ポーランド語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ポーランド語の意味・解説 

ポーランド‐ご【ポーランド語】

読み方:ぽーらんどご

インド‐ヨーロッパ語族スラブ語派属する言語。ポーランドのほか、周辺諸国話し手をもつ。


ポーランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 04:44 UTC 版)

ポーランド語(ポーランドご、: język polski(イェンズィク・ポルスキ)polski、または polszczyzna(ポルシュチズナ))は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派西スラヴ語群レヒト諸語に属するポーランドの公用語。レヒト諸語と同じ西スラヴ語群に属する言語は、チェコ・スロヴァキア諸語ソルブ諸語である。名詞の格変化は7格(主格、生格、与格、対格、造格、前置格、呼格)あり、文中での語の働きが格語尾によって示されることなど、形態による表現の豊かさを特徴とする。


  1. ^ http://www.newworldencyclopedia.org/entry/Poland#Language
  2. ^ http://www.todaytranslations.com/language-history/polish/odaytranslations.com. 2014-06-20. Retrieved 2015-03-31
  3. ^ 『ニューエクスプレス ポーランド語』白水社、2008年12月1日。 
  4. ^ 『詳解ポーランド語文法』水声社、2019年10月10日 2019。 
  5. ^ 『ニューエクスプレス ポーランド語』白水社、2008年12月1日、80頁。 
  6. ^ a b On Aspect, Biaspectuality, and Tenses in the History of Polish”. 2022年8月9日閲覧。
  7. ^ 編集者の実体験より。比較的内向的な人だった。ISFP-Tだったかもしれない。そこまで親しくはないけど。最近合わないと思って久しぶりに会ったら教えてもらった。
  8. ^ 『ニューエクスプレス ポーランド語』白水社、2008年12月1日、98,108頁。 
  9. ^ 『ニューエクスプレス ポーランド語』白水社、2008年12月1日、98頁。 


「ポーランド語」の続きの解説一覧

ポーランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:33 UTC 版)

ドット符号」の記事における「ポーランド語」の解説

ż が使われ、そり舌の /ʐ/ を表す。

※この「ポーランド語」の解説は、「ドット符号」の解説の一部です。
「ポーランド語」を含む「ドット符号」の記事については、「ドット符号」の概要を参照ください。


ポーランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 02:44 UTC 版)

アキュート・アクセント」の記事における「ポーランド語」の解説

akcent ostry (アクツェント・オストルィ)といい、ś, ź, ć, dź, ń は s, z, c, dz, n のそれぞれ口蓋化した音(軟音シャ行、ジャ行、チャ行、ニャのような子音)を表す。また ó は u と同音 /u/ で、かつて「音の狭さ」を表していた用法名残。なお、“暗いL”( /w/ に近い音)を表す ł の斜線含め、@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}総称してクレスカ(kreska、「線」の意)と呼んでいる[要出典]。

※この「ポーランド語」の解説は、「アキュート・アクセント」の解説の一部です。
「ポーランド語」を含む「アキュート・アクセント」の記事については、「アキュート・アクセント」の概要を参照ください。


ポーランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 20:45 UTC 版)

よつばと!」の記事における「ポーランド語」の解説

『Yotsuba! 』として2018年からWydawnictwo Kotori刊行している。

※この「ポーランド語」の解説は、「よつばと!」の解説の一部です。
「ポーランド語」を含む「よつばと!」の記事については、「よつばと!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ポーランド語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ポーランド語

出典:『Wiktionary』 (2020/01/28 08:08 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 pl
ISO639-2 pl
ISO639-3 pol
SIL {{{4}}}

名詞

ポーランドポーランドご)

  1. インドヨーロッパ語族スラヴ語派西スラヴ語群 (wp)属す言語ポーランド公用語

別表記

訳語


「ポーランド語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ポーランド語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポーランド語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポーランド語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドット符号 (改訂履歴)、アキュート・アクセント (改訂履歴)、よつばと! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのポーランド語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS