かんがえるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 漢字辞典 > かんがえるの意味・解説 

かんが・える〔かんがへる〕【考える/勘える】

[動ア下一][文]かんが・ふ[ハ下二

知識経験などに基づいて筋道立てて頭を働かせる

判断する。結論導き出す。「こうするのが正しいと—・える」「解決方法を—・える」「よく—・えてから返事をする」

予測する。予想する。想像する。「—・えたとおりに事が運ぶ」「—・えられないことが起こる」

意図する。決意する。「留学しようと—・える」「結婚を—・える」

関係する事柄事情について、あれこれ思いをめぐらす。「周囲状況を—・えて行動する」「くよくよ—・えてもしかたがない

工夫する。工夫してつくり出す。「新しデザインを—・える」

問いただして事実明らかにする取り調べ罰する。

「—・へられつる事ども、ありつる有様、願をおこしてその力にてゆるされつる事など」〈宇治拾遺・八〉

占う。占い結果判断解釈する。

「いまだかやうの事なし。いかがあるべきと—・へ申せ」〈平家一一

[用法] かんがえる・おもう——ともに精神的活動を表す語であるが、「考える」は知的分析することであり、「思う」は情的、感覚的な心の働き瞬間的判断などを示すのに用いる。「クイズ答え考える」とはいうが「思う」とはいわない。◇大音響を耳にしてすぐ口にするのは「落ちたかと思った」であり、「考えた」ではない。◇「彼女のことを思う」は、思慕したり、心配したりすることを表すが、「彼女のことを考える」と言えば、より分析的理性的にその状況について思いめぐらすことを表す。「将来医師になろうと考えている」といえば具体的な手だてまで含めて計画していることであり、「思う」では漠然と希望しているだけという感じがする。


かんがえる

出典:『Wiktionary』 (2019/08/20 12:44 UTC 版)

動詞

かんがええる】歴史的仮名遣い:かんがへる

  1. あたまこころの中でものごとについてずる。おもう
    1. 判断する。解釈する。
    2. 予想する。
    3. 意図する。
    4. 案出する。考案する。
    5. 考察する。内省する。回顧する。
    6. 検討する
  2. 再考する。自重する。慎重になる。考えなおす。

活用

かんが-え動詞活用日本語活用
ア行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
かんが える える えれ えよ
えろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 かんがえない 未然形 + ない
意志勧誘 かんがえよう 未然形 + よう
丁寧 かんがえます 連用形 + ます
過去・完了・状態 かんがえ 連用形 + た
言い切り かんがえ 終止形のみ
名詞 かんがえること 連体形 + こと
仮定条件 かんがえれば 仮定形 + ば
命令 かんがえ
かんがえ
命令形のみ

発音

か↗んがえ↘る

語源

用法

他に「かんがえる」の訓をもつ漢字

稽 攷

同系語

類義語

関連語

派生語

翻訳




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かんがえる」の関連用語

かんがえるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かんがえるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかんがえる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS