チャとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 薬用植物一覧 > チャの意味・解説 

チャ

チャ
科名 ツバキ科
別名: チャノキ
生薬名: -
漢字表記
原産 中国原産
用途 中国から伝わった、お坊さん専用飲物でした。鎌倉時代から庶民の生活に溶け込みました。緑茶にはビタミンCが豊富ですが、紅茶には含まれていません。
学名: Thea sinensis L.
   

チャ

名前 ChaChiaChanTra

チャノキ

(チャ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 01:00 UTC 版)

チャノキの木、学名:Camellia sinensis)は、ツバキ科ツバキ属常緑樹である。加工した(茶葉)からで抽出した茶が飲用される[1](「利用」の項参照)。チャの木あるいは茶樹とも記され、単にチャ(茶)と呼ぶこともある。原産地はインドベトナム中国西南部とされるが詳細は不明。茶畑での栽培のほか、野生化した樹木を含め熱帯から暖帯アジアに広く分布する[2]




  1. ^ 茶樹と品種伊藤園(2018年3月12日閲覧)
  2. ^ 片野田逸朗 『九州・野山の花 : 花トレッキング携帯図鑑 : 雨と大地と太陽の贈り物』 南方新社2004年9月ISBN 4-86124-023-9 
  3. ^ ヴィクター・H・モア、アーリン・ホー 『お茶の歴史』 忠平美幸訳、河出書房新社2010年、30頁。ISBN 978-4-309-22532-6
  4. ^ "茶の花(ちゃのはな)・初冬".(NPO法人季語と歳時記の会). 2015年12月8日閲覧
  5. ^ 新茶の初摘み日本一早く 福寿園、温室で栽培日本経済新聞ニュースサイト(2018年1月5日)2018年3月12日閲覧
  6. ^ 武田善行 『茶のサイエンス : 育種から栽培・加工・喫茶まで』 筑波書房、2004年4月ISBN 4-8119-0258-0 
  7. ^ 松下智『ヤマチャの研究 日本茶の起源・伝来を探る』「愛知大学綜合郷土研究所研究叢書(15)」岩田書院、2002年、ISBN 4-87294-244-2
  8. ^ 佐竹義輔他編『日本の野生植物 木本Ⅰ』平凡社、1989年、p.140
  9. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  10. ^ 奥久慈茶 日本最北限のお茶産地の情報サイト茨城県大子町(2018年3月12日閲覧)
  11. ^ 北限の村上茶村上市観光協会(2018年3月12日閲覧)
  12. ^ 北限の桃生茶宮城県観光連盟(2018年3月12日閲覧)
  13. ^ 岩手)気仙茶の茶摘み 陸前高田『朝日新聞』2017年6月3日(2018年3月12日閲覧)
  14. ^ 〝北限のお茶〟檜山茶を守り伝えるため山の斜面を茶畑にしたい。城跡、松並木がお茶づくりを引き立てます。FANAKITA(ファンあきた)2018年3月12日閲覧
  15. ^ 黒石茶黒石観光協会(2011年7月6日)2018年3月12日閲覧
  16. ^ 茶ガイド全国茶生産団体連合会・全国茶主産府県農協連連絡協議会(2018年3月12日閲覧)
  17. ^ 「お茶産地」を創るルピシアだより(2016年11月号)2018年3月12日閲覧
  18. ^ カフェイン|お茶の成分と健康性|お茶百科”. 伊藤園. 2012年9月4日閲覧。
  19. ^ 農林水産省登録品種一覧表
  20. ^ 中間母本


「チャノキ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「チャ」の関連用語

チャのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チャのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2018, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS