副詞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 副詞 > 副詞の意味・解説 

副詞

読み方:ふくし

副詞とは

副詞とは、活用のない自立語で、主に連用修飾語になる語のことである。例えば「ゆっくり座る」の「ゆっくり」は、動詞の「座る」に係る連用修飾語である。副詞は語尾が「と」「に」「り」「ん」で終わることが多い。

副詞には、程度、状態、呼応の副詞がある。「ずっと先の話です」の「ずっと」は、「先」(体言)を修飾する「程度の副詞」である。次に、「ただちに立ち上がる」の「ただちに」は、どのように立ち上がる」かを表した「状態の副詞」である。そして、「ちっとも面白くなかった」の「ちっとも」は、否定表現「なか」と「呼応する副詞」である。

呼応する副詞の例


  • きっと…(だろ)う
  • さも…よう(だ)
  • ぜひ…ください
  • たとえ…ても
  • たぶん…(だろ)う
  • ちっとも…ない
  • どうか…ほしい
  • なぜ…
  • めったに…ない
  • もし…(れ)ば
  • よもや…まい

ふく‐し【副詞】

品詞の一。自立語活用がなく、主語ならない語のうちで、主としてそれだけで下に来る用言修飾するもの。事物の状態を表す状態副詞(「はるばる」「しばらく」「ゆっくり」など)、性質・状態の程度を表す程度副詞(「いささか」「いと」「たいそう」など)、叙述のしかたを修飾し、受ける語に一定の言い方要求する陳述副詞(「あたかも」「決して」「もし」など)の3種分類される。なお、程度副詞は、「もっと東」「すこしゆっくり」のように体言や他の副詞を修飾することもある。


ふく‐し【副詞】

〔名〕 品詞一つ主として連用修飾語として用いられる語。一般に、事物性質・状態について修飾するもの(状態の副詞=文語では、「うらうらと」「はるばる」「かたみに」「うたた」、口語では、「うとうと」「たびたび」「かねて」「そう」など)、ある性質・状態を表わすに対して、その程度を示すもの(程度の副詞=文語では、「いささか」「いと」「いよよ」、口語では、「少し」「たいへん」「もっと」など)、用言叙述仕方修飾し、これを受ける語に一定の制約要求するもの(陳述の副詞=文語では、「ゆめ」「つゆ」「いづくんぞ」「すべからく」、口語では、「決して」「なぜ」「おそらく」「万一」など)の三種分類される。程度の副詞は、場所、方向時間数量などを表わす体言や、状態の副詞を修飾することがある(「ずっと右」「もっと東」「少しゆっくり歩け」)。また、いわゆる接続詞感動詞を副詞に含める学説もある。〔百学連環(1870‐71頃)〕


副詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 14:13 UTC 版)

副詞(ふくし、英: adverb)とは品詞のひとつ。






「副詞」の続きの解説一覧

副詞

出典:『Wiktionary』 (2020/05/02 22:33 UTC 版)

名詞

ふくし、稀:そえことば

  1. 品詞一つ日本語文法では、動詞形容詞などの用言修飾する語のうち活用しないものとされる。旧称そえことば」。とてもすでに・なぜなど。

翻訳




副詞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「副詞」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||




7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

副詞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



副詞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの副詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの副詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS