リトアニア語とは? わかりやすく解説

リトアニア‐ご【リトアニア語】


リトアニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 23:45 UTC 版)

リトアニア語(リトアニアご、リトアニア語: lietuvių kalba)は、主にリトアニアおよびその周辺国の一部の地域で用いられている言語インド・ヨーロッパ語族バルト語派に属す。リトアニアの公用語で、話者人口はおよそ302万人[2]。漢字表記では里都亜尼亜語, 省略形は「里語」.


  1. ^ 欧州委員会 (2005-11). Europeans and their Languages - Special Eurobarometer Europeans and their Languages - Special Eurobarometer (Report). http://ec.europa.eu/public_opinion/archives/ebs/ebs_243_sum_en.pdf Europeans and their Languages - Special Eurobarometer.  ここに挙げた数字は欧州委員会によって2005年11月、12月に実施された言語調査に基づいている。同調査は15歳以上のものを対象としており、当時のリトアニアの該当人口は2,803,661人で(12頁)、リトアニア母語話者率88%(2頁)より算出。Ethnologueのデータによれば全世界での話者人口は3,130,970人(1998年)となっている([1])参照。
  2. ^ Ethnologue.com, 閲覧日: 2018/05/07
  3. ^ Ethnologue.com, Also Spoken In:の項より。 閲覧日: 2018/05/07
  4. ^ Girdenis & Zinkevičius 1966.
  5. ^ 村田郁夫 1992, p. 762.
  6. ^ Laigonaitė 1958, pp. 82–83.
  7. ^ 小坂隆一 (2009年11月20日). “11月20日(金)”. ポルトガル駅カフェ. 2015年9月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月9日閲覧。
  8. ^ https://lrc.la.utexas.edu/eieol/litol/20#grammar_309
  9. ^ https://lrc.la.utexas.edu/eieol/litol/20#grammar_310
  10. ^ Ramonienė & Pribušauskaitė 2008, pp. 191, 313.
  11. ^ Valeckienė 1998, p. 146.
  12. ^ Ramonienė & Pribušauskaitė 2008, p. 191.
  13. ^ Ramonienė & Pribušauskaitė 2008, pp. 148, 313.
  14. ^ Kuri įvardžio „pats“ kilmininko forma taisyklinga: „paties“ ar „pačio“?
  15. ^ a b c Rimkutė 2011.
  16. ^ https://lrc.la.utexas.edu/eieol/litol/40#grammar_337
  17. ^ 櫻井映子 2007, p. 68.
  18. ^ a b 櫻井映子 2004, p. 130.
  19. ^ 櫻井映子 2004, p. 144.
  20. ^ Kristijonas Donelaitis. Metai.
  21. ^ a b Klimas 1987.
  22. ^ Vaičiulytė-Romančuk 2006, pp. 187–188.
  23. ^ 小坂隆一 (2009年6月19日). “6月19日(金)”. ポルトガル駅カフェ. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月9日閲覧。
  24. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年2月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月6日閲覧。



リトアニア語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 13:46 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 lt
ISO639-2 lit
ISO639-3 lit
SIL {{{4}}}

名詞

リトアニア (-ご)

  1. インド・ヨーロッパ語族バルト語派属する言語で、リトアニア公用語。その他、ポーランド一部話されている。

翻訳


「リトアニア語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

リトアニア語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リトアニア語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリトアニア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリトアニア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS