とは、相場の推移は3段の上げと3段の下げからなるという考えのことです。3段高下論は3段高下法則(三段高下法則)ともいいます。3段高下論では、1段上げの後に少...

  • 株式の投資8原則とは

    株式の投資8原則とは、過去の相場経験を8つの法則にまとめたものです。1.十分に調査する購入予定の銘柄の財務内容やチャートなどを十分に調査して研究することが望ましいとされます。また、企業の発表する決算報...

  • FXでフィボナッチを使うには

    FX(外国為替証拠金取引)のフィボナッチ(Fibonacci)とは、イタリアの数学者のレオナルド・フィボナッチが発見した法則をFXに応用したテクニカル指標の1つです。フィボナッチは、チャート画面に複数...

  • 株式分析の酒田五法の見方

    株式分析の酒田五法は、江戸時代の相場師、本間宗久によって考案された投資術です。酒田五法には、「三山」、「三川」、「三空」、「三兵」、「三法」の5つの法則があります。▼三山三山は、チャートの高値圏に出現...

  • FXでダウ理論を用いるには

    ダウ理論(Dow Theory)とは、ダウ・ジョーンズの創設者のチャールズ・ダウ(Charles Henry Dow)が提唱した相場理論のことです。ダウ理論には以下の6つの基本法則があります。ファンダ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法則」の関連用語

法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS