バスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音声 > 男声 > バスの意味・解説 

バス【bass】


バス【(ドイツ)Bass】

読み方:ばす

音楽で、最低音部ベース

男声の最低音域また、その声域歌手

楽曲最下声部

同一種の楽器の中で、最も低い音域のもの。「—ドラム

コントラバス」の略。


バス【bath】

読み方:ばす

洋式浴槽また、浴室


バス【BATH】


バス【bus】


ば‐す【馬素/馬毛】

読み方:ばす

馬の尾の毛。釣り糸織物などに用いる。


馬尾毛

読み方:バス(basu

馬の尾の毛


バス [bus]

信号やり取りをする共通の経路のこと。ミキサーのバスは、任意のチャンネルまたは全てのチャンネル送信可能な出力部の配線を指す。バスの例としてステレオミックス、サブミックス、モニターバス、AUXセンド等がある。

バス

【英】bus

バスとは、システムモジュール間で、データ制御情報などをやり取りするための専用通信路のことである。

コンピュータにおける各装置は、バスを通じて結合され、バスを通じてデータやり取りしている。例えば、CPU中央処理装置)も、その他の周辺モジュールとの間はバスで結合され情報やり取りしている。バスはその機能に応じてデータやり取りするタイプの「データバス」、制御情報やり取りする制御バス」、アドレス情報やり取りするアドレスバス」などと呼び分けられる。また、用いられる所に応じてCPU内部にある「内部バス」、CPU外部にある「外部バス」、機器インターフェース増設することで接続される拡張バス」などの区分呼ばれることもある。なお、特定モジュール間でもっぱら専用設けられている通信路は、バスとは呼ばない

バスとは、乗り合いバスから来た用語で、信号伝達経路を、複数電子機器共有して利用している様から付けられものである例えば、CPU主記憶装置グラフィックカードなどが接続された同じデータ伝送路がデータを運ぶ時、これをデータバスという呼び方をする。なお、速度電圧レベルなどが異な機器をつなぐ場合には、それぞれのバス間にインターフェース用のチップ仲立ちさせて結合する場合もある。バスには、データ複数の線を用いて並行伝送するパラレルバスと、単一の線を用いて直列伝送するシリアルバスがある。かつてはパラレル方式主流であったが、伝送速度が増すにつれて信号間の干渉問題となり、高速の場合は、シリアルバス有利であると言われている。

情報システム分野で、SOAService Oriented Architecture)というサービス中心システム構築技法提唱されている。サービスをよりモジュラー構成にし、データバスあるいはサービスバスという概念疎結合するという方法論である。ここでは、バスとは、電気信号レベル通信路ではなくより上位のシステムレベルでのデータサービス機能やり取りするための経路意味するこのようなバスをESBEnterprise Service Bus)と呼んでいる。

接続インターフェースのほかの用語一覧
バス:  BSB  EISAバス  EISA  バス  バス幅  フロントサイドバス  ISAバス

バス[bass]

男声の中の最も低い声部のこと。コントラバスの意味使われることもある。

バス[bus]

ミキサーなどで、さまざまな信号入ってくるラインのこと。たいていのミキサースペックにはバス・ラインの数が表記されている。

チューバ(バス)[tuba(bass)]


バス

作者村上龍

収載図書トパーズ
出版社角川書店
刊行年月1988.10

収載図書トパーズ
出版社角川書店
刊行年月1991.11
シリーズ名角川文庫


バス

作者輝虎

収載図書不思幕の内弁当怪談特製恐い51
出版社文芸社
刊行年月2007.12


バス バスのりば Bus/Bus stop

バス (画像をクリックする拡大します)  

バス

名前 BussBassBasBasuBathBazBus

バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 02:39 UTC 版)

バス (bass, bus, buss, bath)




「バス」の続きの解説一覧

バス(Bus)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 17:18 UTC 版)

スポンジ・ボブ」の記事における「バス(Bus)」の解説

朱色のバス。バスの上にラッパ後ろに尻尾のようなものが付いている

※この「バス(Bus)」の解説は、「スポンジ・ボブ」の解説の一部です。
「バス(Bus)」を含む「スポンジ・ボブ」の記事については、「スポンジ・ボブ」の概要を参照ください。


バス(bus)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 15:14 UTC 版)

広島市」の記事における「バス(bus)」の解説

市内にはバス路線が多い。

※この「バス(bus)」の解説は、「広島市」の解説の一部です。
「バス(bus)」を含む「広島市」の記事については、「広島市」の概要を参照ください。


バス(大橋バス停)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:31 UTC 版)

大橋 (目黒区)」の記事における「バス(大橋バス停)」の解説

東急バス - 渋谷駅拠点玉川通りおよび大橋交差点から南下し山手通り方向運行国道246号方向二子玉川駅上町駅用賀駅祖師ヶ谷大蔵駅成城学園前駅田園調布駅大井町駅方面など便多数目黒区内目黒本町所在)・淡島弦巻瀬田高津の各営業所担当首都高速大橋ジャンクション敷地はかつて東急バス本社大橋営業所所在地であったジャンクション建設に伴い大橋営業所廃止本社東山三丁目移転小田急バス - 国道246号玉川通り)沿いに運行渋谷駅から成城学園前駅調布駅方面狛江営業所担当小田急箱根高速バス - 池尻大橋停留所から御殿場駅箱根方面への高速バス運行

※この「バス(大橋バス停)」の解説は、「大橋 (目黒区)」の解説の一部です。
「バス(大橋バス停)」を含む「大橋 (目黒区)」の記事については、「大橋 (目黒区)」の概要を参照ください。


バス(またはバリトン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 18:12 UTC 版)

サクソルン」の記事における「バス(またはバリトン)」の解説

変ロ調の移調楽器で、管長は9フィート記譜よりも1オクターブ長2度低く演奏される音高バリトン同じだが、バリトンより管が太い。 かつて日本では「小バス」あるいは「B(ベー)バス」と呼ばれた楽器イタリアではフリコルノ・バリトーノ、またはフリコルノ・バッソと呼ばれる現在のユーフォニアムに近い楽器である。ただしユーフォニアムは本来は移調楽器あるものの、楽譜実音表記されることも多い。3〜6個のバルブ持ち、特に6つバルブ備えたハ調(C管)のバス・サクソルンは「フレンチ・チューバ」とも呼ばれる。 『ローマの松』でバンダ用いられる楽器1つである。

※この「バス(またはバリトン)」の解説は、「サクソルン」の解説の一部です。
「バス(またはバリトン)」を含む「サクソルン」の記事については、「サクソルン」の概要を参照ください。


バス(バスツアー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 05:04 UTC 版)

カヤの平」の記事における「バス(バスツアー)」の解説

1977年に、木島平村中心部からカヤの平高原夏季臨時バス(路線バス)の運行開始されたが、現在は廃止されている。 JR北新幹線飯山駅まで延伸した翌年2016年6月から、飯山駅カヤの平を結ぶ完全予約制のバス便(シャトル便)の運行始まったバスツアー(旅行商品)ながら、カヤの平発着点とする移動だけの目的で利用が可能(飯山駅カヤの平間の片道料金1,000円)であり、事前予約さえすれば実質的に公共交通機関として機能していた。しかしながら2020年以降カヤの平でのトレッキング等のオプションツアー組み合わせたパックツアー商品のみの販売となり、単なる移動手段として利用することができなくなった旅行商品企画販売は、2016年ツアー開始以来信越いいやま観光局(信越自然郷飯山駅観光案内所)が行っている。また、2020年までツアーバス運行担ってきた森宮交通2021年から単独で旅行商品販売を始めている。

※この「バス(バスツアー)」の解説は、「カヤの平」の解説の一部です。
「バス(バスツアー)」を含む「カヤの平」の記事については、「カヤの平」の概要を参照ください。


バス(貸切・路線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 15:10 UTC 版)

魚沼市」の記事における「バス(貸切路線)」の解説

ひかり交通(旧堀之内タクシー小千谷観光バス 山峡交通 南越後観光バス ただし、路線バス南越後観光バスのみである。

※この「バス(貸切・路線)」の解説は、「魚沼市」の解説の一部です。
「バス(貸切・路線)」を含む「魚沼市」の記事については、「魚沼市」の概要を参照ください。


バス(当時の路線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 04:15 UTC 版)

歯の博物館 (岐阜県)」の記事における「バス(当時路線)」の解説

岐阜バス城南通りバス停下車徒歩8分。「県庁」「県民ふれあい会館」(加納高校経由行き岐阜バス加納中学校前」バス停下車徒歩3分。「川島松倉」、「長平」、「岐南営業所行き

※この「バス(当時の路線)」の解説は、「歯の博物館 (岐阜県)」の解説の一部です。
「バス(当時の路線)」を含む「歯の博物館 (岐阜県)」の記事については、「歯の博物館 (岐阜県)」の概要を参照ください。


バス(廃止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 01:25 UTC 版)

北原駅」の記事における「バス(廃止)」の解説

元前発前停留所 - 北方へ徒歩5分2010年平成22年3月26日限り廃止日本中央バス市ノ関・大前田線(小学校前(宮城支所)・一杯清水方面前橋市宮城地区(旧・宮城村地域)の小学生を主対象とした路線のため、元の村境付近北方へ折り返し運行され、旧・粕川村地域にある当駅までは乗り入れなかった。「元前発前」の名は1970年代以前に「前原発動機」(前発)の工場があったことによる

※この「バス(廃止)」の解説は、「北原駅」の解説の一部です。
「バス(廃止)」を含む「北原駅」の記事については、「北原駅」の概要を参照ください。


バス(BUSクラス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 00:00 UTC 版)

トヨタレンタリース」の記事における「バス(BUSクラス)」の解説

BUS1:ハイエースコミューター(14乗り) BUS2:コースター BUSクラスに関しては「トヨタレンタカー予約センター」か出発する店舗窓口予約み受け付ける。

※この「バス(BUSクラス)」の解説は、「トヨタレンタリース」の解説の一部です。
「バス(BUSクラス)」を含む「トヨタレンタリース」の記事については、「トヨタレンタリース」の概要を参照ください。


バス(廃止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 02:35 UTC 版)

瓢箪山駅 (大阪府)」の記事における「バス(廃止)」の解説

2019年10月31日まで、駅南側のバス発着場から近鉄バス出ていた。 設置されていたバスターミナルの脇は御神田川流れており、川をはさんで1台分ずつの幅しかないため、バスは切り返し行なって出て行っていた。 昭和40年代半ばまでは駅前北側バスターミナルがあり、バスは駅前商店街の中を通り抜けていたが、安全上の問題及びバスの運行ルートの変更に伴い位置変更した北口比較的に広いのはバスターミナルスペースの名残である。 近鉄バス2018年10月上旬より当駅発着の全路線当駅から一駅大阪難波寄り東花園駅前(駅北口バスターミナル発着変更し当駅前へ乗り入れ全廃することを発表したが、東花園駅ロータリーについて協議時間を要することになったため一旦延期発表したその後協議終え2019年11月1日より当初の計画より1年1ヶ月遅れで東花園駅発着変更することが決定し瓢簞山駅発着近鉄バスは、前日10月31日をもって全便停留所とともに廃止された。 過去に乗り入れていた近鉄バス最終期路線以下の通りである。 40番四条畷線):四条畷 行(新石切駅前・石神社前・産業大学前経由30番四条畷線):住道駅前 行産業大学前まで40番と同経路42番(四条畷線):産業大学前43番(四条畷線):枚岡車庫20番瓢簞山線):山本駅前 行 01番(経法大線):大阪経済法科大学 行(事実上当該大学スクールバスのため、近鉄バス公式サイト系統時刻記載はない)

※この「バス(廃止)」の解説は、「瓢箪山駅 (大阪府)」の解説の一部です。
「バス(廃止)」を含む「瓢箪山駅 (大阪府)」の記事については、「瓢箪山駅 (大阪府)」の概要を参照ください。


バス(現・茨城交通)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 15:01 UTC 版)

茨城オート」の記事における「バス(現・茨城交通)」の解説

.mw-parser-output .thumbinner{display:flex;flex-direction:column}.mw-parser-output .trow{display:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box}.mw-parser-output .tsingle{margin:1px;float:left}.mw-parser-output .theader{clear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%}.mw-parser-output .thumbcaption{background-color:transparent}.mw-parser-output .text-align-left{text-align:left}.mw-parser-output .text-align-right{text-align:right}.mw-parser-output .text-align-center{text-align:center}@media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .thumbinner{width:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center}.mw-parser-output .trow{justify-content:center}.mw-parser-output .tsingle{float:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center}.mw-parser-output .trow>.thumbcaption{text-align:center}} 路線バス車両 養護学校送迎特定車 一般路線車および特定車養護学校送迎)の塗装オレンジとなっていた。なお、この塗装旧帝オート時代からのもの。貸切車は茨城交通タイプ仕様となっているが、茨城交通銀色ベースにした塗装に対し茨城オートは白をベースにした塗装区分けされていた。但し、茨城交通からの譲渡車中型小型車には銀色ベース車両もある。 在籍車両 路線車は基本的に自社発注車日野自動車統一されている。1999年より初め東京都交通局からの中古車入り初めいすゞ自動車製が登場した。さらに2006年には、関東バスからの中古車入り初め日産ディーゼル・RP系も登場し、そして国際興業バスからの中古車(いすゞ車)も入ったまた、2007年には東武バスからの中古車日野車、いすゞ車)も導入された。2009年夏頃には、西武バスからの移籍車も配置されるようになり、日産ディーゼル・RM系が登場した茨城交通への路線バス移管時には多くの車両廃車となったが、勝田営業所特定運用されているもの、今も営業所働いている車両太田営業所働いている車両がある。 扉の仕様に関しては、路線車は大型中型問わず原則的に前後折戸仕様採用していたが、中4折戸の元都営車や後引戸の元関東バス車、そして中引戸の元国際興業バス車、元西武バス車、自社発注ワンステップ車や元東武バス車(中4折戸仕様前後折戸仕様も共に)が導入されていた。 社番 旧・茨城オート路線車には社番があり、上2桁導入年(元号)で、下一導入順である例えば、日野RJワンステップ16年導入車の場合は、「161J」と表記するそのあと記号のHは大型、Jは中型を示すかつてはRE時代は4211Rなど、4桁番号使用していた時期もあった。

※この「バス(現・茨城交通)」の解説は、「茨城オート」の解説の一部です。
「バス(現・茨城交通)」を含む「茨城オート」の記事については、「茨城オート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「バス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

バス

出典:『Wiktionary』 (2021/11/26 04:47 UTC 版)

名詞:車両

バス

  1. (交通, 自動車) 一度多くの人を運ぶことを目的設計され自動車一種

語源

英語 bus からの借用語

発音

複合語

翻訳

名詞:コンピューター

バス

  1. (情報技術) 集積回路装置どうしでデータ交換するための信号線。

語源

英語 bus からの借用語乗合自動車のように、さまざまな用途データ搬送する共有回路であることから。

派生語

名詞:施設

バス

  1. 浴室浴槽

語源

英語 bath からの借用語

類義語

翻訳

名詞:音楽

バス

  1. (音楽) 男声低音域パート
  2. 同種の楽器で、一番低い音域担当するもの。ベース

語源

ドイツ語 Bass、またはフランス語 basse より

翻訳

名詞:生物

バス

  1. () スズキ目一部総称

語源

英語 bass からの借用語

関連語

派生語

翻訳


「バス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




バスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバスの記事を利用しております。
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスポンジ・ボブ (改訂履歴)、広島市 (改訂履歴)、大橋 (目黒区) (改訂履歴)、サクソルン (改訂履歴)、カヤの平 (改訂履歴)、魚沼市 (改訂履歴)、歯の博物館 (岐阜県) (改訂履歴)、北原駅 (改訂履歴)、トヨタレンタリース (改訂履歴)、瓢箪山駅 (大阪府) (改訂履歴)、茨城オート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS